仮面 ライダー 映画 mp4 10

「仮面ライダー電王」10年ぶり新作は「プリティ電王とうじょう!」“平成元年”を舞台にイカデビル現る!? ●仮面ライダーゴースト スペシャルショー ■2016.10.16 番組キャストトークショー, ※ボーナスディスクの番組キャストトークショーは10/15、10/16に行われた公演を編集して収録しています。 !本日正午よりチケット最速先行受付がスタート!詳しくはイベント公式HPにて!https://www.tv-asahi.co.jp/saber/eiyusai2021/, 荒廃した世界!サウザンドジャッカーを構えたエデン!その時、ゼロワンは!?さらに!『劇場版 仮面ライダーセイバー』も同時上映で公開が決定!!禁断の書、そして不死身の剣士とは?ご期待ください!, TTFC限定配信で大好評を博した「仮面ライダーゼロワン ショートアニメ EVERYONE’S DAIRY LIFE」に続き、「仮面ライダーセイバー」でもショートアニメの制作が決定!その名も『別冊仮面ライダーセイバー短編活動萬画集』第1集「ダンス本番、その前に。」話題のエンディングダンスに臨む飛羽真、倫太郎、芽依。その舞台裏が明らかに!?11月8日発売の「劇場版仮面ライダーゼロワン/劇場版仮面ライダーセイバー」の前売券を購入すると「仮面ライダーゼロワン ショートアニメ EVERYONE’S DAIRY LIFE」の最新話と共に公式動画配信サービス「MIRAIL」(ミレール)にて、東映特撮ファンクラブでの配信に先駆けて、視聴可能!一方の「仮面ライダーゼロワン ショートアニメ EVERYONE’S DAILY LIFE」最新話は今まで登場した全キャラクターが再集結!?本編では描かれないカレらの日常が堂々のフィナーレを迎える! dstd03899/3,700円 /color/本編84分/片面1層/ 1.主音声:ドルビー5.1ch/日本語字幕/16:9 lb 通常版, DSTD03899/3,700円addTax(3700);/COLOR/本編84分/片面1層/ 1.主音声:ドルビー5.1ch/日本語字幕/16:9 LB, BSTD03899/4,700円addTax(4700);/COLOR/本編84分/本編(blu-ray:1層+DVD:片面1層)/blu-ray:リニアPCM(5.1ch)+DVD:1.主音声:ドルビー5.1ch/日本語字幕/blu-ray 16:9【1080p Hi-Def】+DVD 16:9 LB, DSTD03874/2,800円addTax(2800);/COLOR/本編35分/片面1層/1.主音声:ステレオ/16:9 LB, DSTD03875/2,800円addTax(2800);/COLOR/本編33分/片面1層/1.主音声:ステレオ/16:9 LB, 超英雄祭 KAMENRIDER×SUPER SENTAI LIVE & SHOW 特集, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー コレクターズパック, 仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー[ブルーレイ+DVD], 各ページに掲載されている画像を著作権法の定める範囲を超えて無断で複製、転載、ファイル化することを禁じます。. ファミ通.com エンターテイメント/主役は戦闘員!? 2008年 第9作 – 仮面ライダーキバ. !ライダーキック」「ライダーアクション」「ロンリー仮面ライダー」「かえってくるライダー」の4曲が収録されたEPレコード「たたかえ!仮面ライダー」も発売された。この種の楽曲集は以後の特撮ヒーロー番組でも発売される定番アイテムとなった[148]。, 「ヒットソング集」では伊上ら脚本家陣が挿入歌の作詞を手掛けたが、いずれも多忙なためその後はプロデューサー陣が変名で作詞を担当した[150]。当時の日本コロムビア学芸部長であった木村英俊は、収入を現場に還元する意図もあったと述べている[148]。, 藤浩一は「ヒットソング集」の発売時にはすでに「子門真人」と名乗っており、挿入歌は子門名義で録音したため、同一アルバムに2つの異なる名義で参加することになった。なお、「ヒットソング集」には藤岡弘版「レッツゴー! ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス ■POSTER GALLERY, ※スペシャルパッケージは限定生産品です。在庫がなくなり次第通常の仕様での販売となります。, 仮面ライダー×仮面ライダー !」と掛け声を叫ぶ変身ポーズは、1号編のころから監督の山田稔より抽象的な変身描写に変わるダイナミックなものとして要望されていたものだが、当時の佐々木が自動二輪の免許を持っていなかったことから、藤岡のように「バイクで加速しながら変身」が不能となったための苦肉の策という面もあった[49][注釈 17]。しかし、この変身ポーズは子供たちの間で大流行となり、「変身ブーム」と呼ばれる社会現象を巻き起こした。このような変身時のアクションは、のちの仮面ライダーシリーズや他の変身ヒーロー・ヒロインものでも重要なシーンとして受け継がれた。, そのほか、地方ロケによる舞台の拡充や大幹部の投入によるショッカー側の強化などが行われ、番組の人気も上昇していった[42]。毎日放送が担当する関西地区でも視聴率は20%台を維持し、第3クール以降の継続はスムーズに決定した[51]。, なお、第14話から第26話までは、「ストーリーのスケールの拡大化」と「怪人のイメージの定着化」という制作スタッフの意図から、前後編の2話で構成されるストーリーが多く見られた[52]。, 7月に退院して3か月間リハビリに励んでいた藤岡が、自ら庄野に復帰を申し出てきた[53]。これがきっかけで藤岡の復帰が決定したが、佐々木を代役に据えたことで予想以上の大人気を博していたため、第4クールでは「1号ライダー」がゲスト出演する「ダブルライダー編」がイベント的に挿入された。, 藤岡の復帰を祝い、復帰作である第40話・第41話は、正月のビッグイベントとして九州の桜島・えびの高原でのロケとなった[注釈 18][注釈 19]。撮影は藤岡の回復を待って9月から一文字単独回が先に行われ、11月から年末にかけてダブルライダー編と劇場版の撮影が行われた[54]。第41話は最高視聴率30.1%を獲得するなど、ダブルライダー編により第4クールは好評を博し[42][55]、毎日放送と東映はこのままダブルライダーの定着を考えていたが、このオファーに対して佐々木は「藤岡君がカムバックするまでという約束で引き受けたのだから、当然、藤岡君に返すべきだ。自分がいたままでは彼が付録のようになってしまう」と頑なに固辞した結果、第5クールから再び藤岡の単独主演で番組を継続することになった[56][57]。2号編最後の撮影となった第46話での草津ロケは、佐々木やスタッフに対する慰労も兼ねたものであった[58]。, そして、藤岡の傷が完治した後の第52話で「一文字が南米のショッカー勢力を追って旅立った」という設定のもと、本郷が変身する新1号ライダーが第53話で主役に復帰した。この際に外観を一新し、「ライダー、変身!」と名乗る新しい変身ポーズが追加された[注釈 20]。また、旧1号編の本郷が常にダブルのブレザー姿の「科学者然」としたスタイルだったのに対し、復帰した本郷は一文字のような明るさや男性的な野性味を増し、デザインジャケットの上下や革ジャンにジーンズなど、ファッションも多彩になった[59](その多くは藤岡の私物だった)。それに加え、事故前はバイクヘルメットの着用義務がなかったために本郷はノーヘルスタイルだったが、1972年に道路交通法が改正されて「時速40kmを越える道路」での着用が義務化されたため[注釈 21]、復帰後にはヘルメットを常用するようになった。, 変身ブームの真っ只中となった『新1号編』では、人気を維持すべくさまざまな強化策が検討された[60][61]。視聴率が低下気味となる夏場には新サイクロン号の登場を皮切りに、六甲ロケ編、紀伊ロケ編での仮面ライダー2号の再登場などのイベント編が盛り込まれ[62]、番組後半では掲載雑誌『テレビマガジン』と連動した少年仮面ライダー隊の結成、ショッカーに代わり敵対する新組織ゲルショッカーの出現、仮面ライダー3号の誕生という3つの強化策が掲げられた[60][63]。このうち仮面ライダー3号は本作品内では登場せず、次作『仮面ライダーV3』へと発展していった[64][65]。, 競合番組の多い4月の改編期より前に新ヒーローを登場させて視聴者の支持を獲得したいという毎日放送の戦略により、改編期とは関係のない2月半ばに『V3』へ移行することとなった[21]。, 社会現象「変身ブーム」の発生源として、マスコミの注目を浴びる番組となった。2020年現在においても、全仮面ライダーシリーズで最長の期間にわたって放送された作品でもある。, 第1話の放送の関東での視聴率は8.1%だったが、関西では20.8%を記録[35]。事故による主役俳優の交代を機に行われた種々の強化策によって、着実に視聴率を伸ばしていった。9月末ごろには平均して関東でも15%、関西では20%の視聴率を超えるようになった。全98話の平均視聴率は関東が21.2%、関西が25.9%[注釈 22]、最高視聴率は関東が30.1%(1972年1月8日放送)、関西が35.5%(1973年2月10日放送。ビデオリサーチ調べによる)。, 子供への影響力は大きく、ライダーになり切る遊びが子供たちの間で流行した。1972年9月17日には、熊本県の幼稚園児が3階建てのビルの屋上からライダージャンプと称して飛び降り、重体のちに死亡する事故も発生した[66][67]。, 「仮面ライダースナック」(カルビー製菓)の付録である「仮面ライダーカード」、「ドレミサイクロン」(ブリヂストン自転車)、「仮面ライダー変身ベルト」(タカトクトイス、ポピー / 現バンダイ・ボーイズトイ事業部)といったキャラクター商品も大ヒットし、その商品化権料は12億円に達した。それ以前のヒットキャラクターである『鉄腕アトム』、『オバケのQ太郎』、『ウルトラマン』などの商品化権料を凌駕し、当時の過去最高のキャラクターになった。カード欲しさに買った菓子本体を捨てる事象は社会問題となった[68][69][注釈 23]が、仮面ライダースナックは後年に復刻版として再発売されている。, 講談社では、本作品を特集した幼児向け雑誌『たのしい幼稚園』が販売部数を上げたことから、『仮面ライダー』を中心とした児童向けテレビ雑誌『テレビマガジン』を創刊した[70]。その後、秋田書店の『冒険王』や黒崎出版の『テレビランド』など追随する競合誌も現れ、一大ジャンルを築いていった[70]。, 子供向け商品以外にも、JALの海外旅行ツアーやトヨタ自動車の新型車発表会など、ファミリー層向けの販売戦略にも『仮面ライダー』が起用された[71]。, 当時の東映テレビ部は、斜陽産業となった映画から流れてきたスタッフで溢れており、予算管理もルーズで赤字を出し続けていたが、本作を契機にキャラクタービジネスを確立することに成功した[72]。, 仮面ライダーは、のちの東映特撮ヒーローの基本となった。一方、平成仮面ライダーシリーズを手掛けた白倉伸一郎は「『仮面ライダー』という従来の作品のやり方だと、たとえ正義のためにおこなっても『虐め』になっていく危険性があるため悪を倒すこと(を描くこと)はできない」と評している[73]。, 企画書『十字仮面』の段階では『柔道一直線』などに出演していた近藤正臣が配役されていたが、最終的には東映制作のテレビドラマ『ゴールドアイ』に出演していた藤岡弘が起用された[11]。, ルリ子役の真樹千恵子、藤兵衛役の小林昭二、大野剣友会の起用は平山によるものである。平山によると『ウルトラマン』から『キャプテンウルトラ』へのTBSの番組引き継ぎ催事で、ムラマツキャップ役の小林と知り合い、若い俳優たちに対する配慮やその人格に惚れ込んで、今回の起用となったという[26][11]。真樹は、出演したエメロンシャンプー(ライオン)のCMを平山が観て清楚なイメージに惚れ込み、起用された[74][75]。ひろみ役の島田陽子は、『十字仮面』の企画書で緑川ルリ子役として名前は上がっていたが[11]、藤岡と同じ事務所に所属していたことから、藤岡のマネージャーから「一緒に使ってくれ」と言われて起用したが、ルリ子役に真樹が決定していたこともあり、プロデューサーの阿部は、島田をルリ子の友達役として出演させた[74][76]。, 滝役の千葉治郎は阿部と内田で決めたという。千葉を仮面ライダー2号として出演させる案も存在したが、兄の千葉真一が難色を示し、実現には至らなかった[77]。千葉兄弟と内田は、内田が興行部に在籍していたときから親交があり、治郎は本作品の出演に際し「内田さんのためならば」とこれを快諾したという[78]。千葉治郎は『マスクマンK』の時点でも主演候補に挙がっていた[79]。, そのほか、ショッカー幹部や[要出典]「ライダーガールズ」の面々の起用は、すべて阿部による[74]。このうち山本リンダは既に歌手として活動しており知名度もあったが[注釈 24]、所属事務所を移籍するために歌の仕事を控えていたためオファーが快諾されたという[74]。山本以降、高見エミリー・ミミーらハーフやクォーターの女性が必ず起用されているが、阿部は「特に意識はしておらず、キャストのバランスから自然とそうなったのかもしれない」としている[74]。五郎役の三浦康晴は、ゲストの林寛子と併せ、阿部が懇意だった養成所からの起用[80]。, ショッカー側の怪人の声がテアトル・エコー所属俳優に統一されていたのは、阿部が以前担当した映画『ガンマー第3号 宇宙大作戦』からの繋がりだった[81]。所属声優の1人である沢りつおは、普通の俳優では怪人役を引き受けないため、喜劇専門のテアトル・エコーに声がかかったと述べている[82]。声優のローテーションは、録音担当の太田克己とテアトル・エコーマネージャーの田寺尚和が協議して決定していた[78]。, アクションは『柔道一直線』からの流れで大野剣友会が担当した[11][83]。殺陣師は同作品に引き続き高橋一俊が務めたが、後半は負傷した高橋の代役を経て岡田勝が担当した[83]。第1話は『柔道一直線』の撮影が残っていた高橋に代わり、大野剣友会主宰の大野幸太郎が殺陣をつけた[83]。第19話・第23話の北海道ロケは高橋一俊がロケに参加できなかったため、飯塚実が殺陣を担当した[84]。, 仮面ライダーのスーツアクターは、当初は専門的なアクションを除き藤岡弘自身が務めていたが、藤岡の負傷降板後は岡田勝が主に担当した[85][83]。続く2号編では岡田と中村文弥が中心となって2号を演じた[85][83]。新1号編では、中屋敷鉄也が新1号を演じたが、中屋敷が『超人バロム・1』へ異動した後は大杉雄太郎が起用された[85][83]。その後、大杉の移籍により終盤は再び中屋敷が1号を演じた[85]。, バイクスタントはカースタントチームの室町レーシングが担当した[86]。当初は同チーム代表の室町健三が仮面ライダーのスタントを務める予定であったが、オープニング映像のみ参加した後、多忙のため大橋春雄に交代した[86]。大橋は1年目終了まで担当したが、2年目はメインスタントマンが明らかになっておらず、室町レーシングのスタッフが交替で担当していたとされる[86]。バイクの運転に長けていたことからメイクの小山英夫が手伝うこともあった[86]。, 監督・助監督は『柔道一直線』から多く参加し、撮影・照明は大映出身者が担当したが、当初は東映と大映の撮影方法の違いから衝突が多かった[30]。東映では殺陣を移動しながら撮影したり、カット割りが多いなどの特徴があったが、大映ではカメラを固定しながらの撮影や時間をかけて長い1カットを撮影することを得意としており、大映で撮影監督を務めていた山本修右はカメラを動かす指示に憤慨したという[30][87][31]。また東映では照明は画面に映るものすべてを照らし、暗いシーンでもスターの表情をはっきり見せるという方向性であったが、大映出身の太田耕治は大映では雰囲気優先であったことや照明を用意する予算が不足していたことなどから人物だけに照明を当てるという方法をとった[30][87][88]。夜間シーンも太田の意向により「ツブシ」と呼ばれるブルーのフィルターを用いて昼間に撮影する手法は可能な限り用いず、夜間に撮影を行っている[88]。こうした太田の照明は結果的に怪奇性を醸し出すことに成功するなど、従来の東映作品とは異なる雰囲気の作風となり、本作品の人気に繋がる要因になったとされる[30][87][89]。, パイロット版である第1話と第3話は当時『キイハンター』を担当していた竹本弘一が監督を務めた[90]。生田スタジオ所長の内田有作は、当時ヒットしていた『キイハンター』で活躍していた竹本を起用することで、毎日放送へ東映の本気度をアピールする意図もあったと述べている[90]。, 『柔道一直線』から参加した折田至は、番組開始前には内田有作とともにスタジオ探しも行っていた[78]。折田はオープニング・エンディングの演出をほぼすべて手がけたが、これは外部の他の監督ではギャランティが別に発生するため、番組開始当初は唯一の東映社員監督であった折田が選ばれたためであった[78]。また唯一の東映社員監督であったため、番組序盤では大映出身者らとは特に折り合わず苦労したという[78]。, 第3クールから参加した田口勝彦は、番組初期から東映生田スタジオ所長の内田有作に呼びかけられていたが、宣弘社制作の『ガッツジュン』(TBS系)へ参加していたため、当初は山崎久名義で脚本を担当した[89]。, 同じく第3クールから参加した内田一作は内田有作の実兄であり、有作からの誘いにより日活を退社して本作品へ参加した[78]。, 監督がほぼローテーションであったのに対し、脚本家は30人近い人数が参加した[91]。特に第4クールでは、マンネリ防止のため新しい脚本家が積極的に登用された[78]。, メインライターの伊上勝は、『仮面の忍者 赤影』や『ジャイアントロボ』など平山亨のプロデュース作品でメインライターを歴任しており、本作品でも企画段階から参加していた[92]。伊上は重要話数を中心に全体の1/3以上を担当したが、後半では『超人バロム・1』や『変身忍者 嵐』なども兼任していたため多忙になり、多数の脚本家が参加する要因になった[91][92][注釈 25]。プロデューサーの阿部征司は多忙になるにつれ執筆も遅れるようになったと証言している[92]。本作品では、人物や事象の説明にそれまでの伊上の作品よりもリアリティを感じさせる形容を用いるようになった[92]。これについてライターの赤星政尚は、『妖術武芸帳』の失敗と石ノ森章太郎の存在が影響したものと考察している[92]。, 島田真之は参加した時点では経験が浅く、初担当した第4話は当初は島田が執筆したが、阿部が使い物にならないと判断し、師匠に当たる市川に執筆を指示した[93]。, 女性脚本家の滝沢真理は、初担当した第8話を筆頭に蜂女などの女性怪人や女性が被害者となる回を担当することが多かった[94]。, 第4クール後半から参加した石森史郎は、息子からせがまれたため、大学時代の同期であった田口勝彦に懇願し本作品に参加した[78]。同時期には同様の理由で『ウルトラマンA』でも執筆している。, 第70話の脚本を担当した桶谷五郎は、後にテレビ朝日ドラマ部部長を務める関口恭司の変名である[95][78]。当時、別名で小説家としても活動していた関口は、大学時代の阿部に売り込みをかけて本作品に参加したが、執筆は1本のみに留まった[78]。, 平山は、脚本の方向性についてあえてヒーロードラマのセオリーは外し、『ウルトラマン』のように最後だけヒーローが登場するのではなく、スポ根ものの第1ラウンド・第2ラウンドなどのように早い段階でも仮面ライダーが登場することを意識したと述べている[10]。, 本作品の脚本で完全なNGになった作品はほとんどない[91][21]。阿部は、NGになった場合でも脚本家への執筆料は支払わなければならないため、毎日放送側から面白くないと言われた脚本でも良い所を伸ばせば成立するとして、ほとんど採用していたことを証言している[91][21]。, 美術・造形は、造形会社「エキスプロダクション」が全面担当した[35][34]。東映生田スタジオ所長の内田有作が映像美術の重鎮である大映の間野重雄に同社を紹介され、代表取締役の八木正夫は海外作品の仕事が一段落した時期であったことからこの仕事を引き受けた[34]。, 準備段階ではエキスプロ役員であった三上陸男を中心に、同社造形チーフの藤崎幸雄と大映の矢野友久らが参加し、三上がサイクロン号のデザインやショッカーアジトのセットと怪人の造形など、藤崎が仮面ライダーの造形、矢野がスナックアミーゴのセットをそれぞれ担当した[34]。立ち上げ作業を終えると三上は『魔神ガロン』への参加などのために現場を離れ、旧知の高橋章に後を託した[34]。高橋は助手として八木功を呼び、以後の美術を担当した[34]。, 高橋らが東映生田スタジオに常駐し、セットのデザインや衣装の補修も合わせ、すべてをこなしている。怪人のデザインは初期の蜘蛛男・蝙蝠男・さそり男は石森章太郎によるデザインが用意されたが、さそり男は三上により造形用デザインに直され、第4話のサラセニアン以降のデザインは高橋による[96]。三上が造形を手掛けた初期3体は型抜きで作られたが、映画と同様のこの手法では時間がかかるため、以降はタイツに直付けする方法に変更された[34]。, 後に平山によると、MBS側から東映に支払われる制作費は1話につき400万円で[97]、美術予算が足りず、苦肉の策として機械パネルのイメージを予定していたショッカーのアジト内は、エキスプロの高橋章が描くおどろおどろしい模様を描いたものとなった[要出典]。同プロの三上陸男は、「おかげで生物感のある不気味なものになった」とコメントしている[26]。, 第1話 - 第79話に登場した、世界征服を企む謎の国際的秘密組織。メンバーは知力体力に優れた人間に改造手術を施し洗脳した怪人を中心に構成されており、その怪人たちを正体不明の首領が操って様々な犯罪や破壊工作を行っている。, 第80話 - 第98話に登場した、世界征服を企む謎の国際的秘密組織。暗黒組織・ゲルダム団と自身の組織ショッカーを合併・再編成した新組織。, ショッカーによって改造された戦闘用改造人間。2人とも脳改造を免れてショッカーのアジトから脱出し、人間の自由を守るためにショッカーと戦った。, 第40話以降、2人の仮面ライダーが共演するエピソードでは、本郷の変身するライダーを仮面ライダー1号、一文字の変身するライダーを仮面ライダー2号と区別して呼ばれるようになった[注釈 32]が、本作品の劇中での呼称とクレジットは仮面ライダーで統一されている。なお、2人の仮面ライダーは互いを「本郷」「一文字」と本名で呼び合っていた。, 基本スペックは両者とも同一であるが、1号は多彩な必殺技、2号は高い格闘能力と破壊力をそれぞれ持つことから、雑誌展開などでは「技の1号・力の2号」と称された[注釈 33]。, ライダーの特徴として、その名の通り高性能の専用オートバイを使用することが挙げられる。, ※参考文献:『宇宙船別冊・仮面ライダー怪人大画報2016』(ホビージャパン・2016年)、『仮面ライダー 昭和 (vol.1&vol.2)』(講談社・2016年), 死神カメレオン .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}決斗(けっとう)!万博跡, 1973年2月15日に東京プリンスホテルにて、100話記念と3号ライダーとなる仮面ライダーV3誕生を祝した『仮面ライダー放送100回記念パーティー』が毎日放送の主催で開催され、スタッフ間で『われらの仮面ライダー』が上映された[133]。内容は中江真司のナレーションによる総集編だが、配役紹介や視聴率紹介がなされ、スタッフ向けになっている[133]。後年、東映ビデオから『仮面ライダースペシャル2』として発売され(『ZX』とのカップリング)、初めて視聴者の元に提供された[133]。ただし、『仮面ライダースペシャル』のDVD化の際、同作品は未収録となっている。, アイキャッチ間には「V3の変身ベルト(ダブルタイフーン)」のCMと「マジンガーZのジャンボマシンダー」のCMが挿入されているが、ジャンボマシンダーのCMは映像ソフトで加えられたものである[133]。, 本作品の歌曲ならびに劇伴は全て菊池俊輔が作曲・編曲した。BGMの録音は6回にわたって行われた。第5回録音分はその多くが挿入歌のカラオケへのメロ被せである。第6回録音分は2020年現在音源の所在が1曲しか確認されておらず、詳細不明。BGMには『キイハンター』からの流用曲もあるほか、第1話における本郷の変身シーンに使われた曲のように出典不明の流用曲も存在する。菊池は本作品から『仮面ライダースーパー1』まで、シリーズの全ての音楽を1人で作曲し、ほとんどの編曲も自分で行った。, なお、本作品のために作られた楽曲のうち音源の現存が確認されているものは、2002年にコロムビアミュージックエンタテインメントから発売された『仮面ライダー ETERNAL EDITION File No.1,2,3』に全曲収録された[注釈 61][注釈 62]。, 本作品の大ヒットとともに、藤浩一(のちの子門真人)が歌うオープニング曲「レッツゴー!

ねこrpgxp プレイヤー エラー 23, 探偵ナイトスクープ 松本 つまらない 5, 好きな人 好きでいてくれる人 結婚 7, ナッシュ コンボ シーズン5 4, 模倣犯 ラスト 赤ちゃん 4, ポケモンgo 技マシンノーマル おすすめ 22,