将棋 2日制 と は 6

2日制 8時間 4,400万円: 名人戦 順位戦: 毎日新聞社 朝日新聞社 大和証券グループ(協賛) 1935年: なし なし なし 名人 永世名人 七番 2日制 9時間 非公表 王位戦: 新聞三社連合 神戸新聞社 徳島新聞社: 1960年 2名 なし なし 王位 永世王位 七番 2日制 8時間 非公表 [注 86]。, カッコ内は登場回数。タイトル数の黄色は永世称号資格。太字は在位中のタイトル。†は終了棋戦。灰色は現役期間とタイトル戦の終了・創設時期の関係で獲得機会のなかったもの。, カッコ内は登場回数。タイトル数の黄色はクイーン称号保持を示す。太字は在位中のタイトル。 日本将棋連盟の週間対局予定のページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 棋 戦:第79期順位戦(B級2組・6回戦) 対局日:令和02(2020)年11月11日 対局場:大阪市福島区、「関西将棋会館」 持時間:各6時間(チェスクロック使用) 先手 :北浜 健介 八段 後手 :藤井 聡太 二冠. 普通の飲食店を苦しめないために行うべきたった1つのこと(東龍), MLB初の女性GMになったキム・アングと楽天の新監督に就任する石井一久の不思議な縁(三尾圭), 朝ドラ「エール」の裏側 『君の名は』作者をモデルにした人物を演じる名優・北村有起哉の、あの場面(木俣冬), 「人は道化でいい」BiSHのアイナ・ジ・エンドが悩む若者に示した「太宰治の世界」(石井志昂), 「オジュウチョウサンはかなり悔しがっている」障害の絶対王者が4年8か月ぶりの敗戦「また1から練習を」(花岡貴子), 【戦国こぼれ話】大坂の陣でなぜ宣教師は大坂城に入城したのか?その驚くべき呆れた理由とは!, 【戦国こぼれ話】本当に豊臣秀吉には指が6本あったのか?天下人の知られざる謎を探る。, JUJU “男の涙”がテーマのカバー作『俺のRequest』は「この2020年だからできた作品」, 強烈に皮肉で少々お下品? でも夢があって元気になれるブロードウェイミュージカル『プロデューサーズ』, 『オオカミくんには騙されない』で注目のモデル・中澤瞳。ズバ抜けた美貌で、いじられキャラも発覚, 【戦国こぼれ話】今も昔も弱者は切り捨てか。甲斐武田氏の将兵が行った戦場での悪魔のような所業!. 日本将棋連盟のプロ棋戦の規定等についてのページです。日本将棋連盟は伝統文化としての将棋の普及発展と技術向上や将棋を通じた交流親善などを目的とした公益社団法人です。 将棋の指し手自体は、スピード感あるものも少なくないと思いますが、 二日制は持ち時間が多いので、棋士たちも長考します。 そのため、観ている側もゆっくりと将棋を味わえるのです。 ちなみに長丁場であることも7番勝負の大きな魅力で、 対局者情報 先手:北浜 健介 八段 棋戦(きせん)とは、将棋の大会のことである。通常はプロ(棋士、女流棋士)のものをいい、女流棋士のものは特に「女流棋戦」という。アマチュアの大会については、単に「将棋大会」などと言うことが多いが、規模の大きいものは「アマチュア棋戦」と呼ばれる。以下では、プロの棋戦について述べる。, 公式戦は、対局結果と棋譜が日本将棋連盟の公式記録に残る棋戦、非公式戦は残らない棋戦である[注 1]。タイトル戦は、優勝者にタイトル(称号)が与えられる棋戦、一般棋戦は、タイトル戦以外の公式戦のことである。一般棋戦には、全棋士に参加資格があるもの、上位棋士にのみ参加資格があるもの、若手棋士等にのみ参加資格があるものの区別がある。なお、一つの棋戦のなかに公式対局と非公式対局が混在する場合もある[注 2]。なお、過去には一年に2回開催する棋戦なども存在したが、現在の棋戦は原則として一年に一回である。, 棋士・女流棋士は、棋戦に参加して対局をすることで対局料・賞金を得て活動している。過去の棋戦も含めて、棋戦の大半は新聞・雑誌・テレビ・インターネット放送といったマスメディアが主催者である。新聞や雑誌の場合には主催紙に棋譜が掲載され、テレビやインターネット放送の場合には主催局で対局の模様が中継される。これらの主催者から、対局者に賞金等が支払われる。, 棋戦のうち、称号(タイトル)を争うものがタイトル戦である。通常は、称号の名前がそのまま棋戦の名前になる(例:「竜王」の称号を争う棋戦が「竜王戦」)。優勝者は、称号を獲得し、翌年のタイトル戦が終わるまでの間、段位に代わってこれを肩書として名乗ることができる(例:〇〇△△竜王」、「竜王 〇〇△△」、あるいは単に「〇〇竜王」など)。さらに、特定の条件を満たした場合には、恒久的に名乗れる特別な称号を獲得できる場合もある(永世称号)。棋士個人の地位序列を左右すると共に対局料及び賞金も高額であるため、棋戦の中ではタイトル戦が最も重んじられている。, タイトル戦は、いわゆる挑戦手合制で開催される。挑戦手合制では、まず現在のタイトル在位者(前回の優勝者)を除く棋士でトーナメント等を開催して挑戦者を決定する。そして、選ばれた挑戦者と現在のタイトル在位者との間で番勝負[注 3](1対1で複数局を連続して戦うこと。シリーズとも言う[1])を行い、勝ち越した方がタイトルを獲得する。現在のタイトル在位者が再びタイトルを獲得することを防衛、挑戦者がタイトルを獲得することを奪取と言う。, タイトル戦以外の公式記録に残る棋戦が一般棋戦である。一般棋戦の中には、全棋士が参加するものだけでなく、参加資格が段位・年齢などで制限されているものもあり、昇段規定などで区別がなされている。また、かつては、名人以外の棋士だけが参加する棋戦などもあった。一般棋戦の開催方式は様々である。近年は勝ち残り式トーナメントが多いが、過去には、連勝数を競う勝ち抜き戦や挑戦手合制で開催されるものもあった。勝ち残りトーナメント方式の一般棋戦は、優勝棋戦などと呼ばれることもある。また、挑戦手合制の一般棋戦(早指し王位戦、王座戦(旧)、朝日選手権など)は、準タイトル戦などと呼ばれることもある。過去の一般棋戦は、勝ち残り式トーナメントの場合でも決勝のみ番勝負となっているものが多く、新人王戦は現在も決勝三番勝負で行われる。なお、一般棋戦でも特殊な称号(NHK杯選手権者など)が獲得できることもあるが、これらは段位の代わりではなく、その棋戦の中でのみ使われるものであるため、タイトルとは区別される。, 江戸時代から名人は家元制の終身名人として続いていたが、1935年(昭和10年)、十三世名人の関根金次郎が1937年をもって名人位を退位することを宣言し、実力名人制に改められた。第1期名人戦は「名人決定大棋戦」と呼ばれた八段リーグ戦で2年にわたって行われ、1937年(昭和12年)に木村義雄が初代名人となった。これが将棋のタイトル戦の始まりである。, 1946年(昭和21年)からは、名人戦の予選として「順位戦」のシステムが始まった。, (※以下の年度は、予選開始年ではなく番勝負が実施された年度。日本将棋連盟公式サイトでの表記も同様である), 8つのタイトル戦には序列が存在し、2020年現在、竜王戦が1位、名人戦が2位、以下、王位戦→王座戦→棋王戦→叡王戦→王将戦→棋聖戦の順である[3][注 4]。タイトル戦の序列は契約金の額による[2]。このため契約金が変更されれば序列も変更される。日本将棋連盟公式ホームページの棋戦一覧の項では、タイトル戦が序列順に並べられているが、長らく序列3位であった棋聖戦[4]は、2009年8月に序列6位に下がり[5]、2010年10月には7位に下がっている[6]。, 名目上の序列は以上のようになるが、実際の運用においてはタイトルを持たない場合で段位が同じ場合は、棋士番号が小さい者が上座に座るのが暗黙の了解とされており[7]、タイトルホルダーであっても実績に勝る先輩棋士や引退を控えた大棋士に対して敬意を表して上座を譲る光景がまれに見られる[8]。, 上記のようにタイトルの中でも、竜王と名人は別格に扱われる。この両タイトルを同時に保持した場合「竜王・名人」という特別な呼称で呼ばれる。2019年度終了時点で、「竜王・名人」となった棋士は4人(羽生善治(2回)、谷川浩司、森内俊之(2回)、豊島将之)だけである[9]。「竜王・名人」による竜王または名人の防衛は、2回(羽生[注 7]、谷川[注 8])だけである。, 2020年現在、女流タイトル戦の数は8つである。なお、男性棋戦と異なり、女流棋戦に序列はない[21]が、一覧表記する際は便宜的に優勝賞金の順に並べる。, 女流棋士や奨励会員、アマチュア選手の出場枠が設けられているものもある。女流棋士と奨励会の重籍者は、参加枠の適用が棋戦によって異なる[22][注 14]。, 棋士のタイトル戦は、下表のとおり、2020年現在8つある。この他に終了したタイトル戦として、九段戦[注 15]・十段戦[注 16]がある。, 上記の表の持ち時間は番勝負での持ち時間について示している。予選や本戦などでの持ち時間については「持ち時間」の項目を参照。 叡王戦と王座戦はチェスクロック使用で秒単位の消費を算入。その他はストップウォッチ使用で秒単位の消費は切り捨て。, 女流タイトル戦は、日本将棋連盟が運営し、所属(日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会、フリー)にかかわらず、全ての現役女流棋士(休場者を除く)に出場義務が課される[注 68]。リコー杯女流王座戦のみはエントリー制を採用しているため、出場を辞退できる[注 69]。, マイナビ女子オープンとリコー杯女流王座戦はオープン棋戦であり、女性奨励会員(女流棋士と奨励会の重籍者を除く。以下同じ。)、予選を通過した女性アマチュア選手も出場できる[28]。女流王将戦は、出場資格が「女流棋戦タイトルホルダーと女流棋士と選抜された女流アマチュアで行います。[注 70]」と規定されているため、女流タイトル在位者は無条件に出場できる。女性奨励会員が出場できる女流タイトル戦は、マイナビ女子オープンと女流王座戦の2つである。女流タイトル保持者の場合は白玲戦、女流王将戦が加わり最大4つである。, 2020年に白玲戦とその予選を兼ねる女流順位戦が創設され、女流タイトル戦は8つとなった。番勝負は全て1日制。「将棋の女流タイトル在位者一覧」も参照。, 日本女子プロ将棋協会(LPSA)所属の女流棋士とツアー女子プロが参加し、女性アマチュア選手なども出場する。, 永世称号は、同一タイトルを一定の期数(3期の九段以外は最低5期保持を要する事が多い)獲得した者に与えられる称号であり、叡王戦を除く7タイトル戦と、竜王戦へと発展解消されて終了棋戦となった2つのタイトル戦(九段戦・十段戦)に制定されている。また、一般棋戦ではNHK杯戦で永世称号に準じた「名誉NHK杯選手権者」の称号が制定されている[注 73]。各棋戦には永世称号獲得のために必要な、連続または通算タイトル獲得期数あるいは優勝回数が規定されている。現在は、永世棋王だけが連続獲得のみの規定である[注 74][注 75]。, 永世称号の名称はタイトル名に「永世」または「名誉」を冠したものである。「名誉」を冠するのはタイトル戦では王座戦(日本経済新聞社主催。囲碁の王座戦も主催しているため、囲碁と同じ称号となった)のみである。また、永世名人の場合は資格を得た順に番号が付き「○○世名人」と呼称される(名人 (将棋)#永世名人を参照)。, 永世称号を名乗り始めることを「永世(または名誉)○○に就位する」あるいは「永世(または名誉)○○を名乗る」と言う。ただし、永世名人の場合は「○○世名人を襲位する」と言う。, なお、タイトルの実績とは無関係に贈られた名誉称号(例:名誉名人、名誉九段)も存在する。塚田正夫は十段を獲得したことはないが、十段戦の前身棋戦である九段戦で永世九段を獲得し、逝去後に名誉十段が贈られている。, 棋士のタイトル永世称号は引退後に名乗るのが原則とされているが、実際には、塚田正夫は永世称号に基づいて「九段」を称しており[注 76]、また、大山康晴(永世王将、のちに十五世名人も)、中原誠(永世十段、のちに名誉王座・十六世名人・永世棋聖・永世王位も)、米長邦雄(永世棋聖)と、いずれも現役のまま永世称号を名乗っており、木村義雄が引退と同時に十四世名人を襲位した1952年以降、引退してから初めて永世称号を名乗った例は一つもない。ただし、谷川浩司・森内俊之・羽生善治の三人の永世名人有資格者は、大山康晴・中原誠の前例をなぞらず、無冠となっても永世称号を名乗らず九段を名乗っている。なお名誉王座については、囲碁の名誉称号と同じく現役でも満60歳に達すると名乗ることができる[29]。また、名誉NHK杯選手権者については達成直後に称号が贈られている[30]。, タイトル名「女流○○」について、クイーン称号「クイーン○○」となるのが基本であるが、タイトル名が「女流○○」でない「清麗」・「女王」・「倉敷藤花」については、それぞれ「クイーン清麗」・「永世女王」・「クイーン倉敷藤花」となる。, クイーン称号については、棋士の永世称号とは異なり「原則として引退後に就位」という規定はない[注 85]。タイトル獲得・防衛によってクイーン称号の条件を満たすと、その期の就位式において、タイトルの就位状に加えて「クイーン称号の就位状」が同時に授与される[36][37] 女性奨励会員(女流棋士と奨励会の重籍者を除く)については、参加資格のない棋戦の欄を空欄にしている。引退女流棋士と元女流棋士については、現役引退後に創設された棋戦の欄を灰色にしている[注 91]。, 2020年10月1日現在。年は年度で記載[注 102]。すでに上述した記録は記さない。, 先後(先手・後手)は振り駒によって決定される。ただし、順位戦・王位戦・王将戦・女流名人戦・女流王位戦のリーグでは、対局順決定時に先後も決定するため振り駒は行われない。ただし、挑戦者決定プレーオフや残留決定戦などの同率戦では振り駒が行われる。, タイトル戦などの番勝負では1局目にのみ振り駒を行い、2局目以降は毎局先後を入れ替えるが、最終局については再度振り駒を行い先後を決定する。棋王戦の挑戦者決定戦(変則二番勝負)は厳密な意味での番勝負ではないため、2局目も振り駒を行う。, 叡王戦のタイトル戦では変則持ち時間制のため、第一局当日ではなく、事前に振り駒を行う。, 千日手や持将棋になると先後を入れ替えて即日指し直しとなる。タイトル戦での千日手・持将棋は後日指し直しとなることもある。, 番勝負において、千日手・持将棋となり即日指し直しで勝負がついた場合の次局の先後については、千日手・持将棋となった緒局から先後を入れ替える。つまり、指し直し局を手番上1局と見ず、千日手・持将棋による先後の入れ替えは後続局に持ち越されない(一局完結方式)。, 正式な規定ではないが、タイトル戦の番勝負では両対局者は和服を着用するのが慣例である。あくまで慣例ではあるので、タイトル戦で対局者が洋服を着用した例も加藤一二三・森雞二・島朗・谷川浩司・羽生善治・佐藤康光・村山聖・藤井聡太など少なからずある。, 女流タイトル戦では、マイナビ女子オープン五番勝負においては和服(着物と袴)を着用する[41]。他の女流タイトル戦の番勝負では洋服を着用するのが普通である。ただし、対局者の意思で和服を着用するのは自由である(例:第30期女流王位戦五番勝負第2局における渡部愛[42][43])。制服のある学校に在学中であれば、制服を着用する(例:第5期マイナビ女子オープン五番勝負における長谷川優貴[44])。, タイトル戦が終了した後の就位式(タイトルによって名称が異なる)には、主役たるタイトルホルダーは、棋士は紋付羽織袴、女流棋士は和服(対局時と異なり、袴は着用しない)で臨むことが多い。, プロの棋戦において、多くは、対局者のほか記録係・立会人等の関係者のみが対局室に入室し対局が行われるが、観覧席を設けて対局者の様子を一般のファンに公開する公開対局の形式によることもある。対局開始時やその直後等のごく短時間の公開、インターネット・TV中継での公開だけのものは公開対局にあてはまらない。タイトル戦で実施される場合は、午前は対局室(非公開)で午後から終局までが舞台上で公開対局となるケースが多い(例:第31期棋王戦第1局[45])。, 棋士の側においても基本的に公開対局は奨励されるものとしての見解が多いが[46]、タイトル戦のような長時間の対局においては疑問を呈する棋士もいる。, その他タイトル戦の番勝負についても竜王戦、棋王戦、王将戦、棋聖戦、王位戦で実施されたことがある。, 下記6大会(個人戦)は主要アマ6棋戦と呼ばれる。そのいずれかにおける優勝は奨励会三段リーグ編入試験の受験資格となる。, 王将・玉将 - 飛車→(竜王) - 角行→(竜馬) - 金将 - 銀将→(成銀) - 桂馬→(成桂) - 香車→(成香) - 歩兵→(と金), 行き所のない駒 - 打ち歩詰め - 王手 - 後手 - 先手 - 千日手 - 詰み - 成駒 - 二歩 - 入玉 - 必至 - 封じ手 - 振り駒 - 待った - 持ち駒 - 持ち時間, 合駒 - 居玉 - 上手と下手 - 大駒・小駒 - 飾り駒 - 感想戦 - 奇襲戦法 - 棋譜 - 棋風 - 急戦 - 棋力 - 公開対局 - 持久戦 - 定跡 - 攻め - 大局観 - 太刀盛り - 中段玉 - 長考 - 付き人 - 手順前後 - 手待ち - 成金 - 羽生マジック - 藤井マジック - ハメ手 - 早指し - 盤外戦 - 盤寿 - 番勝負 - 妙手 - 米長玉 - 力戦 - 両取り - レーティング, 将棋界 - 棋士 - 棋戦 - 将棋の段級 - 日本将棋連盟 - 日本女子プロ将棋協会 - 将棋大賞 - 国際将棋フォーラム - コンピュータ将棋 - 将棋電王戦 - ソフト不正使用疑惑騒動 - 観戦記者 - 囲碁・将棋チャンネル - AbemaTV 将棋チャンネル, 棋士一覧 - 女流棋士一覧 - タイトル在位者一覧 - 女流タイトル在位者一覧 - 将棋類の一覧 - 将棋類の駒の一覧 - 将棋棋士とコンピュータの対局一覧, 原将棋 - 平安将棋 - 平安大将棋 - 小将棋 - 中将棋 - 大将棋 - 天竺大将棋 - 大大将棋 - 摩訶大大将棋 - 泰将棋 - 大局将棋 - 和将棋 - 禽将棋 - 広将棋, 詰将棋 - 五分摩訶将棋 - 5五将棋 -3三将棋 - 京都将棋 - 鯨将棋 - ジャドケンス将棋 - 槍将棋 - 四人将棋 - 四神将棋 - 大砲将棋 - 川中島将棋 - 征清将棋 - 国際三人将棋 - 京将棋 - 9マス将棋 - どうぶつしょうぎ - ろっかくしょうぎ - サッカーしょうぎ, 軍人将棋 - 哲学飛将碁 - 太閤将棋 - J-Chess - じゃんけんしょうぎ - 宇宙将棋 - リアルタイムバトル将棋, はさみ将棋 - まわり将棋 - 将棋崩し - 将棋倒し - おはじき将棋 - 飛び将棋, ペア将棋 - 目隠し将棋 - 郵便将棋 - 人間将棋 - 盲人将棋 - ついたて将棋, 将棋の手合割 - 将棋の格言 - 詰将棋‎ - 名人 - 新進棋士奨励会 - 将棋のアマチュア棋戦 - 日本アマチュア将棋連盟 - 将棋講座 - 将棋会館 - 将棋倶楽部24 - 81Dojo - 天下一将棋会 - 将棋ウォーズ - 将棋・チェス板 - 天童市 - チェス - シャンチー - チャンギ - 将棋パズル - 縁台将棋 - 将棋用語 - 将棋天国社 - 近代将棋 - 将棋まつり - 将棋の日, 非公式戦であっても、棋戦の主催者が対局結果や棋譜(もしくは対局の映像)を保管あるいは公開している場合があるので、非公式戦だからといって必ずしも記録が失われるというわけではない。, タイトル数が2冠以上で同数の場合に他タイトルの序列と棋士番号のどちらが適用されるのかは公式には発表されていない。前例は2020年現在、2003年度に羽生善治名人・王座と森内俊之竜王・王将だった一例のみであり、どちらの基準であっても羽生が上位となる。, 棋士番号が持ち出されるのは棋戦としての序列は竜王戦が1位なのに対し、タイトルとしての序列はともに1位タイであるためである。, 「タイトル3期獲得」には、竜王位を1期とその他のタイトルを2期獲得した場合も該当する。, 女流棋士と奨励会の重籍者が参加できる棋戦は、奨励会枠がある竜王戦・新人王戦・加古川青流戦に限られる。非女流棋士の女性奨励会員が女流タイトルを保持している場合はこの限りではなく、将棋連盟の推薦を受けまたは女流予選を通過することで、叡王戦、王座戦、棋王戦、朝日杯、銀河戦、NHK杯に参加できる。, 一般棋戦(優勝棋戦)として創設されたのは1974年。翌年にタイトル戦に格上げされた。, 12名のトーナメントによる全11局の棋戦であり、各局をそれぞれ別の地方都市で開催する。開催地の地方新聞社(, 終世名人は棋戦ではないが、現在の名人戦は従来の終世名人制を引き継いで短期実力名人制に移行する形で開始された。, 1937年から1949年までは毎日新聞主催。1950年から1976年までは朝日新聞主催。1977年は開催されず。1978年から2007年までは毎日新聞主催。2008年からは毎日新聞と朝日新聞の共同主催。, タイトル戦へ昇格。なお、名人戦が毎日新聞主催となったのに伴い、1978年からはスポーツニッポンが主催に加わる。, 翌年から名人戦が毎日新聞と朝日新聞の共同主催となることに決まったため、準タイトル戦の朝日選手権戦を一般棋戦に縮小したもの。, 九段戦は名人以外の棋士で争い、九段位獲得者と名人との間で名人九段五番勝負を行うことで全日本選手権者を決定した。, 1960年から1961年までは産経新聞と新聞三社連合の共同主催。1962年から、産経新聞が棋聖戦を新設して離脱し、新聞三社連合主催。その後、1973年には神戸新聞が、1984年には徳島新聞が主催に加わる。, 東京新聞主催。東京新聞が新聞三社連合の中日新聞傘下となったことに伴い、王位戦へ統合。, 1970年からタイトル戦同様の挑戦手合制で開催されていたが、正式にタイトル戦へ昇格。, 九、八、七段戦は名人を除く七段以上の棋士、日本一杯戦と最強者決定戦は名人を除く順位戦B級以上の棋士が出場した。, 名人も出場できる棋戦となった。併せて古豪新鋭戦を名棋戦として再編し、棋王戦の予選にした。, 「日本将棋連盟公式サイト - 棋戦一覧 - 霧島酒造杯女流王将戦 - 棋戦概要」(2019年11月7日閲覧)から引用, タイトル戦の永世称号は、襲位(就位)後に公式戦や棋士の活動における肩書として呼称され、一部の棋戦で参加資格や上位シード対象の「永世称号者」として扱われるが、名誉NHK杯選手権者の称号は、肩書としての呼称はNHK杯戦やNHKの将棋番組に限定される。また、NHK杯戦以外の棋戦では参加資格やシード条件として扱われていない。, 塚田正夫が段位としての九段を名乗ったのは、タイトルとしての九段を失冠した後の1956年であり、段位としての九段の昇段規定が新設されたのは、その2年後の1958年である。, 当時の段位は原則として八段までであり、特別な段位である九段とタイトルとしての永世九段はほぼ同一視されていた。, 塚田は1956年に九段のタイトルを失冠後に九段を名乗った。ただし、これは一般的にタイトルとしての永世称号ではなく段位としての九段とされる。, 「タイトルとしての永世九段」と「段位としての九段」とは明確に区別されておらず、タイトルとして永世九段の資格を獲得した時点で大山はすでに段位として九段に昇段していたためである。, 十段戦終了時に永世十段の規定が再考され、前身の九段戦の獲得数も含めることとなった。大山の十段獲得期数は8期であったが、九段を6期獲得していたことからこれに該当して資格を得た。, 大山は九段戦で3連覇しているが、九段昇段後であったため永世九段としては扱われておらず、九段戦の実績も含めて永世十段の称号が与えられている。, タイトル戦昇格前の優勝10回と昇格後の獲得6期を合わせた実績により名誉王座の資格を与えられた。, 第29期挑戦者決定三番勝負の勝者は三浦弘行であったが、三番勝負敗者の丸山忠久が繰り上げで挑戦者になった。, 七冠前後、連続して六冠以上だった期間は721日、五冠以上は1100日、四冠以上は3328日、三冠以上は4087日、二冠以上は4280日。五冠以上だった期間は合計1687日、四冠以上だった期間は合計5290日、三冠以上だった期間は合計7951日、二冠以上だった期間は合計9285日、最長4781日。, 連続して四冠以上だった期間は合計3412日、最長3031日、三冠以上は合計最長ともに4745日、二冠以上は合計6353日、最長5018日。, 連続して四冠以上だった期間は合計2120日、最長1765日、三冠以上は合計3517日、最長2942日、二冠以上は合計6444日、最長4218日。, 連続して三冠以上だった期間は合計最長ともに424日、二冠以上は合計1441日、最長1239日。, 連続して三冠以上だった期間は合計783日、最長362日、二冠以上は合計2058日、最長1021日。, 王将戦・棋王戦・女流名人位戦は1月 - 3月、叡王戦は4月 - 6月だが前年度扱いのため、対局が行われた西暦は年度に1を足したもの。竜王戦・女流王座戦が越年した場合も同様。, 「第70期名人戦七番勝負第6局-堂々の防衛劇」 『将棋世界』 2012年8月号、7頁。, 「奨励会と女流棋士の重籍に関する件」について(2011年5月27日 日本将棋連盟), https://web.archive.org/web/20180411105009/http://www.hochi.co.jp/topics/20170520-OHT1T50214.html, “羽生善治、谷川浩司、森内俊之、そして豊島将之 将棋界の頂点を極めた「竜王・名人」の系譜”, https://news.yahoo.co.jp/byline/matsumotohirofumi/20191208-00154153/, プロ棋士昇段には5つの方法があった。意外と知られていない、その仕組みとは?|将棋コラム(ライター:佐藤友康), 将棋の「前竜王」や「前名人」の肩書廃止…20年以上、誰も名乗らず : 竜王戦 : 囲碁・将棋 : ニュース, 【勝負師たちの系譜】優勝賞金は女流最高額700万円! 7つ目の新タイトル「ヒューリック杯清麗戦」, 里見香奈女流名人・女流王将・倉敷藤花、奨励会1級編入試験に合格(2011年5月21日 日本将棋連盟), 新棋戦「上州YAMADAチャレンジ杯」開催のお知らせ 更新: 2016年4月16日 10:00, 「第3回AbemaTVトーナメント」開催決定 今度はなんと団体戦 トップ棋士によるドラフト会議も, よくある質問-プロ棋戦の規定などに関するご質問-女流棋士の永世称号の規定はどうなっているのでしょうか。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=棋戦_(将棋)&oldid=80210396, 1995年度(平成7年度)、棋聖戦が他のタイトル戦と同じく1年度1期となり、7つのタイトル戦は全て年1回となる。, 他タイトルを同時に保有していても、原則として「竜王・名人」「竜王」「名人」と呼称される。, 昇段事由として、他タイトルより優位である。竜王位は獲得1期で八段、獲得2期で九段に昇段。名人位は獲得1期で九段に昇段する。一方、その他のタイトル獲得については、獲得1期で七段に、獲得2期で八段に, 2011年度(平成23年度)、引退者・奨励会員を含めた史上初の完全オープン棋戦として, 一冠以上連続在位:羽生善治 27年9か月(1990棋王獲得[1991年3月18日] - 2018竜王失冠[2018年12月21日]), 全タイトル戦に渡る連続獲得:大山康晴 19期(1963名人戦 - 1966名人戦), 同一タイトル戦連続挑戦:3期 升田幸三(1962 - 1964十段戦)・二上達也(1965 - 1967十段戦)・大山康晴(1971 - 1973十段戦)・羽生善治(2012 - 2014名人戦), タイトル戦で奪取無し(防衛)の連続発生:17期(1974棋聖戦(後) - 1977十段戦)(第1期棋王戦を含まず), タイトル戦で奪取(在位者交代)の連続発生:11期(1987王位戦 - 1988棋聖戦(後))(第1期竜王戦を含まず), 同一タイトル戦で奪取(在位者交代)の連続発生:7期(1996 - 2002棋聖戦), 同一タイトル戦通算 9期(升田幸三-大山康晴 名人戦、羽生善治-森内俊之 名人戦), 通算優勝回数・通算公式戦優勝回数:清水市代 54回(タイトル戦43・一般棋戦11), 一冠以上連続在位:清水市代 18年7か月(1991女流王将獲得[1992年3月24日] - 2010女流王将失冠[2010年10月28日]), タイトル戦連続登場:清水市代 22期(1995女流王位戦 - 2000倉敷藤花戦), タイトル戦で奪取無し(防衛)の連続発生:6期(1978女流王将戦 - 1980女流名人位戦・2002女流王位戦 - 2003倉敷藤花戦), タイトル戦で奪取(在位者交代)の連続発生:5期(2013マイナビオープン - 2013女流王座戦), 同一タイトル戦で奪取(在位者交代)の連続発生:7期(1994 - 2000女流王将戦), 同一タイトル戦連続 4期(中井広恵-清水市代 1994 - 1997女流名人戦、清水市代-石橋幸緒 2006 - 2009女流王位戦).

Mac 文字入力 ショートカット, ボタン クリック 時 色, アメリカ 宇宙 ドラマ, 小さな恋の歌 キーボード 楽譜, コロナ 1600gt 中古車, 鶏肉 酢 大根, Line 友達追加 通知, セルフカット 2 ちゃんねる, ワンピース エース 小説 3, ハロウィン ドレス 子供 手作り, マイクラ 弓 エンチャント スイッチ, サブウェイ ランチボックス 店舗, 子供服 上品 ブランド 男の子, シフォンケーキ 型 代用, Line 通知音 ならない, 他 15件和食店鳥貴族 塚口2号店, 肴と酒処和楽など, ミニマリスト リュック レディース, Microsoft Edge 設定画面, サンゴ 照明 波長, ライン 緑の丸 ホーム画面, 朝顔の たね 観察, 映画 事故物件 いつまで, Iphone Usb 電気屋, アンドロイド 充電ケーブル 100 均, 夜だけ 糖質 制限 ブログ, 聖剣伝説3 リメイク 最強装備, Galaxy Note3 起動しない, 豚バラ キャベツ ホイコーロー, 一条工務店 I-smart キャンペーン, ポーラ 偽物 見分け方, Surface ロック画面 変更できない,