セシル 年齢 ff4 13

終章がパーティー編成フリーで、セオドアを外すことが可能であることが一番の理由だと思うが、 セシル・ハーヴィ(Cecil Harvey)はスクウェア(現:スクウェア・エニックス)が発売したゲームソフト『ファイナルファンタジー4』(以後、FF4)および、『ファイナルファンタジー4 THE AFTER -月の帰還-』(以後、TA)、『ディシディアファイナルファンタジー』(以後DFF)などに登場するキャラクターで、暗黒騎士及びパラディンである。FF4本編において主人公を担う。 声優(DS版、DFF)は程嶋しづマ。 体重:58kg(同上) セオドアに何らかの関係がある人の大半:青年 リディアやポロムにさえ見下ろされてしまうほどで、少年然としすぎている印象も。, 最初は優秀な両親の血を引いていることで、周りから掛けられる大きな期待に悩んでいるが、 『ファイナルファンタジーIV』(ファイナルファンタジーフォー、FINAL FANTASY IV、略称:FFIV、FF4、ファイファンIVなど)は、1991年7月19日に日本のスクウェアから発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。同社の『ファイナルファンタジーシリーズ』本編第4作目にあたる。, 主人公のセシル・ハーヴィを操作し、ミスト近辺に出没する幻獣を討伐するため旅に出る事からストーリが開始される。, 本作からタイトルロゴのスタイルが一定となった。本作のタイトルロゴにはキャラクターのひとりであるカインが描かれている(DS版はゴルベーザとなっている)。また、演出面の向上やアクティブタイムバトルシステムの導入などを特徴としている。, オリジナル版は、スーパーファミコン向けソフトとして1991年7月19日に発売された。スクウェアのスーパーファミコン参入第1弾ソフトである。, 開発はスクウェアが行い、前作から引き継いだスタッフとしてプロデューサーは宮本雅史、ディレクターは坂口博信、音楽は植松伸夫、キャラクター・デザインは天野喜孝が担当している他、ゲーム・デザインおよびシナリオ担当としてゲームボーイ用ソフト『魔界塔士Sa・Ga』(1989年)を手掛けた時田貴司、メイン・プログラマーとして成田賢が新たに参加している。, PlayStationやゲームボーイアドバンスなど様々な機種に移植された他、2007年にニンテンドーDS用ソフトとしてリメイク版が発売された。また、後に外伝作品『ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-』(2008年)が携帯電話アプリ等で配信された。, ゲーム誌『ファミ通』の「クロスレビュー」においてスーパーファミコン版がプラチナ殿堂、ゲームボーイアドバンス版がゴールド殿堂を獲得した。その他、続編となるスーパーファミコン用ソフト『ファイナルファンタジーV』(1992年)が発売された。, オリジナル版の発売前後に放送されたテレビCMは、笑い声とチョコボのテーマをバックにダチョウが海岸を走り抜けるというものだった。, 本作ではシリーズの他の作品のような独特の成長システムを持たず、システム的にはオーソドックスな物を採用しているが、本作独自のシステムも存在する。その一方で、シナリオ上はプレイヤーキャラクターの入れ替わりが多い。, 前作はワールドマップ上でしかセーブができなかったが、本作からはダンジョン内にも「セーブポイント」が設けられ、セーブポイント上であればセーブを行うことが可能になった。ここではセーブだけでなく、テントやコテージを使用してHP・MPを回復させることもできる。, 1991年10月29日には、プレイヤー側の攻撃が弱く前半が難しいと指摘されていた事を受け、低年齢層など幅広いユーザーにプレイしてもらう為の変更がなされた『ファイナルファンタジーIV イージータイプ』(FINAL FANTASY IV EASY TYPE)が発売された。バランス調整以外にも、魔法の名前がシンプルな物に変更されている、隠し通路が見えるなど、全体的に難易度が下がっている。元々は、アメリカで発売された『Final Fantasy II』(後述、『II』はSNES版における表記)を日本語化して再移植したものである。, すべてのクリスタルを手中に収めんとするゴルベーザと、それを阻止しようとするセシルの戦いはバロン王の急変に始まった。[4]強大な軍事力を持つバロン王国の飛空艇団「赤い翼」の隊長セシルは、ミシディアから「水のクリスタル」を奪うという任務を受け、これを達成した。しかし、その過程で無抵抗の人間に危害を加えてしまったことに罪悪感を抱いたセシルは、心優しかったはずのバロン王の変心に疑問を抱き、クリスタルを渡す際に王に真意を問うが、王の怒りを買って赤い翼隊長の任を解かれる。セシルはその代わりにミスト近辺に出没する幻獣の討伐を命じられ、竜騎士団の隊長である親友カインと共に旅立つこととなる。ところが本当は王から渡されたボムの指輪の目的は召喚士の村、ミストの村を焼き払う物だった。ミストの生き残り、リディアを保護したセシルは母国バロンの追っ手から逃れるさなかに、真の敵ゴルベーザの存在を知る。ゴルベーザの野望の前に愛娘を殺されたテラ、恋人を亡くしたギルバート、幼いゆえに純粋な正義感で協力してくれるパロム&ポロム。何人もの仲間との出会いと別れを越えてセシルたちはゴルベーザと直面するのだった。[5], 本作の世界は2つの衛星を持った惑星「青き星」(作中では地球のように表現されており、文明は中世レベル程度である。2つの衛星の内、1つは現実の月のように何もない世界であるが、もう1つの月(元々は移民用の巨大な宇宙船を月のようにカモフラージュした物だが、本編では特に言及されていない)には月の民と呼ばれる人々が住んでいる。月の民は青き星の文明を尊重しており、彼らは基本的に地上に干渉していない。, 文明を持つ「青き星」と「月」にはクリスタルが8つずつあり、物語はこのクリスタルを巡っての争奪戦から始まる。クリスタルには自我が存在しており、言葉を話す。また魔導船の動力となっていたり、不思議な効力を持っているなど、今作では便利なアイテム扱いの傾向が強い。クリスタルの正体は続編「ジ・アフター」で明らかになる。, 地上には6つの国家が存在する。クリスタルの内の4つがそれぞれ火・土・水・風と呼ばれ、4国家に安置・封印されている。バロン王国を除き、古くから何らかの形で月との関連を持っている。, 住民は人間の他、ドワーフ族の末裔や獣人なども少数ながら確認できる。また、どの国家にも属さない小さな村もいくつか存在する。, 小柄なドワーフ族によって治められる地底世界。大きな城が1つ、小さな村が1つあるほかはいくつか洞窟があるだけである。地形がマグマで覆われているため、主にドラゴン系や火の属性を持ったモンスターが多く生息している。, この世界でクリスタルは「闇のクリスタル」と総称されている。4つ存在しているが、うち2つはセシルたちが来るまでにゴルベーザの手に渡ってしまっている。, 地底世界の更に奥深くに存在する幻獣たちの住処で、この世ならざる世界と呼ばれている。現世よりも時間の流れが速い。地上ではミストの村が幻獣の世界に最も近い場所にある。地底世界にある幻獣の洞窟が唯一の経路だが、洞窟を抜けるには一面に広がるダメージ床を通っていかなくてはならない。基本的には住人のほとんどは友好的な態度で接するが、中には人間に対してやや警戒心を持つものもいる。, 本作の「もう1つの月」は、元々火星と木星の間にあった星が滅んだ際、そこに住んでいた人々が眠り場所として作ったもので、いわば巨大な宇宙船のようなものである。月の溪谷の地下では月の民が眠りについている。また青き星を征服しようとしたゼムスも地下溪谷に封印されている。地下溪谷ではゼムスの放った刺客が襲い掛かり、またゼムスマインドのような偵察用のモンスターも配備されている。獣人族の一部は、後に月からの移民の子孫である事が判明する。月面には強力なモンスターが生息しており、そこへ向かう主人公たちを待ち受ける。, 本編でのプレイヤーキャラクター(パーティーに加わることになるキャラクター)は、以下の12人である。主人公のセシルを除くメンバーは、シナリオの進行によって加入と離脱を繰り返していき、最大5人を操作していくことになる。, 1997年3月21日、及び1999年3月11日にはPlayStation版が発売されている(1997年に発売されたのはコンビニエンスストア向けの単品、1999年に発売されたのは『FFV』及び『FFVI』を含めた一般ルート向けの『ファイナルファンタジーコレクション』)。, 2002年3月28日には「スクウェア マスターピース」シリーズの1つとしてワンダースワンカラー版が発売。2005年12月15日にはゲームボーイアドバンス版『ファイナルファンタジーIV アドバンス』(FINAL FANTASY IV ADVANCE)が発売されている (ゲームボーイミクロ本体とソフトとの同梱版『ファイナルファンタジーIV アドバンス+天野喜孝デザインGBミクロFFモデル同梱セット』も発売[6])。, 2007年12月20日には3DでフルリメイクされたニンテンドーDS版が発売。2009年8月4日からWiiのバーチャルコンソールでスーパーファミコン版が配信されている。, 2009年10月5日よりiアプリ(NTTドコモ)版の配信が始まり、同年12月10日にはEZアプリ (au) 版が配信され、2010年1月13日にはS!アプリ(ソフトバンクモバイル)版が配信されている。, 2011年3月24日には『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』 (FINAL FANTASY IV Complete Collection FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS) として、PlayStation Portableにて発売。 (というか第3部で呼ばれた戦士は神ではなく世界の願いが呼び出した存在なそうなので、今後メインストーリーで登場するのはどちらの戦士でもないのだろう)。 フォースアーマー【IV】を装備することで超必殺技「クロススラッシュ」 終盤では操られた幻獣王夫妻と戦うリディア達を見て、何故自分は執拗に両親の血に拘るのかと考え出し、 Final Fantasy II: What Did Critics Think in 1991? FF4の続編『FF4 THE AFTER 月の帰還』の主人公。セシルとローザの息子。 名前の通りカイン編はカインが主人公の章であり、それがセオドア編(本編)からそのまま繋がるため、 カイン編で引き継がずに始めた場合も、開始時のレベルは1になってしまう。 (もっともセシル本人は自分が生真面目だと言う自覚は無さそう)。, 生まれついての王子様なのに口調は普通の少年風。 戦闘におけるコンセプトは、異なる二つの姿を駆使して戦う「スタイルメイカー」。 ブレイブブレイド【IV】を装備することでリミットチェイン超必殺技「ホーリーバンド?」 親とカインの能力を足して割った感じになっており、ドラゴンスレイヤーが無ければ騎士剣でジャンプするメリットは薄い。 時田氏がツイッターにてセオドアbotに話しかける際には「セオ」と呼び、 魔法もレベル50になれば重要なものはだいたい使えるようになる。 ……ありぃ? なんかりりしくなってるぞ? 真面目で優しい青年。悪く言えば堅苦しい。 シド等の人物:少年 SFC組(バッツ、ティナ)とのパーティタグ. また、それぞれの姿にブレイブ攻撃がそれぞれ個別に存在するため、攻撃アビリティ数はかなり多い。 出来ない事がある度に両親としばしば比較されていたらしい。, 武器は騎士剣。実装された時に「ドラゴンスレイヤー」を持っていた。 エンディングではバロンに戻り、王位を継いでローザを妃に迎えている。 バロン組(ローザ・カインとのトリオタグ) 最強軍事国家バロンの主力部隊である飛空艇団赤い翼(赤き翼)の隊長を務めていたが、ミシディアの水のクリスタル奪取任務を遂行後、国王への疑念を看破され、部隊長の任をとかれ、カインと共にミストの谷の幻獣討伐の任に就く。 コンビ・その他 ブレイブハート【IV】を装備することで超絶必殺技「ツインラッシュ」 配役は時田貴司がオリジナル版のシナリオを書いた時に、イメージしていた声優が多く含まれている。, GBA版の追加要素(パーティチェンジや追加ダンジョン)は廃止されている。また、GBA版でもいくつかのバグが公式に告知されたが、DS版にもゲーム進行に支障を来すバグがある[53]。2010年3月4日よりアルティメットヒッツ版(廉価版)が発売された。, 2011年3月24日、『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』として発売された。『ファイナルファンタジーIV』本編、『ファイナルファンタジーIV THE AFTER 月の帰還』を同時収録した上で、さらに両作品をつなぐ新シナリオを追加している。グラフィックは2Dだが、PSPの性能に合わせ大幅に描き直されている。ゲームボーイアドバンス版をベースとしており、シナリオ終盤でのパーティ入れ替えや新ダンジョンの試練の洞窟ならびに月の遺跡、そしてモンスター図鑑や音楽鑑賞モードなど、GBA版の新要素はすべて収録されている。さらにニンテンドーDS版のムービーがシナリオ中に挿入されるほか、BGMをオリジナル版とDS版で切り替えることができるなど、DS版の要素も取り入れられている。それらに加えPSP版の新要素として、ギャラリーモードが搭載された。, 2012年12月20日にiOS版が、2013年6月3日にAndroid版が配信開始された。DS版を元に移植されているが、iOS・Android端末に会わせる形で3Dグラフィックをリニューアルしたほか、イベントも変更されている。難易度も遊びやすく調整されており、ユーザーインターフェースもタッチ操作に最適化されている。iOS版はGame Centerにも対応したほか、ユニバーサルアプリとなっており、iPadの画面サイズにも対応している。, 現在の『ファイナルファンタジーIV』は、元々『ファイナルファンタジーV』として企画されたものであり、それとは別のファミコン用ソフト『ファイナルファンタジーIV』と同時に製作発表が行われた。開発開始は同時だったものの『ファイナルファンタジーV』の方が開発状況が先行しており、市場状況との兼ね合いもあってファミコン版『ファイナルファンタジーIV』の開発は一時凍結、スタッフを『ファイナルファンタジーV』に集中して先に発売してファミコン版『ファイナルファンタジーIV』は後から開発されることになった[54]。『ファミコン通信』では内容予想の企画で、飛空艇を店で売っている飛空艇屋が登場する『ファイナルファンタジーIII』風のファミコン版『ファイナルファンタジーIV』のゲーム画面が創作され、掲載されたこともあった。しかしファミコン版『ファイナルファンタジーIV』は初期コンセプトが作られたのみで、本格的な開発には至らないまま[55]製作中止となり、『ファイナルファンタジーV』のナンバリングが繰り上がって『ファイナルファンタジーIV』になった[56]。シリーズ前3作のシナリオを手がけた寺田憲史によると、お蔵入りしたのは経営側が開発に介入した事が原因であり、またSFC版についてもゲーム内容にまで口を挟まれた為、ファイナルファンタジー新作(SFCの『ファイナルファンタジーIV』)のシナリオから降りたとのこと[57]。, また、立案された企画の中には、田中弘道によるシームレスバトルの『ファイナルファンタジーIV』案があった。この企画はコンペに敗れ、漫画家の鳥山明とコラボレーションしたスーパーファミコン用CD-ROM専用のオリジナルタイトル『クロノ・トリガー』(企画段階であり、CD-ROMの大容量を活かした内容になる予定だった。堀井雄二は参加していない)として企画され直すのだが、スーパーファミコン用CD-ROMの開発を任天堂が中止したため開発は中止になった。『クロノ・トリガー』の企画再編は一時保留され、それとは別にモーションバトルシステムのゲームとして再編される。さらに、聖剣伝説シリーズとして企画修正されて『聖剣伝説2』として発売されるに至った。後に『クロノ・トリガー』も、堀井を迎えたドリームプロジェクトの企画として生まれ変わり発売に至った[58]。, 本作で使用されているBGMは、全曲とも植松伸夫によるものである。スーパーファミコン発売から1年にも満たない当時、この作品の音楽は「スーパーファミコンの音楽はここまで出来るのか」と高く評価された。当時のニュース番組でも関連CD『ケルティック・ムーン』の制作風景がゲーム音楽の特集というトピックで取り上げられている。スーパーファミコンに媒体が変わったことではるかに残響を備えた音色の選択が可能になり、持続の長い音色が長いタイムスパンで鐘のように連打される表現などはその後のFFシリーズの音楽性を決定づけた。, この露出と前後して、本作以降FFの音楽から音源の性能を考慮したコミカルな楽曲は徐々に減少していった。なお、劇中の月面フィールドで流れるBGM 「もう一つの月」ではディレイ効果によってティンパニの音にリバウンドがかかったような音色を生んでいるが、このようなテクニックは『VII』以降はほとんど聞かれる事はなく、既存の様式をそのまま模倣する態度がより顕著になる。, この高品質サウンドには裏話があり、スーパーファミコン初期に古代祐三が手掛けた『アクトレイザー』(1990年)の音楽を聴いたスタッフが驚愕し、開発終盤にもかかわらずサンプリング音を一から録り直したという事が知られている。これはゲーム雑誌『ファミ通』のインタビューなどでサウンド担当の植松が明かしていた。, 今作の「プレリュード」には一度目の繰り返し以降にオーケストラ的な和声と対旋律が初めて付加されており、後年の路線を垣間見る事が出来る。結果的に伴奏に転じてしまったお馴染みの音形に、加算型と減算型のディレイ(1/32*1/32)が交互に使われている。「ファイナルファンタジーのテーマ」は今作では「オープニング(Prologue)」と題され、音域が吹奏楽のレンジをそのまま使える事によるアレンジであった。また、DS版が発売されるにあたり、「愛のテーマ」をモチーフにしたテーマソング(「月の明り - ファイナルファンタジーIV 愛のテーマ」)が作られ、ボーカルには公開オーディションにて伊田恵美が選ばれた。, この他、『F.F.MIX』で「ファイナルファンタジーIV メインテーマ」のレゲエアレンジ、『THE BLACK MAGES II 〜The Skies Above〜』で「ゴルベーザ四天王とのバトル」のハードロックアレンジが収録されている。「愛のテーマ」は、楽譜が小学生用の音楽科の教科書に掲載されている。, 任天堂とスクウェアが共同で開発したスーパーファミコンソフト『スーパーマリオRPG』(1996年)にて、隠しボス戦のBGMとして本作のボス戦闘曲である「バトル2」、その戦闘の勝利BGMとしてFFシリーズ共通の「勝利のファンファーレ」が、それぞれアレンジされて使用されている。なお、この戦闘で登場するボスキャラクターはFFシリーズを意識したデザインとなっているが、BGM以外は本作とは全く関係がない。, 本作品の外伝作品で、十数年後の世界が舞台。2008年より携帯アプリやWiiウェアなどで配信されているほか、PSP版ではカップリングされている。, これまで、『ファイナルファンタジーIV』に関連した以下の音楽CDが発売されている。(初版発売日、発売元/販売元)と表記する。, 上記以外に、SQ MUSICシリーズの数作品にて本作の楽曲をアレンジしたものが収録されている。, 2008年12月25日にスクウェア・エニックスより上下巻が同時発売。原案・監修:時田貴司、著作:手塚一郎、挿絵:オグロアキラ。.

ジョイントマット 代わりになる もの, ノーゲーム ノーライフ 2話 無料動画, ミステリーランチ 3dayアサルト コーデ, 革財布 ハンドメイド 大阪, 家事ヤロウ クリームチーズ ヨーグルト, バナナ マフィン 子供, リッチェル ステンレスマグ パーツ, Ekワゴン キーレス 電池種類, 食事中 水 嘘, はてなブログ ヘッダー画像 スマホ, Html5 Tableタグ 非推奨, 株式会社スミカ クリエイト 求人, Iphone カメラ ハイライト, 日本橋高島屋 オードリー 並ぶ場所, 換気扇 外し方 プロペラ, キャンドゥ ペーパーボックス フタ付き, システム エラー 1326, 株式会社スミカ クリエイト 求人, Aviutl テキスト アニメーション 1文字ずつ, Chrome 別ウィンドウ 勝手に, ゴルフ6 オイル交換 リセット, アイアンマン 1 あらすじ, たけのこ 豚こま オイスター, マ マー 超 もち 生パスタ 濃厚海老 トマト クリーム, エトヴォス 化粧水 アクネ, ラーメン二郎 神保町 テイクアウト, 中日 勝野 抹消 なぜ, メルカリ 評価 非表示 やり方, 子供3人 車 フリード, まるちゃん 冷やし中華 冷凍, エクセル 変更履歴 共有しない, クレヨン おすすめ 幼児, 中野坂上 カフェ バイト, Outlook Teams会議 転送, バッファロー Wi-fi 履歴,