海底47m 古代マヤの死の迷宮 ネタバレ 42

映画「海底47m 古代マヤの死の迷宮」のあらすじと結末をネタバレ解説。動画やキャスト紹介、レビューや感想も掲載。ストーリーのラストまで簡単解説します。, 海底47m 古代マヤの死の迷宮の紹介:2019年アメリカ映画。日本でも人気のあるメキシコの観光地カンクンのあるユカタン半島は古代遺跡に美しい自然と海が魅力です。地元の高校生が古代マヤの海底洞窟の探索に出かけますが、恐ろしいサメの攻撃に遭います。『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は、4人の女子高生がサメからの攻撃から逃れる海底パニック・スリラー映画です。シルベスター・スタローンの娘システィーンも出演しています。 ホーム ピグ アメブロ. まず、観光船に乗り込もうとしたサーシャがサメにバクッと食われるから、僕は「ああ…前作と同じく1人は生き残れないんだな… (ノω・、) カワイソウ」とフライング涙を流していたところ。ミアったら信号拳銃をゲットして海にダイブ→サメに向かって発射してサーシャを無事救い出すから、なんてたくましさ!(°д°;) ヒィッ と思いきや、今度はミアの方がサメに食われちゃうから、「やっぱり前作と同じく1人は生き残れないんだな… (ノω・、) カワイソウ」なんてあらためてさめざめと泣いていたら(サメ映画なだけに…という上手いことを書いた風な文章)、今度は“父からもらった古代サメの歯”(※ただ、パンフによると、本作に出てくる歯の化石はホオジロザメのものではないそうな (゚⊿゚) ヘー)を使ってサメの目を攻撃→無事脱出するから、驚きのたくましさ!(°д°;) ヒィッ 観光船に乗っていたいじめっ子もドン引きする強さをゲットして、サーシャと強い「絆-KIZUNA-」を築いたミアの姿は眩しくてね…(しみじみ)。鑑賞後はすっかり満足顔だった次第。, ミアはまるでヂギール戦士のように心が折れなかったのです(「グラップラー刃牙」第13巻より)。, 本作については思うところが2つあって。1つ目は、すっかり心がヤワになったなぁと。今回、女子高生4人が酷い目に遭うワケですけど、現在9歳の自分の娘の未来像を重ねちゃって、ホラー映画を観ているにも関わらず、「誰も死んでほしくない」と思っちゃったのです。あのシルベスター・スタローンの娘システィーンが演じるニコールは「アレクサの言うことを聞かずに柱を倒して出口を塞いでしまう」上に「脱出する順番を守らず、登攀用ロープを外してしまう」ということで(意図的ではないにせよ)、観客のヒートを煽る要員だと思うんですが、しかし。この日の僕は「人間、ああいう風にパニックに陥るのも仕方ないよなぁ…特に彼女はまだ高校生なのだから… (´・ω・`) ウーン」とかなり同情しちゃったんですよね…。父親の助手たちが何のドラマもなくサメに食われていくのも雑な扱いに見えて切なかったし(殺されるためだけに出てきたというか…)、ううむ、なんかホラー映画が前よりも苦手になってきたのかもしれません。, みんな仲良く楽しいまま終わってほしい…なんて思ったりしたのです。年のせいですかねぇ…。, 2つ目は、「目だッ!m9`Д´) ビシッ」ということ。本作はエンドクレジット後に「サメは虐待していません」「サメによる年間の死者数は10人程度」「サメの方が人間に殺されている」的なテロップが出るのが愉快なんですが、確かに現実世界において「サメに食われて死ぬ人」はかなりレアというのは間違いないでしょう。とはいえ、「もしサメに襲われたら… (´Д`;) ドウシヨウ」という眠れない想い抱きしめた夜の数だけ孤独になる人も少なくない昨今、その対処方法はぜひ知っておきたいところじゃないですか。で、僕的には幼い頃に観てた「ミラーマン」の影響もあって、常々「目を狙うのが良いのでは?」と考えていただけに、前作&本作では主人公が目を攻撃してサメの口から脱出するから、我が意を得たり!Σ(°д° ) クワッ! Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved. 監督:ヨハネス・ロバーツ 出演:ソフィー・ネリッセ(ミア)、コリーヌ・フォックス(サーシャ)、ブリアンヌ・チュー(アレクサ)、システィーン・スタローン(ニコール)、ジョン・コーベット(グラント)、ほか, ここからは映画「海底47m 古代マヤの死の迷宮」のネタバレを含んでいます。あらすじの結末まで解説していますのでご注意ください。, メキシコのユカタン半島、高校生のミア(ソフィー・ネリッセ)は、キャサリンにプールに落とされます。ミアは学生服のままプールから出てきて、級友の笑いのものになります。ミアは継母のジェニファーと彼女の娘で級友でもある義理の姉妹サーシャ(コリーヌ・フォックス)と家に帰ります。, ミアの実の父グラント(ジョン・コーベット)は考古学者です。ミアはジェニファーを「母ではない」と言い、サーシャも「姉妹ではない」と言います。グラントは娘たちの関係を心配し、ミアとサーシャにカリブ海のサメを鑑賞するツアーに週末に行くことを提案します。, グラントはミアにサメの歯を与え、ミアとサーシャはツアーに行くことにします。ミアとサーシャがツアーのボート乗り場に行くと、そこにはキャサリンがいました。サーシャの友達のアレクサ(ブリアンヌ・チュー)とニコール(システィーン・スタローン)が現れ、ミアとサーシャにスキューバダイビングに行こうと言い、二人はその誘いに乗ります。, 4人はジャングルで洞窟近くの海に飛び込み、楽しい時を過ごします。彼女たちは古代マヤ遺跡のある海底洞窟を探索するケーブダイビングをしようという話になります。4人はマヤ遺跡目指してダイブし、海底深くまで行きマヤ遺跡を見つけます。, 4人はマヤ人の骸骨を見つけ、生贄を捧げた場所を見つけるなどダイビングを楽しみます。彼女たちは目の見えない魚を見つけますが、その魚がニコルを襲います。慌てるニコルと3人はパニックになります。そこへグラントのアシスタントで海底で作業中のベンが駆けつけ、4人を救います。, ベンはグラントが近くにいると言います。しかし、突然巨大なホオジロザメが現れベンを殺してしまいます。海底洞窟の出口は崩壊し、4人は閉じ込められます。彼女たちは話し合い、逃げ道を探すことにします。4人はグラントたちにつながる線を見つけ、その線を頼りにグラントのもとへと目指します。, 4人は線とライトを使いグラントを探し続けます。そして彼女たちは行き止まりの場所に行き着いてしまいます。突然とアラームがなり、酸素ボンベの残量が20%前後になります。4人は再びサメに襲われます。, しかし4人はなんとか逃げ、空気が吸える隙間のある小さな洞窟にたどり着きます。彼女たちはそこで空気を吸い、一息つきます。すると4人は音楽が聞こえてくるのを感じます。グラントのアシスタントのカールが音楽を聞きながら作業中でした。しかし、カールもサメに襲われて殺されます。, ミアは道に迷い、サーシャ達と離れ離れになります。しかし、ミアはグラントにようやく出会えます。グラントとミアは他の3人とも再会、グラントとミア達は空の見える洞窟にたどり着きます。ニコルは綱を使い崖を登りますが、サメが襲ってきてニコルは殺害されます。, グラントはこの洞窟では空気は吸えるが、外へは出られないと言い、もう一度海に潜り出口を探すことを提案します。再びサメが現れ、今度はグラントを殺害します。ミア、サーシャ、アレクサの3人はグラントの提案を実行し海に潜り、出口を探すことにします。, 3人はアラームがサメを怖がらせると思いアラームを鳴らし続けます。しかし、潮流が強く3人はその流れに逆らえません。するとサメが現れアレクサを襲います。アレクサは酸素ボンベがなくなり死んでしまいます。, 生き残ったのはミアとサーシャの2人。2人は助け合い、ついに太陽の光をみつけます。酸素ボンベの残量は5%になり、ミアとサーシャは必死に太陽光線を目指します。2人は海上に出て、サメを鑑賞するツアーのボートを見つけます。, ミアとサーシャはボートめがけて泳ぐものの、鑑賞ツアーの船員はサメをおびき寄せるため餌をばら撒いています。サメが餌をめがけて集まり、2人を襲います。鑑賞ツアーの客はミアとサーシャの存在に気づき、パニックになります。, ミアは船にたどり着きますが、サーシャはサメに襲われます。ミアは船から銃を取り出し、海に戻ってサメを殺しサーシャを救います。サーシャは船にたどりつきますが、ミアがサメに襲われます。ミアはサメと格闘して船に逃れます。ミアとサーシャは血だらけになりながら再会するのでした。, 映画ネタバレあらすじ一覧  |  お問い合わせ  |  利用規約©2020 映画ウォッチ. 人身事故の影響で終電を逃したので、ラーメンを食べながら徒歩で帰宅しましたが、それもまた良い思い出。, ヨハネス・ロバーツ監督による前作。こちらもそれなりには好きです (・∀・) ソレナリ, 製作総指揮:バイロン・アレン、キャロリン・フォークス、ジェニファー・ルーカス、テレンス・ヒル、ジェシカ・フリーボーン、クリス・シャラランブス、マーク・ドゥビートル、エリック・グールド、ジョアン・ロビンズ、ウィル・クラーク、アンディ・メイソン, 47 Meters Down: Uncaged (Original Motion Picture Soundtrack), (※ただ、パンフによると、本作に出てくる歯の化石はホオジロザメのものではないそうな (゚⊿゚) ヘー), 鑑賞後にリスナー仲間のサンスケさんが劇場ロビーまで会いに来てくれたのもうれしかったし. 基本的にホラー映画は嫌いではないんですけど、「絶対観る!」というほど強い気持ちはなくて。本作も劇場で予告編を観る限りは面白そうだったものの、「でも前作を観てないしな ( ´_ゝ`)」と思ってスルー予定だったんですが、しかし。愛聴しているラジオ番組「アフター6ジャンクション」の週刊映画時評コーナー「ムービーウォッチメン」のリスナー枠に選ばれたので、急遽観ることに決定(NETFLIXで前作の予習もした)。とはいえ、他の映画を観たり、仕事をしたり、娘の面倒をみていたりしたら、いつの間にか都内の上映が終わってしまってね…(遠い目)。9月3日(木)、思ったより早く仕事が終わったので、ああん、埼玉のイオンシネマ春日部まで遠出して、毎月もらえる1200円クーポンを利用して鑑賞いたしました。「目だッ!m9`Д´) ビシッ」と思ったり。, 春日部、藤の牛島からイオンシネマ春日部までのgif。6番スクリーン、観客は4人でしたよ。, お話を超雑に書いておくと、義理の姉妹のミア(ソフィー・ネリッセ)とサーシャ(コリーヌ・フォックス)が友人のアレクサ(ブリアンヌ・チュー)とニコール(システィーン・スタローン)に誘われて、マヤ文明の遺跡が眠る海底洞窟にてケイブダイビングをしてみれば! 中には太古から生きている盲目の巨大人食いサメが数頭暮らしてましてね (´Д`(´Д`(´Д`(´Д`;し イヤーン 調査していた父親グラント(ジョン・コーベット)&助手たちと遭遇するも、いろいろな出来事により次々と死んでいって、最終的にはミアとサーシャだけ海に脱出するんですけれども。なんとサメ鑑賞ツアーの撒き餌のど真ん中だったので、襲い来る現代サメたちの猛攻を死にもの狂いでくぐり抜けて、2人はなんとか助かるのでしたーー 川´・ω・)(・ω・`し タスカッタネー, いや〜、かなり面白かったですよ。ホラー映画的には「地下洞窟でヒドイ目に遭う映画」である「ディセント」を連想いたしました。鑑賞するにあたって前作も観たら「幻覚オチ」が一緒だったし、本作はコンセプトがモロだから、ヨハネス・ロバーツ監督は結構影響を受けたんじゃないかしらん。まぁ、「あんなサメがいるか ( ゚д゚)」とか「むしろ最初に被害に遭うのは洞窟を調査してた父親たちだろ(柱を倒したせいで出てきたワケではないですよね?)」というツッコミは置いとくとしても。観客に「水中でのままならなさ」を体感させるという目的があるのかもしれませんが、洞窟内での位置関係が分からないし、肝心の水中でも何が起きているのか分からないシーンが少なくなかったし、ハードなゴア描写などもないし、ハッキリ言って、中盤まではかったるく感じる部分がなくはなかったです。, オチを書いちゃったけど、「ディセント」はマジで面白いので、ホラーが好きな人は観てみて!, ところが、これは前作もそうだったんですが(両方とも90分ジャスト!)、導入30分→中盤30分が終わって、残り30分ぐらいになってからが楽しかったんですよ。一旦、「帰れるのね!ヘ(゚∀゚*し」と希望を与えてからのリスタートという流れが一緒で笑ったし(前作とは「主人公が姉妹」とか「サメの目を攻撃して脱出する」といった共通点も)、生き残りたいがために暴走してしまうニコールがいかにもホラー映画の登場人物っぽくて哀れだったし(「蜘蛛の糸」を思い出した人は多いのでは)、父親グラントが演説中にバクッと食われる展開は「ディープ・ブルー」オマージュって感じで微笑ましかったし…(って、超ビビりましたがー)。何よりも感心したのが、脱出した先がサメ鑑賞ツアーのど真ん中だったという展開で、一応、序盤に伏線があったものの、「意地悪かよ!Σ(゚д゚;)」と。. shimura-tano 2020年7月23日 / 2020年7月28日. Ameba新規登録(無料) ログイン. いやー。全作の『海底47m』Netflixで観てしまったこともあり、2作目となる『古代マヤの死の迷宮』も観てきました。ちゃっかり公開日の朝一番に。, ▶星0~1:製作側に意地悪された ▶星1.5~2:後悔 ▶星2.5~3:相性がやや悪いのか  ▶星3.5:楽しめた ▶星4: 楽しめた♡ ▶星4.5:ハリーポッター ▶星5:超ハリーポッター, 原題   : 47 METERS DOWN: UNCAGED製作年度 : 2019年上映時間 : 89分監督   : ヨハネス・ロバーツ (1作目と同監督)主演   : ソフィー・ネリッセ / コリーヌ・フォックス / ブリアンヌ・チュー / システィーン・スタローンジャンル : サメサメ・パニック詰め合わせセット, と思いきや、今回海底47メートルには行きません。シリーズということでタイトルは『海底47m』が付いているようです。続編と言っても前作との繋がりは皆無です。, 邦題では『古代マヤの死の迷宮』となってしまいました。まぁそんな感じかな。今回は原題にも惹かれて興味本位で観に行きましたが、プチ見どころなのが、超大物俳優の娘たち。キャストを見ればわかりますが、“スタローン“と”フォックス“。記念すべき彼女たちのデビュー作になるみたいですね。前作は《サメ&潜水病》との戦いでしたが、今作は 海底47メートルへ潜らないので潜水病の心配はなし。よかったよかった。, いじめられっ子のミア(ソフィー・ネリッセ)と、サーシャ(コリーヌ・フォックス)。2人は親違いの姉妹で仲はあまり良くない。船の下部に窓が付いたボートにて、ガラス越しのサメ鑑賞ツアーへ参加する事になった2人だったが現地に到着すると、2人の友人から「よりスリリングで観光客がいない所へ行こう」と提案される。ツアーを抜け出し4人で穴場スポットへ移動すると、そこは海底洞窟で中には古代の遺跡が。迷路のようになった遺跡を進んでいくと、そこには盲目のサメが。, サメと言えばだだっ広い海で、血の臭いを嗅いでどんどんと集まってくるというイメージですが、今回の舞台はまさかの迷路。水の中でしか生きられないサメの為に、海底遺跡という舞台を準備し、真っ暗な迷路で戦わせるという、意外と珍しいシチュエーションをヨハネス・ロバーツ監督が持ってきました。前作同様に酸素の容量問題があるので、もたもたしている場合ではない。そして、今回のサメは真っ暗な洞窟という環境で育ってきたために目が見えない。“盲目”のサメという設定。サメが近くに来ても、声を潜めてグッと堪えることでサメはスルーしてくれるわけですね。ここまで来て、”ある映画”に似ている事に気が付く。そう。, 盲目の退役軍人を、盲目のサメにチェンジ。暗くて相手にアドバンテージがある状態でのサバイバル。そんな、サメ版『ドント・ブリーズ』ですが、今回は希望の席が無かったこともあり、珍しく映画館で1番前から、2列目に座りました。最近髪を切ったからなのか、ティッシュを忘れたからなのか、それとも前のほうの席に座ったからなのか。それとも単純にビビりだからなのかわからないが、ひたすらビクビクできました。とにかく驚かされる。新型コロナの影響もあり、横に人がいないので存分にビクビクできました。そんなビクビクをぜひ皆さんにも体験してほしい。『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は1作目を遥かに凌ぐ“体験型”ムービー。マスク着用が理由としては有力ではあるものの、海中の映像はどこか息苦しさも。もちろんその代償として、何が起きているのかがよくわからない。暗闇。水中の気泡。濁った水。そして極めつけの”全員ゴーグル”。前作では2人だけだったので特に問題ありませんでしたが、今回はJK4人と男が3人。JK4人がパニックになると、僕も一緒にパニック。「これは一体誰なんだ?」と。ただ、それらすべてを把握する必要はないのかな~。と思うので不満はなし。一度は空を観る事が出来たにもかかわらず、もう一度海中に潜らなければいけないシチュエーション。盲目のサメは1匹ではなかったり、助かったと思いきやチェーンが外れたり。なんといっても最後の悪夢はラスト。無事に助かって船を見つけたと思ったら、船はサメ鑑賞ツアーのボート。サメの餌をバッラバッラと撒いている。“JK vs 盲目のサメ2匹”が終わったと思えば、“JK vs 絶好調なサメの大群”がスタート。そんな最悪をかき集めたサメ映画、『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は、サメ映画として出来る限りのすべての要素を、全力で出し切った最悪の映画だった。1作目の『海底47m』はケージに入れられたまま海底へ落とされてしまい二人ぼっち。2作目の『海底47m 古代マヤの死の迷宮』は、海底の迷路でサメから逃げながら脱出を目指す。どちらも斬新で恐ろしいシチュエーション。水の中でしか生きられないサメを題材に、ヨハネス・ロバーツ監督/脚本家は次はどんな舞台を用意するのか。果たして続編は作るのか。3作目はB級映画の中でも底辺のサメ映画になってしまうような気がしますが、わずかに期待を寄せてしまっているのが今回星3.5の所以です。, サメ映画の金字塔といえば『ジョーズ』だと思いますが、普通のサメ映画は《サメVS人間》ですよね。『海底47m』シリーズの場合は《サメVS人間 in 海》。サメのホームコートなので恐怖は倍増。終わってみれば、個人的には1作目よりも2作目でした。そういった映画珍しい気がしますが、期待を遥かに上回る良作『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でした。, 映画を基に、ちょっとだけ勉強できるような。 親同士の再婚で姉妹になったミアとサーシャ。まだどこかぎこちない娘たちの距離を縮めようと考えた父親の提案で、2人は週末に行われる船中からサメを鑑賞するツアーにでかける。当日、現地で偶然友人たちと出会った2人は、マヤ文明の遺跡が眠る海底洞窟を目指すケーブダイビングに誘われ、海に潜ることに。神秘的な海底遺跡に目を奪われる2人だったが、複雑に入り組んだ遺跡を前に迷子になってしまう。そして、そこには盲目の巨大人喰いサメがいた。(以上、映画.comより), 10080点 こんにちは! Machinakaです!! Twitterもやってます! @Blog_Machinaka この記事では、「海底47m 古代マヤの死の迷宮」のネタバレあり感想解説記事を書いています。 目次 まえがき あらすじ 「海底47m 古代マヤの死の迷宮」のネタバレありの感想と解説(短評) やりたい邦題のサメ映画 主人… SNSでイラストも更新してます。

誕生日おめでとう 面白い返し 英語, ディーガ スマホ動画 ダビング, Cb400sf 新車 乗り出し価格 2019, ダクトレール 調光 調色, 自転車 26インチ 3段変速, カップ麺 新作 2020, お風呂 天井 カビだらけ, ドラクエ10 レオパルド まもの, ドラクエウォーク 転職 デメリット, 写真 普通紙 印刷 きれい,