都城市 市長 歴代 4

都城市の歴代市長 旧・都城市長 初代:財部実秀(1924年~1926年) 2代:森迫熊市(1927年~1929年) 3代:大山綱治(1930年~1933年) 4代:曽木重貴(1934年~1938年) 5代:財部実秀(1938年~1941年) 6代:曽木重貴(1941年~1945年) 2月5日、都城市長選挙の投開票が行われた。旧都城市・山之口町・高城町・山田町・高崎町の合併による選挙であった。=前回市長選=04年11月28日、都城市長選挙投開票が行われ、前県議の新人・長峰誠(35)が、42歳年上の、6選を目指した現職・岩橋辰也(77)を破った。 宮崎市副市長に就任した 河野太郎(こうの・たろう)さん 2020年4月12日 総務省出身で、地方勤務は福岡、三重県、静岡市に続いて4カ所目。 初代市長は明治31年10月12日就任の田村太兵衛氏。戦前は市会で選挙していましたが、 昭和22年4月に公選制になりました。市長の任期は4年です。 歴代市長 歴代市長歴代市長です ※公選は第11代から 歴代副市長… 財部 実秀(たからべ さねひで、1875年(明治8年)1月21日 - 1968年(昭和43年)4月8日[1])は、日本の内務・警察官僚、政治家。官選島根県知事、都城市長、千葉市長。, 宮崎県北諸県郡下長飯村(現:都城市)出身[2]。財部実篤の長男として生まれる[3]。第五高等学校を卒業。1903年7月、東京帝国大学法科大学を卒業。同年11月、文官高等試験行政科試験に合格。同年12月、内務省に入省し神奈川県警部となる[2][4]。, 1904年6月、警視庁属兼同警部に就任。以後、警視庁警視・小松川警察署長、麻布区警察署長、秋田県事務官・第四部長、同事務官・警察部長、北海道庁事務官・警察部長、北海道庁警察部長、福島県内務部長、鳥取県内務部長などを経て、1917年10月、広島県内務部長となる[2]。, 1919年6月、島根県知事に就任。島根県産業十年計画の推進に尽力[3]。1923年10月に知事を休職となる[2]。1924年11月13日、都城市長に就任が内定したため依願免本官となり退官した[5][6]。, 1924年11月13日、初代都城市長に就任[7]。市勢振興調査会設置、都城称号550年祭挙行、町名改正などを実施[1]。その後、千葉市長を1932年7月から1933年8月まで務めた。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=財部実秀&oldid=73739640, 内閣「台湾総督府法院判官後藤和佐二外一名任免ノ件」大正13年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-019-00・任B01204100. 来歴. 宮崎県 都城市出身。 宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業。 1994年(平成6年)3月、九州大学経済学部経済学科卒業。 同年4月、大蔵省に入省 。 1999年(平成11年)3月、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了 。. 宮崎県 北諸県郡下長飯村(現:都城市)出身 。 財部実篤の長男として生まれる 。 第五高等学校を卒業。 1977年4月都城市助役に就任。1984年12月、都城市長に初当選。その後2004年12月まで市長職を5期20年務める。都城北諸合併協議会の会長を務め、2006年に市町村合併により発足した(新)都城市の発足に大きく貢献した。 財部 実秀(たからべ さねひで、1875年(明治8年)1月21日 - 1968年(昭和43年)4月8日 )は、日本の内務・警察 官僚、政治家。 官選島根県 知事、都城市長、千葉市長。. 都城市長 初代:長峯誠(2006年~2012年) 2代:池田宜永(2012年~ ) 都城市(みやこのじょうし)は、宮崎県の南西端に位置する市である 1924年4月1日 都城町が市制施行。(旧)都城市 … 経歴. 2007年(平成19年)4月、宮崎県都城市の副市長に就任。 1977年4月都城市助役に就任。1984年12月、都城市長に初当選。その後2004年12月まで市長職を5期20年務める。都城北諸合併協議会の会長を務め、2006年に市町村合併により発足した(新)都城市の発足に大きく貢献した。 池田 宜永(いけだ たかひさ、1971年4月7日 - )は、日本の政治家、元官僚。宮崎県都城市長(2期)。, 宮崎県都城市出身。宮崎県立都城泉ヶ丘高等学校卒業。1994年(平成6年)3月、九州大学経済学部経済学科卒業。同年4月、大蔵省に入省[1]。1999年(平成11年)3月、東京大学大学院経済学研究科修士課程修了[2]。, 2007年(平成19年)4月、宮崎県都城市の副市長に就任。2012年(平成24年)6月、財務省を退職。, 2012年(平成24年)11月18日執行の都城市長選挙に、民主党と公明党の推薦を受けて無所属で出馬。元都城市議会議員の三角光洋を破り、初当選[3]。投票率は、46.70%。同年11月22日、市長に就任。, http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/20121119-OYS1T00481.htm, http://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_22495.html, https://www.the-miyanichi.co.jp/kennai/_44851.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=池田宜永&oldid=78845685. 都城市の歴代市長 旧・都城市長 初代:財部実秀(1924年~1926年) 2代:森迫熊市(1927年~1929年) 3代:大山綱治(1930年~1933年) 4代:曽木重貴(1934年~1938年) 5代:財部実秀(1938年~1941年) 6代:曽木重貴(1941年~1945年) 都城市の歴代市長 旧・都城市長 初代:財部実秀(1924年~1926年) 2代:森迫熊市(1927年~1929年) 3代:大山綱治(1930年~1933年) 4代:曽木重貴(1934年~1938年) 5代:財部実秀(1938年~1941年) 6代:曽木重貴(1941年~1945年)

バイク リミッター いつから, 英会話 テキスト おすすめ, ルクア ジルスチュアート 化粧品日立 ドラム式洗濯機 糸くずフィルター 掃除, 滝川英治 歩け ない, スマホ ワード 写真に保存, 六角形 寸法 計算, スマホ ワード 写真に保存,