パウンドケーキ 膨らまない 米粉

『週刊文春』と言えば、2016年の「ベッキー不倫騒動」の時に、一躍脚光を浴び、ある種の社会現象を巻き起こした。インターネット、特に、SNSの発達により、2000年代頃より、出版メディアは、慢性的な不況に陥っている。, そのような、閉塞的な空気感に風穴を開けたのが『週刊文春』だった。忖度や、配慮を限りなく廃し、『文春砲』と称された、自分たちしか知らない、独自で強力なスクープをぶち込む行為は、多くの話題を生み、著名人たちを恐れさせた。, 週刊誌、大衆誌という、‘‘三流メディア‘‘、‘‘下世話な媒体‘‘という従来からのイメージは持たれつつも、一方では、「真実を暴く‘‘代理人‘‘」のようなポジションを確立。もともと、業界の老舗雑誌でありながら、「ベッキー不倫騒動」以降は、他の週刊誌や、スポーツ新聞などからは、一線を画する‘‘革新的‘‘な存在となして持て囃され、ある種の支持を得たのである。脚光を浴びてからも、優秀な記者を囲い、その努力と、卓越した手法で、多くのスクープを掴み、他社を出し抜いてきた。テレビなどの大手メディアが報じられないことも、可能な限り、配慮や、忖度せずに報じ、その多くが事実でもあった。, いくらスクープを連発しても、『週刊文春』を支持しない人々が増えてきているのである。これには、‘‘明確な理由‘‘があった。, なぜ、‘‘嘘半分の三流メディア‘‘、‘‘下世話な媒体‘‘と認識されている大衆週刊誌『週刊文春』がここまで、注目と、支持を集めることができたのか。, ベッキーさんの報道が、ここまで注目を集めたのは、単に彼女が有名だっただけでも、相手が人気バンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音だったからでもない。, 彼女は、元気で明るく、真面目で品行方正、クリーンなキャラクターで売っており、その地位を確立した。バラエティー番組などでも、下世話なテーマや、他のタレントや、お笑い芸人の下ネタなどにも、引き気味で、白い目を向けるような‘‘優等生‘‘的な立ち振る舞いが目立っていた。, 公の場では、老若男女に愛された‘‘清純派‘‘、‘‘NHK的なタレント‘‘の彼女が、裏ではえげつないことをしており、それを暴いたからこそ、支持を得たのである。, そこには、庶民派の柔和な政治家が、実は裏金を貰っていたり、黒いコネクションがある事実をスッパ抜いた時のような、大義のある、爽快な感覚を読者、視聴者に抱かせたのである。, また、利権や忖度にまみれて、不都合なことを報じず、叩きやすいところは残酷なまでに晒し上げる「テレビ」、真偽不明で、取材もろくしないような「インターネットニュース」、取材費もなく、古い体質の同業者「週刊誌・大衆誌」が溢れる中で、その隙間から抜け出したのが『週刊文春』であった。, 1980年代以前、かつて隆盛した「新聞・テレビが書かない記事を書く週刊誌」という昭和の大衆誌的スタンスが、21世紀の高度情報化社会の中で再び、脚光を浴びたのは、こういった理由があったのである。, 脚光を浴びた後も、文春は、多くのスクープを生み、多くが支持されてきた。少なくとも、大きな批判に晒させることは、あまり見られなかった。, 文春の‘‘お得意様‘‘と言えば、『AKB48・48系グループ』が挙げられる。「恋愛禁止」を掲げ、人数も非常に多い彼女たちは、‘‘誰かが何かをやらかさないか‘‘と本誌が常にマークをしている存在であり、多くのスクープをすっぱ抜いてきた‘‘お得意様‘‘である。, 彼女たちは、「圧倒的なルックス」や「高い歌、ダンス、トークの能力」など、プロのアイドルとしての素養をもっていないことが多く、逆に、その‘‘親しみやすさ‘‘を売りにしている。, しかし、単に、そこらへんにいるような素人が、それで、お金を稼げるわけがない。彼女たちは、プロフェッショナルな能力に乏しい。本来的には、プロのアイドルタレントとして活動する‘‘資格‘‘がないのに、プロとしてやっていくために、その【対価】を差し出している。, それが「恋愛禁止」なのである。アーティストや、女優、トップモデルのような、常人離れした素養をもたない代わりに、アイドル活動に真剣に邁進し、握手会、劇場公演、ブログやファンメール、ライブ配信など、普通の芸能人がやらないような手厚いサービス、プライベートの時間を、ファンに提供・公開することで、プロの舞台に立つことを許されているのだ。, いわば、才能や能力が足らない分、「24時間アイドルでいる」という対価を支払い、それの努力をファンが認めているからこそ、‘‘プロではない‘‘彼女たちに価値が生まれ、ファンが応援するのだ。, つまり、「恋愛禁止」は、AKB48・48グループと、ファンとの【誓約】であり、【契約】でもあるのだ。, ファンは、その前提があるからこそ、‘‘本来的には、価値のない素人‘‘に会うためや、総選挙イベントで投票するために、大量のCDを購入したり、グッズを買ったり、劇場やライブ、イベントに足を運んだり、有料サービスを契約したりと、お金や、時間、労力を使うのである。, だからこそ、その‘‘誓い‘‘が破られた時に、それを白日の元に晒し、報道することは、必要性、価値、大義があることなのである。, たかだか、いちアイドルグループのことに対して、大袈裟かもしれないが、本質的にはこういったことである。, こういった報道がなされた時に「メンバーが可哀想」という声がほとんど聞かれないのは、‘‘誓い‘‘を破ったという点で、「クリーンが売りの政治家の裏金がバレて可哀想」といっているのと本質的には同じだからである。, 彼女たち以外にも、巨大組織、政治家、ジャニーズ、大物著名人や、紅白出場歌手などであっても関係なく、大手メディアが報じない、掴めないことを、最低限以上の配慮や忖度なく、スクープしていくからこそ、『週刊文春』は、他とは異なる地位を確立し、脚光を浴びたのだ。, 今までのような、下世話で、いたずらに興味や、好奇心を煽るような記事も少なくはないが、それだけではない。, 目玉記事には、法律、モラル、ルール、誠実さなど、その世界においての‘‘守るべきもの‘‘を破ってしまった人や団体、組織のことを暴露しているからこそ、そこに【大義】が生まれ、支持を得てきたのだ。, しかし、こういった流れが変わってきたのは、「ベッキー不倫騒動」から、しばらくしてからの「三遊亭円楽 不倫騒動」あたりからだ。, この騒動は、笑点での‘‘紫の着物‘‘を着る大物落語家の『三遊亭円楽』が、一般女性と不倫をしていたというもので、よくある話である。事実、‘‘謝罪会見‘‘は、神妙な面持ちを見せながらも、噺家らしい、ウィットにとんだものとなり、当の奥様から「とにかく頑張りなさいよ」と励まされ、会見前夜に届けられたスーツの袋には、直筆の「頑張れ」が書かれているエピソードを公開するなど、しっかりと‘‘オチ‘‘がついたものとなった。, これによって、円楽さんが、特に何かのお咎めを受けたことはなく、特に世間も、それを求めてはいなかった。, 本人は、‘‘昔と違って、今はそういう時代ではない‘‘と否定しているが、男、しかも、芸人とくれば「飲む・打つ・買う」「浮気は芸の肥やし」という時代に育ち、笑点では‘‘社会派‘‘と‘‘腹黒‘‘の両方のキャラクターで活躍、品行方正なイメージも特にない。, 不倫騒動時の年齢も66歳で、相手の女性も四十代のいい大人の関係であり、なにより、当の奥さんが「頑張りなさいよ」と激励まで送っている。, 円楽さんのファン、笑点のファンというのは、落語家として高い素養と実績をもつ円楽の芸が見たいのであり、その対価としてお金を払う。その、【芸を見せること】が、円楽が行う、ファンとの【契約・誓約】である。, 円楽さんは、アイドルでもなければ、公人でもなく、品行方正を求められるような職業でも、立場でも、キャラクターでもない。「私は、品行方正な人間です。だから、応援してください。」などとは、一言も言っていない。【落語の職人芸】を見せるという‘‘誓い‘‘以外に、どこにも【大義】はないのだ。, この点で、『ベッキー』や、『AKB48・48グループ』とは明確に異なっているのだ。, もし、大義が、あるとすれば、それは奥様になるのだが、本来、謝罪されるべき、法的に訴えることができる‘‘被害者‘‘の彼女自身が、‘‘世間‘‘に向けて謝罪する円楽を激励するといった、何とも珍妙な構図が生まれている。, 円楽さんの場合と異なり、まず、乙武さんは、真面目で聡明、清潔感のあるイメージがあった。さらに、不倫旅行に、ダミーとして男性を同行させるなど抜け目なく、過去5人と不倫していたことを認めたり、選挙への出馬が断念されたり、何よりも、夫人と離婚をしている。, しかし、ここには「障害者は慎ましく暮らしているだろう」「障害があるくせに女とヤりまくって」という差別意識が見て取れ、文春は、そのインパクトを利用しようとしたことは否めない。, しかし、騒動自体はどこにでもあるもので、彼も、特に旬の人というわけでもない。【大義】ではなく、単に、「えっ?あの乙武が!?」というインパクトを狙って、販売部数や、話題性を得ようとしていることは明白である。, そして、明確に方向性を見誤り、スクープしたことで、逆に批難されたのが、2018年に起きた、「小室哲哉の不倫・引退騒動」である。, その騒動の内容については、複数の報道があるので、分からない人は自身で調べて欲しい。, かいつまんで言うと、ミュージシャン・音楽プロデューサーの『小室哲哉』が、「高次脳機能障害を患う妻・KEIKOの看病や、仕事のストレスなどで、疲弊し、自身の身体も満身創痍。そのサポートを受けていた女性看護師と不倫関係」となった。そして、それを、『週刊文春』が報じたことで、それを引き金にして「引退」を発表してしまったというものである。, 「あの大天才の小室哲哉を、たかだか不倫で引退に追い込んだ」しかも、「介護のストレス、自身の病気など、同情の余地もあり、疲弊した状態にあった小室にトドメを刺した」と、小室を殺したのは、文春だと、小室ファンのみならず、音楽ファン、一般層までを巻き込み、公益報道のあり方の是非が問われたのである。, 怒らずとも、後味の悪い感をもった視聴者たちも少なくないようである。この報道の発端になったのが、『週刊文春』であり、「文春が、つまらないことでイジめるから、やめちゃったじゃねえか」と批判を受けたのである。, なお、この報道には、諸説あり、小室さんはKEIKOさんの面倒をあまり見ていなかったとか、引退は最初から決まっていたという報道も出た。, このような批判がでたのは、そこに【大義】がなかった。つまり、報道の【意義・意味・必要性】がなかったからである。, 『三遊亭円楽』の例と近いが、男性で、大物ミュージシャン、しかも、格好良いイメージで売っているロック系アーティストであれば、女遊びをしていても何ら不思議はないという認識がまずある。, しかも、小室さんは、59歳であり、いまさら、守るべきイメージというものも、そうないだろう。, 小室さんの価値は、類まれなる音楽的な才能、作品であり、CDや、ライブの料金という対価として、それを、与えることが、ファンとの【契約・誓約】である。, 小室さんには、ファンや世間に、「品行方正でいます」という、‘‘誓い‘‘などは立てていないし、そのように売ってもいない。「NHKの歌のお兄さん」のように、品行方正を、誓約しているわけではないのだ。良い作品をつくる、良いパフォーマンスをするということが、彼の‘‘誓い‘‘なのである。, 例えば、小室さんが「盗作をした」「乱れた私生活で、ライブが中止になった」というのであれば、それは、ファンとの【契約・誓約】を破っており、報道される意義・意味・必要性がある。, 今回の件で、小室さんを糾弾する権利があるのは、病床の妻・KEIKOさんと、その親族だけだ。, しかし、一度、報道が出てしまえば、あっという間に拡散し、著名な人であればあるほど、何かしらの対応をとらざるを得ない。, 犯罪行為でもなく、世間の中に、謝る対象などはいないのに、釈明会見をするという不必要な、精神的・肉体的なダメージを負わねばならなかった。, だからこそ、ファンではない、一般層からも公益報道のあり方への疑問が噴出したのである。, スクープを連発し、世間に持て囃されてきたはずの『週刊文春』が、逆に、スクープをしたことが、非難されるようになってしまった。, 『ベッキー』や『AKB48・48グループ』をスクープした時に、世間の賛同を得たのは、これまで述べてきたように、そこに【大義】、つまり、報道する【意義・意味・必要性】があったからである。, 特に、ベッキーさんの件に関しては、大きく世間を騒がせた。この件が、『週刊文春』の存在を世間に知らしめるきっかけとなり、後に猛威を振るう、「文春砲」の始まりでもあった。しかし、これは、単に「スクープのインパクトが強かった」、「皆が知らないことを暴露した」から持て囃された訳ではなかったのだ。, 表で、優等生的な笑顔を振りまきながら、裏では、えげつないことをしたり、‘‘ルール‘‘や‘‘誓い‘‘を破っていた人間を断罪するからこそ、評価されたのだ。, 他が掴めない、【報道の意義・意味・必要性のあるネタ】を掴んだために、結果として、それが、【強いインパクトを生み、支持もされた】のだ。, だからこそ、文春の存在感や価値が高まり、他の週刊誌から、抜け出した媒体になれたのである。, さらに、そのスクープを受けて、テレビや、インターネットが取り上げ、世間を席巻するという流れができるようになり、文春の存在感は、ただの‘‘三流メディア‘‘、‘‘下世話な媒体‘‘を超えた、特別なものとなった。, 「インパクトの強さ」や、「誰かを断罪すること」が、【世間に受けている】のだと誤解してしまったのだ。, 軽微であっても、報じる意味が薄くとも、不法行為を断罪し、インパクトの強いスクープを連発するによって、自分たちが持て囃され、評価されていると勘違いしてしまった。, ベッキーさんが、まるで、犯罪者のように扱われたのは、その行為自体よりも、表の顔と、裏の顔の落差が大きく、優等生の振りをしながら、‘‘不誠実‘‘な行動をとっていたからこそである。, 単に有名であったり、相手が著名人であったというだけではないのだ。『AKB48・48グループ』に関しても、「恋愛をせず、アイドル活動に注力し、他の芸能人がやらないくらい、ファンを第一にします。その変わり、芸能界レベルのルックスや、能力がなくても応援してください。」という‘‘誓約‘‘のうえに成り立っているものを破ったからこそ、それが、報道される意義があり、同時に、インパクトも生み、支持もされるのだ。, しかし、文春は、自分たちのスクープ「文春砲」が期待され、あっという間に世間に広がっていくことを繰り返す中で、次第に、報道の意義や必要性を省みず、単にインパクトのあるものだけを報じるようになった。, 世間に報じる意義があるスクープだからこそ、同時にインパクトが生まれ、支持されたということを勘違いし、インパクトさえあれば良いという、間違った思考に落ちいってしまったのだ。, だからこそ、『三遊亭円楽』や『小室哲哉』の不倫といった、‘‘報じる意義がないスクープ‘‘でも、鬼の首を取ったかのように、高々と掲げ、障害者への無意識の差別意識を利用し、『乙武洋匡』で部数を稼いだのである。, 確かに、人前に出る職業であれば、明確な犯罪行為でなくとも、批判の対象になることは、受け入れていく必要はあるだろう。, しかし、世の中にたくさんの伝えるべきことがある中で、商売とは言え、どうでも良いような人の落ち度を血眼になって探し、それをスクープとして誇るのは、あまりにも下品で、低俗である。, 『週刊文春』が、そういった‘‘三流メディア‘‘‘‘下世話な媒体‘‘から、頭一つ抜け出た感があるのは、意味のあるスクープを報じたからである。, 現在は、忖度にまみれ、ご都合主義で信用に値しない「テレビ」、収益目的の嘘や、低俗なコンテンツも多く出回る「インターネット」の2つが、情報メディアとして、主流の時代になった。, このような中にあっては、『週刊文春』のような、グレーで、泥臭く、骨のある、昭和的なメディアも必要となってくるだろう。, そういった面からも、「文春砲」の‘‘誤爆‘‘は避け、本来の、ターゲットにのみ、その強力な砲弾を撃ち込むことを、せつに期待したい。, ▼Amazonキンドルにて、電子書籍を出版しています。▼無料試し読み、読み放題もあり、スマートフォンでも読めますので、この記事で興味をもって頂いた方は、ぜひ、お手に取って下さい。, 「俺は、誰にも媚びません。」 伊藤綾子洗脳の文春リーク内容はデマの可能性も! 伊藤綾子さんと二宮さんは2020年元旦に極秘で結婚式の予定を立てていました。 「新年の幕開けと共に、皇居にほど近い五つ星のホテルで挙式をするために着々と準備を進めていたのです。 【俺が「世界大統領」になったら、サポートをくれた方・購入してくれた方は、絶対に幹部に登用】します。 snsやインターネット掲示板で、個人が気軽に自由な情報を発信できる時代になりましたが、不用意な発言やデマが爆発的に拡散されてしまい、大きな問題となるケースも少なくありません。このコラムでは、デマが罪に問われるケースについて、弁護士が解説します。 snsやインターネット掲示板で、個人が気軽に自由な情報を発信できる時代になりましたが、不用意な発言やデマが爆発的に拡散されてしまい、大きな問題となるケースも少なくありません。このコラムでは、デマが罪に問われるケースについて、弁護士が解説します。 2020年5月9日号の週刊文春によると、伊藤綾子さんが女性霊能者に心酔しているそうです。, Aさんは、以前から女性霊能者に心酔しており、その女性を「マダム」と呼んでいます。よく「マダムが言うには~」と話していた。二宮さんとの結婚や入籍の時期に関しても逐一、マダムに相談していたといいます。, ・二宮くんの家族や、相場くんが「洗脳、マインドコントロール」ではないかと心配している, 女性霊能者というと元オセロの中島知子さんがハマってしまい、テレビから消えたのを思い出す方もいらっしゃるかもしれません。, 週刊文春では、女性霊能者について名前や顔画像は公表されておらず、特徴のみ公表されています。, 伊藤綾子さんは、非常に頭が良く人心掌握術が長けているため、二宮さんをゾッコンにさせたと言われています。, と二宮さんに吹き込み、両親との関係を悪化させて、無理やり結婚までこぎつけたと言われています。, ドレスを選ぶ時や、式場を決定するのも二宮さんは口を出さずに、伊藤さんが決めていたそうです。, また、課金型のNetflix(ネットフリックス)にウエディングドレスを載せようとしていました。, 今日の文春はもう最後まで読んだらホラー映画でも見たんかなってくらい心臓バクバクしてるよ????, Netflixで課金して観てるVoyageで挙式前撮り流そうとしてるのはさすがにサイコパスすぎて話にならん, ファンにお金を払わせてまでも、幸せな姿を見せつけるのは、常識的に考えたら嫌ですよね。, 「新年の幕開けと共に、皇居にほど近い五つ星のホテルで挙式をするために着々と準備を進めていたのです。, 当日はAさんの親族だけでなく、女優の吉永小百合さんや俳優の西島秀俊さんが招待されていた」, しかし、今回の記事では「五つ星」のホテルしか知らないような「出席者」や「ウエディングフォト」の内容までだだ漏れです。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。. が 新型コロナウイルス感染症に関して、国内でも経路のわからない感染が増え、不安が広がっている。それとともに、デマや偏った情報も飛び交うようになった。whoのテドロス事務局長は、2月15日のミュンヘンでの会… 事実がつかめなくて、でっち上げに走り、デマ作りに手を染めた週刊文春に、 今日放送されるテレビのワイドショーは、タダ乗りして、デマ拡散の共犯者となるつもりなのか? 今夜9時、小林よしのり先生との生放送「よしりん・もくれんのオドレら正気か? よろしくお願いします。, 文筆家・クリエイター・アーティスト楽天ライブ 公式ライバー(新人王イベント準優勝)。 文春・新谷前編集長「純粋な菅首相の改革に接近する邪な人たちのスキャンダルを」 こうした関係を考えれば、今回も、共同通信の記事と同様、6人に「反政府勢力」のイメージを植え付けたい官邸、菅首相や杉田官房長官のリークをそのまま垂れ流した可能性はおおいにあるだろう。

そう きゅう るい 単 弓類 4, Youtube Api スプレッドシート 5, 日立 Ge シーメンス 比較 4, 高卒 じゃ ないと取れない資格 7, シェイク マンスール ビン ザーイド アル ナヒヤーン 15, Lumix Tether Webカメラ 7, 雪 苗字 かっこいい 23, 吉野裕行 浪川大輔 ハイキュー 4, 荒木 井端 仲 20, プロスピa タイムスリップ ガチャ 54, Zoomウェビナー カメラ オフ 7, 有村架純 かわいい インスタ 13, ポケモン 初代 ポイントアップ 4, 聖心ウルスラ 野球部 2018 11, ごめん愛してる ウンチェ 最後 24, 一人会社 代表取締役 変更 議事録 7, Fire Hd 10 Androidバージョン 50, Nmb ダンス 上手い 12, 幕末志士 黒歴史 Fez 20, ウイイレ Cb プレースタイル 4, さくら ギター 初心者 5, スタバ タンブラー 2020 10, バツイチ 子持ち 恋愛 40代 5, 傲岸 と は 6, シャニマス ブログ グレフェス 24, マナフィ 配布 色違い 41, ヒルナンデス 坪倉 卒業 8, Line 名前 センス 5, 高岡市 グルメ ブログ 9, 仮病 2日連続 学校 46, ポケモン サンムーン エンディング 歌詞 29, ピノ Cm みなみ 29, ポケットからきゅんです 歌詞 意味 30, 仮病 2日連続 学校 46, 在宅勤務 監視 され てる 6, 久保 元 巨人 4, 阪急 今津線 混雑 15,