デリカ d:5 燃費 悪い 6

業界ニュース > 車に何を求めるのかは人それぞれですが、快適性や走行性能の良さにこだわりを持って探している人もいるのではないでしょうか。その両方を兼ね備えているのが三菱のデリカD:5です。家族や友人など、大勢でどこかへ出掛けたいときに重宝されています。, そんな三菱デリカD:5の存在が気になっている人もいるかもしれません。この記事を最後まで読めば、三菱デリカD:5の魅力をすべて知り尽くすことができます。どれにしようか迷っている人は、お気に入りの一台を探すための参考にしてみてください。, ・SUVとミニバンといった2つの特徴を融合させた三菱デリカD:5は唯一無二の存在!, 自動車業界でも唯一無二の存在として、その輝きを解き放ってきたデリカシリーズ。2005年10月に開催された東京モーターショーで発表された三菱デリカD:5は、その名の通り「デリカの5代目」として誕生しこれまで多くの人を魅了し続けています。, いまでこそ乗用車としての地位を確立したデリカですが、初代はトラックおよびバンタイプの商用車として販売されていました。そこから度重なるモデルチェンジを経て、三菱デリカD:5はデリカシリーズの後継者として、幅広い世代から人気を集めるようになりました。, 三菱デリカD:5は、SUVとミニバンの2つを融合させたオールラウンダーミニバンとして知られています。広々とした空間が広がっているだけでなく、雪道や山道といった悪路走行に強みを持つなど、抜群の走行性能を誇っています。, クロスオーバーSUVとは一線を画するような性能を持ち合わせた三菱デリカD:5だからこそ、その魅力に引き込まれるファンも少なくありません。そして、2019年2月15日に新型モデルが発表・発売され、新たな時代の幕開けともなりました。, グレードを刷新して、全部で4つのタイプから自由に選べるようになっています。また、外観にはフロントデザインコンセプトとして「ダイナミックシールド」が採用されるなど、これまでの三菱デリカD:5にはなかった大胆なつくりへと変化しています。, さらに、ドライバーが安心して走行できる安全装備を全グレードに標準搭載し、大型ミニバンとしての怖さを軽減させています。きめ細やかな使い勝手に工夫した装備を実現しているところがポイントです。, 時代とともに進化し続ける、三菱デリカD:5の魅力にひかれている人も少なくないでしょう。とはいっても、購入する決心がつかないという人もいるかもしれません。なぜこれだけ三菱デリカD:5が多くの人に愛され続けているのか、その大きな理由として考えられる機能についてご紹介します。, 交通事故による死亡者数はゼロにはならない現状があります。どれだけ安全運転を心掛けていたとしても、一瞬の気の迷いから事故を起こしてしまう可能性はあります。また、事故は自分だけでなく、周りの状況も大きく影響してくるものです。, 三菱デリカD:5に搭載されている衝突被害軽減ブレーキシステムは、前方車両や歩行者と衝突する危険があると検知したら自動ブレーキが作動する仕組みとなっています。歩行者の急な飛び出しや前方車両による急ブレーキなども瞬時に判断できます。, 駐車場内での事故防止に役立つ機能がマルチアラウンドモニターです、駐車場内ではスピードを出さないことから安全と考えてしまいがちですが、後退時など周囲の状況をしっかりと確認していなければ、自車が損傷するだけでなく、他人をも巻き込むこともあります。, 三菱デリカD:5には、後退時に死角になりがちな周囲への安全確認をサポートするマルチアラウンドモニターが標準搭載されています。また、周囲を真上から見下ろすような感覚で確認できる機能がついているため、車庫入れもスムーズに行うことができます。, 高速道路などスピードを出している状況では、風などの影響で走行車線からはみ出してしまうことも少なくありません。しかし、後方からの車両と衝突する危険性も高まるため、慎重にハンドル操作をすることがドライバーには求められています。, そんな車線はみ出しによる事故の回避をサポートする車線逸脱警報システムが、三菱デリカD:5には標準搭載されています。もし車線を逸脱しそうになると搭載されたカメラで検知し、警報を鳴らすことでドライバーに注意を促します。, 大型ミニバンということもあり、三菱デリカD:5に乗ってロングドライブや旅行へ出掛けることもあるのではないでしょうか。広々とした車内空間に、疲れを軽減してくてるシート構造によって、ストレスなく長時間の走行をすることができます。, また、乗る人すべてに快適な空調であり続けるために、左右独立温度コントロール式フルオートエアコン&リヤマニュアルクーラーが搭載されています。外気温や車内温度に応じて、温度や風量を自動制御してくれるため、いつでも快適な空間がつくられます。, 大型のミニバンということもあり、燃費性能が下がってしまいがちな車種もありますが、環境にも優しいクリーンディーゼルエンジンを搭載した三菱デリカ:D5は、他車メーカーから販売されているミニバンよりも燃費性能が優れています。, すべてのグレードに共通して、JC08モードなら13.6km/L、WLTCモードなら12.6km/Lという高クオリティを実現しています。そのため、少しでも燃料費を安くしたいと考えている人なら、三菱デリカD:5を候補に入れることをおすすめします。, また、消費税が課されない軽油を利用するため、1回あたりの燃料費を大幅に節約することも可能です。振動や騒音なども軽減されていることからも、夜間でも周囲に迷惑をかけることなく走行することができます。, 三菱デリカD:5には「P」「G-Power Package」「G」「M」と4つのグレードが展開されています。駆動方式は4WDのみの設定で、オールラウンダーミニバンとして雪道や山道など悪路走行を強みとして持ち、他車とは比べ物にならない圧倒的な強さが魅力です。, 価格設定は標準グレードの「M」で3,842,640円、最上位グレードの「P」だと4,216,320円となっています。選べるグレードは少ないものの、それぞれに特徴のある内容です。そのため、一人ひとりの目的に合ったグレードを選ぶことができるのではないでしょうか。, さらに、三菱デリカD:5でカーライフを充実させるためのメーカーオプションも充実しています。スタイリッシュな空間をつくり上げるだけでなく、よりセーフティドライビングをするためにも魅力的なものばかりで、見逃せないポイントのひとつでもあります。, 三菱デリカD:5の魅力は、何といっても室内空間の広さといえます。外観からも分かるように、他車とは一線を画すかのようなビッグサイズに圧倒されてしまいます。ミニバンとしての機能をしっかりと果たしているところに魅力を感じる人は少なくありません。, そして、ただ人を乗せて走行するというだけでなく、大きな荷物も簡単に運べてしまうのもデリカD:5が選ばれる理由です。シートアレンジのラインアップも充実しているため、そのときの状況に応じて室内環境を変えることができます。, たとえば、2~3名乗車時なら荷室長1,610mm、荷室幅は770~1,200mmという広大な空間が生まれます。サードシートを両サイドに上げた状態でも、旅行用の大型トランクが余裕で搭載可能です。定員乗車時でも最低限の荷物は積むことができます。, また、全体的に室内が縦に長いため、ゴルフバックはもちろんのこと、スキー板やサーブボードといった長尺物を搭載しても邪魔になることはありません。三菱デリカD:5はアウトドアやキャンプに出掛けても十分な荷室空間を保つことができます。, アウトドアを存分に楽しむために「いつかは三菱デリカD:5が欲しい」と考えている人もいるのではないでしょうか。SUVとミニバンといった2つのメリットを融合させた存在で、近年ではその魅力に引き込まれる人も少なくありません。, とはいっても、三菱デリカD:5を新車で購入すると、最低でも400万円近くとなっています。そんな大人気のオールラウンダーミニバンを中古車なら安く購入することができます。コンディション良好な三菱デリカD:5が200万円台でも販売されていることもあります。, 全国に中古車販売店を展開するネクステージでも、充実したラインアップの三菱デリカ:D5を取りそろえています。もちろん、国家資格を保有した整備士によるメンテンナンスも行われていますので、お気に入りの一台を見つけやすくなっています。, A.三菱は、1970年代に独立を果たした日本の自動車メーカーです。国内で見かける機会も多くありますが、アジアからヨーロッパまで世界的な人気を誇っています。2020年6月現在三菱とパートナーシップを形成しているのは、日産とフランスのルノーです。家庭用車の他、バスやトラックの開発も担っています。, A.三菱は、他の日本車メーカーと同じく高い技術力を持ったメーカーといえるでしょう。「細かいこだわりが強い」といわれることも多く、高耐久なボディの構造に魅力を感じられます。エクステリアやインテリアは個人の好みにより異なるものの、走行性能面では幅広いユーザーにおすすめできる人気メーカーです。, A.軽自動車からSUVまで、三菱からは多数のボディタイプが展開されています。すべてがアウトドアに適しているわけではありませんが、SUVやミニバンをメインに選ぶとドライブシーンに適したモデルが見つかるでしょう。代表的な「デリカ D:5」をはじめ、ハイスペックなモデルも選択できます。, A.2020年6月現在のラインアップに含まれているモデルの価格は、全体で120万円~400万円です。軽自動車やコンパクトカーは200万円以下のモデルも多く、ミニバンやSUVは250万円以上が目安となっています。グレートやパッケージによっては高額なものもありますが、比較的求めやすい価格帯といえるでしょう。, 三菱デリカD:5は世界初のオールラウンダーミニバンとして、唯一無二の存在で幅広い年齢層から高い人気を集めています。雪道や山道といった悪路走行でその力は最大限に発揮されますが、室内空間の広さや走行性能の高さに魅力を感じる人も少なくありません。, 中古車販売店のネクステージでは、お客さまの選びやすさを第一に考えた専門店をいくつも展開しています。もちろん、状態の良い三菱デリカD:5も豊富に取りそろえています。少しでも気になった方や、疑問・質問があれば、お気軽にお問い合わせください。. JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。, プライバシー | > G・・・401万5,000円~ カワサキ「メグロK3」が間もなく登場か…SNSに謎の画像、突如現る!, 予選4番手のアルボン、大事故が起きずに安堵「TVで見てたら楽しめたんだろうけど……」|F1トルコGP, スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス|決勝順位速報:野尻智紀がポールトゥウィン!, 出光、みんなでつくるWebCMで、街のためにがんばるドライバーに元気を注ごう!『がんばろう、NIPPONのDRIVERS』キャンペーンスタート, マイナーチェンジしたメルセデスEクラスに試乗。内外装変更やARナビ、1.5Lと2.0Lの走りは?, オデッセイが7年目のビッグMCで顔つき大胆チェンジ。果たしてミニバン市場での戦闘力は?, 新型Sクラスに早くも乗った。先進技術・豪華な内装・快適な走りで最強の座は今回も揺るがず, 初代とぜんぜん違うトヨタ ミライは現時点で最高のFCVに仕上がったが、黒塗り社用車としては後席が微妙, ホンダのコンパクトミニバン「フリード」 ライバルはボディサイズ&ラインアップがほぼ同等のシエンタ, メルセデスがEQCベースで制作したワンオフのオフローダーは電気自動車ならではの走破性が印象的だ, carview!はYahoo! デリカd:5の故障率. All Rights Reserved. 燃費悪そう!? M・・・391万3,800円~ それでは早速デリカd:5の故障率を見ていきましょう。 三菱の故障率を調べる. 65年目の進化遂げたザ・高級セダンの最上級仕様とは, 【動画】竹岡 圭のクルマdeムービー 「マツダMX-30」(2020年11月放映), 池沢早人師、21世紀の狼「アルピーヌ A110S」を駆る!【第3回:ツーリング&ユーティリティ編】, アルファタウリ・ホンダ、ガスリー車のパワーユニット交換を申請も一転撤回。パルクフェルメ規則違反の疑い?|F1トルコGP, 【スーパーフォーミュラ】野尻智紀、今季初優勝。山本尚貴ステイアウト戦略も届かず|第4戦オートポリス, ホンダ「CB400 SUPER FOUR」ヒストリーガイド【名車の歴史】最新モデルのインプレとともに400cc4気筒ネイキッドの魅力を解説, ちょうどいいサイズが魅力!トップクラスの安全性能を誇るメルセデス・ベンツの7人乗りSUV「GLB 250」, スマホで駐車をお任せ! フォルクスワーゲンが「トゥアレグ」に最新のパークアシストを導入, 復活のメグロ!! サイトマップ | 免責事項 | 三菱「デリカD:5」の実燃費はどうなのか? 約2tの重量級ミニバンの実力を徹底検証, 現在JavaScriptが無効になっています。Carview!のすべての機能を利用するためには、JavaScriptの設定を有効にしてください。, ■大幅にマイナーチェンジした「デリカD:5」の実燃費は? 三菱「デリカD:5」は、フルモデルチェンジ並みの大幅な改良を受けて2019年2月に発売されました。, 現行モデルは、ラダーフレームの採用こそなくなったものの、本格的な悪路走破性能を備えた唯一のミニバンで、その屈強な走りに惹かれる硬派なミニバンユーザーから長らく支持され続けている孤高の存在といえます。 ヘビーデューティ性を重視した設計により車重は2t弱。大幅な改良を受けたとはいえ、デビューしたのは2007年と基本設計年次は古いことから、正直なところ燃費性能にはあまり期待できないのではと思われます。 パワートレインをほぼ刷新したとはいえ、JC08モードの燃費数値はビッグマイナー前からわずか0.6km/L向上の13.6km/Lですが、実燃費ではどこまで健闘するのか注目しながら、約200kmの道のりを試してみました。 なお、過度に遅めの速度で走るなど、良い燃費を出すための極端なエコ運転は実施せず、なるべく一般的で自然な運転を心がけてテストをおこなっています。 高速道路ではレーダークルーズコントロールシステム(LCC)を積極的に利用して、アクセルワークをクルマまかせにして走行しました。 走行ルートは、東京都心部から箱根エリアを往復するルートを選択。首都高3号線を経て東名高速に接続し、小田原厚木道路で高速巡航時の燃費をチェックします。 ターンパイク箱根や箱根新道でワインディング路、さらに帰路では小田原市内から東京都心部の一般道での燃費を測定しています。 その結果、205kmの走行で、実燃費は13.6km/Lとなりました。セクションごとの実燃費はどうなのでしょうか。■高速道路:首都高→東名高速→小田原厚木道路走行距離:90km実燃費:17.6km/L まずは高速巡航です。東京都港区から首都高に乗り、東名高速、小田原厚木道路を約90km走行した区間では、距離が伸びるごとにジワジワと向上し、最終的に17.6km/Lまで伸びました。 基本的に走行車線をキープして走行しましたが、ときには追い越し車線に出て普通に追い越しをしたりしての結果なので、存外な好結果といえます。 ちなみに、カタログに記載されている高速WLTCモードの燃費は14.2km/Lで、平坦な高速道路ではすぐにこの数値の前後に達しています。 駆動を2WD固定から4WDオートに切り替えると、燃費は0.3km/L程度悪化しますが、4WDオートモードは常時4輪が駆動するタイプの四駆システムで、切り替えた瞬間からステアリングに重みが増すなど、フィーリング面に明確な変化がありました。しっかりした四駆システムの割には、燃費の悪化幅は小さく抑えられている点に感心させられました。 新型デリカD:5は全域に渡って好印象ですが、とくに新しいパワートレインがとても良いです。大幅に改良された2.2リッターコモンレール式DI-Dクリーンディーゼルターボエンジンは、運転席にいる限りでは静粛性は高く、ディーゼルエンジン特有の微振動が伝わるようなことはありませんでした。 タコメーターのレッドゾーンが4200回転からという計器を見なければ、3リッターぐらいのガソリンエンジンかと思うほど自然なフィーリングで、ディーゼルエンジンが初めてという人でも違和感を抱くことはないでしょう。 低速でのトルク感は、最新の2.2リッターディーゼルエンジンに抱く期待を裏切らないレベルのもので、1名乗車時なら必要にして十分という印象です。ただし、別の機会で6名乗車プラス荷物満載の状態で乗ったときは、高速道路での追い越し加速時にやや物足りなさを感じたのも事実。高重量をモノともせずにグイグイ走る、というほどの力強さはありません。 トランスミッションは、先代モデルの6速ATから段数を増やして、8速ATを採用。トップギヤは従来型比で8%ハイギヤード化されている点も、高速巡航時の好燃費に貢献しているものと思われます。 レーダークルーズコントロールシステム(LCC)使用時の100km/h巡航時のエンジン回転は1500回転ほどで、粛々と仕事をしてくれるパワートレインという印象が強かったです。■ワインディング路:ターンパイク箱根→箱根新道走行距離:40km実燃費:9.5km/L 続いては、ワインディング路を40kmほど走行しました。全高1875mmの2t級ミニバンということで、もちろん峠を攻めるような走りは一切せず、ごく普通に走らせた結果は9.5km/Lを記録しました。さすがに高速巡航時からの落ち幅は大きいですが、車格からすると妥当な数値といえるでしょう。 ワインディング路では、重くて背の高いミニバンながら、ネガティブな部分を最低限にしか感じさせない自然な動きがとても好印象でした。 ステアリングの切り始めからコーナーを曲がるまでの一連の動きがスムーズで、かつズッシリとした重厚感を伴います。これは、国産のミニバンでは、新型デリカD:5でしか得られない感覚といえます。 サイズアップがはかられたというダンパーの減衰力がよく効いており、背高ミニバンにありがちな余計な揺れ戻しもほぼ見られません。路面からの入力を、ボディ全体の重みと強さが余裕を持って受け止めている感覚が心地良かったです。 アドレナリンがでるようなワクワク感はありませんが、運転好きのドライバーでも退屈することなく、長時間でも粛々と運転に没頭できるハンドリング性能を備えています。 かつて、デビュー当初のデリカD:5に試乗して、運転のつまらなさにガッカリした経験があるという人も、その記憶は忘れていいでしょう。最新のデリカD:5の操縦性は、昔のそれとはまったくの別物です。■一般道:神奈川県小田原→東京都心部走行距離:75km実燃費:11.8km/L 帰路では市街地走行もおこないました。交通の流れが良い小田原市内から、多少の渋滞に見舞われた東京都心を40kmほど走らせた結果、11.8km/Lを記録。車格からすれば2ケタに達すれば十分と思っていたので、これも十分納得の数字といえます。 どのシチュエーションでも感じたことですが、新型デリカD:5の重厚感のある乗り心地は好印象です。不整路に遭遇した際には、いかにも分厚い鉄板がハーシュネスを吸収・遮断しているような感覚で、ズシリ、ズシリと路面からの入力をいなしていきます。余計なピッチングを誘発することもなく、ミニバンというよりSUVを運転している感覚でした。 市街地では、思いのほか取り回し性が良いことを実感しました。背は高いものの全幅は1795mmに抑えられ、しかもスクエアなフォルムなので、カメラ類に頼らずともボディの四隅の感覚がわかりやすいのです。 最小回転半径は5.6mで、ボディがひとまわり小さい日産「セレナ」やトヨタ「ヴォクシー」など(最小回転半径は5.5m)と同じように扱えるでしょう。 全域にわたり、これだけ印象が良い上に、本格SUV並みの悪路走破性能を備えていると思えば、高速巡航時以外の燃費がそれなりでも全然許せる魅力を備えていると感心しました。※ ※ ※ 最近の三菱車に採用されるフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」の顔つきは、好き嫌いが分かれやすそうなのですが、筆者(マリオ高野)が調査した限りでは、抵抗なく受け入れたり、むしろ積極的にヨシとする意見が意外と多いようです。 個人的には、最初に写真で見たときは違和感しかありませんでしたが、実車を見るとそうでもなく、クルマそのものの印象が良いこともあってだんだん好きになれそうなデザインだと思えました。 ただ、高速道路でこの顔がバックミラーに映ると結構な威圧感なので、あおり運転と勘違いされないよう注意したいものです。, 総額約800万円のトヨタ新型「クラウン」!?

カラオケ 警察 酒, 生後8ヶ月 離乳食 量 画像, クリスタ 重ね塗り できない, カニ食べ放題 バスツアー 横浜, ワード 脚注 幅, 高知 福岡 ツアー,