韓国語 よく使う 語尾 8

-ㄹ 리가 없다 / -을 리가 없다  前に来る単語は名詞のみ。 ~かもしれなかった、~しそうだった, ▼意味  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル リガ オプタ / ウル リガ オプタ -ㄴ 걸 보니까 / -는 걸 보니까 / -은 걸 보니까 / -인 걸 보니까 ▼使い方  「-를 제외하고서는 없다/-을 제외하고서는 없다」は「~をおいて他にない」などと訳し、比べるに値するものが他にないくらい評価が高いことについて説明するときに使います。  「-ㄹ 겸」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合 という方に向けた内容になっています。 韓国に在住して数年経っている私は、一方の単語を覚えていても、もう一方の発音が似ている... 이 지갑,어디에 있었어요?내가 찾고 있었거든요.  「막상-려고 하면」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  前に来る語幹の変則ルールはありません。  「-을 필요는 없다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  前に来る単語は名詞のみ。 ▼使い方 韓国語のコミュニケーションは語彙だけを並べればいいわけではありません。もちろん、語彙だけを並べて、なんとなく意思疎通できるでしょう。韓国人とコミュニケーションをとる、さらに韓国人と親しくなりたいのであれば、韓国語の語尾で様々な表現ができるようにならなければいけません。, 韓国語にあるたくさんの語尾。韓国語母語話者でなければ、なかなか把握することはできないでしょう。そのなかでも、ある程度会話に頻出するものは限られています。頻出する韓国語語尾を把握しておくだけでも、韓国語の理解力が飛躍的にアップするのです。, そこで今回は、韓国語の語尾で表現を豊かにするために、知っておきたい語尾をご紹介します。, この記事の目次 ~をはじめ, ▼意味  「-인 척하다」・・・前に来る単語が名詞の場合  「-려다가」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-여봤자」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여봤자」となりますが通常「해봤자」と書きます。, アソヌン アン テダ / オソヌン アン テダ / ヨソヌン アン テダ  「-어 마지않다」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合 ▼使い方 ▼使い方  「-으려고 해도」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  「-기 시작하다(ギ シジャッカダ)」は「~し始める」と訳し、動作が始まることを説明します。  「-아 오다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について  「-아봤자」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合 ▼補足② 【Kvillage なんば校】本物の軍服が着れる?!鶴橋にあるドラム缶焼肉のお店, 【KVillage新宿西口校】官邸が体験できる✨講師オススメ韓国おでかけスポット✨. ▼使い方 ▼使い方  「-을 마지막으로」・・・前に来る単語がパッチムのある名詞の場合, ルル ピロッタヨ / ウル ピロッタヨ  「-ㄹ 것 같다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-라고 하다 」・・・前に来る単語が名詞の場合で、語幹が「母音語幹」の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ▼意味  「-여 마지않다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여 마지않다」となりますが通常「해 마지않다」と書きます。, ア ポイダ / オ ポイダ / ヨ ポイダ All Rights Reserved.  前に来る単語は名詞のみ。  「-ㄹ 때마다 / -을 때마다 / 때마다」は「~するたびに、~のたびに」などと訳し、前のことをすればいつも後ろの結果になることを説明するときに使います。 ▼補足 ▼使い方  「-아 가다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合  物などの大きさが等しいときの説明に使います。  「-을 지경이다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  「~しようと」と訳します。 ▼使い方  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について ▼使い方 ▼使い方  「-아 마지않다」・・・前に来る単語の語幹が「陽語幹」の場合  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ン ジョギイッタ / ヌン ジョギイッタ / ン ジョギオプタ / ヌン ジョギオプタ  「~ではない」と訳します。  ある状態、状況がそのまま維持されるときに使います。 ▼使い方 ▼使い方 너무 비싸다!(ノム ピッサダ)とても高い!  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹がㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について, ▼意味  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ▼意味  「-군요 」・・・前に来る単語が動詞以外の場合  「-여도 어쩔 수 없다」・・・前に来る単語が「하다」の場合 ※「하여도 어쩔 수 없다」となりますが通常「해도 어쩔 수 없다」と書きます。  「-아 가다/-어 가다/-여 가다」は「~ていく」と訳し、現在から未来に時間が進行していく様を説明するときに使います。  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について  「-를 통해서」・・・前に来る単語がパッチムのない名詞の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ▼意味  「-여 보이다」・・・前に来る単語が「하다」の場合, ▼意味 ▼使い方 ▼使い方  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について, ▼意味  何か起こるかもしれないと心配することを表して「~かと思って」という訳して使います。 ~もそこそこに, ▼意味  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  「-에 의하면(エ ウィハミョン)」は「~によると、~によれば」などと訳し、説明するときの情報源をあらわすときに使います。  ・前に来る単語は動詞の語幹または名詞。  「~してはダメだ」と訳します。 ▼使い方  過去に見たこと、聞いたこと、感じたことを話すときに使います。  前に来る語幹の変則ルールはありません。, ▼意味   ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル ス イッタ / ウル ス イッタ ▼使い方 ▼使い方 ▼使い方 韓国語も同じように活用があり、語尾によっていくつかのパターンがあり、そのルールは決まっています。  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について  「-은 적이 있다 / -은 적이 없다」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合  ①強調や限定を表すときに使います。→「~こそ」  前に来る単語は名詞のみ。 ~だなんて / ~なことはないですよ, ▼意味  「-아 하다/-어 하다/-여 하다」は「~がる」と訳し、第三者の考えや感じたこと、希望などを説明します。 ~かと思って, ▼意味  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル テマダ / ウ テマダ / テマダ  「-으로 인해서」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合 ▼使い方 ~べきではない, ▼意味 -ㄹ 필요는 없다/-을 필요는 없다 (この財布、どこにあった?私が探していたんですよ。), 이 영화, 너도 그때 같이 봤잖아.  「-을수록」・・・前に来る単語の語幹が「子音語幹」の場合 韓国語には動詞・形容詞の活用があります。 単語の形がコロコロ変わるので、韓国語を始めたばかりの人だけでなく、勉強歴が結構ある人でもよく間違ったりしますよね? そんな活用なんですが、よくよく …  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ▼意味  「~ればよい」と訳します。  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  「-ㄹ지도 모르다 / -을지도 모르다 / -일지도 모르다」は「~かもしれない」と訳し、断定はできないが可能性があることを説明するときに使います。  後ろに「~できない」という意味の「-ㄹ/을 수 없다」とあわせてよく使います。, ▼意味  前に来る語幹の変則ルールはありません。  「-나름대로(ナルムデロ)」は「~なりに」などと訳し、能力の範囲ないでの考えや意見を表すときに使います。  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について  ㄷ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㄷの場合、後ろに으が来るとㄹに変化) →ㄷ変則について ・韓国語で「めっちゃむかつく!」は何というまとめ, 色々言い回しはありますが、엄청(オンチョン)は「ものすごく」や「とても」「めちゃくちゃに」などとても強い強調の意味を持っている韓国語です。 ▼補足  「~だから」という意味で後ろの言葉の原因、理由を説明する際に使います。 新大久保(2校)/新宿/上野/横浜/名古屋/大阪(梅田)/なんば/福岡に全国9校。 ~しておく, ▼意味 ▼使い方  「~について」という意味です。  「-ㄴ 보람도 없이/-은 보람도 없이」は「~したかいもなく」などと訳します。  「-ㄹ 때마다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-라면서요 」・・・前に来る単語が名詞の場合で、語幹が「母音語幹」の場合  「~するままに」、「~する通りに」という意味です。  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ルコッカッタ / ウルコッカッタ  「-ㄴ 상태로/-은 상태로」は「~した状態で」などと訳し、あることをしたままであることを説明するときに使います。   「-는 법(ヌン ボプ)」は「~し方」と訳し、前にくる動詞と合わせてある方法を表現します。 ▼使い方  ㄹ変則が該当します。(前に来る語幹がㄹの場合、ㄹは脱落) →ㄹ変則について  「-과 달리/-와 달리」は「~に反して、~と違って」などと訳し、前の考えや希望、予想などと違うことを説明すときに使う語尾。 ~してもしょうがない, ▼意味 ▼使い方 ▼使い方  前に来る語幹の変則ルールはありません。  ②結局意味がなかったり、大したことがないというときに使います。→「~しても」  「서」は省略可能。, ▼意味 ▼使い方 ▼使い方  「-은 순간에」・・・前に来る単語が動詞で、語幹が「子音語幹」の場合  「-밖에」は「~しか」の意味で、後ろに「없다」、「안+動詞」、「못+動詞」など否定の言葉が続き、一緒に使う。 -를 둘러싸고/-을 둘러싸고  「~しておけばよかった」などと訳し、してなかったことに対する後悔を表すときに使います。  「-끝에」・・・前に来る単語が名詞の場合, ンタゴ ハダ / ヌンタゴ ハダ / タゴ ハダ / ラゴ ハダ / イラゴ ハダ  「-어야」・・・前に来る単語の語幹が「陰語幹」の場合  前に来る語幹の変則ルールはありません。, ▼意味  「-면 되다」・・・前に来る単語の語幹が「母音語幹」か「ㄹ語幹」の場合  「-인 반면에」・・・前に来る単語が名詞の場合  「-이라면서요 」・・・前に来る単語が名詞の場合で、「子音語幹」または「ㄹ語幹」の場合  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について, ル マナダ / ウル マナダ  ㅂ変則が該当します。(前に来る語幹のパッチムがㅂの場合、後ろに으が来ると우に変化) →ㅂ変則について

宇佐美 貴史 兄弟 14, 名古屋グランパス U18 メンバー 4, 広島大学 学部長殺人事件 犯人 20, 有吉 ドラクエウォーク 名前 17, 薬の個人輸入 空詩堂 口コミ 13,