python 図形描画 tkinter

編集, 名無し  編集, (´・ω・`), •中東和平 document.write(i, ':'); i=i+1; document.write(i, ':'); URL  delete  2020-11-06 11:19  試合に負けたが勝負には勝った! i=i+1; URL  // --> 2020-11-06 11:28  ガチな人たちは最高裁以降もトランプをアイコンとして忠誠をつくし続けるでしょうね // --> 2020-11-06 12:21  不正があれば正されるだけの話, ネトウヨの大好きな菅総理はTwitterでバイデンにお祝いのメッセージを送ってるぞ, 最終的にどちらが大統領になるかはともかく 最近、陰謀論が陰謀でなく真実だったという事が目に見えて判るわ(笑), 寄付されています。 2020-11-06 14:41  名無し  共和党にも問題があるが、日本人の生命と財産を直接脅かす事だけはしてないだろ? 海外「安すぎる!」日本にある庶民のイタリアンレストランに海外が興味津々 2020-11-06 11:58  i=i+1; 2020-11-06 11:11  名無し  i=i+1; // --> 大富豪(だいふごう)、もしくは大貧民(だいひんみん)は、複数人で遊ぶトランプゲームの1つ。カードを全てのプレイヤーに均等に配り、手持ちのカードを順番に場に出して早く手札を無くすことを競うゲームである。, 海外の類似したゲームとして「争上游」「闘地主」「鋤大D」「ティエン・レン」「大統領」「グレートダルムチ」「ティチュ」「アーシュロッホ」などが存在する。, 一般的に3-6人程度でプレイするのに適しているが、7人以上や2人でもルール次第ではプレイ可能である。前回順位が次ゲーム開始時の有利不利に影響する(一度負けると簡単に地位を覆せない)点が特徴で、勝者をより有利にするゲーム性から「大富豪」という俗称が付いた。他にローカルルール(地方ルール、独自にアレンジされたルール)が数多く存在することも大きな特徴であり、カード交換時の条件、特殊な効果を持つカードの設定、及び特定条件を満たす事による順位・カード価値の総交代などが存在する。こうしたローカルルールはゲームに変化を付けたり、カード交換を行うといったゲームの性格上から上位のプレイヤーが勝ち続けることを抑制したりする効果がある。, 主に大富豪或いは大貧民と称され、他にど貧民、階級闘争、人生ゲームとされることもある。関東圏では「大貧民」、関西圏では「大富豪」と呼ぶ傾向が存在するという説もある[1]。, ど貧民という呼称は関西圏で見られる呼称で、大貧民を俗な言い方に置き換えたものと考えられる。階級闘争については作家の三田誠広によると学生運動が下火になった時期、運動を離れた学生の間で親しまれていたという[2]。ごく稀に人生ゲームと呼ばれる事もある。同様にゲームで使用される用語についても複数の場合が存在している。本項では特に必要でない限り、便宜上一つの呼称に統一して記述する。[3], 2人でプレイする場合、上記のルールをそのまま適用し1組全てのカードを配ると、自分のカードから相手プレイヤーのカードを把握でき戦略性に欠けることとなるため、特殊なルールが使用される。一例としては3・4・5・J・Q・K・A・2各4枚とジョーカー1枚の計33枚のみを使用し、プレイヤーには13枚ずつを配り、残り7枚は伏せて場に置くことで手持ちのカードから相手のカードを類推することを難しくするというものがある[5]。, 2ゲーム目以降にプレイヤーに与えられる階級である。大富豪、平民、大貧民などを使うのが一般的である。またパロディ版として会社やヤクザ、警察、軍隊、病院などにおける序列になぞらえてプレイされることもある。, その場合には最下位の者(通常の大貧民にあたる)は他の下位に比べ、かなり屈辱的な称号にされることが多い。, カードやその他の物品が存在する場所の事。後述する採用ローカルルールに合わせて、領域を増設・削減しても良い。, プレイヤーに毎巡与えられる手番は以下の段階に分けられ、原則この順番をもって行われる。ローカルルールによっては段階が増設・削減・順序入れ替えされることがある。, このゲームは比較的歴史が浅いためか、地方によって多数のアレンジされたルールが存在する。一般にこれをローカルルール、地方ルールと呼ぶ。ローカルルールとは言っても、かなり広い地域に広まり一般化してきているルールもある。ただしトランプゲームの遊び方を解説した書籍では紙面の都合などからローカルルールに関して細かく扱われることはほとんどない。, どのローカルルールを採用するかによって戦略も大きく左右される。出身地方が違う者が集まってこのゲームを行う場合や、ルールの好き嫌いがある場合は、お互い最初にルールを明文化する必要がある。, ローカルルールの中には同時に採用することができないものや、別のローカルルールを採用していることが前提となっているものもある。また異なるルールが同じ名称で呼ばれることもあるため、その点にも留意する必要がある。, 基本ルールで述べた部分のみでも例えば次のような点でルールの解釈において細かい部分に差異が生じる可能性がある。ローカルルールの細かい運用まで踏み込むとさらに複雑になる。, ローカルルールの中では「8切り」とともに最も広く知られたものであり[6]、同じ数字のカードを4枚以上出すことでジョーカーを除くカードの強さが逆に(3が最も強く、2が最も弱く)なる。再び革命(反革命、革命返し)が起きれば元に戻る。革命状態になる条件を満たしたカードを出した場合、そのプレイヤーが革命状態にするか革命状態にしないかを自由に選択できるというルールもある。, 後述のシークエンスで出すことを認めている場合、同スートの連階級のカード4枚以上を同時に出すと革命状態となる「階段革命」が採用されることもある[6]。, 9を3枚出すことで革命を起こせる「クーデター」[6]が採用されることもあり、この場合さらに6を3枚で革命を返すことができるとすることもある[12]。さらに亜種として次のようなものがある。, 革命が起きた後、どのタイミングで革命が発効するかに関しても細かいルールの相違がある。例えば10が4枚で革命が起こされた場合、鎮圧する「革命返し」を(場が流れるまでは革命は有効でないとして)J以上の同じカード4枚で可能とするのか、(直ちに有効であるとして)9以下の4枚で可能とするのか解釈の差異が存在する。ただし革命が起きると無条件に場が流れるとするルールもある。, また極僅かの一部地方でのみ、革命が起きた際のカードの強さの順を、ジョーカーも含めて逆にする事がある(一般的なルールでは革命が起きても通常ジョーカーは最強で、強い順にジョーカー→3→4……2となるが、このルールでは強い順に3→4→5……ジョーカーとなりジョーカーが2よりも弱く最弱のカードとなる。この為、ジョーカーでも上がる事が出来、反則上がりは3と8のみとなる)。, 連続で出されたカードに一定の法則が見られた時、場が流れるまで出せるカードに制限がかかるルールである。縛りがかかるまでの連続数は、2手又は3手に設定される。縛りには次のような数々のバリエーションがある[18]。, ここではルールの働きの根幹たる説明については省き、前述のローカルルールからどのように派生しているかのみ述べる。, 「8切り」や「革命」などかなり一般に知られているローカルルールもあるが、これらのような公式ルールとは異なる, mixiアプリ「対戦大富豪Lite」および携帯電話アプリ「激アツ!挑戦大富豪」、G-mode, 両者の条件が『手札がなくなった時』と設定した為、この発生条件での例を述べた。ただ、発生条件の定義は業者により異なる為、勝敗判定もまた異なる。, 2番目に出たJの効果発動をオミットすると、Jを出したのに効果が発動しない点で矛盾する。逆にJが出る度に効果を発動していては、1番目に出たJの効果が2番目のJにより違う働きをする為、これは『場札が流されるまで有効』に矛盾する。このどちらの矛盾を許容するかを選択する。, http://blog.hange.jp/condylomata/article/43528028/, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=大富豪&oldid=80005681, ゲームはダイヤの3から始める。最初の親が手札から最初のカードを出し、以降順番に次のプレイヤーがカードを出し重ねていく。, 次のプレイヤーは、場にある現在のカードよりも強いカードしか出すことができない(例:場には9が出ている→10以上の強さのカードしか出せない)。, 出せるカードがない時、もしくは戦略上出したくない時(例:手札にある強いカードはゲーム後半まで温存しておきたい、など)には, 他のプレイヤー全員がパスし、再び場にあるカードを出したプレイヤーまで順番が回ってきたらそのプレイヤーは親になる。このとき、場にあるカードは流され(場から退けられ)、親は手札から好きなカードが出せる。, 第2ゲーム以降は、カードが全て配られゲームが開始する前に、大貧民と大富豪、貧民と富豪のプレイヤーがそれぞれ手札の中で最も強いカード(大貧民は2枚、貧民は1枚)と好きな(必要のない)カード(大富豪は2枚、富豪は1枚)を交換する(連盟用語では献上。他に税金、搾取などとも呼ぶ)。また、ジョーカーは交換しなくても良いというルールもある。, 検証可能性を満たすと考えられるWebサイト(ニュースサイトなど)に掲載されているローカルルール, 初回の場合、ディーラーからゲームの進行順に、端数と同じ人数にだけ1枚ずつ端数分を配る。単にゲームの進行順に、配るカードがなくなるまで配り続けると考えればよい。, 2回目以降の場合、階級が下のプレイヤーから順番に、端数と同じ人数にだけ1枚ずつ端数分を配る(あるいは、初回と同様にする)。, 予めデッキの枚数を人数の倍数になるまで無作為にゲームから除外する(ブラインドカード)。, まず貧民側がカードを渡してから、次に富豪側がカードを選んで渡す。この時、富豪側は貧民側に返品出来るか否か。, ゲームそのものを無効とし、ゲーム開始時点での階級でカードを配るところからやり直す(都落ちを狙った意図的な脱税や、手札を明かして脱税を証明した場合にそのプレイヤーが不利になることを防ぐため)。, A.革命が起きていない時に2の4枚組で上がったら反則とするならば、革命が起きている時に3の4枚組で上がると反則である。, B.革命が起きていない時に3の4枚組で上がったら反則とするならば、革命が起きている時に2の4枚組で上がると反則である。, 都落ちが確定したプレイヤーより先に上がった全てのプレイヤーは、次回大貧民と1枚ずつ追加でカードを交換してもらうことができる。, 累計点が定められた値に達したプレイヤーが現れるまで続け、そのプレイヤーをマッチの勝者とする。, 定められたゲーム数を行ったら終了し、合計得点が最も多いプレイヤーをマッチの勝者とする。, 後述する革命と、2での禁止上がりを採用していて、3の4枚組で上がった人を反則負けにするかどうか。, 9 10 J Qの階段を出して残りの手札が2枚になったところ、革命、9リバース、10捨て、Jバック、Qボンバーが同時に発生した。さらに10捨てでの禁止上がりも採用されている設定であるとき…, 先に革命の効果で数字の強さを逆にしてからまたJバックで逆にするのか、反対に逆順のイベントで数字の強さを変更するのか?, Qボンバーが発生し、残り1枚の手札と同じ数字をコールする。持ち主から先に反時計回り順に各プレイヤーは指示されたカードを捨てる。, 禁止上がりの確認が入る。手札が0枚になった要因が10捨てではなくQボンバーである為、禁止上がりとは見なされない。, 手札がなくなったプレイヤーはゲームに勝利する。又は禁止上がりの判定が行われ、勝敗が決まる。, 例えば、禁止上がりを採用していてそれを割り込み可とすると、解決順は禁止上がり→都落ちとなる。もしも富豪がジョーカーで上がったとしたら、手札が無くなったことを理由に禁止上がりの判定が行われ、その結果富豪は次回大貧民。次に富豪の手札が無くなったことを理由に都落ちが発生するので、大富豪は次回は貧民となる。, 逆に都落ちを割り込み可にしたら、解決順は都落ち→禁止上がりとなる。同様に富豪がジョーカーで上がると、都落ちが優先して解決されるので大富豪は次回は大貧民。その後の禁止上がりの判定で富豪は次回は貧民となる。, 秒読み制 - 手番が来たプレイヤーは一定時間以内に行動を選択する。経過するとパスの扱いになる。プレイヤーの手番開始時に制限時間が設定した秒数まで回復する。, 持ち時間制 - 各プレイヤーにはそれぞれ均等な持ち時間が与えられる。手番が来ると持ち時間を消費し、手番を終えてもそれは回復しない。持ち時間を全て失ったプレイヤーはゲーム終了時まで秒読みになる。, 同数複数枚出し(2~6枚まで可。ジョーカーを用いても良い。子は6枚組に対しては出せない。), 階段出し{3~14枚まで可。子は場札の最小の数字よりも、手札の最小の数字の方が上回っていれば出すことができる(例:場の345には手札から456を出せる)。尚、3枚組での最大の数字は、A2+ジョーカーである。}, 手札の枚数は公開情報である。尋ねられた者は、正直にその時点での手札の枚数を全員に告げる義務を負う。, 手番中に大きく時間をかけて手札の枚数を報告した者は遅延行為と見なし警告処分。この方法で手番の開始から21秒以上かけられたとしても、質問者はパスしたとは見なされない。, 上がったプレイヤーが最後に出したカードは、それが場を流す効果を持たない限り、場が流れない。それで場が流れたら上がった者の次の番のプレイヤーが親である。, マッチの勝者とは、失格者や便宜上テーブルに参加した運営側の人間を除いた最多得点者である。, マッチの失格者とは、審判員から同一テーブル内で警告処分を二度受けたか、退場処分を受けたプレイヤーである。, 飲食物の持ち込みは会場によって禁止されている場所がある。飲み物は運営が準備した物であれば、それが酒類であろうがなかろうがいつでも飲んでよい。, ゲームの節目では原則休憩は取れない。どうしてもというのであれば審判員の許可が下りれば休憩が取れる。セットやマッチの節目での休憩は自由。, 予選と本戦では審判員の判定の厳しさが異なる。その為、予選では上記の取り決めの全てが厳密に行われる訳ではなく罰則規定も緩まる傾向にあり、軽微な違反者には他のプレイヤー全員の許可が下りれば見逃して貰える場合もある。. あとで考えると何が面白いのかまったくわからないようなノリになりますね。, ちなみに先日やった時は、革命を起こしたり逆転できそうな雰囲気になると『レ・ミゼラブル』の「民衆の歌」を歌う流れができました。(「革命」のイメージから), こうやって文字にすると意味不明ですけど、やっている時はケタケタ笑って楽しいんですよね。笑, 大富豪で大貧民や貧民になってしまうと、ゲームがはじまる前から強いカードを渡す必要があります。, 革命がおきたり、都落ちで大富豪が一気に陥落したり、変動が激しい。 •中東から米軍を徐々に撤退、軍備を対チャイナへ また8を含めた階段の場合も反則にはなりません。, 2戦目以降のカード交換は「大富豪」と「大貧民」の間で2枚、「富豪」と「貧民」の間で1枚ずつ行います。, 「富豪」と名の付く人は好きなカードを選択し、「貧民」と名のつく人は無条件で強いカードを渡さなければなりません。, 大富豪には、ここまでで説明した基本ルールの他に、「ローカルルール」と呼ばれる特殊ルールもあります。, 5を出した場合は次のプレイヤーはカードを出すことができず、その次のプレイヤーに出す権利が移ります。, 場に11(J)を含むカードを出した場合は、そのカードが流れるまでは強弱が逆転します。, 前回のゲームで大富豪だった人が大富豪になれなかった場合、その人はゲームから排除されて強制的に大貧民になります。, まずは「運」と「実力」のバランス。 // --> 名無し  ジョーカーは変わらず最強であるため、以下のような順番に変わります。, 例えば、2とジョーカーを同時に出せば2のダブル、 // --> 編集. // --> •オバマ時代にぶっ壊れた日米安保再生 名無し  i=i+1; 編集, 編集, トランプは6月の時点で想定してた事態で、着々と本来、圧勝のトランプが 編集,