入 稿 データチェック

Copyright©2014 PetSmile Co., Ltd. ALL Rights Reserved. 特に、多頭飼いの場合は相手の体についたフロントラインの液体を舐めてしまうこともあります。, 少量であれば舐めてしまっても体に害はないとされていますが、猫によってはよだれを垂らすこともあるということです。, また、フロントラインそのものに体質が合わず、滴下した部分が脱毛したり、まれにアレルギーを起こしたりする猫もいる可能性があります。, 猫が舐めないように配慮することと、フロントラインを滴下した後は猫の体調に変化がないかを見守る必要があります。, スプレータイプは猫の体にかけて使用する駆虫薬ですが、体に直接スプレーするため、猫が舐めてしまう可能性も高くなっています。, また、スプレーをする時に猫の目や口、またすでにあるキズに薬剤がかかってしまうこともあります。, 猫の顔に正面からかけないようにすること、乾くまで体をできるだけ舐めさせないようにすることが重要です。, フロントラインは動物用医薬品のため、基本的には動物病院で処方してもらいますが、インターネットでも購入できますし、値段も販売されるサイトにより多少違っています。, フロントラインはとても効果的な駆虫薬ではありますが、すべての猫に効果があるというわけではなく、体質が合わない猫もまれにいると考えられます。, そのため、使用する際には、まず動物病院で獣医さんに診察してもらうことをおすすめします。, ペットの専門店コジマに併設する動物病院。全国に14医院を展開。内科、外科、整形外科、外科手術、アニマルドッグ(健康診断)など、幅広くペットの診療を行っている。, 動物病院事業本部長である小椋功獣医師は、麻布大学獣医学部獣医学科卒で、現在は株式会社コジマ常務取締役も務める。小児内科、外科に関しては30年以上の経歴を持ち、幼齢動物の予防医療や店舗内での管理も自らの経験で手掛けている。 日本にはベーリンガー・インゲルハイム・アニマルヘルスジャパンが輸入して、日本全薬工業が販売しています。, フロントラインは動物病院で処方してもらえるほか、現在ではインターネットでも購入できます。, ノミやマダニが猫につくという問題は、完全室内飼いが増えてきても、全く無くなるということはありません。, フロントラインは、猫についたノミやマダニを駆除してくれるだけでなく、ノミやマダニがつくのを防いでくれる駆虫薬です。, ノミやマダニの駆虫薬フロントラインの、猫用フロントラインプラスの効果についてご紹介します。, フロントラインの成分のひとつであるフィプロニルが、投与後に猫の皮膚表面に約24時間で行き渡ります。, フロントラインの成分は、猫の皮膚表面の脂分を伝わって全身に広がり、その後毛根横の皮脂腺に蓄えられて、再び体表面や被毛に伝わることで効果が持続します。, さらに、フロントラインプラスのもう一つの成分であるs-メトプレンが、ノミの卵の孵化や成長を阻止するため、ノミが成虫になることがありません。そのため、ノミのライフサイクルを断ち切ることができます。, 猫がノミに寄生されると、強いかゆみを感じ、ノミの唾液によってアレルギーを起こし、皮膚炎を発症することがあります。また、ノミを媒介して、条虫に寄生されることもあります。, そのほかにも、ノミに血液を吸われることで貧血になったり、化膿性の皮膚炎を起こしたり、かゆみでストレスを感じて体調不良を起こすこともあり、ノミの駆除はとても大切です。, マダニが寄生することで病原体の感染率があがるのは、マダニが猫について吸血をしだしてから48時間以降だと言われています。, 猫用フロントラインのフロントラインプラスは、投与後48時間以内に猫についたマダニを駆除します。, さらに、フロントラインプラスには、猫につくハジラミも、48時間以内に駆除する効果が確認されています。, 猫がノミやマダニに寄生されると、その猫を飼っている人にもノミやマダニが寄生する可能性があります。人間がノミやマダニに寄生されると、かゆみの症状が出るほか、感染症などの病気にかかるおそれもありますので、猫のノミやマダニの予防は人間を守ることにもつながります。, 猫用フロントラインの種類には、フロントラインスポットオン、フロントラインプラス、フロントラインスプレーがあります。, フロントラインスポットオン、フロントラインプラスは、どちらもピペットタイプとなっています。, ピペットは、小さな三角形のケースに薬剤が入っていて、先端が細くなった部分を折ることで液体が出てくるしくみとなっています。, ピペット内の液体を猫の肩甲骨より上の首部分に垂らすと、猫の皮膚表面に行き渡り、効果を発揮します。, フロントラインプラスも同様の効果がありますが、有効成分にS-メトプレンが追加されていて、猫のハジラミにも効果があることがわかっています。, フロントラインプラスには、フロントラインスポットオンの効果に加えて、次のような効果があります。, より幼い時期の子猫にも投与できるようになっています。子猫の時に大量のノミやマダニに寄生されることで貧血状態になることもあるため、子猫のころからのノミ対策は重要です。, さらに、ノミの卵や幼虫にも効果があることで、ノミがライフサイクルのどの状態にいても駆除することができる駆虫薬です。, フロントラインスプレーは、猫の体表面に噴霧することで、ノミやマダニを駆除するスプレー式の駆虫薬となっています。, 特にフロントラインのピペットタイプと違うところは、猫の体の広範囲に即効的に効果があるということです。, また、スポットタイプと違い、スプレーで周りに薬剤が飛び散る可能性があるので、屋外で使用することとなっています。, フロントラインスプレータイプは、フロントラインスポットオンと同じ有効成分を含んでいますが、即効性と持続性がより優れています。, 使用前後2日間は、水浴やシャンプーは避ける必要がありますが、その後は体が水に濡れても効果が持続します。, フロントラインスプレータイプは、外に出ることがある猫に投与するのに適していると言えるでしょう。, フロントラインは、基本的にはホームセンターやペットショップ、スーパーマーケットなどでは取り扱っておらず、動物病院だけで処方される動物用医薬品の駆虫薬です。, ホームセンターやペットショップでも売っている猫の体に滴下するタイプの薬は、値段が安いものもありますが、それらは動物用医薬部外品であるため、効果や持続力が弱いものがあります。, フロントラインはノミの駆除率がほぼ100%で、さらに持続力も約1ヶ月と長く、マダニへの効果も3週間続くため、より効果的な駆虫薬となっています。, フロントラインは動物病院で処方してもらうことになりますが、現在はインターネットでも購入することができます。, ベーリンガーインゲルハイムアニマルヘルスジャパン株式会社がアマゾンで販売しているものを参考に、フロントラインの値段をご紹介します。, 動物病院では、スポットタイプの値段は1本1,000円前後で販売されることが多いようですが、病院によって値段が異なることもあります。, インターネットで購入する際には、必ず動物用医薬品店舗販売業許可証の許可番号の掲示などを行っている業者を選ぶ様心がけましょう。, スポットオンタイプは猫の肩甲骨と首の間あたりに滴下して使う駆虫薬ですが、液が垂れたり、猫の舌が届く場所に滴下したりすると、舐めてしまう可能性があります。 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロードしてください。, 本剤投与後、完全に乾くまで(通常4時間程度)は投与部位に直接触れないこと。また、投与したことを知らない人も触れないように注意すること。特に、小児がいる多頭飼いの家庭で複数の猫に同時に本剤を投与する場合は、投与した猫と小児との接触を避けること。, 内容液が皮膚に付着した場合は、まれに一過性の皮膚反応が起こることがあるので、使用後は石けんで、手をよく洗うこと。, もし、誤って目に入った場合は直ちに流水中で洗い流すこと。刺激が続くような場合は、眼科医の診察を受けること。, 衰弱、高齢、妊娠中、授乳中の猫あるいは薬物治療を受けている猫に対して使用する場合には獣医師に相談すること。, 本剤の安全性試験は4週間以内の投与間隔で実施していないことから、本剤の最短投与期間は4週間とすること。, 本剤は1回投与すると通常約1ヵ月間新規のノミ及びマダニ寄生を防御することができるので、次回の投与はそれを考慮して行うこと。, もし、動物が舐めた場合、溶媒の性状のため一過性の流涎、アルコール様中毒症状(嘔吐、食欲不振、元気消失)が観察されることがある。そのため、滴下部位を他の動物が舐めないように注意すること。, まれに、他の外用殺虫剤と同様に本剤の使用後、個体差による一過性の過敏症(投与部位の刺激によるそう痒、発赤等の皮膚炎、脱毛)が起こることがある。もし、症状が持続または悪化する場合は、直ちに獣医師に相談すること。, 使用済みの容器等を廃棄する際には、環境や水系を汚染しないように注意し地方公共団体条例等に従い処分すること。. 猫や犬といったペットに使う駆虫薬で良く知られているものに、フロントラインがあります。フロントラインは、獣医さんだけでなく、飼い主さんが自分で猫に使える駆虫薬です。フロントラインではノミを駆除できますが、どのような使い方で、具体的にはどのような効果があるのでしょうか?また、フロントラインを手に入れるにはどうしたら良いのでしょうか。 翌朝フロントラインプラスを不安だったのでつけました。 説明書きにを見ながら、投与したら、謝ってフロントラインプラスの液がかなり横にズレてしましました。 猫が舐めることが可能な場所に液をある程度たらしてしました。 山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。, フロントラインは、犬猫用のノミダ二駆除薬です。猫にフロントラインは効くのか?についてですが、フロントラインは、正しい使い方をすればその効果をしっかり得る事が出来ます。, フロントラインは、動物医薬品であり、ペットショップやホームセンターで購入する事は出来ません。最近では、通販で購入する事もできるようですが、効果や安全性を考えると、できるだけ動物病院で処方してもらうべきと言えます。, と言うのも、フロントラインの公式ホームページでも注意を呼び掛けているように「フロントライン 激安」等と謳った、フロントラインの類似品が販売されている事があるようなのです。, 実際に「ネット通販でフロントラインを購入したが、効き目がない。安かったので、偽物かもしれない。」と不安になる方も多いようです。, もちろん、きちんと許可を得て正規品を販売しているネットショップもあるようですが、効き目はもちろん、安全性を考慮すると、動物病院で処方してもらうのが安心ですね。, ただ、動物病院で処方してもらった場合であっても、猫の体質や生活環境、ノミダ二が大量に寄生してしまっている場合等によって、効き目に多少の差があるようです。, フロントラインは、実際に多くの獣医師に支持され、信頼されているノミダ二駆除薬です。しかし、人間の薬と同じで全ての猫に100%同じ効果が得られるという保証はありません。, 猫用のフロントラインにもいくつか種類があります。種類別の効果や、使い方についてご紹介します。, フロントライン スポットオンは、ピペットに入った薬剤を猫の首筋に滴下するだけで、有効成分であるフィプロニルが、皮膚表面の皮脂の層に広がり、ノミやマダニを駆除する事ができる駆除薬です。, 猫の肩甲骨辺りの毛をかき分け、皮膚の上に垂らすだけなのでお家でも簡単に投与する事ができます。, 滴下後、24時間以内に寄生するノミ、48時間以内に寄生するマダニをほぼ100%駆除できるとされており、効果は1ヶ月持続します。妊娠中、授乳中の母猫や、生後12週齢からの子猫にも使用できます。, フロントラインは、シャンプーによる影響は少ないとされていますが、念のため滴下前後2日間は、シャンプーをしないようにとの記載がありますので注意しましょう。野良猫を保護した場合等で、なるべく早くシャンプーしてあげたい場合は、獣医師に相談して下さい。, スプレータイプのフロントラインです。使用方法は、猫の毛の根元に向けて噴霧するだけなので、そう難しくはありません。有効成分に関しても、上記のフロントライン スポットオンと同じですが、即効性と持続性に長けているとされています。, ただ、フロントラインスプレーの使用方法として屋外で使用する事と記載されているので、完全室内飼いの猫ちゃんの場合には不向きかもしれません。, また、フロントラインスプレーを噴霧後、自然に乾燥するまで火気に近づけてはいけない事や、全身(首・脚・しっぽ・お腹等)にフロントラインスプレーを振りかけなければいけないので、嫌がる猫ちゃんも多いでしょう。, 完全室内飼いの場合は、スポットオンタイプを選び、野良猫や、自由に出入りしている猫ちゃんに、大量のノミが寄生してしまった場合等にスプレータイプを使用するといいかもしれません。, また、フロントラインスプレーは生後2日齢の猫にも使用できるとされています。生まれたばかりの子猫を保護した際は、フロントラインスプレーを使用しましょう。ただ、念のため獣医師に相談して下さい。, フロントライン スポットオン(以下、フロントライン)と同じ、ピペットに入った薬剤を猫の首筋に垂らすだけで簡単に滴下する事ができます。, フロントラインとの違いは、その効果です。フロントラインプラスには、フロントラインに含まれる有効成分フィプロニルに加え、有効成分(S)-メトプレンが追加されています。, この有効成分(S)-メトプレンは、ノミやマダニの成虫を駆除する事はもちろん、ハジラミの駆除、ノミの卵の孵化や幼虫の発育を阻止し、その効果は1ヶ月以上持続します。, また、妊娠中や授乳中の母猫、生後8週齢からの子猫にも安心して使用する事ができ、シャンプーに関しては投与後48時間、投与前は毛や皮膚が乾いていればすぐにでも滴下する事が可能とされています。, つまり、フロントラインプラスは、フロントラインの効果に卵や幼虫、ハジラミへの効果を追加したノミマダニ駆除薬という事になります。, フロントラインと、フロントラインプラスに関しては、やはり卵や幼虫も駆除できるという点から、フロントラインプラスを選ぶと安心かもしれません。, フロントラインスプレーは、ノミが大量寄生してしまった場合等に使用するのがいいですね。愛猫の状態に合わせて、使用するフロントライン選びましょう!, 毎月のように愛猫を動物病院へ連れて行くのは、とても大変ですよね。動物病院へノミダニ駆除薬だけを購入しに行き、自宅で投与する方が多いのではないでしょうか。, この時、心配なのが滴下した薬剤を猫が舐めてしまう事ですよね。フロントラインシリーズに含まれる有効成分フィプロニルは、猫や犬、人間などの脊椎動物には安全性の高い薬剤である事から、少し舐めてしまった程度であれば問題ないとされています。, また、猫の体質によって滴下した部分の毛が抜けたり、嘔吐下痢などの症状が出たりする場合もあるようですので、念の為しっかりと様子を見ましょう。, 特に、多頭飼いの場合は、お互いをグルーミングする事で多量に薬剤を舐めてしまう可能性があります。フロントラインシリーズを滴下した後は、薬剤が乾くまで目を離さず見守りましょう。, スプレータイプのフロントラインも、上記のスポットタイプと成分は同じです。ただ、スプレーの基材成分の刺激によって、よだれが垂れる等の症状が多いようです。, 猫は体が濡れるとグルーミングする習性がある為、薬剤が完全に乾くまで体を舐めさせないのは難しいですよね。, フロントラインスプレーを使用した後は、スポットタイプと同様に完全に乾くまでしっかりと様子を見守り、できれば体を舐めさせないようエリザベスカラー等を使用してもいいですね。, また、フロントラインスプレーを使用する際は、猫の目や傷口に薬剤が入らないよう十分に注意して下さい。, 猫にフロントラインは効くのか、についてご紹介しました。人間の薬もそうですが、100%効果が保証されている薬はありません。, 猫の体質や状態によって、多少の差があるのは仕方ないですね。ただ、多くの動物病院で取り扱われている事を考えると、数あるノミダ二駆除薬の中でも効果が高く、安全性に優れていると言えるのではないでしょうか。, また、フロントラインは動物医薬品ですから、なるべく獣医師の指示の下で使用するようにしましょう。, あなたの体験談やハウツー・解決方法など、他の飼い主さんやその愛猫の為にもなる情報をみんなで書き込んで、猫と人の共同生活をより豊かにしていきましょう。, この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。, 猫のために、猫の気持ちを知り、猫と共に暮らす。ねこちゃんホンポは、あなたと愛猫の共同生活に色付けをする猫専門の情報サイトです。, スポットオンタイプとスプレータイプがあり、それぞれ薬剤を舐めないようにしたり、目や傷口に入らないように注意する, 里親募集でお迎えした、2歳の茶トラのお嬢さんと、愛犬と暮らしています。私自身、まだまだ勉強不足な部分もありますが、愛猫たちが幸せに、健康に暮らす為の情報を、愛猫家の皆様と共有できればと思っています。…. 猫にフロントラインは効く?完全室内飼いであっても、│ねこちゃんホンポは、あなたと猫の暮らしを応援する猫専門の情報サイトです。猫にまつわる様々なコンテンツを掲載しています。ぜひ愛猫との生活にお役立てください ・【獣医師監修】ノミ・マダニの駆虫薬「マイフリーガードα猫用」の効果や投与方法、値段は?, ・【獣医師監修】猫のノミの駆除方法は?かゆい!痛い!ネコノミの取り方・駆虫薬の種類について, ・マダニ取り器具「ティックツイスター」の使い方・購入方法は?【Tick Twister】, 【今春発売】ニオイをとる砂ブランドから新登場「獣医師開発猫トイレ」のモニター大募…, 【猫の吐き戻しにお悩みの方へ】新時代のフード「All Well」モニター20名募…. https://pets-kojima.com/hospital/, ひろった猫たち、トータル5匹と暮らしています。猫の写真を撮り、猫のイラストを描くのが好きです。. 猫のノミやマダニの退治や駆除をする方法として、フロントライン(フロントラインプラス)という薬を使用する方法があります。フロントラインプラスの効果や特徴や使い方について説明します。また気になる副作用や値段についても調べました。 猫用フロントラインについて、購入方法や値段、手に入れた後の使い方や効果についてご紹介します。, 猫のノミやマダニを駆除することは、かゆみや痛みといった直接の被害を取り除くほか、ノミやマダニによる病気の媒介を防ぎます。, フロントラインは、ベーリンガーインゲルハイムという、ドイツの研究開発主導型の動物用医薬品メーカーが製造しています。 猫や犬といったペットに使う駆虫薬で良く知られているものに、フロントラインがあります。フロントラインは、獣医さんだけでなく、飼い主さんが自分で猫に使える駆虫薬です。フロントラインではノミを駆除できますが、どのような使い方で、具体的にはどのような効果があるのでしょうか? 猫に対する使用上の注意。フロントライン スポットオン製品情報。犬猫のノミ・マダニ駆除薬フロントライン プラスの公式サイト。製品情報の他、犬や猫と楽しく暮らすためのマナーやお役立ち情報を掲載 …

ディズニー 英語 買取 口コミ, キッシュ パイ生地 あり, ルクア ジルスチュアート 化粧品日立 ドラム式洗濯機 糸くずフィルター 掃除, アレルギー 増えた 大人, Access Vba フォームを閉じる, ミルクフェド 人気 理由, Android マクロ 画像認識, 人参 しめじ レシピ, スプレッドシート 印刷 フォントが変わる, シム ウンギョン イモトアヤコ,