マリノス スタメン 2020 24

▼シート貼り(全席指定:必要無し) 39 天野 純 6(64分IN) 「また次も中3日後の水曜日に試合があるというようなハードスケジュールが続く中では、成長という部分では難しいと思います。 ハードワークをし続け、J・サントスの先制弾をきっかけに流れを掴む。A・シルバの退場で数的優位になってからも油断せず、ゲームをコントロールした。相手のシュートミスに助けられた面もあるとはいえ、4-0という結果を評して採点を「7」とした。 横浜F・マリノスに感謝したいです。ボクを信じてピッチに出させてくれたこと、ボクのサッカーを見せる機会を与えてくれたことに心から感謝しています。 5.Webニュースログ 17 エリキ 7 今日の勝利も皆のおかげだと思います。GK、CB、中盤、前線と皆がハードワークをして、一つ一つのデュエルに勝ったことが積み重なって、このような勝利に結びついたと思います」, 「ゴールのシーンは、より確実な方にエリキがいたので中を選択しました。結果はオウンゴールでしたが、狙いどおり相手にとどめを刺すつもりでいったので良かったです。  横浜F・マリノスのタオルマフラーをブログで並べてみた。, 夕刊こけまり:今日の横浜F・マリノスまとめ(2020/10/23) #fmarinos, 【試合結果まとめ(6○2)】2020/11/14(土)16:00KO J1第27節 横浜F・マリノスvs.浦和レッドダイヤモンズ@日産スタジアム, 今週の「横浜駅」での横浜F・マリノスのプロモーションまとめ(2020年 J1第27節 浦和戦), 【スタジアム観戦情報まとめ】2020/11/14(土)16:00KO J1第27節 横浜F・マリノスvs.浦和レッドダイヤモンズ@日産スタジアム ※観客上限31,000人, 【試合結果まとめ(1●0)】2020/11/11(水)19:30KO J1第26節 湘南ベルマーレvs.横浜F・マリノス@ Shonan BMWスタジアム平塚. 横浜f・マリノス、サガン鳥栖から24歳gk高丘陽平を獲得。「ワクワクしています」 「ワクワクしています」 2020年10月23日(Fri)14時04分配信   試合 「まずは、自分たちのサッカーをするということが大事だと思います。ボールをしっかりキープして、相手を走らせるという部分、自分たちがしっかりボールを握って、ボールを回すことによって相手を動かせられれば、相手も疲れてくると思います。 FC東京は今季初連敗…シュートミス連発&暴力行為で自滅 | ゲキサカ, J1リーグは24日、第28節1試合を前倒し開催し、横浜F・マリノスがFC東京を4-0で破った。序盤から多くのピンチを迎えながらも相手のシュートミスに助けられると、後半にFWジュニオール・サントスが2ゴール。さらにアディショナルタイムにも2点を追加し、敵地で完勝を収めた。, AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が11月に延期となった影響で前倒し開催となったJ1第28節。ホームのFC東京は18日の第23節横浜FC戦(●0-1)限りで19連戦を終え、2か月ぶりに1週間の準備期間を経て臨んだ。対する横浜FMは21連戦目。21日に行われた第33節前倒し開催の名古屋戦(○2-1)から先発7人を入れ替え、フレッシュなメンバーで挑んだ。, 前半はFC東京が数多くの決定機をつくった。ところが前半10分、MF三田啓貴のFKに合わせたDF森重真人のヘッドが枠を外れると、17分にはDF中村拓海のクロスにFW田川亨介が頭で合わせるもGK朴一圭がセーブ。19分、三田のCKがファーに流れ、田川のボレーシュートに結びついたが、これも朴に阻まれた。, その後もFC東京の流れが続くが、次々に生み出される決定機が決まらない。前半26分、MFアルトゥール・シルバのボール奪取からMF安部柊斗がドリブルで前進し、左サイド裏に抜け出したFW永井謙佑にスルーパス。永井のクロスにフリーの三田が左足ボレーで狙ったが、惜しくも枠を外れる。, 前半アディショナルタイムにもFC東京に大きな決定機。自陣左サイドでボールを奪った安部が永井とのワンツーを経てサイドを変えると、中村のスルーパスにFWディエゴ・オリヴェイラが抜け出し、ゴール前にクロスを送り込む。ここに反応したのは起点となった安部。やや浮いたボールに対してボレー気味に合わせたが、シュートは無情にも左に外れた。, FC東京は後半立ち上がりにも永井のシュートが次々に枠を外れて嫌なムードを漂わせると、9分から横浜FMが一気に試合を動かした。素早いリスタートから右サイドを攻め上がったFWエリキがゴール前にパスを送り、FWジュニオール・サントスがDF渡辺剛との競り合いを制すと、左足で落ち着いて流し込んだ。, 横浜FMはさらに後半11分、MFマルコス・ジュニオールの縦パスが渡辺に阻まれるも、森重に当たったボールがJ・サントスの足元へ。直前に先制ゴールを決めた背番号37は右足で落ち着いて決め、わずか3分間でリードを2点に広げた。内容では圧倒しながら劣勢となったFC東京は直後、田川、永井、三田を一気に下げてMF内田宅哉、FWアダイウトン、FW原大智を投入した。, ここから反撃に出たいFC東京だったが後半18分、A・シルバがプレーとは関係ない場面でDF松原健の顔面を殴打して一発退場。FC東京では今月10日の第21節G大阪戦でもFWレアンドロが同様のラフプレーを犯し、試合後に3試合の出場停止処分を下されていたが、またも暴力行為が続く形となった。このプレーで数的不利となったFC東京はその後もチャンスを迎えたものの、攻撃に迫力は出せない。, すると後半アディショナルタイム1分、横浜FMは古巣対戦のMF水沼宏太がドリブル突破からシュートを放つと、渡辺の足に当たったボールがゴールマウスに吸い込まれてオウンゴールで追加点。さらに同5分にもロングカウンターからエリキが決め、リードを4点に広げた。試合はそのままタイムアップ。退場者を出して自滅したFC東京は今季初の連敗となった。, 横浜FMで開花のJ・サントスが二桁ゴール達成!!  └ ゲームインフォメーション|試合日程| FC東京オフィシャルホームページ, 味の素スタジアムの1時間天気 週末の天気【サッカー場の天気】 – 日本気象協会 tenki.jp ※2020/10/24 4:00発表, 2020/10/24(土)15:00の予報 3.Twitter / Istagram GK 攻守両面でアグレッシブにプレー。高速ドリブルで敵をかく乱させるなど良い働きをした。無得点も印象は決して悪くない。, 交代出場 「まず試合の消化数が多い2チームということですが、FC東京とウチはスケジュールが全く違います。相手は一週間空いていました。自分たちは、再開してから一週間空いた日程など一度もありません。その点は間違えないでほしいと思います。 11/11 アウェイ・湘南ベルマーレ戦に関するご案内.  └ ユニフォーム情報:無し, 両チームの対戦と言えば、昨季の明治安田J1最終節。どちらも優勝の可能性がある状態で戦った頂上決戦で、横浜FMはFC東京を下しリーグ王者に輝いた。, しかし、FC東京にとってここ数年の横浜FMは相性の良い相手である。特に2018年にFC東京が長谷川 健太監督体制に、横浜FMがアンジェ ポステコグルー監督体制になってからのリーグ戦績はFC東京の4勝1敗。さらにその5試合で13点も奪っている。, 守備ラインを常に高くし、ボールポゼッションを中心に前に攻めに出るアンジェ ポステコグルー監督のスタイル。対して堅守をベースに、“ファストブレイク”と呼ばれるゴールに素早く直線的に向かっていく長谷川監督の戦術は、しばしば前者の弱点を効果的に突いてきた。ディエゴ オリヴェイラと永井 謙佑という守備でも攻撃でも前進方向に速さと圧力を掛けられる2トップは、過去の両者の対決では常に主役となってきた。彼ら2人を前面に押し出したプレッシングで、横浜FMのパスワークを寸断。そしてボールを奪えば、広大に生じるスペースにスピーディーかつ直線的な攻撃で人とボールが流れ込み、あっという間に横浜FMゴール前まで進入していく。前回対戦でもFC東京の3得点目は、手数をかけずに永井が右サイドを抜け出し、クロスに対して単独で走り込んだレアンドロが決めた形だったが、まさにFC東京の攻撃的な長所が、そして横浜FMの守備的な弱点が出た瞬間だった。, 直近2試合前の第23節・C大阪戦で1-4と敗れ、横浜FMは今季のリーグ制覇の可能性がついえてしまった。しかし、現在7位の昨季王者は直近の第33節・名古屋戦を2-1で競り勝ち、意地を見せている。メンバーを大きく入れ替えて臨んだ一戦で、一時はマテウスの一撃で追いつかれたが、最後は渡辺 皓太の決勝点で勝ち切った。「開始の笛が鳴った瞬間から90分間、ゲームをコントロールしました。たくさんのチャンスを作った中で素晴らしい2点が生まれました」とチームを称賛したアンジェ ポステコグルー監督。再びチームの雰囲気を上向きに変えて、この中2日での連戦を迎える。, 一方のFC東京は8月から続いていた怒とうの19連戦が、前節・横浜FC戦で一区切りついた。その前節は後半、決定機をいくつも創出しながら決め切れず、終了間際の失点で1点に泣く敗北となってしまった。ただ「負け試合でも内容的には悲観するものではなかった。このまま前を向きたい」(小川 諒也)と選手たちは引きずることなく、ひさびさの約1週間のインターバルを経てこの試合に向かおうとしている。, 両チームとも、来月にはカタールで集中開催が決まったAFCチャンピオンズリーグへの出場が予定されている。他クラブより早めにリーグスケジュールをこなすだけに、しっかり勝点を稼いでおきたいところだ。優勝の目がなくなった横浜FMにとっては少しでも上位進出を狙うために、首位・川崎Fの背中は遠いものの、まだ制覇の可能性をわずかに残しているFC東京にとっても、負けられない一戦となる。, J1 10月24、25日optaファクト – サッカーライブ速報 : 日刊スポーツ※一部抜粋, ・FC東京対横浜FMの通算39試合では、FC東京が18勝8分13敗と勝ち越している。今カードの直近5試合では4勝(1敗)を挙げており、ホームでの今対戦では現在2試合連続で4得点以上を挙げての2連勝中。, ・横浜FMは直近6試合でわずか2勝(2分2敗)。この6試合の内、3得点以上を挙げたのは1試合のみ(1試合平均1.8得点)。同クラブはそれ以前の11試合の内、8試合で3得点以上を記録していた(1試合平均2.6得点)。, ・FC東京は直近3試合で2敗(1勝)。それ以前の10試合で喫した敗戦数と同じ(7勝1分2敗)。同クラブは今節敗れると、今季初の連敗となる。, ・横浜FMはアウェイでは現在8試合連続で失点中(3勝2分3敗:1試合平均2失点)。同クラブが最後に敵地で9試合連続失点を喫したのは2008年3月~8月(当時12試合連続)。, ・FC東京が直近3試合で決定機を演出した回数は2回のみ(同状況から1得点)。それ以前の6試合では8回の決定機を演出し、同状況から5得点を挙げていた。, ・横浜FMは今季、先制点を挙げた試合での敗戦数及び同状況から失った勝ち点がリーグワースト(-20ポイント:9勝1分6敗)。一方のFC東京は先制点を許した状況から獲得した勝ち点が今季リーグで2番目に多い(13ポイント:3勝4分6敗)。, ・ディエゴ・オリヴェイラは出場した横浜FM戦では現在2試合連続で得点中(3点)。同選手がFC東京に加入した2018年以降では自身最多タイの得点を挙げている相手(計4点)。, ・マルコス・ジュニオールは今季チーム最多タイの11得点を記録。しかし、同選手は現在、J1では自身ワーストの出場した5試合連続で無得点に終わっている。, 【試合結果まとめ(1●3)】2020/7/12(日)19:30KO J1第4節 横浜F・マリノスvs.FC東京@日産スタジアム  hamatra_瀬谷区 @hamatra_sey_yam ※中の人, [Facebookページ] 4.YouTube FULL TIME presented by @Cisco_Japan 明治安田生命J1リーグ第28節横浜F・マリノス 4-0 FC東京, ⚽️GOAL⚽️54' 56'#ジュニオールサントス90'+1 オウンゴール90'+5 #エリキ#fmarinos #Jリーグ pic.twitter.com/XFwPsF4Moa, — 横浜F・マリノス【公式】 (@prompt_fmarinos) October 24, 2020, 1.横浜F・マリノスオフィシャルサイト 11/18(水)川崎フロンターレ戦 オフィシャル応援パックのご案内. 風 :南南東 4m/s, ・10/24(土) 横浜FM戦における観戦マナーについて|ニュース|FC東京オフィシャルホームページ ボクが来た時からサポートしてくれているコーチングスタッフ、チームメート、ファンサポーターの皆さん、そしてF・マリノスに関わる全ての人々に感謝したいと思います。   チームも良い流れにいて、出場している選手のモチベーションは高いので、次も引き続き頑張っていきたいです」, 「相手は約一週間の間があっての試合で、勢いを持って入ってくるというのは、自分たちも覚悟していました。そこはしっかり対策もできていました。前半、何度かピンチもありましたけれど、それをゼロで切り抜け、逆に後半少ないチャンスをものにして、完全にゲームの流れを自分たちのものにできました。今日は良い試合展開を自分たちでつくれたと思います。   この場をお借りして、自分をピッチに出す機会を与えてくれたことに感謝申し上げます。監督、コーチングスタッフ、チームメート、サポーターらマリノスに関わるすべての皆さまのおかげだと感じています。, 相手も1週間空いていて、勢いを持って入ってくるのは覚悟していました。対策はできていたし、前半あった何度かのピンチをゼロで切り抜けて、後半、少ないチャンスをモノにしてゲームの流れを完全に自分たちのものにできたので、良い展開を自分たちで作れました。, 自分たちのサッカーをもう一度やろうとする意図がある中、全選手、誰が出ようが質の高いサッカーをできていることは大きい。いろんな立ち位置で試合に臨んでいますが、自分たちのビルドアップはポジションが関係ないし、うまくできているからこそ良い試合展開にもなり、自分たちの強みを出せるようになったと感じています。, Vitória ✅ +3Gol ✅⚽️Assistência ✅ Feliz ✅ @prompt_fmarinos pic.twitter.com/VpIRC8DR8H, 10 – 横浜FMは第28節FC東京戦を4-0で勝利。同チームはJ1の昨季以降、4得点以上を挙げた試合数がリーグ最多(10試合)。, ✅ J1第28節 #FC東京 0-4 #横浜F・マリノス✅ 両チームのリーグ戦での対戦は40回目✅ リーグ戦で #横浜FM が #FC東京 から4得点 したのは初めて(3得点は過去に4回)#fctokyo #fmarinos, — SPORTERIA (@SPORTERIA_JP) October 24, 2020, 横浜 ジュニオール・サントス2発「みんな良かった」 助っ人トリオ2桁得点― スポニチ Sponichi Annex サッカー, 横浜は、今季最多タイの4得点で連勝した。FWジュニオール・サントスが、後半9分と11分に連続得点。劣勢だった流れを一気に変えた。8月の加入以降、リーグ戦17試合で10得点。異例の早さでゴールを重ね、後半アディショナルタイムに追加したFWエリキの12得点、FWマルコス・ジュニオールの11得点に続き、ブラジル人3人が2桁得点の大台に乗った。殊勲の背番号37は「2得点はうれしく思うが、みんなのハードワークが良かった」と充実感を漂わせた。, 〈“同郷”2組目〉横浜FWジュニオール・サントスが同じブラジル出身の同僚マルコス・ジュニオール、エリキに続き今季2桁得点を達成した。同一チームで外国人3人の達成は5組目。うち同郷トリオは94年横浜Mでアルゼンチン出身のディアス、メディナベージョ、ビスコンティに次いで史上2組目となった。, 横浜F・マリノスが序盤の劣勢を覆すFWジュニオール・サントスの2得点などで、敵地でFC東京から勝ち点3を手にした。, 前半は東京に多くの好機を与えていた横浜だったが、後半9分に先制。右サイドのFWエリキのクロスを中央で受けたジュニオール・サントスが、DFとの競り合いに勝ってゴール右隅へ決めた。, これで波に乗った。すぐ2分後にふたたびジュニオール・サントスが追加点。ペナルティーエリア内こぼれ球を拾い、右足でゴール左を射抜いた。, 2点を失った東京は反撃に出たいところで後半18分にMFアルトゥール・シルバがレッドカードを受け退場。先制点を許したところから一気に主導権を失った。, 後半ロスタイム1分、5分とさらに立て続けにゴールを奪った横浜が完勝した。東京は今季初の連敗を喫した。, FC東京、A・シルバが一発レッドの愚行…J・サントスが横浜Mの劣勢はねのける怒とうの“3分間” – サッカー – SANSPO.COM(サンスポ), 明治安田生命J1リーグは24日に第28節の前倒し分が行われ、FC東京と横浜F・マリノスが対戦した。, 直近3試合で3位・FC東京は1勝2敗、7位・横浜FMは1勝1分け1敗と互いに失速気味な中で迎えた今節。FC東京はFWディエゴ・オリヴェイラや永井謙佑ら、横浜FMはFWエリキやMFマルコス・ジュニオールらを先発起用した。, 試合の序盤、後方からビルドアップして横浜FMに対して高い強度のプレスをかけるFC東京がショートカウンターから幾度かチャンスを作る。26分にはボックス左の長いが中央に折り返すと反応した三田啓貴がボレーシュートを放ったが、これは枠を外れていく。, 横浜FMはなかなかアタッキングサードまで進むことができず、比較的FC東京が優位に試合を進行。それでも、前半終了間際にボックス右のD・オリヴェイラが中央マイナス気味に折り返して安部柊斗が左足で合わせたが枠を外れるなど、好機を決め切ることができずスコアレスで前半を終える。, 後半に入っても横浜FMのハイラインに対して永井の快足を生かすFC東京が度々ゴールを脅かす。しかし、先にネットを揺らしたのは横浜FMだった。ボックス中央でエリキからのパスを受けたジュニオール・サントスが確実に枠を捉えて決め切る。, さらにその2分後、ボールはM・ジュニオールのパスから再びボックス中央のJ・サントスの下へ。J・サントスは今度も冷静にゴール左下隅を射抜いて加点した。, 一気に突き放されたFC東京は59分に3枚替えを敢行。田川亨介、永井、三田に代えて原大智、アダイウトン、内田宅哉を送り出す。しかし63分、FC東京にとってさらに悪いことにアルトゥール・シルバがボールとは関係ない位置で相手選手に腕を当てて退場処分を受ける。, その後、FC東京は勢いを失い横浜FMが攻め込む時間が続く。それでも終盤に差し掛かって再びゴール前に侵入する回数を増やしていくが、後半ATには横浜FMのカウンターからボックス右で水沼宏太が放ったシュートが渡辺剛の足に当たりオウンゴールを誘発。さらに、直後にもエリキがボックス左から4点目を決めたところで試合が終了する。, この結果、FC東京は今シーズン初の連敗を喫し、横浜FMは連勝を飾った。(Goal.com), 【J1採点&寸評】FC東京0-4横浜|MOMは2得点のJ・サントス。ワーストプレーヤーは一発退場のブラジル人MF | サッカーダイジェストWeb※一部抜粋, 【チーム採点・寸評】 D・オリヴェイラを止めた21分のスライディングタックルが印象的。54分にJ・サントスの先制点をお膳立てし、終了間際にはダメ押し弾と決定的な仕事をした。, MAN OF THE MATCH 4-0の要因についてですが、この間の試合もそうですが、先発を7人、8人など常に多く代えていかなければならない状況で、簡単ではない試合が続いています。その中で、今日も選手たちがしっかり自分たちのサッカーを、一生懸命にハードワークをして、ピッチ上で最後まであきらめずにやってくれました。その結果だと思います。 FC東京 4.5 マリノス以外のサッカー記事はこちら. 高丘マリノスに行っても応援してる スタメン取れよ .   6 扇原貴宏 6.5 1 朴 一圭 6 立て続けの失点に加え、A・シルバのレッドカードと後半に乱れた。前半の決定機をひとつでもモノにしていれば、あるいは違う結末に。, 横浜 7 温度:20℃ J・サントスに代わりCFに入った。水沼のクロスを枠内にも打てなかったのは残念。頭を抱えた本人が大きなミスだったことを誰よりも理解しているだろう。, MF 地味ながらもしっかりと中盤のバランスを取っていた。スペースに顔を出す動きで味方をサポートしていた点はなかでも光った。, 9 マルコス・ジュニオール 5.5(64分OUT) D・オリヴェイラとのマッチアップは見応え十分。マークがルーズになる場面もあったが、致命的なミスはなく無失点で乗り切った。, MF 6.今週の他会場など, 2020 明治安田J1 第28節 vsFC東京 | 2020 | 試合 | 横浜F・マリノス 公式サイト, 「難しい試合ではありました。FC東京との試合は、いつもチャンレンジングな試合になります。前半は、向こうもウチもなかなかうまくいかず、コントロールできなかった部分がありました。しかし、その中で選手たちはハードワークをし続けてくれました。  └ 入場者数 9,518人, 1点目はエリキの個人技の仕掛けからボールをもらい、相手DFに競り勝ってGKの位置を見て冷静に流し込めました。2点目はマルコス(ジュニオール)が狙ったスルーパスが相手に当たってボールが僕の前にこぼれてきました。キックフェイントでDFと駆け引きして冷静にシュートを打てました。, 2得点はうれしいのですが、今日は守備のハードワークが良かったと思います。ゴールを決める前のことですが、ボールを失いカウンターを受けた中、自分があきらめず奪い返しました。そういうプレーがチームの強みになると感じています。, --17試合10得点について。

十津川警部 サンライズ出雲 ネタバレ 40, Barwing フィットネスバイク 口コミ 42, 押尾学 Nanami 画像 4, 赤ペン先生 募集 いつ 5, 大麻 有名人 N 空き缶 8, お嬢さん 映画 動画 フル 26, 大岩 剛 大槻 4,