サッカー セットプレー 戦術 11

1990年イタリアw杯以来、実に28年ぶりとなる準決勝進出を果たしたイングランド代表。その躍進の要因の一つに、セットプレーがある。特に話題となっているのが、チームを率いるギャレス・サウスゲイト監督が、わざわざ米国まで出向きバスケットボールの戦術を参考にしたというエピ … サッカーのセットプレーとは、フリーキックやコーナーキックなどボールを止めてから蹴ることのできるプレーを指します。セットプレーは、プレッシャーを受けずにボールを蹴ることができますので、戦術として色々なプレーをする可能性があるので、得点を取る大きなチャンスです。, サッカーにおけるセットプレーとは、フリーキックやコーナーキックなどボールを止めた状態からリスタートする方法のことです。セットプレーは、サッカーにおいて大きな得点チャンスとなります。, サッカーにおけるセットプレーの1つとして、フリーキックがあります。直接フリーキックであれば、オフェンスにとってゴールを狙うことのできる方法です。, サッカーのセットプレーのもう1つの解釈としては、コーナーキックがあります。オフェンスにとってはゴールを奪う大きなチャンスです。, サッカーのセットプレーは多くの戦術を立てることができます。単純にセンタリングをゴール前に入れて、ヘッドで勝負することも方法の1つです。, サッカーにおけるセットプレーは、オフェンスにおいて大きなチャンスとなります。セットプレーで最も効果的なのは、ヘッドの強い選手がゴール前で競り合う方法が一般的です。ディフェンスでヘッドの強い選手をゴール前に配置できるのでセットプレーで活かせます。, サッカーのセットプレーを活かして得点を取る方法として、ヘッドの強い選手にボールを合わせる方法が1つです。ヘッドが強い選手、得意な選手であれば、質の良いボールを供給して、ポジション取りさえしっかりとできれば、ゴールを奪うチャンスが広がります。, サッカーのセットプレーから得点を奪うためには、精度の高いキックがポイントです。フリーキックでもコーナーキックでもキックの精度が1番重要になります。, サッカーのセットプレーを活かした攻撃の方法として、マークのついていない選手にシュートを打たせる方法があります。コーナーキックにしてもフリーキックにしても、サッカーではゴール前は、大勢の選手で固めるのが一般的です。, サッカーにおけるセットプレーからの戦術は何通りも考えられます。効果があるかどうかは別としても、今でも見たことのないような戦術を採用することがあるからです。サッカーのセットプレーには、発想次第で使える戦術はまだまだあります。, 卓球の戦術を考えることは、試合に勝つために必要不可欠な要素です。卓球の戦術を考えるために、自分のプレースタイルの特徴や相手の弱点を把握していきましょう。また、卓球の戦型によって適した戦術は異なり、プレースタイルに合った戦術を実行することで勝利に近づくことができます。, 卓球のダブルスの戦術は、自分とパートナーの戦型の特徴や、対戦相手の特徴によって決めることが重要です。また、卓球のダブルスで勝つためには、パートナーのポジションや強みを考えながら、打法を選択していくようにしましょう。ダブルスは強い選手同士が組めば必ずしも勝てるわけではなく、勝つための戦術が明確になっているペアが勝ちやすくなります。, ブルペンデーとは、先発投手を温存させ中継ぎのリリーフ陣のみで1試合投げ切る作戦です。メジャーリーグ(MLB)で定着しつつある作戦で、プロ野球でも2019年シーズンにブルペンデーを採用する球団が出てきました。ブルペンデーを活用することで、相手打線を翻弄させる意味・効果があります。, サッカーのオフェンス戦術とは、得点を奪うための戦い方のことです。オフェンスで多くの得点を奪うためには中央突破やサイドアタックなどのオフェンス戦術を理解する必要があります。オフェンス戦術を正しく理解し、練習を積むことで、チームの攻撃力を高めることができます。, 横浜Fマリノスのフォーメーションは4-3-3を基本として、ポゼッションサッカーで圧倒的な強さを示してきました。横浜Fマリノスが展開する攻撃的で魅力的なサッカーは、緻密に構成されたフォーメーションや戦術から成り立っていて、多くのサッカーファンの注目を集めています。, Activeる! | Activeる! 2008年に渡西し、スペイン協会公認サッカー指導者ライセンスレベル3取得(日本のS級相当)セビージャの街クラブ、サン・アルベルト・マグノでInfantilU-14の監督を務める。, ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの守備時のタスクのまとめ完全版を公開します。, ブスケツ、サウール、カゼミロ。「ボランチの能力で試合は決まる」そんな言葉が当たり前になるほど、スペインでは中盤の中央でプレーするボランチのポジションを重要視しています。今回はボランチの攻撃時のタスクのまとめ完全版を公開します。, カルバハル、ジョルディ・アルバ、マルセロ。サッカーにおいて、サイドバックの能力が試合を優位に運ぶ上で重要だと言われています。サイドバックが機能するかどうかで勝負が決することもあります。今回はサイドバックの攻撃時のタスクのまとめ完全版を大公開。, グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・守備時のタスクまとめ完全版を大公開。, グリーズマン、スアレス、ジエゴ・コスタ、アグエロ。点取り屋が前線から守備をする光景はもはや当たり前。高度なチーム戦術の守備タスクをこなしつつ、攻撃時には周りと連携してゴールに迫ります。今回はフォワード・攻撃時のタスクまとめ完全版を大公開。, FIFAの公式記録によると、30%以上のゴールがセットプレーから生まれたようです。, ゾーンにいたケーンは、ボールが自分の頭上を超えると、一気にニアポスト、ゴールライン上に向かいます。, イングランドは、ゾーンとして1人をゴールライン上ファーポストに配置、さらにもう一人をニアポストの延長線上、そしてゴールエリアのラインから少し手前に配置し、キック後、ボールが頭上を越えると、この選手はニアポストへ移動し、GK、もう一人のゾーンの選手と3人でゴールを守る。, ケーンはボールが自分のゾーンを通過した時、一気にニアポストに移動しています。そしてピックフォードもゴールラインに立ち、トリッピアーと共に3人でゴールを守っています。, イングランドはCKの攻撃が特徴的なチームですが、守備でもチームの決まりを持ってゴールを守っています。, 【解説】サッカーフォーメーションダイヤモンド型4-4-2の長所・短所とシステム変化. 現代サッカーで日に日に重要性を増しているセットプレー。2018fifaワールドカップロシア大会でも多くのゴールがセットプレーから生まれたようです。ワールドカップのイングランド代表のコーナーキックの守備を徹底分析します。 日々の生活をアクティブに彩るスポーツなメディアです。. 特集②20-21欧州展望。新時代を切り開く戦術家たち, 愛知の片田舎出身・在住。バスケットボールをメインフィールドに、サッカーや野球、他の球技を眺め続けて幾十年の本業サラリーマン。Bリーグのブログではブースターのみならず、選手・フロントからも高い評価を受けている。正しい構造と意図されたカオスが好き。Twitter:@Nacky_FENGCD, 将棋・渡辺明名人(棋王・王将)に聞く、将棋の進化の最前線とサッカーの進歩との類似性_後編, 中央封鎖、陣形維持の守備からの ロングカウンター。シーズンを経るごとに洗練されるヌーノ・ウルブスのスタイル, 戦術的ピリオダイゼーションの伝道師パウロ・フォンセカ。ローマでの3バック導入はカルチョへの適応の証, 「ウイイレ」最新作『eFootball ウイニングイレブン 2021 SEASON UPDATE』 [今月のプレゼント(Issue081)]. 現代サッカーで日に日に重要性を増しているセットプレー。2018FIFAワールドカップロシア大会でも半数以上のゴールがセットプレーから生まれたようです。FIFAの公式記録によると、30%以上のゴールがセットプレーから生まれたようです。, FIFAの公式ページ記録→https://es.fifa.com/worldcup/statistics/, そこで今回は2018年FIFAワールドカップロシア大会のセットプレーの分析を行います。セットプレーには、キックオフ、ゴールキック、CK、スローイン、直接FK、間接FK、PKが、攻守において存在し、さらにドロップボールも含まれます。データが示すように現代サッカーにおいてセットプレーから多くの得点が生まれていますし、それはロシアワールドカップでも同様でした。, 本編は、セットプレーにおいて多くのバリエーションを持っているイングランドに注目し、CK(コーナーキック)の守備を分析します。, 【イングランドCK攻撃】2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集①(全5回), 6人の選手たちをペナルティーエリアに送り込み、センタリングのターゲットはペナルティースポットに入ってくるミナです。ファルカオとダビンソンはくっつき、そこからファルカオはファーポスト、ダビンソンはペナルティースポットのミナの前に入ってきます。他の3人の内、2人(赤丸5、6)がゴールエリアのライン上で相手をブロックし、もう一人(赤丸4)はファーポストにいて相手をブロックします。, ペナルティーエリア内にいるコロンビアの選手一人ひとりにマンマークを付けます。ファーポストより、ペナルティーエリアギリギリのところにポジションを取る3人にはヘディングの強い選手を付けています。ミナにはマグワイア、ファルカオにはストーンズ、ダビンソンにはヘンダーソンが付いています。その他3選手にもマンマークを付けています。, トリッピアーはゴールライン上ファーポストにゾーンで配置され、ケーンはニアポストの延長線上、そしてゴールエリアのラインから少し手前にゾーンで配置されています。, GKのピックフォードはアウトスイングのボールが来るので、ゴールラインより前に出ています。, これらの配置により、ニアポストからボール寄りのサイドにはスペースが生まれています。, ミナは3人で固まっていたグループから一旦離れ、マグワイアのマークを外し、ペナルティースポットに向かいます。ファルカオはファーポスト、ダビンソンはペナルティースポットに向かっていく中、イングランドマークを変えないで1対1を維持しようとします。, ゾーンにいたケーンは、ボールが自分の頭上を超えると、一気にニアポスト、ゴールライン上に向かいます。ピックフォードはボールにアタックできないと分かると、ゴールラインまで下がります。これによりトリッピアーと共に、3人でゴールを守っています。他の選手たちは1対1を維持し、ボールに近い選手がアタックすることになります。しかしミナがマグワイアの前に入ることに成功し、一瞬フリーになりましたが、ヘンダーソンはダビンソンのマークを外しませんでした。ミナはダビンソンとかぶる形になり、シュートは枠を外れます。この時、ストーンズはボールに向かっていたので、ファルカオがフリーになっていました。, イングランドは、ゾーンとして1人をゴールライン上ファーポストに配置、さらにもう一人をニアポストの延長線上、そしてゴールエリアのラインから少し手前に配置し、キック後、ボールが頭上を越えると、この選手はニアポストへ移動し、GK、もう一人のゾーンの選手と3人でゴールを守る。彼ら以外のペナルティーエリアにいる選手たちはマンマーク。ペナルティーエリアの外にリバウンドを狙う選手がいる時は一人マークに付け、前線に一人を残すという形を取っています。, まだ配置が整わない時点で、スウェーデンの選手が一人、集団から外れて歩いているので、スターリングがマークしますが、後から余った味方の選手がマークに付きます。これまでのイングランドの守りから考えると、この場合、スターリングはペナルティーエリアの外の選手をマークすることになります。, ニアポストにいた選手がケーンの前に入って自分のマーカーと、ケーンを引きつけようとします。他にもう一人ニアポストに入ってくる選手がいますが、これらは囮の動きとなります。先程歩いていた選手は、急にスピードを上げて、ペナルティースポットに向かいます。センタリングのターゲットはグランクヴィストの場所(赤丸4)です。赤丸2、3の選手たちは相手をブロックします。そしてペナルティーエリアの外では1人選手がフリーとなっています。, トリッピアーがゴールライン上ファーポスト、ケーンがニアポストの延長線上に立ちます。, ペナルティーエリアの外でスウェーデンの選手がフリーとなっていますが、この選手を捕まえるべきスターリングは、最初にマークを受け渡してから、自分の仕事を見失っています。, スウェーデンのニアポストにいた選手がケーンの前に入るので、ケーンは一瞬、自分の前で合わされることを警戒します。, 他の選手たちはマンマーク、トリッピアーはゾーンで守備をしていますが、スターリングはマークもゾーンでの守備も行っていません。, ターゲットのグランクヴィストはフィニッシュの前にマークしていたマグワイアにファールをしたことでプレーが止まりますが、流れたボールに対して、ペナルティーエリアの外の選手がフリーで反応しています。ケーンはボールが自分のゾーンを通過した時、一気にニアポストに移動しています。そしてピックフォードもゴールラインに立ち、トリッピアーと共に3人でゴールを守っています。, 【オススメ記事】知らなきゃ損!スペイン発・世界サッカーのトレンド【アシンメトリー戦術】前編, イングランドはCKの攻撃が特徴的なチームですが、守備でもチームの決まりを持ってゴールを守っています。センタリングを上げる瞬間までゾーンにいた選手が、フィニッシュの局面ではニアポストに入り、ゴールを3人で守っているのは着目すべきプレーです。さらにヘディングの強い選手たちが揃っており、その選手たちがマンマークで相手のターゲットになる選手を抑えます。どちらかと言うと、相手に合わせるというより、自分たちのストロングポイントを活かして守備をしていると言えるでしょう。イングランドだけでなく、どのチームもターゲットとなる選手を抑えにかかりますが、イングランドはフィニッシュされた場合にも対処できる戦略を用意しています。, ​​​​​​​2018ロシアFIFAワールドカップ・セットプレー分析総集④(全5回), スペイン・セビージャ在住。 1990年イタリアW杯以来、実に28年ぶりとなる準決勝進出を果たしたイングランド代表。その躍進の要因の一つに、セットプレーがある。特に話題となっているのが、チームを率いるギャレス・サウスゲイト監督が、わざわざ米国まで出向きバスケットボールの戦術を参考にしたというエピソードだ。, 今や母国では時の人となった指揮官はいかにしてバスケの戦術をセットプレーに組み込み、果たしてどれほど効果的なのか。両競技の特性を比較しながら考察する。, 総得点11のうち8点がセットプレー(3点はPK)、5点がヘディング――今大会のイングランド代表の得点の内訳だ。52年ぶりの栄冠まであと2つ、というところまで来た彼らの得点方法の偏りはとても面白いけれど、あるところでこの偏りがさらに興味深くなる話を耳にした。「イングランド代表が、セットプレーにおいてバスケットボールの戦術を参考としている」という話だ。, この言葉を聞いたのは、グアルディオラ率いるバルセロナを指した表現が最初だったように思う。それはどちらかというとボールを握り、相手が狭く守るところをどのように崩すか、という文脈が強かったように記憶している。, しかし、今回のロシアW杯において、イングランド代表はまた少し違ったアプローチで、バスケットボールの戦術を採り入れてきたということらしい。, もともと、サッカーとバスケットボールは似通ったゲーム性を持ったスポーツだ。自陣と相手陣、それぞれの中心あたりに置かれたゴールへシュートを入れることで勝利に近づく。その勝利条件に引っ張られて守備の方法が似通い、そこに対抗するための振る舞いも同様に似通ってくる、という構図だ。しかし、別のスポーツである以上、まったく同じというわけにはいかない。一番わかりやすいのは「手を使うか足を使うか」であろう。だが、戦術をコンバートする時に最も悩ましいのは、「身体接触に対する考え方」の違いのように思う。, バスケットボールにおける身体接触の基本的な考え方は、「攻守、そしてボールの行方にかかわらず、先にそのポジションを占有したものに優先権がある」というものだ。例えば、先にポジションを取った守備側の選手が攻撃側の選手の動きを遮った時、反則を取られるのはボールの有無を問わず“攻撃側の選手”である。一方でサッカーの場合、基本的な考え方は「ボールに直接プレーできなければ妨害となる」である。先ほどと同じシチュエーションで考えると、守備者がボールにアタックできれば正当なプレーと見なされるが、ボールに触れられなかったり、あるいは両選手ともボールがプレーできる範囲内にない状況であった場合(インピード、以前はオブストラクション)、“守備側の選手”の反則となる。, この違いが端的に現れているのが、バスケットボールの戦術である「スクリーン」だ。このプレーは、ボールを持たない攻撃側の選手が守備側の動く方向へと先にポジションを取り、守備側の選手に遠回りやマークの受け渡しを強制的に強いる。「ピック・アンド・ロール」と呼ばれるプレーにしろ他のプレーにしろ、バスケットボールにおいてはこのプレーなしでは攻撃は成り立たないと言っていい。スクリーンを使って少しでも多くの守備のズレを作り出し、良いシュート機会を作ろうとするのが現代バスケットボールにおける攻撃チームの振る舞いになる。, しかし、前述した通り、このバスケットボールの戦術をそのままサッカーに採り入れようとしても、インピードの反則となってしまう。ではどのように採り入れていけば良いのか。その一つの解答にたどり着いたのが今回のイングランドのセットプレーになる。先日行われたイングランド対スウェーデン戦におけるイングランドの先制点のシーンは、彼らがバスケットボールの戦術の考え方を採り入れてセットプレーをデザインしたであろうことがはっきり表れていた。詳しく見ていきたい。, スウェーデン陣右サイドからのCK。キッカーは右利きのアシュリー・ヤングなのでインスイングの軌道、という形だ。まず、蹴る直前に❽ヘンダーソンがニアにダッシュ。⓴アリもゴール近くのニア寄りに詰める。これに対してスウェーデンの⑦ラーションと⑰クラーソンがそれぞれ対応。, そして、この動きにタイミングを合わせて、❺ストーンズと❾ケインが少しだけニア寄りに詰めた❿スターリングとすれ違って回り込むようにファーへ移動。これにより、おそらくはどちらかのマークマンだった⑧エクダルに加えファーで備えていた④グランクビストと⑥アウグスティンソンがファー側に引っ張られる。この時点で、スウェーデンは11人で守っているにもかかわらず、図の黄色のゾーンは2対2の数的同数の状況ができている。, つまり、❿スターリングがニアに移動して合わせる動きをバスケットボールで言うスクリーンとして使い、❻マグワイアが優位に合わせられる状況を作り出した、ということになる。, 今回の⑯クラフトはやや困惑気味で下がってしまい、局地的な数的優位をイングランドに与えてしまった形だが、もしマグワイアの後を追いかける形で動いたとしても、マグワイアが軌道を読んで先に跳べる状況には変わりなかっただろう。もう一つの対処方法として、スターリングを自分で見てマグワイアはフォシュベリに競らせるということが考えられる。これはバスケットボールでは「スイッチ」と呼ばれる守り方になるが、これはこれでマグワイアがフォシュベリより高さに勝るという質的優位を作られる結果が見えている。, このセットプレーにおいてイングランドが見せた、スクリーンを使って相手守備に不利な選択を強い、できたギャップをチャンスに結びつける、というやり方は、まさに現代バスケットボールにおける攻撃時の振る舞いそのものだった。NBAなどでも、小柄な選手が大柄な選手の守備にスクリーンをかけてゴールに向かわせ、ミスマッチを作ったり、時にはそのまま空中でダンクさせるアリウープというプレーに繋げたりすることは非常に多い。「バスケットボールの戦術を導入」とはこういうことかと膝を打ったプレーだった。, では、今回の戦術導入はなぜセットプレーから始まったのだろう。これはやはり、インピードの問題を回避するために、スクリーナーとなる選手がボールに関わりに行っているように見えるデザインが必要になるからではないだろうか。セットプレーなら、キッカーの技術さえ確かであれば、タイミングを合わせてスクリーナーがインピードの反則にならないような見せ方をすることが可能だからだ。, また、サッカーにおいてセットプレー時の守備側は、通常守備時よりもマンツーマンで守る機会が多い、ということも一つの要因であるように思う。ゾーンで守っている選手はマークの受け渡しを前提としているため、スクリーンでギャップを作りにくくなる。マンツーマンで守る選手が多くなってこそ、スクリーンによるギャップの拡大が有効になるのだ。, さらに、サッカーのセットプレーが最終的にはバスケットボールと同じく「高さ」という質的優位が武器になるプレーである、というところも親和性を高める要因かもしれない。, 今大会のイングランド代表の成功で、バスケットボールの戦術、動きをヒントとしたサッカーの戦術は、特にセットプレーにおいてはもっともっと増えていきそうだ。ゲームの質という面で似たような部分を持つ競技から与えられるインスピレーションがサッカーにどのような変化をもたらすのか、今後も楽しみにしていきたい。, 高度化するピッチ外の戦い。FFPを軸にモダンになったクラブ経営を読み解く。

ヨルシカ 夢の中へ Itunes 9, 倉敷 北 駐 車場 月極 5, パナソニック テクノサービス 東部 支社 8, 明海大学 歯学部 移転 13, 190cm の Nba 選手 25, ブルボン 就職 難易度 12, スーパーマリオ 3d ランド 最終 ステージ 行き方 4,