乱 映画 狂阿弥 6

It was an utter delight. google_ad_width = 336; シェイクスピアの「リア王」と毛利元就の“三本の矢”をベースに、戦国時代の武将の親子・兄弟の愛憎を描く日仏合作映画。監督・脚本は「影武者」の黒澤明で、小国英雄と井手雅人が協力している。撮影も「影武者」の斎藤孝雄と上田正治がそれぞれ担当。2017年4月1日より4Kデジタル修復版が順次公開(配給:KADOKAWA)。, 過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将一文字秀虎は七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲る決心をした。「一本の矢は折れるが、三本束ねると折れぬ」と秀虎は、長男太郎は家督と一の城を、次郎は二の城を、三郎は三の城をそれぞれ守り協力し合うように命じ、自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。隣国の領主藤巻と綾部もこれには驚いた。しかし、末男三郎は三本の矢を自分の膝に当てて無理矢理へし折り、父秀虎の甘さをいさめた。秀虎は激怒し、三郎と重臣の平山丹後の二人を追放した。藤巻はその三郎の気性が気に入り、藤巻家の婿として迎え入れることにした。一方、太郎の正室楓の方は、秀虎が大殿の名目と格式を持っていることに不満を抱き、太郎をそそのかして親子を対立させた。実は楓の方は親兄弟を秀虎に滅ぼされた上、一の城もとりあげられているという過去をもっていた。太郎の態度に怒った秀虎は一の城を飛び出して二の城へ向かったが、二の城の次郎とその重臣、鉄、白根、長沼の野望は一の城を手中にすることにあったため、秀虎は失意のうちに三の城へ向かわざるを得なかった。だがここにも悲劇は待ちうけていた。太郎と次郎が軍勢を率いて秀虎を攻めてきたのだ。三の城は陥落、秀虎の郎党、侍女たちは全員討死し、太郎も鉄の鉄砲に狙い撃たれて死んだ。秀虎はこの生き地獄を目の当りにして自害しようとしたが太刀が折れて果たせず、発狂寸前のまま野をさまよい歩く。夫の死を知らされた楓の方は一の城に入った次郎を誘惑、正室の末の方を殺して自分を正室にするよう懇願した。その頃、藤巻の婿になった三郎のもとに、秀虎と道化の狂阿彌が行くあてもなくなっているという知らせが丹後から届いた。三郎は即座に軍を率いて秀虎救出に向かい次郎軍と対峙した。それを見守る藤巻軍と、あわよくば漁夫の利を得ようとす綾部軍。三郎は陣を侍大将の畠山にまかせ、丹後、狂阿彌と共に父を探しに梓野に向かった。果たして秀虎はいた。心から打ちとけあう秀虎と三郎。が、その時一発の銃弾が、三郎の命を奪い、秀虎もあまりのことに泣き狂い、やがて息絶えた。そして一の城は綾部軍に攻め込まれ、落城寸前だった。一文字家を滅ぼしたのは楓の企みだったとして、鉄は楓を一刀のもとに斬り殺した。梓野では、秀虎と三郎の死体を運ぶ行列が続き、彼方には以前秀虎が滅した末の方の生家梓城の石垣だけが見えている。その石垣の上には以前秀虎に命と引きかえに両眼をつぶされた末の弟の鶴丸の姿があった。, 映画の出来不出来を左右するのは脚本の完成度であることは周知の事実です。黒澤明監督は過去にも脚本に自らも参加して、複数のシナリオ・ライターが書き下ろした脚本を照合して、全員で議論、より高い完成度の脚本を最終稿にしていました。「乱」はウィリアム・シェークスピアの「リア王」をベースに、戦国時代の武将・毛利元就の逸話として伝説になっている三本の矢の故事を挿入しています。「リア王」の三人娘を三人の息子に置き換え、長男次男の正妻はどちらも主人公の「リア王」である一文字秀虎によって一族郎党を殺害されている設定も黒澤明監督による脚色です。しかし、過去における黒澤作品の繊細な人物描写や動きを大切にした脚本とは明らかに違っていることに気付きます。脚本の失敗なのでしょうか(!?)。参考文献によると「乱」の初稿台本は映画完成の9年も前の出来事だそうです。つまり、第一稿から映画撮影の時に使った決定稿になるまで、何回もの改訂が成されているのです。 渡辺淳一の小説を映画化した、「ひとひらの雪」ではヒロインが、つわぶきの花を活けるときに葉や枝を残酷なまでに切り捨てるシーンがありました。映画「千利休」では華道の真髄が一輪挿しであることを教えてくれます。また茶道の究極は白湯(さゆ)であるとも聞きます。華道、茶道のみならず詩歌、水墨画、俳句といった日本古来の最高点を示した芸術は、あらゆる点で複雑化を回避し、余剰なものを削除して、より単純に、ただ只管に美や真実を追究することがその道なのでしょう。つまり、この脚本の改訂は細かい瑣事を省略し、残酷なまでに人物描写や行動の部分を削ぎ落としていく作業だったのだと推察しています。 「乱」は「影武者」同様に"能"をスクリーンに表現する作劇法を採っています。ご存知のように"能"は演劇的なストーリー展開を重要視せず、一つの感情や情緒を重ねていき、そこに華道、茶道、詩歌、水墨画、俳句と同じ到達点を見出すものです。極端な簡素化、単一化、抽象化が生む濃密な雰囲気、濃縮された効果こそが、日本的表現の特徴であり、到達しうる最高点なのでしょう。 「乱」や「影武者」の登場人物たちを演じている俳優が誰であるかが直ぐに分かるでしょうか。名だたる名優たちが出演していますが、二本の映画共にクローズアップショットが皆無で、俳優と登場人物の名前を一致させるのは至難の技です。"能"は既に霊界の住人となっている人物を主人公(シテ)に置き、その死後の人物の眼から人間世界をロングショットで遠望したとき、初めて己や他者の人生を極度に凝縮させ、その運命までをも視界に納めてしまうという構造があります。 黒澤明監督は自伝「蝦蟇の油」岩波書店・刊で、「乱」を"神の視点で描きたい"と語っています。しかし、映画は雲の上の遥か上空の神の視点というよりも、"能"の死というフィルターを通して、人間の愚かしさ、恐ろしさをこれでもかと見せつけたのでしょう。「赤ひげ」までの作品には、自我を高らかに賛美した西洋的なクラシック音楽のフルオーケストラによって、勇壮にエンディングを迎えていましたが、「乱」の終わり方は、梓城址の石垣から鶴丸が、阿弥陀如来の仏画を落とし、夕暮れを背景にシルエットで佇むシークエンスに"能管"の悲痛で強烈な音が流れます。無常と諦観を感じさせる無間地獄を刻み付ける見事な演出です。「乱」は人生の黄昏を感じ始めた黒澤明監督自身でもあるのでしょう。…私たちは黒澤明監督作品30本に登場する主人公たちが監督自身であったことを知っています。若々しく技術に秀でた姿三四郎、ヒューマニストたらんとする勘兵衛、剣豪の三十郎、豪快無類の赤ひげ、映画の作風ががらりと変わってペシミズムやニヒリズムが漂うようになっても、強く潔く、映画製作という戦場でひたむきに戦った黒澤明監督自身の姿なのです。黒澤明監督没後11周年、私たちは若い次の世代の人々に黒澤明監督作品を伝えていく使命も担っているのではないでしょうか, 御年90歳でも健在ぶりを見せつける、“クリント・イーストウッドの軌跡”を35mmフィルムで堪能!, 北村匠海と小松菜奈が『さくら』号泣シーンの舞台裏を語る「泣きすぎて、顔が動かなくなってしまうシーンもありました」, 1食300円以内!鮭の塩焼き、唐揚げ、卵焼き…井ノ原快彦が作るホッとする手作り弁当たち. ウィリアム・シェイクスピアの「リア王」を原作として、舞台に戦国時代を選び、息子たちに家督を譲った男の悲劇を描く。, 毛利元就の「3本の矢」の逸話を交えているが、毛利家を舞台としているわけではない。架空の家を舞台にしている。, 映画の見所は、次々に息子たちに裏切られていき、やがては狂気にとらわれるようになる一文字秀虎を演じる仲代達矢の演技と、一文字秀虎に常に付き添っている狂阿弥を演じるピーターの演技だろう。, 個人的には、この二人の演技がすべてであり、他の映画の流れなどは冗長な部分が多く感じられた。, なので、映画を観た感想としては「面白い」というものではない。だが、なぜだか、この映画のシーンのいろんな個所が思い出される。それは映画公開時もそうであったし、DVDで見直した時も同じであった。, 過酷な戦国時代を生き抜いてきた猛将、一文字秀虎。三つの城を抱えるまでになったが、七十歳を迎え、家督を三人の息子に譲る決心をする。, 彼は三本の矢を手に取り、「一本の矢は折れるが、三本束ねると折れぬ」と言いながら、息子たちにお互い助け合いながら一文字家を繁栄させるよう説いた。, 長男太郎には家督と一の城を、次郎には二の城を、三郎には三の城をそれぞれ与え、互いに協力し合うように命じた。そして自分は三つの城の客人となって余生を過ごしたいと告げた。隣国の領主藤巻と綾部もこれには驚いた。, 父親思いの三男・三郎は、七十歳になる父親に対峙し、「父上は馬鹿だ。耄碌したのか。息子達が助け合うなどとは考え難く、血で血を洗う事態になるだろう。」と父親の甘さを戒め、三本の矢を力ずくでへし折ってみせた。, 客人たちの前で愚弄されたと感じた秀虎は、三郎とその重臣である平山丹後をその場で追放した。, 客人の一人である別の国の主・藤巻は三郎を気に入り、三郎を婿として迎え入れることを思案した。, 秀虎の残る二人の息子にかける期待は、思いのほか早く裏切られる。待っていたのは息子たちの反逆と骨肉の争いだった。, 太郎の奥方である楓の方は、太郎の正室楓の方は、秀虎が大殿の名目と格式を持っていることに不満を抱き、太郎をそそのかして親子を対立させた。それは、親兄弟を秀虎に殺された恨みを抱いていたからである。楓の方は、太郎を巧みに動かして秀虎の失墜を画策する。, 隠居した身とはいえ忠実な家来を抱え、城の中で未だに影響力を持つ父親に対し、太郎は、今後は自分が領主なのだから、一切の事は自分に従うようにと迫る。, 太郎の態度に怒った秀虎は一の城を飛び出して二の城へ向かったが、次郎は「家来抜きであれば秀虎を迎え入れる」とそっけなく告げる。秀虎は失意のうちに三の城へ向かわざるを得なかった。, だが、ここにも悲劇は待ちうけていた。太郎と次郎が軍勢を率いて秀虎を攻めてきたのだ。, 三の城は陥落、秀虎の郎党、侍女たちは全員討死し、太郎も鉄の鉄砲に狙い撃たれて死んだ。, 秀虎はこの生き地獄を目の当りにして自害しようとしたが太刀が折れて果たせず、発狂寸前のまま野をさまよい歩く。, 夫の死を知らされた楓の方は一の城に入った次郎を誘惑して、正室の末の方を殺して自分を正室にするよう懇願した。, その頃、三郎のもとに秀虎と道化の狂阿弥が行くあてもなくなっているという知らせが丹後から届いた。, 秀虎を見つけ、秀虎と三郎は心から打ちとけあう。だが、その時一発の銃弾が、三郎の命を奪い、秀虎もあまりのことに泣き狂い、やがて息絶えた。, 監督:黒澤明製作:原正人、セルジュ・シルベルマン原作:ウィリアム・シェイクスピア「リア王」脚本:黒澤明、小國英雄、井手雅人音楽:武満徹衣裳デザイナー:ワダ・エミ, 出演:一文字秀虎 / 仲代達矢一文字太郎孝虎 / 寺尾聰一文字次郎正虎 / 根津甚八一文字三郎直虎 / 隆大介楓の方 / 原田美枝子末の方 / 宮崎美子藤巻信弘 / 植木等鉄修理 / 井川比佐志狂阿弥 / ピーター平出丹後 / 油井昌由樹長山主水 / 伊藤敏八白根左門 / 児玉謙次生駒勘解由 / 加藤和夫小倉主馬助 / 松井範雄藤巻の老将 / 鈴木平八郎秀虎の側室 / 南條礼子秀虎の側室 / 古知佐和子楓の老女 / 東郷晴子末の老女 / 神田時枝秀虎の側室の老女 / 音羽久米子畠山小彌 / 加藤武太綾部政治 / 田崎潤鶴丸 / 野村武司, 映画「信長協奏曲(のぶながコンツェルト)」(2016年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「2001年宇宙の旅」(1968年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「借りぐらしのアリエッティ」(2010年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「キング・アーサー」(2004年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ファインディング・ニモ」(2003年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), SHERLOCK/シャーロック第4話「ベルグレービアの醜聞」(シリーズ2第1話)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「フィールド・オブ・ドリームス」(1989年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 精霊の守り人 第1話「女用心棒バルサ」 の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ヘンゼル & グレーテル」(2013年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), ゲーム・オブ・スローンズ シーズン2の第1話「王の乱立」第2話「粛清」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「戦国自衛隊1549」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), マスケティアーズ パリの四銃士 第6話「国王の母」の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ハムナプトラ1 失われた砂漠の都」(1999年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「グリーン・デスティニー」(2000年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「博士の愛した数式」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「THE 有頂天ホテル」(2005年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「千と千尋の神隠し」(2001年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「女帝(エンペラー)」(2006年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「超高速!参勤交代」(2014年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて), 映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」(2008年)の観賞備忘録(感想とあらすじと情報を添えて).

アイカ トイレ ドア 7, 新日本プロレス 入門テスト スクワット 12, 身の回り にある 工夫 され ている製品 30, ドラマ 再放送 2020 コロナ 4, 斧 武器 名前 5, Ganzo コバ 修理 11, タップ密度 かさ密度 違い 8, 横浜共立学園 校歌 歌詞 33, Usj 任天堂 スプラトゥーン 7, イヌワシ Switch 攻略 40,