ダンス 基本 振り付け 10

!ストリートダンスでもヒップホップ(HIPHOP)でもジャズ(JAZZ)でも受けたい時にいつでも受けられるダンススクールです。本校は都心部や自由が丘などの地域にあるのでレッスン後にお買い物にいきやすい好立地も魅力で、新宿ANNEX・秋葉原、中目黒は駅前校になっています。, 全校のスケジュールから店舗・ジャンル・レベルを選んでレッスンを検索することができます。, もちろんご予約なしでも受講できますが、レッスンが休講や代講の場合がございますので、ご予約されてからご来校されるのをお勧めしております。. 東京メトロ東西線「高田馬場」駅、3番口より徒歩3分 最近はテレビ、YouTube等でダンスの映像を見る機会が増えているため、あのアーティストの振付、あのアイドルのコピーダンスをやってみたいなと思うこともあるかもしれません。, でも真似して踊ってみてもなかなか上手くおどれなかったり、カッコがうまくきまらなかったり。, 本日はダンスの初心者が基礎を極めるために大事な10の練習方法とそのコツを解説していきます。, ダンスの初心者の基礎練を解説していきたいと思いますが、ここでは基本的にダンスの練習を一人で行うという前提でお話していきます。, 早く振り付けを覚えて踊りたいと思うかもしれませんが、ここはまず基礎をしっかり極めていきましょう。, 胸なら胸だけ、腰なら腰だけというふうに、その部分を意識して丁寧にトレーニングしていきましょう。, アイソレーションを行うことで身体をコントロールすることが出来るようになってくるので、自分のイメージしたとおりに身体を動かすことが可能になります。, しなやかでキレのある動きもこのアイソレーションをしっかり行うことで出来るようになります。, これはダンスの練習方法の中でも地味だしつまらなく感じる人もいるかもしれませんが、絶対にやるとやらないでは変わってきますよ。, アイソレーションのやり方など詳しい情報は下記の記事でも書いているので、合わせてご覧ください。, ストレッチで準備をし、アイソレーションで身体を動かす練習をし、やっとリズムトレーニングでダンスらしくなってきました^^, よく「私はリズム感がないから」という人を見かけますが、リズム感は後天的なものでトレーニングによって必ず克服できると言われています。, 自分の好きな音楽でいいので、それを聴きながらその音に合わせてひざを曲げる(ダウンの動き)、ひざを伸ばす(アップの動き)練習をしていきましょう。, はじめは身体に力が入ってカクカクしてしまうかもしれませんが、何事も慣れなので何度も何度も繰り返し練習してみてくださいね。, リズムトレーニングの詳細や、リズムトレーニングで使う音楽について下記記事に載せています。, リズムトレーニングでアップとダウンのリズムがわかってきたら、さらにステップの練習もしていくといいでしょう。, ダンスの振り付けが始まると色々なステップの組み合わせになってくるので、一つ一つ理解しておくといいですね。, ステップは多数あり名前がついていますが、どれもまず足の運びをしっかり覚えていくとやりやすいと思います。, はじめはちょっと足が複雑に感じるかもしれませんが、ゆっくりでいいので何度も練習していくことで「あ、これか!」というコツがつかめてきてマスターできると思うので頑張ってみてくださいね。, 体幹とは手足を除いた胴体の部分になりますが、体幹トレーニングとはこの胴体の部分を強化していくものになります。, 踊りにはある程度の筋肉が必要となり、プロダンサーのようなキレのある早い動きや力強いパフォーマンスも体幹がしっかりしていてるからこそ出来ることなのです。, 体幹トレーニングは色々な種類がありますが、その中でも簡単に出来て効果的なプランクとドローインをおすすめします。, 体幹トレーニングのやり方やその効果など詳しいことは下記で合わせてお読みくださいね。, 日頃から音楽を聴く習慣をつけ、いつもリズムを感じられるように訓練すると、リズムに苦手意識がある人にも効果的だと思います。, 自分はもっと動いているつもりなのに動画で撮ったものを見ると全然動けていなかったり、変なくせが見つかったりと・・かなり落ち込みますが、学びもあります。, それを見てここを直してみようとか新たな課題を見つけて練習が出来ると思うので、是非実践してみてくださいね。, お手本と同じように踊れるようになることがそのダンスの正解へと近づくことなので、まずはコピーするように練習していきましょう。, ダンスの練習を一人でお行っている人はYouTube動画などで自分の踊りたいスタイルを見つけて練習していくといいでしょう。, 例えば、この1か月はアイソレーションを徹底的にやるとか、リズムトレーニングを極めるとか・・・また、踊りたい振付があればそれを何か月後までにマスターするとか。。, また、あのダンサーのようになりたいとか、あのアーティストのようなパフォーマンスができるようになりたいとか、そういう目標設定もいいと思います。, そして基本がしっかりできていればどんどん踊りは変わっていくし、自分でもそれを体感できると思いますよ。, ダンサー、コリオグラファーの ダンス指導歴20年の私の経験を 「ダンスの振り付けって、どうやって作ればいいの?」 ダンス初心者だけでなく、多くの人が悩んでいると思います。 ここでは動画を参考に、創作ダンスや学祭で使えるヒップホップダンスのカッコいい振り付けが簡単にできちゃうコツを紹介します! もとにワクワクするようなダンス、 初めて振り付けを考えようとすると、どのように振り付けを行ったらいいのかがわからないという方は多いでしょう。そんなときは、最初に踊る場所や人を考えて構成を組み立てることで、どんな振り付けをしたいのかがハッキリしてきます。, 洋楽か邦楽か歌詞入りなのか歌詞がないのかなど、選曲によってもダンススタイルに大きな違いが出てくるでしょう。, この記事では、ダンスを振り付ける際の基本的な考え方について5つのポイントをご説明します。, ダンスを踊るのが初心者なのか上級者なのかによって、振り付けのレベルが決まってきます。, 初心者の場合は身体が硬く複雑なステップはまだ踊れないでしょうし、ダンス暦の長い上級者に振り付ける場合は、一緒に考えて振り付けを決めることも可能になるでしょう。, 速い動きが得意なダンサーや、ゆったりした曲で踊るのが好きなダンサーなど個人差がありますから、誰が踊るのかで振り付けが決まってしまうこともあります。, 振り付けする人が一方的に考えた振り付けで踊ってもらうというイメージを持っている方もいるかと思いますが、実際には振り付けする人と踊る人がよく話し合って決めていくことが大切です。踊る人が明確な振り付けのイメージを持っていることもありますし、一緒に振り付けを考えているうちにスタイルが決まってくることもあります。, 2人で踊る場合と5人ぐらいがチームを組んで踊るのとでは、振り付けの内容は違ってきます。, テーマにもよりますが、踊る人数が少ないチームが大きなステージで踊る場合には、空間いっぱいに踊らなければならないため、動きの大きな振り付けになります。大きなステージで踊る場合は人数を増やす必要があるかもしれませんし、ステージが小さい場合は少ない人数でも間に合うはずです。, 一般的に、少ない人数のほうが振り付けを考えるのは楽な場合が多くなっています。人数が多くなるほど全体的な振り付けを合わせるために時間と手間がかかります。, 見せるのが女性の場合はやわらかな動きの振り付けをしたほうがいいかもしませんし、男性の場合はダイナミックな構成を考えたほうがウケが良いことがあります。子ども相手に踊る場合などは、子ども目線でダンスの内容を考える必要がありますから、ダンスを見せるターゲットをしっかりとしぼりましょう。, ダンスを見せるターゲットが決まったら、そのターゲットをイメージして振り付けの内容を考えると踊りやすくなります。ただ、同じ女性でも20代の人と30代の人で好きなダンスの好みが違うこともあるので、事前にアンケートなどを取って「20代の女性が好きそうなダンス」または「30代の男性に向けたダンス」のようなデータを集めておけるとよいでしょう。, たとえば、動きの速いロックと動きがゆるやかなブルースで踊る場合とでは、振り付けのスタイルを変えなければなりません。動きの速さとダンスの難しさはイコールでないこともありますが、動きのゆるやかなダンスのほうが振り付けを考えるのが楽で覚えやすい傾向があるでしょう。, また、ダンスの曲を洋楽にするのか邦楽を選ぶのかということも、イメージを決める際には重要です。特に歌詞付きの曲であれば、歌詞に合った振り付けを考えやすくなるのでおすすめです。, ダンスを見る側の気持ちとしては、自分の知っている曲で踊ってもらったほうが盛り上がれるかもしれません。万人が好む選曲をするというのは難しいものですが、みんなが知っているようなポップな曲を選んでおいたほうが受け入れてもらいやすい傾向にあります。, 時代やそのときの流行によっても、どんな動きで踊るのかが違ってきます。50年代・60年代・70年代というように年代ごとに定番のスタイルのようなものがあるため、どんな動きで踊るのかそれぞれの年代を参考にして決めるのもよさそうです。その時代で最先端のダンスだったとしても、10年も経つと演出が古く感じられます。, ただし、あえて「50年代の雰囲気で踊るステージ」などと過去の時代を設定してテーマを決める場合もありますから、決して演出が古いから踊れないというわけでもありません。, オリジナルの振り付けを考える場合などは、過去に踊られていないスタイルを新たに編み出す必要があるでしょう。, 踊りながら振り付けを考えているうちに構成が決まるということもありますが、ダンスのオープニングとエンディング、見せ場をどこにするのか、何分ぐらい踊るのかを最初に決めると、振り付けるのが楽になります。

アレクサ 音楽 プレイリスト 29, Youtube Api スプレッドシート 5, 紗理奈 息子 学校 6, 客主 ソリン 死 5, 田中 隆 早稲田 出身 5,