カローラツーリング 燃費 悪い 12

カローラツーリングは先代のカローラフィールダーからプラットフォームを刷新、全面的に生まれ変わりました。, ここでは、カローラツーリングの欠点・デメリットも検証しながら徹底評価しますので、新車購入時の参考にどうぞ。, カローラツーリングは、最近のトヨタ車に共通するキーンルックと呼ばれるフロントマスクを採用しています。, 大きく口を開けたようなフロントグリルや吊り目のヘッドランプは迫力十分ですが、いささか癖が強いのもまた事実です。, 「怒ったナマズ」のようなフロントマスクは、少しやり過ぎのようにも思えますし、好き嫌いがハッキリ分かれるところでしょう。, また、最上級グレードのW×Bはボディカラーが3色しか選べないのは、寂しい限りです。, 前方視界を損ねるほど高いわけではありませんが、黒一色のカラーと相まって、いまひとつ開放感に欠けます。, 標準装備される7インチディスプレイオーディオも設置場所が少し高いため、小柄な女性ドライバーなどの場合、上端部が視界に被ってしまうかもしれません。, オプションの9インチディスプレイオーディオを装着すると画面が見やすくなる半面、上端部がさらに高くなるので注意が必要です。, 3ナンバー化されたカローラツーリングですが、正面から見るとキャビン上部が絞り込まれているので、実際の室内幅は余裕タップリとはいきません。, 短距離の移動はともかくとして、ロングドライブの場合は大人2人+子供1人が限度でしょう。, また、後席は足元のスペースもゆとり十分とは言い難いので、大柄な人が座ると前席のシートバックに膝が当たる可能性もあります。, 収納がふんだんに用意されているミニバンや軽ハイトワゴンから乗り換えると、収納の少なさに戸惑う可能性もあります。, 荷室スペースは十分ですが、後席を折り畳んだ時にフロアが少し斜めになってしまうのが惜しいところ。, 実際に荷物を積む上で大きな問題にはならないと思いますが、車中泊をする場合は寝心地がイマイチです。, カローラツーリングのパワートレインは、ハイブリッド、1.8Lガソリンノンターボ+CVT、1.2Lガソリンターボ+6MTの3種類です。, どのパワートレインも動力性能やフィーリングは平凡で、実用上何の不足もない反面、感動する要素もありません。, ライバルのマツダ3がスカイアクティブ-Xというインパクトのあるエンジンを用意しているだけに、物足りなさを感じてしまいます。, しかしセダンタイプのカローラと比較すると、リア回りの遮音に差があるため、後ろから聞こえてくるロードノイズが大きめです。, うるさいというほどではありませんが、とことん静粛性にこだわるなら、セダンも視野に入れた方がいいかもしれませんね。, 今や軽自動車にも標準装備されることが多いシートヒーターですが、カローラツーリングは何と標準で付くグレードがありません。, W×BグレードやSグレードはメーカーオプションで、G-Xグレードに至ってはオプション設定さえ無いのです。, 冬場のドライブの快適性を高める装備だけに、せめてW×BグレードとSグレードには標準装備して欲しいところ。, カローラツーリングのアクセル踏み間違い防止装置は、「インテリジェントクリアランスソナー」が該当します。, インテリジェントクリアランスソナーはW×BグレードとSグレードには標準装備されますが、G-Xグレードはメーカーオプションとなってしまいます。, 社会問題化しているアクセルの踏み間違いによる暴走事故を防ぐために、価格がアップしてもG-Xグレードも標準装備するべきです。, カローラツーリングは、雪国でニーズの大きい4WD車がハイブリッドにしか設定されていません。, ハイブリッドには興味ないが4WDは必要、というユーザーもいるはずなので、ガソリン車にも4WDの設定が欲しいですね。, またカローラツーリングにはMT車も設定されていますが、グレードは最上級のW×Bだけです。, 価格は2,458,500円で、CVT車のW×Bと比べても93,500円高価なこともあり、購入のハードルが高くなっています。, 好き嫌いの分かれるフロントマスクはともかくとして、カローラツーリングのエクステリアデザインはとてもスタイリッシュです。, 強い傾斜が付けられたAピラーや、キックアップしたサイドのキャラクターラインなどにより、躍動的なスタイリングを実現しています。, 実用本位のエクステリアを持つカローラフィールダーと比べ、遥かにカッコいいと言えるでしょう。, バックドアに、デザインの自由度が高い樹脂パネルを採用したからこそ実現した造形ですが、なかなかのバックシャンですね。, カローラツーリングのインパネは、全グレードに合成皮革巻のソフトパッドが貼られるなど、質感が優れています。, もはやカローラの車名から想像するチープさは微塵もなく、一クラス上の仕上がりになっています。, カローラツーリングのシートは前後席ともサイズは十分で、クッション性も優れています。, 前席のサポート性に関しては、SグレードやG-Xグレードのノーマルシートでも悪くありませんし、W×Bグレードのスポーティシートなら抜群です。, 居住スペースが特別広いとは言い難いカローラツーリングですが、シートの座り心地は満点をあげてよいでしょう。, 車種によってはスマホの置き場に困ることもありますが、カローラツーリングはフロントコンソールトレイがあるので大丈夫。, メーカーオプションの「置くだけ充電」を付ければ、この場所にスマホを置くだけで充電できます。, 荷室スペースに関しては、日常の買い物は勿論、レジャーでも荷物の置き場に困ることはまずないでしょう。, パワートレインの静粛性は、ハイブリッドならかなり優れていますし、ガソリン車でも十分静かです。, また、どのパワートレインもドライバビリティが良く、どんなシチュエーションでも大きな不満を感じさせません。, 速さや気持ち良さなどは望めませんが、実用車のパワートレインと割り切れば合格点をあげられます。, 少々舗装が荒れた路面でも、足がよく動くためクルマの姿勢がフラットに保たれるのは、カローラツーリングの大きな美点です。, また乗り心地と相反するハンドリングも良く、後ろに大きな荷室を背負っているワゴンとは思えないほど、気持ちよく曲がります。, このハンドリングの良さには、内輪側にブレーキを掛けて旋回性を高めるACA制御も貢献しているはずです。, 最近はナビを装着せず、スマホのナビアプリで間に合わせる人が増えていますが、そんな人の強い味方になるのが7インチディスプレイオーディオです。, スマホの地図画面は小さくて見づらいのが難点ですが、この装備のお陰で7インチの大画面で見ることができます。, さらにスマホの音楽を高音質で再生したり、ハンズフリーで通話もできるなど至れり尽くせり。, カローラツーリングには、自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティ」の最新バージョンが全車に標準装備されます。, 旧世代のプリクラッシュセーフティは、車両や歩行者を昼間しか検知できませんでしたが、カローラツーリングの場合は夜間も検知できます。, さらに、昼間に限り自転車も検知できるなど、性能は現時点でトップレベルと言えるでしょう。, クルマとしての完成度の高さを考えれば、2,013,000円~2,997,500円という価格はバーゲンプライスと言っても過言ではありません。, エクステリアはフロントマスクのデザインこそ癖がありますが、全体的にはかなりスタイリッシュと言えるでしょう。, ワゴンにはライトバンの延長線のようなイメージもありますが、カローラツーリングは乗用車そのものです。, ただしディスプレイオーディオの位置が高めなので、小柄な人は気になるかもしれません。, シートの出来は大変優れていますが、居住性そのものは特に優れている方ではないので、広さを追求する人には不向きです。, パワートレインは抜群とまでは言えませんが、日常ユースで大きな不満はないので、及第点は上げられます。, 装備面では若干の不満はあるものの、7インチディスプレイオーディオは新しい提案として評価できます。, 安全性能は概ね満足できますが、G-Xグレードにインテリジェントクリアランスソナーが標準装備されない点だけは残念です。, もし下取り車があるなら下取り車を高く売ることで、トータルで新車を安く買うことが出来ます。, 何故かと言うと、再販するにしろオークションに流すにしろ、人件費や車両保管、整備等の経費がディーラーの場合非常に多く掛かってしまいます。, 反対に買取専門店なら、買取った中古車を在庫させずに、すぐにオークションに出す事が出来るので経費がディーラーより掛かりません。買取専門のため余計な経費は掛けないので、その分査定金額は高くなります。, この買取店の金額とディーラーの査定額を比較すると、平気で20万円以上安く見積もられる事があります。, ただ、自分の車の相場が分かっていないと、ディーラーの査定額が高いか安いかの判断が出来ません。, そこで、管理人が毎回利用するのが一括査定の「ナビクル車査定」です。わずかな入力時間ですぐに自分の車の買取金額が表示されます。, この時は、ディーラーで76万円で査定されたフィットシャトルが、上記のように最高96万円の買取金額が付きました。, そこでディーラーに「買取店で96万円の金額がついている」と伝えた所、95万円までディーラーの査定金額がアップしました。, ナビクル車査定の買取金額をディーラーに伝えただけで、なんと19万円もアップしたのです。とても簡単なので、ディーラーの下取り金額をアップさせるにはオススメの方法ですね。, ちなみに実際に買取店に査定してもらった所、最高で108万円の金額を付けた買取店があったので、そこに売却しました。, ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。, また、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。, そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。, 「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しで気になる事は、なんでも相談してみるといいでしょうね。, 当サイトのカローラツーリング値引き交渉マニュアルです。これを見て多くの人がカローラツーリングを限界値引きで購入する事に成功しています。. Copyright © 2017 ひつじ茶屋 All Rights Reserved. マツダ「MAZDA2」と「MAZDA3」の違いを試乗した上で徹底比較!どっちが買い!? カローラフィルダーから名称変更を経てデビューしたカローラツーリング。走りの6mtがラインナップされているなど、今話題の車のひとつです。そんなカローラツーリングの各グレードの実燃費が明らかになってきました。 トヨタ カローラツーリングのオーナーから集まった204件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。カローラツーリングの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にしてみ … 「ブラインドコーナーモニター」の設定がなくなったため購入をキャンセルしたお客さんもいた, 室内長(-150mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-15L)は狭くなっています, 室内長(-115mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-32L)は狭くなっています, 【新型スペーシア】マイナーチェンジ2020による違いや変更点~N-BOX・タントよりおすすめな理由, 【新型ルーミー&トール】マイナーチェンジ(2020)の変更点!2車の違いを比較、最新おすすめグレード, スバル「フォレスター」と「レガシィ アウトバック」の違いを徹底比較!どっちが買いなの!?【2020年 最新版】, 全国約550店の直接販売店舗とオークション会場、海外店舗による圧倒的な販売網で中間業者を挟まずに、マージンカットを実現し買取額に反映. トヨタ カローラツーリングハイブリッドのオーナーから集まった484件の給油情報から、実燃費・平均燃費を算出しました。カローラツーリングハイブリッドの燃費に関する口コミや実燃費を元に、燃費向上や車選びの参考にしてみましょう。 カローラの他モデルの実燃費をみてみると、カローラアクシオはガソリン1リッターあたり平均16km、カローラフィールダーでは平均13kmです。 これを見るとカローラスポーツのハイブリッド車の実燃費が群を抜きます。 今回は、2019年9月17日に発売された新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」、及び「カローラスポーツ」の欠点について考察してみました。, Cセグメントクラスのクルマが大好きで、スバル「インプレッサ」オーナーの筆者が、「カローラツーリング」の購入を真剣に検討した結果、”これさえあれば・・・”と思った欠点です。, ■2020年4月12日追記 筆者はついにスバル「インプレッサスポーツ」からトヨタ「カローラツーリング」に乗り換えました!, 「カローラツーリング」の良い点や気になる点、実燃費や価格、各装備の使用感などを大量の写真とともに紹介していますの。是非参考にしてみてください。, https://bluesky-sheep.com/buy-corollatouring, 発売されてすぐ新型「カローラ」及び「カローラツーリング」の実車を見に行きましたが、非常にカッコよく、「カローラツーリング」は横から見たスタイルがスバル「レヴォーグ」の様です。, フロントやリアのデザインは「カローラスポーツ」と異なっており、「カローラスポーツ」よりカッコいい!, 「カローラスポーツ」のスタイリングに不満だった人にもおすすめできます。 ※筆者が「カローラスポーツ」のスタイリングに不満だったため, 車内も「W×B」であれば質感が高く、質感が圧倒的に高いマツダ「MAZDA3(マツダ3)」の近いところまでいっている様に感じました。勝てないにしても大きく負けてはいません。, 車内の質感についても「カローラスポーツ」より好印象です。もちろん、使い勝手も「カローラスポーツ」より良いです。, ”走り”が面白くないという人もいますが、0-100km/h加速で比較すると、「インプレッサ」や「MAZDA3(マツダ3)」(SKYACTIV-Xを除く)とほとんど変わりません。, むしろ、ハイブリッド車なら発進時はモーターによるアシストがあり、個人的には好印象です。 ※ホンダ「シビック」やフォルクスワーゲン「ゴルフ」には負けています。, 静粛性や乗り心地も良く、サスペンションの性能についてはライバル車に全く負けていません。, コネクティッドサービスも搭載され、スマートフォンと連携できる「SmartDeviceLink」、「Apple CarPlay」、「Android Auto」なども対応可能となりました。, 先進安全装備は、アダプティブハイビームシステム、ドライバーモニタリングシステム、自動防眩インナーミラーがない程度で、自動ブレーキや自動運転技術はトップクラスの性能です。スバルのEyeSightと比較しても劣っていません。 ※「カローラスポーツ」には自動防眩インナーミラーが搭載されています。, 燃費性能は22.0km/L~25.0km/L程度の実燃費を期待できるため、他社Cセグメントクラスのクルマと比較して維持費が圧倒的に安いことも魅力的です。, ちなみに、筆者の愛車「インプレッサ」と比較すると、燃費性能は倍違います。年間走行距離が1万km程度で5万円も安くなります。, 「ディスプレイオーディオ」搭載によりオプション総額が安くなり、300万円前後でハイブリッド車の購入が可能で、決して高くはない価格設定も素晴らしいです。, スバルは、やたらオプション総額が高くなりがちなため、この点は見習ってほしいところです。, 上記のとおり、新型「カローラ」は非常に良くまとまった、コスパが高いクルマなんです!, 今どき「ブラインドコーナー(フロント及びサイドビュー)モニター」がないのは痛い!と思うのです。, 今回のフルモデルチェンジにあたって新たに採用された「ディスプレイオーディオ」の搭載が原因で、元々「カローラスポーツ」に設定のあった「ブラインドコーナーモニター」がなくなったのです。, 試乗時にディーラーで聞いた話だと、「マルチビューバックガイドモニター」やドライブレコーダーのナビ連動機能もなくなったらしく、「ディスプレイオーディオ」との連携が間に合っていないとのことでした。, ディーラーオプションである「ブラインドコーナーモニター」が後日採用された場合、購入後に設定することも可能ですが、もし360°ビューモニターである「パノラミックビューモニター」が採用された場合は、”メーカーオプションであるため追加設定できない”という問題があるのです。, 各種安全装備は毎年進歩しており、数年前には上位車種にしか搭載されていなかった日産の「プロパイロット」が、2019年には軽自動車「デイズ」に搭載されたことが良い例です。, つまり、将来的に360°ビューモニターが全車種装備可となる可能性も大いにあり、そうなると購入してから後悔するということになりかねません。, では、ライバルである他のCセグメントクラスのクルマはどの様な設定になっているのか!?, 上記のとおり、360°・フロント・サイドモニターの何れの設定もないのは新型「カローラ」だけなんです!!, せっかくコネクティッド、自動ブレーキ、自動運転技術で最先端をいっているのだから、既存システムである「ブラインドコーナーモニター」くらいは設定してほしいものです。, これも試乗時にディーラーで聞いた話ですが、「ブラインドコーナーモニター」の設定がなくなったため購入をキャンセルしたお客さんもいたそうです。, もはや、”設定できて当たり前”になりつつある装備であるため、販売状況にも多少影響がでている様です。, 「ブラインドコーナーモニター」以外にも、「リバース連動ドアミラー」やリアシートのリクライニング機能なども前モデル(「カローラフィールダー」)からなくなっています。, そして、最も知られている新型「カローラ」の欠点は、ボディサイズの拡大と車内が狭くなったことでしょう。, 新型「カローラツーリング」と「カローラフィールダー」のボディサイズを比較してみましょう。, ・新型カローラツーリング 全長(mm):4,495 全幅(mm):1,745 全高(mm):1,460 ホイールベース(mm):2,640 車両重量(kg):1,290~1,450 最小回転半径(m):5.0~5.3 最低地上高(mm):130 プラットフォーム:GA-Cプラットフォーム, 室内長(mm):1,795 室内幅(mm):1,510 室内高(mm):1,160 ラゲッジスペース(L):392, ・カローラフィールダー 全長(mm):4,400(”W×B”は4,410) 全幅(mm):1,695 全高(mm):1,465~1,535 ホイールベース(mm):2,600 車両重量(kg):1,110~1,200 最小回転半径(m):4.9(”W×B”は5.5) 最低地上高(mm):135~155プラットフォーム:トヨタ・Bプラットフォーム, 室内長(mm):1,945 室内幅(mm):1,430 室内高(mm):1,200ラゲッジスペース(L):407, 上記のとおり、フルモデルチェンジにより全長や全幅は拡大され3ナンバーサイズとなっていますが、室内長(-150mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-15L)は狭くなっています。, ・新型カローラ 全長(mm):4,495 全幅(mm):1,745 全高(mm):1,435 ホイールベース(mm):2,640 車両重量(kg):1,250~1,440 最小回転半径(m):5.0~5.3 最低地上高(mm):130 プラットフォーム:GA-Cプラットフォーム, 室内長(mm):1,830 室内幅(mm):1,510 室内高(mm):1,160 ラゲッジスペース(L):429, ・カローラアクシオ 全長(mm):4,400 全幅(mm):1,695 全高(mm):1,460(4WD車は1,485) ホイールベース(mm):2,600 車両重量(kg):1,050~1,180 最小回転半径(m):4.9(“W×B”は5.5) 最低地上高(mm):155(4WD車は135)プラットフォーム:トヨタ・Bプラットフォーム, 室内長(mm):1,945 室内幅(mm):1,430 室内高(mm):1,200ラゲッジスペース(L):461, 上記のとおり、フルモデルチェンジにより全長や全幅は拡大され3ナンバーサイズとなっていますが、室内長(-115mm)や室内高(-40mm)、ラゲッジスペース(-32L)は狭くなっています。, 狭くなった原因は、小さいボディサイズで広い車内を実現するトヨタ「ヴィッツ」などに採用されていたプラットフォームからCセグメント用のプラットフォームに変更されたことに起因している様です。, 前モデルから狭くなったことは明白でしたが、他社Cセグメントクラスのクルマと比較するとどうなのか!?, ・新型カローラ 室内長(mm):1,795(スポーツ、ツーリング)、1,830(セダン) 室内幅(mm):1,510 室内高(mm):1,155(スポーツ)、1,160(ツーリング、セダン) ラゲッジスペース(L):352(スポーツ)、392(ツーリング)、429(セダン), ・MAZDA3(マツダ3) 室内長(mm):1,820 室内幅(mm):1,490 室内高(mm):1,160 ラゲッジスペース(L):358(FASTBACK)、450(SEDAN), ・インプレッサ 室内長(mm):2,085 室内幅(mm):1,520 室内高(mm):1,200 ラゲッジスペース(L):385(スポーツ)、460(G4), ・シビック 室内長(mm):1,910(ハッチバック)、1,930(セダン) 室内幅(mm):1,465(ハッチバック)、1,525(セダン) 室内高(mm):1,160 ラゲッジスペース(L):420(ハッチバック)、519(セダン), 上記のとおり、室内長は新型「カローラ」が最も狭いことが分かります。 ※ただし、セダンタイプであれば「MAZDA3(マツダ3)」が最も狭い, ちなみに、室内が最も広いのは私の元愛車である「インプレッサ」、ラゲッジスペースが最も広いのは「シビック」となっています。, ただ、これらを考慮しても、エクステリアは非常にスタイリッシュになっており、安全性能や乗り心地など格段に向上していますので、非常に良いクルマに仕上がっているのは確かです。, さらに、モノによっては普通に新車を買う場合より60万円以上安く買えるケースも多数あります!, 上記を考えると、新車購入を検討中の方は”新車同様の中古車を探してみる”という選択肢も大いにありだと思いませんか?!, また、中古車の場合は納期待ちが長い車と異なり、すぐに納車されます。人気車種の場合は納車に8ヶ月以上かかるケースがあることも考えると、魅力的ではないでしょうか。, ■中古車のメリット、デメリット 新車同様の中古車を買う場合のメリットは何といってもその安さ!ですが、デメリットとしては、自分の付けたいオプションが選べないという点でしょう。, ただし、上記はメーカーオプションの場合のみで、ディーラーオプションの場合は後付けも可能です。, なので、中古車選びのポイントは、車のカラー及びメーカーオプションは妥協しないようにしましょう。, ■中古車を買うなら中古車販売台数No1のガリバーがおすすめ! 中古車を買うなら、中古車販売台数1位のガリバーがおすすめです。, ガリバーによると、修復歴車の約4割(39.4%)の車で何らかの故障が発生していたため、修復歴車の販売をやめたようです。そんな修復歴車を販売していないので、故障が発生するリスクが低いともいえますね。, 特に驚きなのが、100日以内であれば返品可能というところではないでしょうか。これなら、仮に購入した車に問題があった場合や、急に車の使用シーンが大きく変わっても安心ですよね。, その他、ディーラーよりも長い10年保証というのも心強いです。ハイブリッドカーのバッテリーなども保証対象なのでさらに安心です。走行距離が何kmでも保証対象です。, ■中古車は早いもの勝ち!非公開在庫もある! 中古車は基本的に1台限りのものですので、良い車も早く問い合せしないと売れてしまう可能性があります。, また、ガリバーでは毎日約500台の車を買取しており、まだネット上で公開されていない車(非公開在庫)もたくさんあります。, ガリバー 公式サイトに登録すれば、自分で検索するだけでは見つけられない”あなたに最適な車”をガリバーが探し出してくれます。さらに「非公開在庫」も優先的に紹介してもらえます。, ■さらに!9月~10月は”27周年 大創業祭セール”でお得に購入できるチャンス! ガリバーは、2020年9月1日~2020年10月31日の期間中、創業27周年目を記念した大創業祭セールを開催しています。, 期間中は在庫台数25,000台からセール車両が大放出され、お得なクルマを購入しやすくなっています。, ただし、セール車両は先着順につき売り切れる場合があるため、お得に購入したい方はお早めに!, 気になった車、欲しい車がある方、セール車両を購入したい方は、ガリバーに登録して探してもらいましょう! ※中古車の販売金額は申込完了ページには表示されません。登録後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, しかし、中古車買取サービスを使用することで現在の車を30万円以上高く売ることも可能です!, 中古車買取サービスは、中古車の買取台数ランキング1位のガリバーの無料査定がおすすめです。, 買取台数No1なのには、それだけの高価買取実績とサービスの良さ、信頼性があります。, 中古車販売台数も1位でしたが、中古車買取台数も1位のガリバーは、まさに中古車業界の”トヨタ”的存在です。, ■ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由 中古車買取台数が1位ということは、多くの人がガリバーで愛車を売っていることになりますが、ガリバーが支持される理由、高価買取できる理由は、以下のとおりです。, ■筆者の一括査定体験談 買取といえば一括査定というサービスもありますが、実際一括査定に登録してみたところ、各業者からの山の様なメールと電話が来て大変鬱陶しい思いをすることになりました。また、個人情報も各社に流れてしまうためプライバシー保護の観点からみても良くありません。, ■あなたの愛車の価格を知り、さらに高く売りましょう! 高価買取実績のあるガリバーで無料査定することにより、あなたの愛車が高く売れる可能性は大きく広がります。, 高値がつけばガリバーでそのまま売ってしまっても良いですが、さらにガリバーで出された査定額を用いてディーラーで価格交渉の材料に使う手もあります。, 私は1台目の軽自動車を売る際、ディーラーで下取りに出し「もっと高く売れたなぁ」と大変後悔しました。, 私のような後悔をしないためにもガリバーで無料査定を行い、現在の車を少しでも高く売って、新しい車を安く買いましょう。, ※愛車の査定金額は申込完了ページには表示されません。入力後、ガリバーから電話がかかってくるので、そこで詳しい話を聞いてみましょう。, 今回は、新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」、及び「カローラスポーツ」の欠点について考察してみました。, 以前、「MAZDA3(マツダ3)」の購入を検討していると記載しましたが、今は「カローラツーリング」に心が傾いています。理由は、スタイリング・自動運転技術・そして燃費性能です。, できれば、「アダプティブハイビームシステム」や「自動防眩インナーミラー」も付けてほしい!!, できれば、「パノラミックビューモニター」や「自動防眩機能付リバース連動ドアミラー」も付けてほしい!!, 言い出すと色々ありますが、やっぱり「ブラインドコーナーモニター」くらいは付けてほしい!!, 「当ブログについて」、「筆者プロフィール」、「免責事項」の詳細、「お問い合わせ」については、ヘッダのこのブログについてよりお願いします。, 【カローラツーリング 新型】フィールダーとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた, 今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラツーリング」と、旧モデルの「カローラフィールダー」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?, 【トヨタ カローラ 新型】アクシオとの違い、フルモデルチェンジの変更点をまとめてみた, 今回は、2019年9月17日にフルモデルチェンジされた新型トヨタ「カローラ」と、旧モデルの「カローラアクシオ」の違いを徹底比較してみました。フルモデルチェンジで一体どれだけ進化を遂げたのか!?改悪されたところはないのか!?, 今回は、2019年9月17日に発売された新型トヨタ「カローラ」と「カローラツーリング」のフルモデルチェンジによる主な変更点についてまとめてみました。また、「カローラ」、「ツーリング」、「スポーツ」3車の違いを、各種装備・ボディサイズ・エンジン性能・燃費性能・安全性能・価格など、徹底比較いたします。, 今回は、日産「リーフ」・トヨタ「カローラスポーツ」・スバル「インプレッサスポーツ」の違いを、「インプレッサスポーツ」オーナーである筆者が徹底比較・評価(レビュー)してみました。また、10年間使用した場合1番安くなるのはどの車かも検証しています。, 今回は、2019年5月10日に行われたホンダ「シャトル」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。また、ライバルであるトヨタ「カローラフィールダー」、2019年にフルモデルチェンジされた新型「カローラツーリング」と、今回強化された安全性能を徹底比較いたします。, 今回は、人気のコンパクトカーであるトヨタ「アクア」、ホンダ「フィット」、マツダ「デミオ(MAZDA2)」、スズキ「スイフト」を試乗した上で、ボディサイズ・燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較、評価(レビュー)します。, 今回は2019年4月の新車人気(自動車販売台数)ランキングをご紹介します。販売台数は自販連および全軽自協の統計をセグメント別、メーカー別に集計したものです。2019年4月時点での新車の人気動向をセグメント別、メーカー別にみていきましょう。番外編として”人気がない”軽自動車ランキングもご紹介!, 今回は、2019年5月14日に発表されたスバル「WRX S4」及び「WRX STI」のマイナーチェンジ(F型改良モデル)による変更点をまとめています。また、2019年の最新モデルで「WRX S4」と「WRX STI」の違いも徹底比較してみました。, 今回は、2018年5月17日に行われたホンダ「ジェイド」のマイナーチェンジによる変更点をまとめています。また、スバル「インプレッサスポーツ」オーナーの私が選ぶ「ジェイド」のおすすめグレードも合わせてご紹介します。是非参考にしてみてください。, 今回は、2020年1月10日に行われたホンダ「シビック」のマイナーチェンジによる変更点をまとめてみました。最大の変更点はエクステリアが変更されたことですが、その他どこが変わったのか!?マイナーチェンジ前の「シビック」との違いを徹底比較してみました。今回の改良で「シビック」の人気上昇となるか!?, カーナビ・ETC・税金などを含めた全込み300万円台で購入できるCセグメントクラスの輸入車一覧をご紹介します。該当車種はメルセデス・ベンツ「Aクラス」、BMW「1シリーズ」、アウディ「A3」、フォルクスワーゲン「ゴルフ」、ボルボ「V40」、プジョー「308」、ルノー「ルーテシア」です。.

Planet Express 同梱発送 31, アソーカ タノ 死亡 47, 野球 牽制 見分け方 8, マビノギ ティアガ 倒し方 8, キャスト 上田 アナウンサー 休み なぜ 29, ポケモン 強い人 ランキング 44, なんのために生きてる のか 2ch 11, 終物語 下 アニメ 何話 10, 清泉 女学院 大学評判 39,