485系 編成表 金沢 52

‚f‚P‚T Tp4405 @‘åã9191626VŠƒ/VŠƒ13562055‘åã/‹à‘ò10141306‘åã14571748‹à‘ò, TcM'MTsM'MTc~1 Tpc12 Tsc4505 国鉄急行型の生き残り455形 & JR最古参電車415系【終焉近い北陸最後の国鉄型電車の牙城①】 | 湘南軽便鉄道(Shonan.Lightweight.Railway), 北陸地方の国鉄型電車最後の牙城・JR西日本七尾線に残る413系電車と415系800番台電車。そして日本最後の国鉄急行型電車の生き残り455形。, 2020年(令和2年)10月3日(土)ダイヤ改正から新型521系100番台電車への置換えを開始。2021年(令和3年)春までに全車521系に置換えを完了する予定。, 415系C02編成は、七尾方からクモハ415-802(種車モハ113-160→クモハ113-808)+モハ414-802(種車モハ112-12)+クハ415-802(種車クハ111-342), 415系C02編成は、七尾方からクモハ415-802(種車モハ113-160→クモハ113-808)+モハ414-802(種車モハ112-12)+クハ415-802(種車クハ111-342)で組成。, クモハ415-802は、昭和39年川崎車輌製。JRの前身の「日本国有鉄道」の銘板も残存。, 午前9時52分、金沢駅を発車。金沢〜津幡間はIRいしかわ鉄道線(元・JR北陸本線)を走る。, 車端部の洗面所脇には非常用梯子(はしご)を装備。梯子に車両番号の表記はない。(クハ455-701の梯子には「モハ470-7」の表記がある。), クハ455-702はうがい用コップ受けと、ゴミ箱は撤去されている。(もう一両残存するクハ455-701には、うがい用コップ受けとゴミ箱が残存), 外付け式の水栓ボタン(クハ455-701は埋め込み式ボタン)。左には、たんつぼも残存。, 外観は国鉄急行型電車時代のまま。JR全社で、今ではJR西日本七尾線に2両(クハ455-701、クハ455-702)が残存するだけ。. @ Tp4312 Žµ”ö‚Æ‚¤‚Í‚­‚ñ†ƒ‰ƒbƒsƒ“ƒO@ Tp2001 Tp4403 ‰Á‰z(3) Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. T4701 M2 ”\“o(1)A‚Í‚­‚½‚©(—ÕŽž2) TcM'MTsM'MM'MTc~1@Š—v—ÕŽž1 Tp15 ‚s‚S‚R Tp4412   W05 N01 Mc8(ŽÅ) M5411 •Ò¬”ԍ† ƒTƒ“ƒ_[ƒo[ƒhŽd—l Mc19 é–“の快速に2年間使用される。2017年には快速運用も無くなり、消滅している。, 2017.2 リゾートエクスプレスゆう:船橋é§, 2010.7 ニューなのはな:高崎é§, 2019.1 きらきらうえつ:西袋é§, 2016.6 リゾートやまどり:大宮é§, 481・483系・485系 配置表(JTを除く) . Mc13 M5003(ŽO) Tsc4509 Tc201 @ Mc11 Tp4321 ”õ@l Mc20(ŽÅ) 681Œn @2003/3`‚Æ“¯‚¶, TcM'MTsM'MTc~1 “Ö‰ê→ M'M~2 M'~1 Mc~3 Tc~3, TcM'MTsM'MTc~1@Š—v—ÕŽž1 Tp16 ƒTƒ“ƒ_[ƒo[ƒhŽd—l ƒTƒ“ƒ_[ƒo[ƒhŽd—l Mc504 W03 T4705 ƒTƒ“ƒ_[ƒo[ƒhŽd—l TcM'MTsM'MM'MTc~1@Š—v—ÕŽž1 Tpc20, Ÿ681ŒnE683Œn6˜A@‘SŽÔ‚Í‚­‚½‚©Žd—l@‘SŽÔƒTƒ“ƒ_[ƒo[ƒh‘ã‘–‚ðœ‚«‹¤’ʉ^—p Tpc13 Tp4318 T4806 Tpc8 W01 - クリスタルExp.) - キハ285系, ワム80000形 - ワキ5000形 - ワキ10000形 - ヨ3500形 - ヨ8000形 - トラ70000形 - ソ80形 - チ1000形 - チキ5500形 - チキ7000形 - チ50000形 - チラ50000形 - ケ10形 - ヒ500形 - ヒ600形 - キ100形 - キ700形 - タキ9900形 - タキ42750形 - ホキ800形, 115系 - E127系 - E129系 - E131系 (運用開始前) - 201系(運用終了) - 205系 - 209系 - 211系 - 215系 - E217系 - E231系 - E233系 - E235系 - クモハ12形(運用終了), クロ157形(運用終了) ‐ 185系 - 251系(運用終了) - 253系 - 255系 - E257系 - E259系 - E261系 - E353系, 485系 - 583系(運用終了) - 651系 - E653系 - E655系 - E657系, キハ40系 - キハ100系 - キハ110系 - キハE120形 - キハE130系 - キハ141系 - キハE200形 - HB-E210系 - HB-E300系 - GV-E400系, ワム80000形 - チ1000形 - チキ5200形 - チキ5500形 - チキ6000形 - ホキ800形, C57形(180号機) - C58形(239号機) - C61形(20号機) - D51形(498号機), DD14形(運用終了) - DD16形 - DD51形 - DE10形 - DE11形 - DE15形, 101系 - 103系 - 105系 - 107系 - 113系 - 123系 - 203系 - 207系 - 301系 - E331系 - 901系 - クモハ40形, ワム60000形 - ワキ10000形 - トラ70000形 - トラ90000形 - チキ7000形 - ヨ3500形 - ヨ5000形 - ヨ8000形 ‐ケ10形 - ソ80形 - ソ300形, 103系 - 105系 - 113系 - 115系 - 117系 - 123系 - 125系 - 201系 - 205系 - 207系 - 213系 - 221系 - 223系 - 225系 - 227系 - 321系 - 323系 - クモハ42形(運用終了), 271系 - 281系 - 283系 - 285系 - 287系 - 289系 - 381系, トラ45000形 - チキ5200形 - チキ5500形 - チキ6000形 - チキ7000形 - ホキ800形, C56形(160号機) - C57形(1号機) - C61形(2号機、展示用) - C62形(2号機、展示用) - D51形(200号機), ワム80000形 - ワキ5000形 - ワキ10000形 - トラ70000形 - チ1000形 - ケ10形 - ソ80形 - ヨ8000形, EF15形 - EF58形 - EF59形 - EF60形 - EF64形 - EF66形, ワム60000形 - トラ70000形 - チ1000形 - チキ7000形 - ヨ8000形 - ケ10形 - ヤ550形 - ソ80形, 483系はモハ483・482、485系はモハ485・484の中間電動車のMM'ユニットのみの製造となった。しかし国鉄時代の先頭車化改造でクハ480形・クロ480形、分割民営化後にJR東日本がジョイフルトレイン化改造でクハ485形・クハ484形を制式化した。, MM'ユニット62 - 96・クハ481-105 - 126・サハ481-14・サロ481-36 - 51・サシ481-29 - 39が該当。, 同年11月に新潟運転所上沼垂支所が上沼垂運転区として独立。略号が「新ニイ」から「新カヌ」となる。, 123・124は書類上は向日町配置のまま1973年(昭和48年)2月まで青森に長期貸し出しという経歴がある。, スカートはクリーム1色が正式であるが、109は60 Hz用赤スカート塗装で落成。1972年(昭和47年)5月青森運転所への新造配置後、同年9月に向日町へ転出した。, 101は仙台から向日町へ転出する間に書類上のみではあるが1985年(昭和60年)3月14日 - 3月22日の9日間だけ勝田電車区の所属となった経歴を持つ。, クハ481-227・305・318・321 - 323・343・クハ489-303・703と交換。, この前頭デザインは183系や583系ならびに後述の300・1000・1500番台先頭車と共に, 冬期は屈指の豪雪地帯である奥羽本線は列車が遅延することも多く、分割・併合運用では他列車への影響も問題視されたためとも言われている。, JR東日本承継車は民営化直前に向日町から上沼垂へ転属した258・260・261の3両のみであり、このグループは転属が多く新製から同一基地所属のまま廃車になったのは253のみである。, クハ481-204は分割民営化直前の1987年2月にクロハ481-214へ改造されJR西日本に承継。1990年6月にはクロハ183-801へ再改造され、その後は福知山運転所(現・, 分割民営化後に西日本・九州所属車の一部に電気連結器・自動解結装置を装着した車両が存在する。, 車両側には装置および汚物タンクを搭載するが、当時は地上側処理施設の整備が遅れていたため完成までは配管をタンクに接続せず流し管を別に設置し線路上に汚物を垂れ流す方法がとられた。, この2両は向日町から1986年に青森へ転出。1988年3月に「たざわ」の多客期増結用として南秋田運転所へ再転出。1989年3月に勝田電車区へ再々転出し「ひたち」で運用と常に動きを共にした。, 「白鳥」は13両編成による限定運用の上に側面方向幕は札幌配置前提のものが装着されていたことから前面側面ともにステッカーで対応。, 車庫の無い旭川での夜間の屋外留置を避け札幌運転区へ回送するため、また車両故障が発生した際に, 機器箱に負圧部を作らないよう対策を取らなかったため、走行時の負圧でアスピリンスノーと称される極微粒の粉雪を吸い込み、機器の熱で溶けて故障の元となった。, 扉のヒーターにより雪は一旦は溶けるものの、走行中に冷やされ氷結し客用扉を固着させるため。次駅までの2、30分の間に凍結するため、対策として, 1979年から1980年にかけての冬季は旭川駅構内への滞留線新設や781系試作車による運用投入から計画運休は未実施, 当初はT17編成を付番。またクロハ481形が青森方に、クハ481形が金沢方に組成されていたことから方向転換の上で再組成しT15編成へ再付番。2001年3月3日にT18編成へ再々付番された。, 1001→クロハ481-1010→3010・1003→クロハ481-1011・1005→3005・1033→クロハ481-1018・1034→クロハ481-1006→クハ481-3034→クロハ481-3026・1037→3037→クロハ481-3037の5両が方向転換改造を施工。, 本番台区分の給電制御変更機能は、クハ481形・サロ481形に対応するものであり、通常は自車給電のみとなるサシ481形の制御は考慮されていない。したがってサシ481形のMGに異常が発生し使用不能となった場合は同車の三相回路配電盤を手動で切替てサロ481形からの給電となる。, 青森運転所への1000番台新製配置車はMM'ユニットとクハ481形のみで在来車との混結で編成組成となった。このためサシ481形への本改造は未施工である。, サシ481形は捻出のため1975年8月以降「にちりん」充当編成から除外し休車とされ一時的に10両編成となった。一方で本来は「かもめ」編成に組成が予定されていたサハ481-3 - 11は、1975年6月まで南福岡転入が完了しており、このうち6両が同年10月から「にちりん」編成に組成された。, 1969年にそれまでキハ82系で運転されていた「はくたか」が電車化される際には横軽区間で最大8両編成の制約から、専用編成の組成ならびに輸送力低下の問題点が発生し向日町運転所の11両編成により上越線経由へ変更した経緯がある。, 169系での総括制御は165系との混結ではKE64形ジャンパ連結器2基で、169系単独で協調制御も行う場合はKE70形ジャンパ連結器を用いた方式を採用。, 解放テコ部分を切り欠いた連結器カバーを装着して落成しており、製造直後や21世紀になってからの, このため車両番号に付く横軽対策車を示す「●」マークを車両検査時に省略した車両も存在した。, 1974年から1976年頃にかけてクハ489-503はスカートが本来のクリーム4号ではなく、クハ181形同様グレーに塗られていた時期がある。, モハ489・488-7 - 9・クハ489-3・503・サロ489-5・8・サシ489-102, 編成変更以前の金沢運転所食堂車組込12両編成は、「白山」「雷鳥」充当489系限定が13本、「しらさぎ」充当用485系・489系混結可編成が5本組成されていた。1978年7月以降はこれを「白山」「はくたか」充当489系限定編成10本と「しらさぎ」「雷鳥」充当11本へ組成変更。この際に必要な485系200番台MM'ユニット19組38両とクハ481形200番台6両は青森運転所からの転入車で賄うことになっていた。しかし青森配置車は金沢への転出と引換に新製される485系1000番台の一部落成が1979年に遅れたため「白山」「はくたか」充当編成はMM'ユニット1組カットの暫定10両編成を組成せざるを得なくなったことから2段階にわけての組成変更となった。この組成変更が改正3ヶ月前から行われた理由は、「しらさぎ」「雷鳥」充当編成も含み捻出されたサシ481形4両とサシ489形3両が、秋田運転区へ転出する際に1000番台組込対応改造が必要であったためである。またサハ489形は旧「しらさぎ」編成組成されていたサハ481形4両が向日町運転所へ転出したことから「しらさぎ」「雷鳥」充当編成に転用。サロ489形0番台の一部も「しらさぎ」「雷鳥」充当編成に転用し、捻出されたサロ481形4両がサロ183形1050番台とサロ189形50番台に改造された。, 489系在来車と編成を組成することから、485系1000番台に装備された制御車からの給電区分変更制御機構はなく、いずれかのクハ489形にMGトラブルが発生した際には手動で給電区分を変更する必要がある。, 展望の観点からシートのヘッドレスト部分が小型化されるなど以後のJR西日本におけるパノラマ型, 181系時代はサボ受が設置された以外は、サロ481・489形1000番台と外観上の大きな違いはない。, クロ481形2000・2100番台同様の配置であるが、背摺りは前方眺望を考慮する必要がないためヘッドレストは小型化していない一般形状。, JR東日本では、国鉄時代の1986年からクハ481形1000・1500番台を種車にクロハ481形1000番台の改造施工を実施していたが、秋田配置のクハ481形1000番台偶数向車はクロハ481形1000番台に全車改造済で種車としての捻出ができず300番台が供出されたという事情がある, 1002はグリーン室定員12名・普通室定員は44名。1023はグリーン室定員16名・普通室定員36名。秋田配置車は両グループが一部共通運用される反面で新潟配置車はグリーン室定員16名に統一されていたための車両交換である。, 「はくたか」充当用9両のR1編成への転用で編成内にサロ481形が組成されることからクハ481形復元を施工。, 1986年5月と早期落成したため福知山所属のまま日根野に貸渡され他のクハ480形改造工事充当車と差し替えられて末期の「くろしお」でも運用された。, 「スーパー雷鳥」用R編成では分割併合時に中間組込となる基本編成のクハ481形は貫通扉ならびに幌を装備する200番台に限定されており、クハ480形として改造された時点でクハ481形200番台との正面併結が前提であり、幌枠はあるものの貫通幌設置時には美観を考慮しない構造である801は分割併合に関与しない付属編成に充当。1995年の組成変更により10両固定のR21編成へ組成された。なお同車は自由席車となることからシートピッチ拡大などのグレードアップ改造は未実施で、アコモ改善のみ施工された。, JR化後「ひたち」で運用されていた勝田配置車両が、イベント展示の際に表示された実績がある。, 前面のみが片渡りで後部側は従来からの両渡りのままのため併結運転は不可能になるが方向転換は可能である。, 1011は転入直後の1998年3月に3000番台改造を施工された際に撤去、333は2006年に、最後まで運用された332は2014年に廃車。, クハ481形200番台同様に貫通幌を外付けで取付けることは可能だが、この場合は必然的に貫通幌が剥き出しの状態となる。またこのケースでの営業運転実績は無い。, 801・802は早期落成したため福知山所属のまま日根野貸渡で「くろしお」運用にも充当。一方で851は改造日程の都合でクハ480-5のまま福知山へ転出し「北近畿」に充当されてから改造という差異がある。, 「雷鳥」「しらさぎ」運用に充当される編成では引き続き食堂車が組成されていたため同編成用にはサシ489-1 - 9・101・102が転用組成された。, 1986年9月1日に長野運転所が長野運転所第二分所を統合し長野第一運転区へ改称。さらに1987年3月1日に北長野運転所に再改称。JR化後は1991年7月1日に長野工場と統合し長野総合車両所となり、2004年6月1日に長野総合車両センターへ改称して現在に至る。, 長野配置時代の1995年5月12日に1051は「90年代観光振興行動計画(TAP90's)」に基づく「栃木・群馬観光立県推進地方会議」の視察団が利用する臨時列車「臨時特急ほのぼの号」中軽井沢-高崎間で運転された際に増3号車として「ゆう」と同色に塗り替え編成に組込まれた記録がある。, これは189系のサロ189形でMG・CP双方を装備する100番台のほか、0番台もCPを装備することにフィードバックされた。, 残り6本のクハ481形は、334・342・350・351・352・1506を組成。, 雪国のスノーホワイトを基調に日本海のマリンブルーと越後平野のプレイングリーンを配する, 自由席となる4・5号車に組成。これは未改造車に比較すると定員が4名減となるため指定席となる2・3号車への組成を避けたことによる。, R編成用グリーン車も含み種車が元々グリーン車である場合は客室窓が小窓であるのに対して、それ以外では大窓となる。このため座席配置と窓割が一致しない区画が存在する。, S編成用グリーン車ではクロ480-2301の種車がサロ489-1005であり、他の車両は種車がクハ481形であることに由来する。またR編成用クロ481形2000番台・2101・サロ481形2000番台のシートピッチは1,160 mmである。, 「あいづ」は土休日を中心に、「アクセスあいづ」は平日を中心に運転されるため両列車が同日に運転されることはない。また車両は東大宮もしくは会津若松で夜間滞留となり、所属の仙台車両センターへは月1回検査のため平日に出入が行われ、その際には「アクセスあいづ」は運休となった。, 両列車とも磐越西線郡山 - 喜多方間は共通のダイヤ設定とし、平日は仙台発着、土休日は上野発着とした。, 夏期の臨時「あいづ」充当や入場期間中を含め何らかの理由で本編成を「あいづライナー」に充当できない場合は、同センターの583系N-1+N-2編成が代走充当された。ただし583系は2011年8月20日付で秋田車両センターへ転出したため以後A3・A4編成が配置される2012年2月までは、勝田車両センター所属K60編成もしくは新潟車両センター所属T18編成による代走充当が実施された。, 2009年7月4日・5日の「あいづ」には車両運用の都合で新潟車両センター所属T18編成が充当された。, 鉄道車両が事件事故の物的証拠と押収された場合、裁判所からの保全命令により車籍の抹消など一切の手続きが執れなくなる。, クハ481-1026→クロハ481-1005→クハ481-3026→クロハ481-3026, クハ481-1037→クハ481-3037→クロハ481-3037 クロハ481形3000番台のうち本車のみクロハ481形1000番台への改造履歴がない。, 2両とも1974年に日立製作所笠戸事業所で製造後、向日町運転所に配置。1986年11月1日付けで上沼垂運転区に転入した経歴を持つ。, どちらもクハ481形は481系時代に向日町運転所と483系時代に仙台運転所に新製配置された車両で、電動車も1972年製造の仙台→青森→仙台→勝田と同じ経歴を持つユニットで組成された。, 2000年施工車は先頭車の飾り帯の復元がされてないのに対して、2010年施工車は復元されるなどの差異がある。, 一方の当該車である189系はグレードアップ編成であったことと先頭車のみが軽度の損傷であったため修復を行うが、冬期シーズン・長野オリンピック・新幹線開業を控えた時期に2編成が使用不能となり「あさま」充当用編成が不足したことから、先頭車とMM'ユニット1組は長野所属車、グリーン車とMM'ユニット1組は松本運転所(現・, 1972年10月2日ダイヤ改正時点では「いなほ」のみで出入所を行っており、同年11月1日からの運用増に対して1973年盛岡で夜間滞留となっていた「やまびこ」を青森まで回送し検査対応する措置が採られた。, 運用番号1 - 11が北陸・上越方面、運用番号12 - 32が山陽・九州本面とそれぞれ分けられていた, 当時東北地区では、クハ481形200番台は300番台への振替が進行中であり、落成までの繋ぎ名目も含ませての転出。この2両は翌1976年5月に南福岡へ再転出した。, クロ481形は先頭部に制御回路用KE70形ジャンパ連結器が未装備で中間に連結できないこともあり回送経路は複雑な動きを要求された。, 20・22・24も3両は1982年に仙台から九州地区に一旦転出しており、再び東日本エリアに出戻る形となった。, その後全車が他区所へ転出か、交流機器を撤去または使用停止にして183系電車に改造されたために485系としての配置は既にない。, 当初はサロ481形2両組込の13両編成×2本・予備1本で充当されたが、1978年8月以降は1両減車で上野口東北特急と共通運用となった, サロ481-1001・1005・1008・モハ485+484-1021・1035・1042・1056・1057・1074・1081・1082・1088・クハ481-346・347・1019・1035・1041・1508の27両で組成。クハ481形は奇数向き車のみ1000番台となった理由は秋田所属の偶数向き車が、1989年までに全車クロハ481形へ改造済であったことによる。, 1035は1997年12月に3000番台化改造を施工しA8編成に組成。1021はA11編成に、1057はA10編成に組成され、共に「ムーンライトえちご」用165系置換えのため2003年に上沼垂へ転出。, クハ481-1005は「いなほ」運用移管により南秋田運転所から上沼垂運転区へ1997年3月22日付で転入したばかりの車両である。本転配は3000番台化改造は極力1000番台車に施工する方針からによるもので、青森再転入時に方向転換ならびに3000番台化改造を施工し、同年11月19日付でクハ481-3005として落成した。ただし青森運転所の3000番台化は当初海峡線対応車6編成が対象となったものの途中で海峡線対応車5編成と非対応車2編成に計画変更されたこと。またクハ481形1000番台は43両中29両がクロハ481形へ改造されていたこともあり不足気味で、青森配置車も唯一300番台からクハ481-350が3350へ改造対象となった。また車両交換の形になった342も2001年に3000番台化改造を施工された。, MM'ユニット3056は、転出直前までA8編成に組成されており、A9編成のMM'ユニット1081と車両交換を実施した。, 789系は函館・八戸・新青森・秋田方先頭車が、本系列は青森方先頭車がグリーン車であったことから、乗客案内の利便性向上も含めて本系列の方向転換により統一させた。, 民営化後に時期不詳(一説には1992年頃)ではあるが南秋田運転所へ組織変更ならびに改称を実施。, 秋田支社管内で主に奥羽本線臨時快速に投入されるケースもあった。また2007年2月12日には青森車両センター所属車が不足したため秋田から回送し臨時特急「つがる」2往復に充当された。, 348はクロハ481-303へ改造。さらに3000番台化改造と同時にクハ復元を施工しクハ481-3348となった。, 充当期間中は幕張車両センターに貸し出し名義となる。なお、2008年以降は幕張配置の183系や, 「くびきの」運用では乗降用ドアステップ装着が必須であることから、「いなほ」「北越」とは別運用が組まれ4・5号車MM'ユニットにグレードアップ車が組成されるT16・T17編成がほぼ専従となった。両編成のいずれかが検査などの際には他のT・R編成に乗降用ドアステップを装着して充当。, T18・K1・K2編成に組成される車両は、元々は秋田運転区で上野発着「つばさ」と共通運用の「あいづ」に充当されていた9両編成×3本に組成されており、両列車では首都圏乗入対策からATS-Pを搭載していた。1992年7月1日のダイヤ改正で両列車廃止に伴い青森運転所へ転出し急行「津軽」への充当な波動輸送対応へ転用の際に車内減光装置を搭載。1993年10月以降にMM'ユニット1組とサロ481形をカットした6両編成へ再組成され、クハ481形1000番台をクロハ481形へ改造。新潟転出によりクロハ481形とクハ481形の方向転換を実施し連結位置を逆転させた。, JRマークなしでクハ481-1508側面の車両番号はステンレス切抜き文字ではなく白色のステッカー貼付する, 長野総合車両センターへの廃車回送は従来自力走行で行われていたが、2015年3月14日以降は信越本線長野 - 直江津間が北陸新幹線並走区間となり、第3セクターのえちごトキめき鉄道ならびに, 「ムーンライトえちご」が定期運行されていた時期は首都圏側停泊中に車両故障が発生すると予備車を新潟から回送あるいは運休させるしか対処法がなかったが、2007年2月2日下り「ムーンライトえちご」に充当予定のT18編成が大宮総合車両センター車両検査科東大宮センターから回送中に車両故障を起こした際には、急遽同センターの183系1000番台OM102編成代走となった。なお、同編成はモノクラスのため本来グリーン車利用客に対してグリーン料金の払戻しとグレードアップ車である3号車の同番号席に、3号車の指定券を持っていた乗客は1号車の同番号席への振替が行われた。, ただし、首都圏内の列車無線が完全デジタル化された2010年7月以降は装置未搭載のR26・R27編成は充当されない。, 塗装が国鉄色であることから、同一装備を持つT18編成と共にJR東日本管内で運転される, クハ481-22・25 モハ485+484-14・20・57 サロ481-1056 このうちMM'ユニットの57が返却されずに廃車。, 9両編成は指定日のみ充当。非充当の場合は「はくたか」運用車は金沢滞留とし、「北越」運用は6両編成の新潟滞留車を充当。, 改造種車は旧T4編成に組成されていたサロ481-107および1996年5月に南秋田から転入したMM'ユニット3組とクロハ481形1000番台2両をクハ481形に復元して充当した。, 改造種車は旧T3編成に組成されていたサロ481-106およびMM'ユニットとクハ481形が1996年に南秋田から転入した1030ならびに勝田から転入した1011を充当。, クハ481-332・333・1011は勝田所属時に下り方に組成されていたことから、2編成併結改造で制御回路用KE70形ジャンパ連結器栓受けを装備したほか、同様に勝田から転入したものの上り方に組成されていて栓受けを装備しないクハ481-349も含みひたち色へ塗替をした際に愛称幕上部の特急エンブレムを取り外しており、本センター転入後に上沼垂色へ塗装変更後も復元は未施工。, 一部の「いなほ」運用では閑散期に4両へ減車措置が採られていた一方で、繁忙期を中心に6両+4両の10両で運転された実績がある, 金沢方クハ481形はクロハ481形へ改造。MM'ユニットは、7・8号車がカット。2・3号車は4・5号車へ、5・6号車は2・3号車へ組成。, A9編成に組み込まれていたモハ485・484-3068と車両交換。またA9編成で転属対象から外れたモハ485・484-3081は増結用ユニットに転用。, 「くびき野」に投入される2編成は新井で運用終了となるが、夜間滞留は2本とも直江津で行うためにそのうち1編成は送り込みを兼ねた(新井行1328M・直江津行1351Mの1往復)普通列車に投入される。もう1編成は回送で運転。, 主に大宮総合車両センター常駐で幕張車両センター所属のマリ31・32編成が投入された。, このため「能登」が運転されない日はいずれかの編成が尾久車両センターに終日滞留となりホームライナー運用に投入された。ただし「能登」が運転されない期間が長期化した際の検査スケジュールや車両故障発生の場合は、回送もしくは配給列車により編成の入替が行われた。, 山形新幹線開業により在来車特急「つばさ」が廃止となり秋田からの充当車両送り込みができなくなったことによる。, クハ481-1+モハ485・484-1+クハ481-2 クハ481-20+モハ485・484-36+クハ481-14で本編成と訓練車編成は併結対応工事未施工。, 上野←クハ481-38+モハ484・485-54+サハ481-109+モハ484・485-63+クハ481-32→勝田・いわき・仙台, MM'ユニット1018・1044・1083 クハ481-332・333・349・1011でこのうちMM'ユニット1044とクハ481-349・1011の4両は3000番台改造を施工。, このほかに保留車としてサシ489形2両も配置されていたが、1988年にスシ24形へ改造され離脱。, スカート部の塗装が0・500番台はオイスターホワイト、300・700番台が薄群青色という相違点がある。, H編成が車両故障もしくは検査等で充当できない場合は、489系限定で組成されたK編成に予備もしくは組成を一時的に解いているH編成から489系MM'ユニット1組を組込み充当させており、クハ489形200・600番台組込のK編成にMM'ユニット1組増結で充当したケースもある。, クハ481-306+モハ484-316+モハ485-214+クハ481-303ならびにクハ481-224+モハ484-319+モハ485-217+クハ481-229の2編成で予備車がなく、検修ならびに車両故障時にはK編成からサロ481形とMM'ユニット1組を外すなどして代走で対応した。, 「はくたか」はJR東日本上沼垂運転区と共管のため東日本車の9両編成に合わせるため8両とされたこと、また北越急行内での最高運転速度が当初は140 km/h、1998年12月8日以降は150 km/hに設定されたことからMT比2:1以上が要求されたためである。, V01編成はS02編成+S05編成2・3号車MM'ユニット、V02編成はS03編成+S04編成2・3号車MM'ユニットで組成されており、S04・S05編成から車両は6・7号車に組み込まれた。, このほか編成に組成されない保留車としてサロ481形0番台1両・サハ481形4両が在籍。, 定期運用は9月20日にA08編成のクハ481-120が、臨時運用では同月20・21日の「懐かしの雷鳥」投入のクハ481-101・103・サロ481形3両を組込んだ11両編成が最終運行。, 「KIRISHIMA & HYUGA」塗装車が竣工する12月までは暫定措置として一切のレタリングなどを隠して運行。, ただし787系の転属措置と運用の都合から改正当日の一部列車は鹿児島総合車両所の本系列5両編成で運転された。, 編成組成が変わらない転属を行った場合は数字が変わらず配置先を示すアルファベットのみ変わるが, ボンネットの一部を欠き取りビデオカメラを設置して「シミュレーター用映像撮影車」としてJR東日本管内各地を走行。中央本線・篠ノ井線入線に際し屋根上前灯を撤去し189系に連結されて走行した, 『JR電車編成表』2016冬 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2015年 p.356, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.356。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2018夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.356。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2016年、p.356。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.37。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2016夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2016年、p.356。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.356。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2017夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2017年、p.358。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2020夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2020年、p.404。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2019冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.23。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2020夏 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2020年、p.358。, ジェー・アール・アール編『JR電車編成表』2019冬 ジェー・アール・アール、交通新聞社、2018年、p.356。, 『JR電車編成表』2012冬 ジェー・アール・アール 交通新聞社 2011年 p.358, Rail Magazine 2010年12月号(No.327)ネコ・パブリッシング, 『JR電車編成表』2010夏、ジェー・アール・アール、交通新聞社、2010年、p.218、, https://web.archive.org/web/20160420041651/http://entabe.jp/press-release/1941252, http://railf.jp/news/2016/10/03/203000.html, http://www.jreast.co.jp/press/2014/20141222.pdf, “JR東日本・えちごトキめき鉄道ダイヤ改正 - 485系快速列車、運転取りやめに”, https://news.mynavi.jp/article/20161216-a539/, https://web.archive.org/web/20181016105823/http://www.jrniigata.co.jp/press/20181016kairi.pdf, https://web.archive.org/web/20181113210331/https://this.kiji.is/434995306726933601, https://web.archive.org/web/20190402234136/https://www.jrniigata.co.jp/press/20190328KIRAKIRA%20.pdf, https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000021560, https://railf.jp/news/2019/12/16/140000.html, 451系 - 453系 - 455系 - 457系 - 471系 - 473系 - 475系, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=国鉄485系電車&oldid=80449690, RS45A形主整流器:モハ484-1010・1012・1014・1016・1018・1020・1022・1024が搭載, 運転台は後方に監視窓を設置するものの屋根への造形が若干異なるほか、前灯横左右のマーカーライト, 1964年新製車の1 - 8は、登場当初スカートを赤色とした以外は151系(181系)に準じた塗装になっていたが、翌1965年増備車の9 - 18より交直両用車であることを示すべく下部ライトケースの上に赤い「ひげ(眉)」と呼ばれる塗装の追加と赤い, MGを150 kVA→210 kVAへの容量増大ならびに小型化したMH129-DM88, ボンネット内部の搭載機器はCPのみとし、冷却用外気取入口にダクト状のカバーを装着。, タイフォンはクハ481・クロ481とも101のみスカート部設置で落成したが、102以降はボンネットに移設された, 1972年に1・2はサハ489形へ改造、3 - 11は1975年に南福岡電車区へ転出。1978年に12 - 14はサハ481形100番台と交換する形で向日町運転所へ転出後、1984年 - 1985年にクハ480形へ改造。未改造車は1996年 - 2000年にかけて全車廃車となり区分消滅した。, 本区分は全部で63両が製造されたが、新造時にその2/3に当る201 - 224・227 - 230・235 - 238・254 - 263の42両が青森運転所に、225・226・231 - 234・239 - 253の21両が向日町運転所に集中配置された。, 青森には100番台車も10両が配置されていたが、200番台配置に伴い全車が向日町運転所に早期転出となった。これは当時東北本線系統と奥羽本線系統の特急を, 運転室への昇降は、201 - 220がはしご式、221以降が階段式である。また階段式車では客室から乗務員室へのドアを右側にオフセットする設計変更が行われた。, 一般に特急列車の専務車掌室は編成中央部にあるグリーン車のものを使用する傾向があるが、東北特急では仙台運転所編成が上野方先頭車にクロ481形を組み込み、青森運転所編成もサロ481形は2号車に連結していたため編成中央部付近に専務車掌室を持つ普通車が必要となり本番台区分が製造された。この構造は後の1000・1500番台に承継された。, 車体長を250 mm延長し0・100番台と同じ連結面車体長が21,250 mmとなり、同時に運転室床上スペースが余ったため助士席下部へCPを移設。, MM'ユニットはモハ485-207+モハ484-309からとされたが、本グループではモハ484形600番台が1974年と1975年にわけて製造されたことから右表に示す車番組合せとなった。, クハ481-311・313・315 - 354・サロ481-115 - 133・サハ481形100番台はブレーキシリンダをダイヤフラムシリンダとしたTR69H形に変更。, 普通車座席を従来のT-17系回転クロスシートからR-51系簡易リクライニングシートに変更。, 15が仙台運転所に配置されたが、16 - 19は「雷鳥」「しらさぎ」増結用として金沢運転所(現・, 1978年の東北地区3MG化でサハ481形100番台を捻出する必要性から15は車両交換、16 - 19は転出車補填の形で向日町運転所へ集中配置となったが、1984年以降は先頭車化改造の種車となった。, 新製時は向日町と南福岡に集中配置されたが、床下にMG・CP設置準備工事が施工されていたことから、, 110・111の2両はクハ182-1・2に改造されたが、1985年3月ダイヤ改正で残りの16両全車が向日町集中配置となった。, 1975年に「つばさ」本系列化名義で製造された115・116・122・123・127・128の6両は床下にMG・CP搭載・前位車端部に車販準備室・車販コーナー設置といった当初から1000番台改造を前提にした仕様変更が実施されており、1978年に1051 - 1056へ改造。またJR東日本継承後に2両がサロ489形1050番台に、1両がサハ481形300番台へ再改造。, JR西日本が承継した121・133は1997年にサハ481-502・503へ改造。, グリーン車のまま183・189系化改造を施工された車両が5両存在する。このうちサロ189形改造車3両とサロ183形改造車1両は1989年にサハ481形300番台へ改造され再び本系列化したほか、126・129が本形式から直接サハ481-301・302へ改造された。, 国鉄時代にサロ183-1053へ改造された112は、JR東日本継承後の1988年に本形式へ復元ならびに原番号復帰と同時に座席を2+1などにするグレードアップ改造を施工。またグレードアップ改造は105 - 107・114・124・125にも施工されたが、106は1998年に、107は1997年に3000番台化リニューアル改造により3106・3107へ改番。, 台車は耐寒耐雪強化タイプとし、呼吸式軸箱とした上で軸箱支持装置用軸ばねをゴム被覆コイルばねへの変更を実施。電動車では両抱き式, クハ481形は300番台と同様の非貫通型であるが、降雪時視認ならびに被視認性向上の観点から運転台上前照灯を2基に増設し計4基としたほか、, このため編成をMM'1ユニット減の4両に短縮。運転間隔を1時間から2時間とする計画, 秋田運転区配置後、上野発着「つばさ」ならびに共通運用の「あいづ」へ充当される9両編成に組成されたことから首都圏乗入に必要な, 新製車のほかに、在来車から改造されたサロ481形1050番台6両と引通線追加など本番台区分との連結対応を施工したサシ481形14両が存在する。, 電動発電機(MG)・電動空気圧縮機(CP)・主電動機の寒冷地仕様強化ならびに器箱密閉化および防水処置・空気ブレーキ装置の機器箱収納化を実施, サービス電源と圧縮空気の確保のため在来車では先頭車のクハ481形へ集約搭載されていたMG・CPを編成内に組成されるサロ481形にも搭載した。ただし183系1000番台で採用確立された本システムを本番台区分では、MGトラブル発生時にクハ481形運転席から給電区分変更制御を可能にしたことから、KE76形ジャンパ連結器1基による給電制御用引通線をKE70形ジャンパ連結器による総括制御用引通線とは別に増設した。, このため在来車との混結も可能だが、その際には給電区分変更機能などは喪失するほか、給電制御用引通線追設によりクハ481形は片渡りとなり方向転換が不可, 210 kVA MGとCPを搭載するサロ481形ならびに厨房設備に対応する70 kVA MGを搭載するサシ481形では、通常時は自車給電とし、いずれかのクハ481形が搭載するMGに異常が発生した際にはサロ481形搭載MGからの給電区分に切り替える。またサシ481形のMGに異常が発生した場合もサロ481形からの給電となり, このため秋田方クハ481形のMGに異常が発生した場合でも自車給電のサシ481形を跨いで給電が可能となるほかサロ481形搭載MG異常時に対応するクハ481形からの給電は状況によってA/Bのいずれかとなる, 電動台車はブレーキシリンダに防雪カバーを取付けたDT32E形、付随台車はゴムシリンダ式としたTR69H形とし、クハ481形の先頭台車にスノープロウを装着, サロ481形は前位車端部のトイレ・洗面所を車販準備室・車販コーナー設置に仕様変更。, 簡易リクライニングシートを背もたれが倒れた状態でロックが可能なR-51BN形へ変更。, 1978年ならびに1979年施工の8両は、組成変更で編成から除外余剰となった仙台運転所から転入したサシ481形1両、金沢運転所から転入したサシ481形5両とサシ489形3両を改造して充当した。, JR西日本承継車はグレードアップ化改造された車両も存在するほか、組換により在来車とユニットを組成したケースも多い。, JR東日本承継車はクハ481形43両中29両がクロハ481形に、モハ485形は9両がクモハ485形に改造されるなど短編成化に起因する施工例が多く、3000番台化された96両中89両が本番台区分からの改造である, 主制御器をEF63形との協調運転時にカム軸が機関車からの指令により途中停止可能なCS15Gに変更。, 誘導分流器は界磁分流率を変えてEF63形とのノッチ合わせを可能としたIC58-MR130に変更。, 編成間では485系と共通する総括制御回線とは別途にKE76形ジャンパ連結器による協調制御回線を増設する方式, 下り協調運転時前方監視のためクハ489形0・200・300番台運転台側面に車掌弁を設置。, EF63形と連結される上り方のクハ489形500・600・700番台は、直通予備ブレーキを設置し抑速発電ブレーキが不能となった場合に動作する抑圧装置を搭載するほか、連結器カバーが省略され運転席下側にEF63形との協調制御用KE70形, 密着連結器を装備する200・300・600・700番台の前面ジャンパ連結器は以下の構成となった。, 200・300番台:運転席下側に総括制御用KE70形と編成間協調回線用KE76形 助手席下側にKE9形三相引通, 600・700番台:運転席下側に協調制御用KE70形とKE9形三相引通 助手席下側に総括制御用KE70形と編成間協調回線用KE76形, 当初からサハ489形組込の12両編成で落成した「白山」格上げ名義による向日町運転所に配置されたグループである。, クハ489形は下り方が200番台、上り方が0・500番台とは異なり+400の600番台に区分されたが、CPを床下搭載とし容量がベースとなるクハ481形200番台同様容量が2,100 L/minへ減少したMH113-C2000型, モハ488形は冷房装置を集中式のAU71形へ変更により乗車定員が8名増加となったため200番台に区分されたが、モハ489形は冷房装置をAU13E型へ変更したのみで続番となったことから、それまで一致していたMM'ユニットの車両番号が不揃いとなった。本グループではモハ489-16+モハ488-201 - モハ489-30+モハ488-215の15組30両が該当し、民営化時には全車JR西日本が承継。, 付随車はモハ489形同様に冷房装置変更のみのため基本番台からの続番を踏襲するが、サハ489形は初期型でCP搭載改造を施工された1 - 4 → 201 - 204に対応して5-を附番し、新製当初からCPを搭載するほか、1986年までに他形式へ改造された。, サロ489形は13がJR西日本へ、14 - 16がJR東日本へ継承された以外は1986年までにサロ110形へ改造された。, サシ489形は1986年 - 1987年に全車廃車となったが、民営化後の1989年3月に7が車籍復活と同時にスシ24 507へ改造されJR東日本尾久車両センターへ配置された。, サハ489形1両はサハ481形改造車を充当。サシ489形1両はサシ181形改造の100番台を充当。, 「白山」3往復化と間合い運用の「あさま」1往復投入名義で製造された12両×2編成と1972年下期製造車組込用サハ489形2両。同年3月15日より「白山」運用が移管されたこともあり、本グループより新製配置が金沢運転所に変更された。, 向日町所属車は3月15日付で0・500番台2編成と200・600番台1編成。7月に0・500番台2編成と200・600番台1編成。9月に200・600番台1編成が金沢に転出。11両のままとされた0・500番台1編成, クハ489形は非貫通型となり、下り方を300番台、上り方を+400の700番台に区分。また700番台は600番台と同様の理由でCPを2基とし、300番台も含めて床下搭載としたことから助手席(1位側)下部のCP用機器搬入口が無く外見上からクハ481形と判別が可能である。全車JR西日本に継承され、300番台は, 中間車の車両番号は中期型から続番でるためMM'ユニットはモハ489-31+モハ488-216 - モハ489-42+モハ488-227の12組24両で、民営化時には以下に継承された。, JR東日本:モハ489-31+モハ488-216 - モハ489-33+モハ488-218・モハ489-35+モハ488-220 - モハ489-40+モハ488-225, JR西日本:モハ489-34+モハ488-21・モハ489-41+モハ488-226・モハ489-42+モハ488-227, サハ489形は1985年に9・11が他形式へ改造、10・12は向日町運転所へ転出しJR西日本に継承されたものの保留車扱いで1991年12月1日付で廃車, サロ489形は21・22・24が1986年にサロ110形へ改造されJR東日本に継承されたほか、23・25 - 28は金沢配置のままJR西日本に継承された。, 前頭部を流線型とし、前面展望を可能とするパノラマ運転台は、客室より低い位置に傾斜角をつけて設置。, 前灯・尾灯はフロントガラス下部へ並列にまとめてケース内設置としたほか、フロントガラス内上部にも前灯を2基搭載する。, シートは乗客用扉から運転席に向かって通路を挟み向かって左側が2席、右側が1席の2+1配置, 塗装はオイスターホワイト(白)を基調とし、JR西日本のコーポレートである青色帯の上にピンク色のピンストライプを巻いた「スーパー雷鳥」専用色に変更。, 落成直後は側面帯を正面まで回り込む仕様とされたが、短期間のうちに乗務員扉付近とライトケース周囲で帯を分断する仕様に変更し、乗務員扉と客窓間・正面フロントガラス下部運転席側に青色のJRマークを追加した。, MGは種車の床下搭載をそのまま継承したが、CPは次位に連結されるサロ481形2000番台へ移設となったことから、事実上のユニットとなった。「しらさぎ」転用時にサロ481形2000番台が廃車となったために以後は次位にCP搭載改造を施工したモハ485形500番台+モハ484形ユニットを連結することが限定された。, 1 - 4はAU12形5基搭載の初期車からの改造車だが、後年冷房容量増強のために後位にAU13E形を1基増設。, 5 - はAU13E形搭載車で改造時に1基撤去して4基搭載に変更したが、のちにAU13E形を1基運転台側に増設。, 調理室区画は種車の食堂自動扉と冷水器を撤去した上でビュフェに全面改装。大型冷蔵庫をはじめとする一部機器は種車から流用されたが、新たに設置された厨房には流し・戸棚・物置・電気コンロ・電子レンジ・ジュースクーラー・コーヒーマシンなどを装備するほか、3位側業務用扉後位側に厨房用換気扇を設置。, 1501 - 1505:1989年 - 1991年にクハ481-1101 - 1108へ改造, クロ481形に続く業務用室は側窓を埋込が、サシ481形時代に設置されていた妻面の回送運転台用窓は残存。またクロ481形には側面方向幕を搭載しないため新たに方向幕を新設。, 500番台時代の座敷は側窓4枚分はクロ481形へ向かって左側2席・右側1席ならびにシートピッチ1,180 mmの2+1配置6列定員18名のリクライニングシート, 客室に続く側窓1区画は埋込とし仕切壁・ビデオデッキ&モニターテレビ機器室・カード式公衆電話室を設置。, ラウンジ部は1・3位側は大型ソファーをコの字状に配置。2・4位側はサシ481形時代の通路窓で高位置となることから、背もたれが無い床机状のソファーを縦に3席配置して窓下に長テーブルを設置。落成直後の色調は, 種車となったサシ481形のうち81・82はサシ489-10・11からならびに1000番台対応引通線追加改造車, 国鉄末期の1985年3月14日のダイヤ改正で青森運転所の運用では、編成からサロ481形を外しモノクラス6両化されたが、1986年11月1日ダイヤ改正で「たざわ」運用ならびに間合いで山形 - 秋田間の「つばさ」1往復を秋田運転区から移管されると同時に3・5両への短編成化とグリーン席を設置することとなり1986年に土崎工場で改造されたグリーン室定員12名・普通室定員44名の偶数向き片渡り構造のグループである。, 青森転出予定の秋田運転区所属車に1986年4月から10月にかけて改造施工し、最初期落成車はクロハ480形とされたが, 秋田再転出後の1989年3月11日ダイヤ改正では後述するグリーン定員16名の1022 - 1027導入により、従来の運用を同グループへ移管。本グループは新たに奥羽本線内発着「つばさ」10往復と「いなほ」1往復に転用。この際に車両需給調整から、1008・1009は定員を1022 - 1027と同一にする変更を施工した, 山形新幹線開業後は、「つばさ」→「こまくさ」へ充当変更のほか、一部運用を1022 - 1027と共通化を実施。1996年に「いなほ」運用移管により1002・1005・1006・1008・1009は上沼垂運転区へ転出したが、1002は短期間で1023と車両交換で秋田へ再転出, 1001・1004は2000年に3000番台化改造を施工して上沼垂運転区へ転出。なお1001は方向転換とクハ481形復元を同時施工。, 秋田に残留した1002・1003・1007は2010年の「かもしか」運用終了に伴い2011年に廃車となり本グループは消滅。, 上述した1001 - 1009落成後も「はつかり」「いなほ」は引き続き6両モノクラス編成とされたが、こちらもグリーン席設置を要望されたことから、青函トンネル開業に伴う1988年3月13日ダイヤ改正での運用開始に向けて1987 - 1988年に土崎工場で改造施工後に青森運転所へ配置されたグリーン室定員16名・普通室定員36名の奇数向き片渡り構造のグループである。本グループ以降はグリーン席シートピッチが標準の1,160 mmより広い1,210 mmに拡大された。, 本グループでは運用に充当される「はつかり」の一部が函館まで区間延長運転となることから、1012・1013・1015 - 1017・1019はATC-L搭載やCP床下移設などの, 1010・1011・1018は1992年に後述する急行「津軽」運用のため青森に転入した車両と交換される形で秋田へ転出。このため偶数向き方向転換改造を施工された。さらに1997年に運用移管で上沼垂運転区へ転出し、1010が2000年に3000番台化改造を施工されたが、羽越本線脱線事故により2007年3月31日付で廃車。, 1013・1014は「あいづ」充当編成への転用のため仙台車両センターへ転出と同時にクハ481形へ復元。, 1012・1015 - 1017・1019 - 1021は引き続き青森に残留したが、1996年から1999年にかけて3000番台化改造を施工。2006年に元1020の3020が羽越本線脱線転覆事故の当該となった3010を補完するため新潟へ転出。, 1988年 - 1989年に土崎工場で改造施工後に秋田運転区へ配置されたグループ。客室定員は1010 - 1021と同じだが、編成組成が青森配置車と逆となることから偶数向き片渡り構造になる差異がある。, 1989年3月11日ダイヤ改正から「たざわ」14往復と山形発着「つばさ」1往復に303ならびに本グループと仕様を合せる改造を施工した1008・1009と共通運用で充当開始。後にグリーン席12名グループと共通運用となり「はつかり」「いなほ」「こまくさ」にも充当された。, 1996年 - 1997年の「いなほ」運用移管により全車上沼垂運転区へ転出。1024・1027が3000番台化改造を施工された。, 1010 - 1021と同様の「はつかり」「いなほ」共用改造車であるが、この3両のみ改造が1993年に青森運転所で施工された。, 種車は1992年7月まで上野発着「つばさ」ならびに共通運用で「あいづ」充当されていたサロ481形組込9両編成×3本に組成されており、首都圏への乗入対策としてATS-Pを本形式化以前から搭載していた車両である。上述2列車廃止で急行「津軽」へ転用となり南秋田運転所から青森運転所へ転入、併せて夜行列車での運用を考慮した車内減光装置搭載工事を施工した。1993年9月30日で「津軽」充当を終了。その後に「はつかり」充当の583系運用を本系列へ集約化ならびに波動運用対応を兼ねて青森運転所の他編成と共通の6両編成化する際に奇数向きクハ481形1000番台3両が本形式へ改造施工された。また本グループは、海峡線乗入対策が未施工であるとともに3000番台化改造車は存在しない。, グリーン座席は1028までが新品を装着したのに対し、本グループは発生品のR27系を装着した。また1029はクハ481-1035時代からシャッター式タイフォンカバーに取っ手を改造で装着した異端車である。, 首都圏乗入対策が施工されていたことから他車両基地への貸出や波動運用にも充当されたが、3両とも2003年までに定期・波動運用で首都圏乗入が多数存在した上沼垂運転区へ転出した。, 1029:2000年に共通予備編成として転出。転出後に偶数向き方向転換改造を施工。, 1028・1030:2003年に「ムーンライトえちご」の165系置換え用として偶数向き方向転換改造を施工した上で転出。, 新潟転出後の2001年に1029は上沼垂色へ塗装変更されたが、2008年に国鉄色へ再変更。, 1028・1030は新製時から廃車まで編成を組成する全車を含み国鉄色からの塗装変更経歴がない。, 車体は181系時代のままで屋根上前灯なし。他の本系列車両との床面高さや屋根の高さも異なる。, 塗色も落成当初は501の連結器カバーを赤一色に変更した以外はボンネットの赤帯やグレーのスカートなど181系時代のままであったが、のちに赤帯抹消・スカートのクリーム色化などを施工。, MG出力が160 kVA。CPは後述の800・850番台も含めて床下搭載としたため助手席下側の機器室搬入口がない。, 種車となったサロ481-1501 - 1505はサロ181-1101 - 1105からの改造車, 構造上ヘッドマークが奥まった位置となることから晴天の日中などは判読しにくい難点があった。, 1975年の九州転出後は使用停止となったが、システムならびにクランク差込口は残された, 「つばめ」「はと」「しおじ」「うずしお」「みどり」「なは」「日向」「雷鳥」「しらさぎ」「北越」「はくたか」「有明」「白山」「かもめ」「にちりん」, 屋根上前灯カバーもホイッスル部スリットから雪の浸入による溜帯防止のためカバー後方を切欠いた。そのために向日町配置車との区別が可能になった。, 前面スカートの一部を欠取り、連結器の密着型への交換および制御回路用KE70形ジャンパ連結器を設置。, 下り方先頭となる車両にはジャンパ栓とジャンパ栓受けも装備されたが、これは同区の300番台・1000・1100番台車にも施工された。「ひたち」運用終了後に上沼垂運転区へ転出した4両のうち下り方に組成されていた332・333・1011の3両は栓受けがそのまま残された, 運転台はクハ481形200番台に準じた貫通型とされたが、分割・併合運転を頻繁に行うため一枚貫通扉の簡単な構造とした。, 貫通幌があるクハ481形200番台との正面併結が前提であるため貫通幌設置時の美観を考慮しない構造である, 落成当初、貫通扉特急マークは標準的な立体型の物を一部車両は装着したが、貫通路構成時に通行に支障を来たすため短期間で平面型の物に交換された, 種車サハ489-252はサハ481-2→サハ489-52→サハ489-252への改造履歴あり, 運転台後部に110 kVA・MGおよびCPを搭載する機器室としたため定員は16名減の56名。, 指定席車仕様として座席床面を70 mm嵩上、R55系フリーストップリクライニングシートを1,010 mmピッチで配置し、定員は60名。, 前位側台車は種車のDT32E形に手ブレーキ装置とスノープロウなどを取付たWDT32形に変更, 1001・1009:上沼垂→幕張転出を経て1997年にジョイフルトレイン「ニューなのはな」へ改造, 1002 - 1004・1007:「こまくさ」廃止による休車を経て2004年中に廃車, 303は種車がサロ481形1000番台に準じた構造のサロ481-115のため当初から車販準備室を装備。, 1973年製造車。1975年3月10日ダイヤ改正で向日町運転所から金沢運転所へ転入。, 1974年にサシ489-10 - 12として金沢運転所へ新製配置。本改造に併せて横軽協調運転装置撤去を施工しサシ481-81 - 83へ改番を実施。, サシ481形としては最終製造ロッドとなる1974年製造車。75は金沢運転所へ、76は仙台運転所へ新製配置された。, 国鉄時代の1986年3月31日付で廃車 分割民営化直前の1987年2月から3月にかけて車籍復活ならびに「, サシ481-67・75・76は1986年3月31日付で廃車 1987年にスシ24形化改造により車籍復活させ落成後は札幌運転所へ配置, サシ489-83→スシ24 506は改造と同時に尾久客車区へ転出 2015年の「北斗星」運用終了後も保留車として2020年現在でも車籍を有する, 客室に続く側窓1枚分区画は仕切りとし客室側半区画は窓を埋込とし残り半分のラウンジ側は外気取り入れ可能な上段下降式窓へ変更, 客室寄り側窓2枚分区画はフリーラウンジスペースとして1・3位側に波形テーブルと丸椅子 2・4位側にテーブルとソファを設置, モハ484-1009・1014・1022・1031・1032・1038・1046・1047・1049・1059・1077・1087, 大阪方1 - 3・5・6号車の普通車指定席はシートピッチを970 mmへ拡大し定員4名減, 新潟方7 - 9号車の普通車自由席はシートピッチ910 mmのままアコモデーション改善を実施, 4号車に組成されるサロ481形グリーン車はシートピッチをそのままにC席を独立させた1+2配置の3列式とし従来より座面横幅の広いシートへの交換により定員36名に変更, 指定席車両は座席部分の床を70 mm嵩上げしてセミハイデッキ化ならびに窓を上方へ拡大し内窓カバーパネル(窓キセ)を, T22編成→T21編成MM'ユニットと6両で長野総合車両センターへ転出しジョイフルトレイン「彩(いろどり)」へ改造, グリーン車が連結されることからクロ481形2000・2100番台ならびにサロ481形2000番台を他形式から改造で落成させているが、いずれも2+1の3列配置としクロ481形はパノラマグリーン車とした。このほか床面嵩上げ高を150 mmとし客室窓の上方拡大を施工。肘掛にオーディオパネルを装備, 普通車のシートピッチ拡大ならびに床面の70 mm嵩上げは上沼垂車同様に指定席車両にのみ実施で、自由席車両はアコモデーション改善にとどまった。, 1991年以降に七尾線電化による分割併合運用を予定されていたことから、クモハ485形200番台と連結する中間組込用のクハ481形は200番台に限定され正面貫通路が使用された。, クハ481-1104の運転室寄り客室を定員16名のグリーン室に変更しクロハ481-1501に改造。, 3号車に組み込まれたモハ485-1008を定員0名のフリースペース「インビテーションカー“赤べこ”」に改造。車内は, 従来の運転台屋根部分をすべて撤去し、新しい屋根構体に載せ換えて高さを限界いっぱいまで拡大。前面ガラスを1枚の大型ガラス化。, 各車両の仕切戸と妻引戸上部に案内・号車番号・禁煙などの各種情報を提示する電光式装置を設置。, 上記電光式装置と場所に、LEDスクロール方式の案内表示機(次停車駅表示、新聞ニュース表示、天気予報表示等)も併設。, クロハ481形は4列のまま新型シートに交換、サロ481形は種車が3列シートのグレードアップ車のためモケット張替を施工。, シートピッチは910 mmのままフリーストップリクライニングと座面のスライドが可能なタイプに交換。, CPを2,500 L/minへ容量増大ならびに三相交流誘導電動機で駆動する静音床下搭載タイプに換装。, どちらも白と青を基調にしたものであるが、青森車は若干紫に近い青。新潟車は、側引戸と連結面周辺がアクセント的な要素で緑色に塗装。, このため秋田基準で見た場合、編成的にはクロハ481形は逆位置だが号車名は一致、秋田側MM'ユニットは同位置だが号車順が反対となる。, 2012年にジョイフルトレイン「ジパング」用に余剰となっていた青森車両センター所属のモハ485・484-3014を郡山総合車両センターで改造施工し配置。, 当初は1997年3月22日のダイヤ改正で運転が開始された越後湯沢 - 金沢間の特急「はくたか」充当用, 2005年3月1日のダイヤ改正で「はくたか」運用は終了。充当されていた9両のR1・R2編成は6両のR26・27編成へ組成変更となり、余剰車となったMM'ユニット2組4両は増結用に転用、サロ481形2両は保留車となった。, 上述2編成の制御車には翼をモチーフにした銀色のエンブレムを装着していたが、R26編成は2009年、R27編成は2011年に秋田総合車両センターでそれぞれ撤去された, 組成された6両編成×7本のうち5本と増結用MM'ユニット3組6両は海峡線乗入対応車であったことから、制御車はATC-Lを、モハ484形は青函トンネル140 km/h走行のためPS26B形パンタグラフを搭載した。, 非対応の制御車は、2006年にクロハ481-3020・クハ481-3350が新潟へ転出。クロハ481-3021・クハ481-3005が2016年12月に廃車, 青森→青森運転所(2004年4月1日以降は青森車両センター 2016年3月26日以降は盛岡車両センター青森派出所), クロ480形を含む5両編成に組込まれるモハ485形はトイレ・洗面所を業務員室・車販準備室に変更。, ヘッドマークは黒を地色とし、白抜き文字で列車名やエンブレムなどを表記する以下の新デザインに変更された。, 「KAMOME EXPRESS」「MIDORI EXPRESS」「HUIS TEN BOSCH」は新たに作成された, ただし諸事情などで国鉄時代にデザインされた文字のみ、またはイラスト入りヘッドマークで運用された実績がある(画像参照)。, 1990年3月に「かもめ」単独運用充当の7・8両編成へ施工されたJR九州のコーポレートカラーである赤を基調とし、窓周りを連続窓風に黒くした塗装。各所に「かもめ」をモチーフとした, 1990年10月に施工された「みどり」用塗装。赤を基調とするが、「KAMOME EXPRESS」で採用された窓周りの黒塗装は未施工。各所に「みどり」をモチーフとしたロゴを入れたことから「, 元々は「みどり」と併結を行う「かもめ」用5両編成へ1990年に施工。赤を基調として各所に「RED EXPRESS」の文字とロゴマークが入る。, 上述2種とは異なり運用列車の限定制約がないことから「にちりん」「有明」にも充当された。, 2000年以降は「きりしま」「ひゅうが」でも運用されたが、783系・787系へ置換られ2012年度に消滅。, 1992年に施工。赤を基調とし各所に「HUIS TEN BOSCH」の文字とロゴマークが入る「ハウステンボス」用塗装。, 1994年に車体基調色を編成内でクモハ485(緑)+モハ484(青)+サハ481(黄)+クハ481(緑)とし、アクセントに赤・青・黄・緑の4色によるブロックパターンを組合わせた新塗装へ変更。, 2000年に「ハウステンボス」全列車が783系へ統一され、「きりしま」「ひゅうが」へ転用する際にサハ481形は廃車し3両編成化。ロゴマーク等を変更して「KIRISHIMA & HYUGA」塗装となった。, 1995年に施工された緑を基調とした「きりしま」用塗装で「KIRISHIMA EXPRESS」のロゴが入る。, 2000年に「ひゅうが」と共通運用となり、「にちりん」用「RED EXPRESS」塗装車と「ハウステンボス」車を転用した「KIRISHIMA & HYUGA」車での運用に変更したため一旦消滅。, 2004年にRED EXPRESS保留車だった3両のDk9編成へ施工され復活するが、2010年に旧国鉄色への塗装変更で再度消滅, 本グループのDo32編成5両がJR九州で最後に車籍を有する本系列であったが、2015年10月18日に大分駅から小倉総合車両センターへの廃車回送を兼ねた, モハ485-1017・1076→クモハ485-1001・1009→モロ485-6・7, モハ485-1007・1024→モロ485-1007・1024→モロ485-5007・5024, モハ484-1007・1024→モロ484-1007・1024→モロ484-5007・5024, クハ481-1502・1503→クロ481-1502・1503→クロ485-5502・5503, (サロ181-1102→サロ481-1502→クハ481-1105)→クロ485-5→クハ485-703, (サロ181-1104→サロ481-1504→クハ481-1107)→クロ484-7→クハ484-703, サロ183-1052・1053は1988年にグレードアップ改造と同時にサロ481-98・112へ復元施工, 運転開始当初はMM'ユニット2組が落成待ちのため翌1966年3月まで「ひばり」1往復は盛岡方MM'ユニット1組減車の8両で運転, 仙台1800(2M 第二ひばり)2235上野0800(1M 第一ひばり)1235仙台, 仙台0800(6M 第一ひばり)1235上野1400(3M やまびこ)2105盛岡, 盛岡0850(4M やまびこ)1600上野1800(5M 第二ひばり)2235仙台, 繁忙期には増4号車としてサロ481形1両を増結した向日町運転所編成と同一の組成をして運転された実績がある。, 上述した組成変更に対応して、同年6月までにクロ481-1 - 4とクハ481-29を落成させダイヤ改正前の6月11日から9両編成での運転が行われた。ただし夏期繁忙期の7月19日 - 9月24日までは、早期落成したMM'ユニット5組を活用し、仙台方クハ481形の次位に組込み11両編成での運転を実施。, 配置は9両編成x10本と予備車7両の計97両となったが、10編成すべてで「ひばり」6往復・「やまびこ」1往復・「やまばと」2往復・「あいづ」1往復に充当となったことから, 運用4:上野0730(11M ひばり1)1128仙台1220(18M ひばり3)1618上野1700(1015M やまばと2)2135山形, 運用5:山形0755(1012M やまばと1)1230上野1320(1011M やまばと1)1755山形, 運用6:山形1235(1016M やまばと2)1710上野…東京1825(23M ひばり6)2225仙台, 運用7:仙台0900(14M ひばり2)1258上野1415(1013M あいづ)1750会津若松, 運用8:会津若松1035(1014M あいづ)1410上野1500(19M ひばり4)1858仙台, 運用9:仙台0730(12M ひばり1)1130東京1255(17M やまびこ)1915盛岡, 運用10:盛岡0900(16M やまびこ)1520東京…上野1630(21M ひばり5)2028仙台, 本改正に先立ち同年6月21日から、既存の9両編成も含み順次3号車のサシ481形と4・5号車のMM'ユニットを入替て食堂車を6号車にする組成変更が実施された, 本改正に向けた増備車のうちクロ481形・クハ481形は設計変更を行った100番台となった。, ダイヤ改正までの車両有効活用の面から、臨時列車も増発。中には滞留先を入れ替える夜行運転による充当も行われたほか、後述する青森運転所への配置開始後には全電化区間をキハ81系気動車で運転していた「ひたち」臨時2往復に充当しており、本系列としては初めて, 「白鳥」は大阪 - 青森間で直流1500 V・交流20,000 V・50 / 60 Hzの3種類電化方式区間を通過するため481系・483系は使用できず、3電源対応の485系を活かす初めての列車となった, 度重なる増備にも関わらず車両不足や運用に余裕がないなどの諸事情で本来特急列車として運転されるところを, 同年5月以降は仙台運転所12両編成に組成されていたクロ481形とサハ481形は、翌1976年から運転される「かもめ」「みどり」へ転用のためクハ481形とサロ481形に差替えられた。, 「つばさ」は1日2往復運転のために本来3編成でも運用が可能なところ、有効時間帯の見直しも含め4編成での運用を行った。これは豪雪地帯である奥羽本線内で雪による遅延に備え、当初は在来車による運行を考慮したためである。このため秋田運転区には、在来車時代が12両編成x5本と予備車のMM'ユニット1組2両・クハ481形2両・サロ481形1両・サシ481形1両計66両、1976年4月の1000番台置換え後は12両編成×6本計72両と大量配置がなされた。, 従来の東北特急では、583系を含みグリーン車が上野寄り1・2号車のどちらかもしくは双方に組成されていたのに対し「つばさ」では6号車に組成された。これは3MG方式を導入する1000番台投入時に再び編成変更して乗客などに混乱を与えない配慮もあったが、トラブル発生時に運転台から給電区分を簡単に変更するには編成中央部付近にMG・CP装備のサロ481形1000番台が組成されている方が都合がいいためでもある。, 東北本線経由で本系列による上野発着列車は「つばさ」と共通運用の「あいづ」各1往復。, 常磐線急行「ときわ」はすべて「ひたち」に格上げし運用を勝田電車区に移管 下り12本・上り11本を増発し下り24本・上り23本の運転体制に変更, これにより仙台運転所の本系列配置がゼロになると共に九州からクハ481形初期ボンネット車が多数転入した。, 運用4:大阪0750(4003M 雷鳥3)1437新潟1700(1018M 北越8)2045金沢, 運用5:金沢0744(1013M 北越3)1142新潟1315(4030M 雷鳥30)2005大阪, 臨時1:新潟1119(8021M いなほ81)1402酒田1503(8024M いなほ84)新潟, 運用1:大阪1230(2001M 雷鳥)1715富山1815(2004M しらさぎ)2240名古屋, 運用2:名古屋0800(2003M しらさぎ)1225富山1335(2002M 雷鳥)1820大阪, 運用2:富山0645(2002M 第一雷鳥)1130大阪1240(2001M 第一雷鳥)1710富山1810(2012M しらさぎ)2235名古屋, 運用5:名古屋0800(2011M しらさぎ)1225富山1335(2004M 第二雷鳥)1820大阪, 運用2:富山0645(2002M 雷鳥1)1105大阪1230(2003M 雷鳥2)1645富山, 運用3:富山0555(22M しらさぎ1)0959名古屋1315(23M しらさぎ1)1714富山1750(24M しらさぎ1)2153名古屋, 運用4:名古屋0815(21M しらさぎ1)1214富山1325(2004M 雷鳥2)1747大阪, 運用5:大阪0945(2001M 雷鳥1)1400富山1545(2006M 雷鳥2)2007大阪, 「はと」新大阪 - 博多・熊本(博多発着は「月光」と熊本発着は「明星」と共通運用), 運用2:宇野0840(1012M うずしお1)1132新大阪…大阪1430(2015M 北越)2211新潟, 運用3:新潟0700(2016M 北越)1449大阪1800(2007M 雷鳥4)2219富山, 運用4:富山0645(2002M 雷鳥1)1105大阪1240(2005M 雷鳥3)1654富山, 運用5:富山0555(22M しらさぎ1)0959名古屋1315(23M しらさぎ1)1714富山1750(24M しらさぎ1)2153名古屋, 運用6:名古屋0815(21M しらさぎ1)1214富山1325(2004M 雷鳥2)1747大阪, 運用7:大阪0945(2003M 雷鳥2)1359富山1545(2008M 雷鳥4)2007大阪, 運用10:大阪0810(2001M 雷鳥1)1147金沢1330(1022M はくたか)2010上野, 運用11:上野0710(1021M はくたか)1425金沢1510(2006M 雷鳥3)1857大阪, 489系運用2:金沢0700(3006M 白山)1334上野1425(3005M 白山)2053金沢, 489系運用3:金沢‥富山0715(4012M 雷鳥1)1130大阪1230(4021M 雷鳥6)1640富山1715(4030M 雷鳥10)2130大阪, 489系運用4:大阪0900(4015M 雷鳥2)1225金沢1255(3008M 白山2)1942上野, 489系運用5:上野0925(3007M 白山1)1555金沢1640(4026M 雷鳥8)2010大阪, 大阪0825(1M みどり)1753大分2038(4014M にちりん2)2333博多, 博多0753(4013M にちりん2)1050大分1120(2M みどり)2038新大阪, 富山0546(9040M ポートピア)1025三ノ宮1702(9043M ポートピア)2200富山, クハ489形:上野・金沢方は500・600・700番台 直江津方は0・200・300番台, 鹿児島にはモハ481・480形を含む初期車11両編成×7本の77両、南福岡にはクハ481形・モハ484形は200番台に限定した中期型以降「にちりん」充当用11両編成×6本とサシ481形を除外した10両編成×3本ならびに予備のMM'ユニット3組6両・サロ481形8両の110両に振分けられた。, これは長崎本線・佐世保線電化時に運転開始の「かもめ」「みどり」は分割・併合運用を行うことが予定されており、さらにはサシ481形が編成に組成されないこと。青森・金沢転出車は別途新造車ならびに他車両基地からの転入車と併せて運用移管や増発もしくは予備車増強という目的があった。, 車両を上述した鹿児島向け・南福岡向け・青森ならびに金沢転出・向日町残留に振分けするため半年近く前から編成替えや運用に細心の注意を払い準備した。転出目的の回送列車を極力減らし、そのまま改正ダイヤでの新列車運転をスムーズに行うため前日に九州地区・下関・広島で運用が終了する編成は軒並み転出車で運転された。, 長崎・佐世保特急は分割併合のためクハ481形200番台の使用を予定していたが、逆に東北地区では隙間風の侵入や居住性で乗務員からの不評も多く300番台の投入が要求されていたため車両交換を伴う必要。, 「みどり」は4両編成でかつグリーン車連結のためクロ481形が、「かもめ」は組成上サハ481形が必要なため仙台所属車を転用。, 仙台転入車:「かもめ」「みどり」充当用で同所のクロ481-1・2・51 - 57とサハ481-3 - 11が1975年5月から6月にかけて南福岡に転入。クロ481形は全車、サハ481形は「にちりん」充当用6両, 仙台転出車は、クロ481形・サハ481形との車両交換名目のほか、別途製造されたMM'ユニットと組合せ増発と予備車確保の目的による。, モハ485+モハ484のうち229+326 - 231+328・240+337 - 245+342は長崎・佐世保電化名義のため1975年5月に南福岡新製配置を経て秋田転出。, このほかにサロ481-98が青森から、さらにクハ481形では東北地区へ300番台投入による捻出で青森から209・211・213・214・249・250が、仙台から243・244が南福岡に転入。またサハ481-114 - 118の5両が新製配置された。, 485系1000番台167両(クハ481形 - 31両、サロ481形 - 2両、MM'ユニット64組128両)を青森運転所と秋田運転区に集中配置。, サシ481形1000番対応引通線追加改造:5両(金沢運転所4両・仙台運転所1両→秋田運転区), サシ489形→サシ481形1000番対応引通線追加改造:3両(金沢運転所→秋田運転区), サロ481形→サロ183形改造:4両(南福岡電車区・金沢運転所・青森運転所→新潟運転所上沼垂支所), 秋田運転区→青森運転所:1000番台MM'ユニット3組6両 サロ481形1050番台3両, モハ485・484形→モハ189・188形改造:ユニット4組8両(青森運転所→長野運転所), 本移動は改正前の1984年から行われており、クハ481形南福岡・鹿児島転入車のうち1 - 4・8・9・12・14・15・17 - 19・22・36・40は一旦仙台所属となり、改正に合わせて勝田に再転出, これらとは別にクハ481-101が書類上1985年3月14日に仙台から転入し同月22日に向日町へ転出。, クハ480-1 - 8:種車はサハ481-12 - 19 AU13形冷房装置搭載車, クハ480-9 - 11:種車はサハ489-201・204・252 AU12形冷房装置搭載車, 「あさま」用として200番台車を中心にした489系27両が金沢運転所から長野第一運転区, 日本海縦貫線に関係する特急車両配置基地の見直しを行い、新潟運転所上沼垂支所を上沼垂運転区として独立させ青森運転所・秋田運転区・勝田電車区・向日町運転所・金沢運転所からの転入車72両を配置。「雷鳥」「白鳥」「北越」の運用を担当。, 1987年3月27日に青森運転所から転入。当初は車籍抹消後レストランに転用するという計画もあったが、「北斗星」1往復(3号・4号)を季節列車から定期格上げの際に食堂車組込が必要となり、1989年に苗穂工場でスシ24 508へ改造された。2008年3月のダイヤ改正まで運用され同年4月30日付で廃車となった。, 仙台から転入した94を除いた5両は、1986年3月31日に一旦廃車扱いとなり分割民営化直前の1987年3月6日に車籍復活した元向日町運転所所属車。真偽不明だがジョイフルトレインの種車に使われるという計画もあったものの1990年に全車廃車となった。, 当初は1000番台が投入されたが、後に3000番台のみで運転された。また車両故障時には運用の都合から, 余剰となったMM'ユニット3組6両のモハ485・484-1021・1035・1057は増結用とし、サロ481-1001・1005・1008は保留車となったが、増結用MM'ユニットは1996年3月12日付で南秋田運転所へ転出した。, 海峡線対応:クロハ・クハ481形はATC-L搭載 モハ484形は第1パンタグラフがPS26B形, A10編成:2003年1月に上沼垂運転区へ転出(「ムーンライトえちご」K1編成転用), A11編成:2003年3月に上沼垂運転区へ転出(「ムーンライトえちご」K2編成転用), 大館発着「つがる」は2014年3月15日のダイヤ改正で廃止され間合いの浅虫温泉快速も充当終了。以後は秋田発着2往復運用, 「みのり」ならびに酒田発着「いなほ」2往復充当用4両モノクラス編成:T21・T22, 両編成ともATS-Pを搭載するが、R27編成は本センター所属車で唯一近畿圏乗入にも対応する。, 各編成で車両の入替を実施。指定席車両はサロ481形を除き200・1000・1500番台で統一し、クハ481形は大阪方は非ボンネット車、新潟方はT7編成の753を除きボンネット車, サロ481形は従来から配置されていた8両中6両が改造対象となり、残りの2両は長野・松本に配置されていたサロ183-1052・1053が転入。サロ481-98・112への復帰工事を併せて施工して組込んだ。38・104は予備車として編成から除外となり1994年に廃車となった。, 工事期間中の予備車確保の観点から1989年4月に勝田より9両編成1本が転入。同年中にMM'ユニット2組とクハ481形2両は勝田へ再転出となったほか、1990年にMM'ユニット1組は廃車、サロ481形は1991年に勝田へ再転出, 青森運転所担当分「いなほ」運用を秋田新幹線工事・開業に関連して本区ならびに南秋田運転所へ移管。クロハ481形組込み6両編成2本が南秋田運転所から転入, R24編成の代替として青森運転所からA9編成に組成されていたクロハ481-3020・クハ481-3350とA8編成に組成されていたモハ485・484-3056, 余剰となったサロ481-3106・3107は休車、R2編成のモハ485・484-3086は増結用に転用。, 2003年 - K40編成(4両 仙台運転所ビバあいづ編成からMM'ユニット1008をカット, 当初はアコモ改善は施工するもののラウンジ&コンビニエンスカーは不連結かつ国鉄色のH5・H6編成も組成された。同編成は、多客期の定期「しらさぎ」やH1 - H4編成が車両故障もしくは検査等で充当できない場合に「白山」運用へ充当のほか、波動輸送に対応させた編成である。1991年9月のダイヤ改正で他編成の初期車廃車置換えなど組成変更されて消滅し、「しらさぎ」運用は後述のK編成に集約された, 後述する初代K編成と共通予備の国鉄色MM'ユニット3組6両も1991年以降は初代K編成に集約された。, 両端クハ489形が1971年製車。定期運用消滅後も引き続き臨時・団体列車や「はくたか」の代走運用に投入されていたが、2011年3月下旬の一般乗客向けさよなら運転後は同所内で事故対策訓練に使用されたほか2012年4月16日 - 17日には映画撮影を目的とした貸切列車, 両端クハが1972年製車で新潟方車(0番台)の屋根上前照灯横ホイッスルカバーがないのが特徴。定期最終上り「能登」充当後に返却回送を兼ねた団体臨時列車「, 両端クハが1972年製車。定期最終下り「能登」充当後に松任本所へ回送されて2010年9月30日付で廃車。, ただしK27編成はK01 - K04編成の予備を兼ねるためクハ489-605に電気連結器を装備, 大阪方3両付属編成×7本(R7 - R13編成)+金沢方7両基本編成6本(R1 - R6編成)の分割併合可能編成へ組成変更し以下の列車へも充当, 旧R11編成に組成されていたクモハ485-205+モハ484-343は運用離脱し休車 クハ481-308は1996年3月にクロ183-2706へ改造され福知山へ転出, 七尾線乗入は7両編成限定運用となるほか余剰となった付属編成3本はユニット組替の上で「しらさぎ」K編成へ転用, 1997年の付属編成3本減は「しらさぎ」K編成へ転用(クモハ485-201・203・204), サロ481形次位MM'ユニットのモハ484形は専務車掌室付の600・1000番台限定, 福知山電車区配置の183系A・C編成と塗装が酷似するが、相違は地色が灰色な点である。, クロ481形2000・2100番台はMGのみ搭載のため隣接のモハ485形はCP搭載の500番台限定, 6両編成組成時にグリーン車次位のモハ484形は専務車掌室付の600・1000番台限定, 「ゆぅトピア和倉」併結編成は密着連結器・ジャンパ連結器装備の制約からクハ481形200・300番台組込編成の限定運用であったが、運用効率化の観点から同年10月までに100番台にも併結対応改造を施工(詳細は前述)。, A02・A03・A06編成に客室減光装置を装備。583系との併結運用にも本編成が使用された。, 「雷鳥」は新潟発着列車が「雷鳥」・「北越」に分割され、ダイヤ改正前の9往復から10往復に増発。上沼垂運転区担当運用3往復が移管され、すべて当所での運用となった。, 2001年2月22日に金沢総合車両所より「しらさぎ」「加越」用初代K編成のうちK25編成7両が転入。増結用予備MM'ユニットを組込みA10編成とし、4号車サロ481形組込9両編成×10本となった。, この後に金沢総合車両所の「スーパー雷鳥」「しらさぎ」で使用されていた車両が一部転入し、先頭車両をクハ481形100番台と交換する形で「雷鳥」編成に組込み。, 1号車=パノラマグリーン車(クロ481形2000・2100番台)組込9両編成×6本(A01 - A06編成, 2号車はCP搭載のモハ485形500番台が限定されることからMM'ユニットを含み全車方向転換, 1号車=非パノラマグリーン車(クロ480形2300番台・クロ481形2300番台)組込9両編成×4本(A07 - A10編成, 2 - 4号車は金沢総合車両所より転入したシートピッチを1,010 mmへ拡大したグレードアップ車を充当, 5 - 9号車は金沢転入車ならびに従来から京都配置車も含めシートピッチ910 mmのアコモ改善車を充当, 6号車のモハ484形は90を除いて1999年9 - 11月に業務用室→車販準備室改造施工。90, JR化後には列車別・基地別に様々な塗装が登場したことで、転属直後や貸出・運用変更または故障などで予備車を連結した際など, 1989年5月号 No.337「新車ガイド JR西日本"スーパー雷鳥"用485系」, 1998年4月号 No.444「新車ガイド JR東日本485系『ニューなのはな』」, 1999年7月号 No.459「新車ガイド JR東日本485系お座敷電車『やまなみ』」, 2001年6月号 No.482「新車ガイド JR東日本485系お座敷電車『せせらぎ』」, 2002年2月号 No.490「新車ガイド JR東日本485系『きらきらうえつ』」, 2001年12月号 No.422「今も活躍を続ける国鉄標準型特急電車485系の現状」, 2007年8月号 - 10月号 No.287 - 289「ガイドブック最盛期の国鉄車輌 481 - 485系篇」.

味噌 種類 地域, Sdカード ダビング 方法, 今 午前 8 時です 英語, 元彼 思い出す しんどい, フェアフィールド バイ マリオット大阪難波 クラブラウンジ, アップルミュージック 車 自動再生, Cambly プロモーションコード 7月, パワプロ 応援歌 高校野球 楽譜, 白猫 ツイッター ブライ, ポテトサラダ ベーコン 卵, 湘南新宿ライン 時刻表 渋谷 高崎, Sony Rm-amu196 リモコン, そうめん つけだれ アレンジ, 上野 勉強 できる場所, Ps4 ヒートシンク 外付け, Excel コピー 改行コード, 賞味期限切れ 豆乳 使い道, ふすまパン ダイエット 効果, Css 背景色 ヘッダー, ワード 40×40 1枚, Thunderbird 文字化け 2020, 神戸大学 農学部 パンフレット, スマホ 修理 代替機, オートミール ドリア レンジ, 足立区 保育ママに なるには, Iphone デバイス管理 信頼, バナナ 蒸しパン 小麦粉 卵, クリスタ 自動保存 やり方,