カナダ 大麻合法化 理由 4

不思議な大麻取締法 所持はアウトで使用はOK…なぜ?, 最初にお話しますと、私は大麻(マリファナ)に対して賛成でも反対でもありません。といいますのも、カナダで保育士をしていると、医療用マリファナ(大麻)を処方されている保護者と出会うことだってありえなくないからです。, 2017年の調査では90%が娯楽目的の使用となっておりますが、残り10%は医療目的ということ。また、実際に医療目的で使用されている大麻所持事件が日本でも起こっていることをご存知でしょうか?, 山本正光被告は25年6月に肝臓がんが見つかり、医療機関で治療を始めたが、26年10月に余命半年~1年と宣告。医師から「打つ手はない」と言われた中、インターネットで大麻ががんの改善に有効な可能性があると知った。厚生労働省や農林水産省、法務省などに「大麻を医療目的で使うにはどうしたらよいか」と相談したが、「日本では大麻自体や大麻由来の治療薬の使用は禁止されている」と説明された。製薬会社にも「私の体を医療用大麻の臨床試験に使ってほしい」と伝えたが、「日本国内での臨床試験は不可能だ」として断られたという。, そのため大麻を自宅で栽培・使用したところ、痛みが和らいだほか、食欲が戻り抑鬱的だった気分も晴れた。また、腫瘍マーカーの数値が20分の1に減り、改善の兆候が現れたという。, 山本被告は「医師も『ありえない』と驚いていた。数値が下がったことを示すカルテもある」とし、「育てた大麻は他人に販売も譲渡もしていない。現代医療に見放された中、自分の命を守るためにやむなく行った」と話した。, 出典【注目の裁判】末期がん患者が最後にすがった大麻は違法か? 劇的改善の被告が「命守るため」と無罪主張 司法の判断は…(1/4ページ) – 産経ニュース, 大麻(マリファナ)合法化になり、娯楽目的の使用も可になったということで、街中は大麻(マリファナ)の臭いで溢れています。, 私自身は大麻(マリファナ)の臭いがとても苦手で、法律で禁止されている以前に吸う気にならないのですが、医療目的で、かつその人の症状が改善するのなら、今後世界中で考えていく必要があるのかな…なんて思ったりします。, ただ、私のブログを貴重な時間を使って読みに来てくださる優しい皆さんは、どうか興味本位で大麻(マリファナ)をお試しにならないでくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, それぞれ1日1回押していただくとブログランキングに反映されます。どうぞご協力お願いします!人生めいっぱい楽しめる人が増えるといいなぁ。, 私もお酒買う時やバーに入る時などは、ID見せてって言われるよ!若く見えるから!!(←違う。), 語学力なし、貯金もほぼなし、更には特別なスキルもなし。 Copyright © CBD LOHAS. こんな留学を実現したい!3. ・音をいつもより敏感に感じる 現在カナダ永住権取得を目指して現地の保育士として働いております。, など。街中にマリファナ(大麻)のお店はたくさんあります。合法化した後、「待ってましたー!!」と言わんばかりに、あちこちにお店ができていきました, %は医療目的ということ。また、実際に医療目的で使用されている大麻所持事件が日本でも起こっていることをご存知でしょうか?, 【注目の裁判】末期がん患者が最後にすがった大麻は違法か? 劇的改善の被告が「命守るため」と無罪主張 司法の判断は. その場で何度でもお見積もりができるから、納得できるリアルな一歩が踏み出せます! ・時間がゆっくり流れるような感覚 そもそも留学についての詳細を聞きたい2. 「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供して、最安保証の失敗しない留学をご案内します。, 広大な面積と美しい自然が魅力のカナダ。ウインタースポーツや留学先としても人気の高い国ですが、カナダの時事問題として切っても切れない存在であるのが「マリファナ(大麻)」です。カナダとマリファナと聞くと意外に感じる方もいるかと思いますが、カナダは以前からマリファナ(大麻)があちこちで使用されており、旅行先としても人気の大都市バンクーバーやトロントでもあちこちでマリファナが吸われており、道を歩けばマリファナ特有のニオイが鼻につきます。, 筆者も1年間カナダに滞在していましたが(マリファナ非合法の頃です)、カナダ現地の人にはアルコールと同じような感覚に感じている方も多く、身近な存在のように感じました。, 以前から医療用のマリファナが合法化されていたカナダでは、処方せんがあれば誰でもマリファナを手にする事が出来るため、他の国よりも入手しやすく使用に対しても寛容です。カナダのイケメン首相トルドー首相も過去に数回マリファナを吸ったことがあると認めているほど!, ましてや、カナダにはマリファナデー(通称420(フォートゥエンティ―)という毎年4月20日に町の中心で行われる大規模なマリファナ祭まであります。会場ではマリファナ入りの食品が売られ、多くの人が吸う大麻の煙で先が見えないほど!元々は、大麻合法化を訴えるデモから始まったものですが今ではお祭りになり警察に見守られながら⁉のカナダ一大イベントになっています。, カナダのトルドー首相は、犯罪組織への資金源を断つこと、多くの国民が非合法で使用していた大麻の生産・流通・消費を国の規制下に置くことを目的に、2017年10月17日に成人に対する娯楽目的のマリファナ(大麻)の使用と生産の合法化を決定しました。, 国レベルでのマリファナ(大麻)の合法化はウルグアイに続いて世界で2ヵ国目になります。, 広大な国で先進国のマリファナの合法化ということで他の国では大きなニュースになりましたが、カナダの人達の間では以前から合法のようなものだったのでそこまでビッグニュースでは無かったようです。それでも、ある州都では初めて合法として売られる小売店の前にオープン前から100人以上の人が並ぶなど賑わっていることも事実です。, マリファナ(大麻)合法化の法律はカナダ全土で適応されますが、マリファナの生産・流通・販売に関する資格や使用場所、自宅栽培に関するルールなどは、各州に委ねられています。その為、国としては18歳以上でのマリファナの使用が許可されていますが、州によっては19歳から認めているところや、自宅栽培についてはブリティッシュコロンビア州やオンタリオ州では4鉢まで認められていますが、マニトバ州やケベック州では禁止されているなどばらつきが見られます。, 使用場所としても私有地のみでの使用や、公共の場所でもOKな州など合法化されたといってもそのルールが州ごとによりバラバラなので安定するにはまだ時間がかかりそうです。, カナダでは当たり前に吸われているマリファナ(大麻)は日本では厳しく規制されており、使用や所持は厳しい処罰の対象になります。ではマリファナ(大麻)にはどんな影響があるのでしょうか?, マリファナ(大麻)は中央アジアに原生している麻(アサ)の種類の植物から作られているものですが、その植物の煙を吸うことで多幸感や様々な症状が起こる事で知られています。マリファナ(大麻)にはTHC(テトラ・ハイドロ・カノビノール)という物質が含まれており、この物質が脳内に作用し、吸収されたTHCの量に応じて、様々な症状が現れます。, マリファナ(大麻)使用による症状 ・現実感が薄れる ・幻覚 ・多幸感 10845 Lindbrook Dr Unit202 Los Angeles CA 90024(, Cebu I.T. 大麻が「良し」とされたのではない。大麻を国が管理し、犯罪組織への資金流入を減らすため。2018年10月17日より、カナダにおいて、嗜好用の大麻が合法化されました。 ・口の渇き, マリファナ(大麻)には急性と慢性の害があり、急性症状による害としては学習障害や記憶障害、精神運動障害などが挙げられます。, また、マリファナの使用で一番問題とされるのが慢性症状による「精神依存」です。使用を中止することで、不安やパニックに襲われる、妄想やフラッシュバック、恐怖心や行動力の低下などが起こるとされています。他にも呼吸器の疾患や胎児への影響など身体に及ぼす影響があることを知っておかないといけません。, 一部では身体的な依存性はアルコールなどよりも低いと言われていますが、マリファナ(大麻)を使用することによりさらに強いドラッグなどに手を出しやすくなるという問題もあります。, マリファナの合法化というと危ないなどのマイナスイメージが持たれがちですが、国によっては良い方向につながることもあるようです。, 多くの国民が非合法で使用していた大麻の生産・流通・消費を国の規制下に置くことができるようになります。以前は非合法で使用されていた不純物が混ざり身体に影響を及ぼすようなマリファナ(大麻)を取り締まることが出来るようになるため、以前より安全性が高まるとされています。, また、非合法に販売していた販売元が無くなり、販売許可を持った小売店やオンラインショップだけが販売できるようになるので以前よりもクリーンな環境でマリファナ(大麻)を流通させることが出来るようになります。, 合法化される前ではマリファナ(大麻)は違法取引のため、子供から大人まで年齢確認が無くてもお金さえ払えば購入することが出来ました。合法化になれば、ライセンスを取得した小売店やオンラインショップのみが販売可能になり年齢確認も必須になります。そのため子供や未成年にマリファナが蔓延することを防ぐ効果もあるとされています。, マリファナ(大麻)が合法化されたことにより販売される大麻に対し連邦税が課されるようになります。カナダの連邦政府は、大麻販売から年間4億カナダドル(約340億円)の税収を見込んでおり、カナダの大きな資金源になることは間違いありません。また、大麻の使用を求め、他の州から来る観光客などの収入も見込めるのでマリファナ(大麻)の合法化は大きな財源になると考えられています。, マリファナ合法化の大きな理由の1つでもあるのがこちらの理由。アメリカやメキシコのギャングの大きな資金源の1つが非合法のマリファナ(大麻)です。合法になれば、国が管理する流通方法が適応されるので、違法なマリファナをメキシコやアメリカから流通させることが無くなり犯罪組織へ資金が流れる事も無くなります。毎年メキシコでは多くの人が違法なマリファナが生み出す利益の為に争い亡くなっているので、平和の為にもマリファナの合法化が役に立つかもしれないのですね。, 国の管理の元、マリファナ(大麻)が規制されるようになれば、その品質にも厳しい管理が入るようになります。以前のように違法で入手できたマリファナには不純物が含まれていることが多く、健康への被害も懸念されていましたが合法化されることにより一定の質を保つことが可能になります。, もちろんマリファナ(大麻)合法化がいいことばかりではありません。合法化に反対の声も多くあるのが事実です。その理由としては、マリファナ(大麻)は「ゲートウェイ・ドラッグ」とも表現されマリファナを使用することでより危険なドラッグにも手を出しやすくなるという危険性が以前から言われています。, また州によっては自宅栽培が認められているので、入居先で大麻を栽培されてしまうと困る大家も多くいるそうです。また一般的にタバコが吸える場所での使用や、子供が多くいる場所で吸ってはいけないなど境界線があいまいな部分があり上手く機能するかどうかも懸念されています。, 日本の大麻取締法における法律は、日本人が海外で行ったことに対しても適応します。海外でのマリファナ(大麻)の使用や所持は法律に違反しており、逮捕の対象になります。カナダに行っても決して手を出さないように注意してください。海外にはマリファナが含まれているキャンディーなどの食品も多くあります。間違って日本に持って帰ってきてしまっては大問題になりますのでくれぐれも注意するようにしましょう。, カナダでマリファナ(大麻)が合法化された後でも、多くの州政府は慎重な姿勢をとっているのが現状です。マリファナ入り食品などの解禁は1年先としたほか、マリファナの供給体制も厳格に管理されています。, カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーなどでは大麻小売店はまだ開店しておらず、州政府が承認した小売店へのマリファナ(大麻)の供給もまだまだ不足しています。マリファナ(大麻)が合法化されたとは言え、ルールが定まる当分の間は違法のマーケットやマリファナへの依存が続くのが現状です。, ここまで読んでいただきありがとうございました!English Pediaでは「現地の生情報」や「知っておくべきこと」をしっかり提供した留学のご相談を受け付けております。家族や友だちと一緒でもOK! まずは↓からご予約下さい、お待ちしております!, カナダやドイツでのワーキングホリデーを経験し、様々な文化に触れながら現地で生活することにより自分の価値観が大きく変わりました。現在はドイツ人パートナーと海外をあちこち旅しながらライターをしつつ、ヨーロッパに根付く植物療法に感銘をうけ自然療法について勉強中。自身の体験を交えて海外生活を安心して送れるために有益な情報を発信していきます。. 日本ではマリファナ(大麻)は所持しているだけで違法となる為、日本人にとっては、マリファナ(大麻)=危険な薬物というイメージが強いのは当然ですよね。, これからカナダに来られる留学生の皆さんも心配だと思いますので、今日は大麻(マリファナ)合法化の後の街中の様子などをお話していきたいと思います。, 2018年10月17日にカナダでは、国全体で娯楽目的での大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されました。2013年に国家レベルで合法化した南米ウルグアイに続き、2カ国目、そして先進7カ国(G7)では初です。, 医療目的のマリファナ使用は、2001年から合法になっています。といっても、2017年の調査では、買う人の90%は娯楽使用だそうです。, 大麻(マリファナ)は本当は違法だったのですが、ブラックマーケットから入手できるので、タバコやお酒よりもマリファナが手に入りやすい環境になっていたのです。, ちなみに、カナダではタバコやお酒の法律が厳しく、購入の際は必ず身分証明書の提示を求められます。未成年にタバコやお酒を売ると、売る方もかなり厳しく罰せられます。, その為、タバコやお酒はしたことないけど、マリファナはあるという未成年は多いようです。, それをカナダのジャスティン・トルドー首相が、子どもたちに対し規制を厳しくし、簡単に手に入らないようにするという理由で合法化になりました。, 大麻(マリファナ)が違法にも関わらず、マリファナ使用経験がある未成年が多いのは、犯罪組織(ギャング)やブラックマーケットが裏で売っていたという背景があるからです。, 犯罪組織(ギャング)やブラックマーケットからの購入は、もちろん税金は払われていません。しかし、大麻(マリファナ)を合法化することで、多額の税金が支払われるというわけです。, 合法化した後の、マリファナ産業は2020年までには6.5ビリオン(約5千600億円)の産業になると予想されています。, など。街中にマリファナ(大麻)のお店はたくさんあります。合法化した後、「待ってましたー!!」と言わんばかりに、あちこちにお店ができていきました(笑)。, 大麻の葉のマークが描かれていたりCannabis、Weed、Marijuanaなんて書かれていたりするのでわかりやすいですが…。, 日本では、マリファナ=危険な薬物というイメージが強いですよね。しかし、カナダではマリファナ(大麻)は嗜好品、リラクゼーションの一種と考える人が多いのです。, 実際にマリファナ(大麻)を医療用として販売できる薬局では、学生からビジネスマンなど一般人がストレスが安らぐ、リラックスできると多くの人が利用しています。, 医療用マリファナ(大麻)が普及しているカナダでは、医者が患者にマリファナ(大麻)を処方することもあります。, 日本では大麻の所持は違法で、大麻の使用が違法でないんですが、何故?って思ったことはありません?, 私と同じように不思議に思われた方もいると思うのですが、それには、様々な理由があるようです。理由の一つとして、大麻草の栽培や利用が古くから一般に行われてきたからではないかと言われているそうです。, 実は、健康食品のヘンプシードやヘンプシードオイル、七味唐辛子に入っている麻の実は、実は大麻草から取れる種なんです。神社にあるしめ縄の原材料の麻は大麻草の茎から作られています。, ここで言うマリファナ(大麻)は葉や花の部分で、大麻草の葉や花以外は古くから様々な用途で利用されている為、栽培している農家の方は微量な葉の粉末等を吸引してしまう可能性があるそうです。, その為、大麻の「使用」が違法となると、全てにおいて罰することになってしまいます。そういう経緯があって、あえて「使用」については罰則から削除したというのが理由の一つだそうです。, 参考にしたサイト:大麻取締法について「所持」は違法なのに「使用」はなぜ処罰されないのか 行きたい国が分からない…お電話口で内容をお伝えいただけるとスムーズです。, 日本からの留学生も多いカナダ。自然が多く、比較的治安が良いので住みたい国にも何度もランクインしているほど。しかし、カナダでは以前からマリファナ(大麻)があちこちで違法に使用されている事実があり2017年には合法化されるというビッグニュースがありました!本記事ではカナダのマリファナ事情やマリファナによる影響などについてくわしく説明していきます。, あなただけの留学プランを、プロに相談して最高のものにしませんか? カナダはもちろん日本でも話題になりました大麻(マリファナ)合法化。 日本ではマリファナ(大麻)は所持しているだけで違法となる為、日本人にとっては、マリファナ(大麻)=危険な薬物というイメージが強いのは当然ですよね。 なんて、もちろん思いましたよ、ちょっと…。 日本からの留学生も多いカナダ。自然が多く、比較的治安が良いので住みたい国にも何度もランクインしているほど。しかし、カナダでは以前からマリファナ(大麻)があちこちで違法に使用されている事実があり2017年には合法化されるというビッグニュースがありました! 東京・大阪オフィスはもちろん、電話やスカイプでもOK。 ・食用の増進 日本で大麻の使用は合法?無罪?なぜ? 1. ・景色がより鮮やかに見える 危険ではない!と答える理由は. 2018年10月17日より、カナダにおいて、嗜好用の大麻が合法化されました。(医療用の大麻と区別する意味で)嗜好用大麻を国家として解禁するのは南米ウルグアイに続き2カ国目です。先進7カ国(G7)では初めてで、カナダのこの動きにより各国の大麻への見解が揺らぎつつあります。, ここで疑問となるのが、なぜカナダでは大麻が合法化されたのか?ということです。日本をはじめとして、多くの国で身体に害のある薬物として扱われている大麻が、一般に合法化されるのは不思議に思う方も多いでしょう。, カナダが大麻を合法化したのは、「国が大麻を管理することで把握が難しい不法取引を減らす」ことが狙いです。注意して欲しいのは、決して大麻を良しとした訳ではないということです。, 欧州や米大陸などでは、大麻を含めた麻薬の乱用が社会問題になっています。なかでも比較的容易に製品化できる大麻は、犯罪組織の大きな収入源となっています。, カナダのトルドー首相は、昨年の記者会見で「(大麻取引で)犯罪組織が年60億カナダドル(約5000億円)もの利益を得ているという推計もある」と指摘しました。「今の大麻の禁止令は子供たちを守るために機能していない」と述べています。これまで不透明だった大麻の情報を国が管理することで、犯罪組織への資金流入を抑え、大麻の不正取引を減らすことが期待できます。カナダでは、このような理由から嗜好用の大麻解禁の正当性を訴え、そして実際に法案は可決され合法化への道のりが開かれることになりました。, 大麻の合法化は、犯罪組織排除が目的であるように、大麻が完全に合法な成分とされたたのではありません。国の厳しい規制のもとに一般の層への扉が開かれた、というイメージです。今回の大麻に関する法案は以下の通りです。, 18歳以上には最大30グラムの乾燥大麻の所持を許可する。個人使用を前提に自宅での大麻栽培も認める。一方、18歳未満の未成年者への販売や譲渡には最大14年の禁錮刑を科す。, 日本で言うところの、煙草(たばこ)の立ち位置に更に規制を加えたものと思って頂ければ良いでしょう。カナダで嗜好用大麻の合法化が実現した理由については、大麻が他の薬物よりも比較的身体にがいの少ないという研究結果や、風土に基づいた文化も影響しています。, トルドー氏は2015年の総選挙で、大麻の合法化を公約に掲げていました。また、彼は大麻を違法に吸引した過去があると告白したこともあります。日本の政治家がこのような発言をした場合、すぐに政治家としての道が閉ざされるのは明白です。ここに、日本と欧米での大麻に対する感覚の違いが見て取れます。, 背景として、カナダでは医療用大麻がすでに解禁されており、大麻を不法に入手しやすい状況がありました。大麻は現在、世界の多くの国と地域で所持及び使用が禁じられていますが、いわゆる”麻薬”のなかでは依存性が比較的低く、副作用が軽いとされています。大麻は、欧米では「ソフトドラッグ」と呼ばれ、依存性が高いコカインや合成麻薬LSDなどを「ハードドラッグ」と呼び区別されることもあります。, 嗜好用の大麻は2017年7月、ウルグアイが世界で初めて解禁しました。国家が価格を管理し、ヤミ市場での流通相場に比べ大幅に安い価格に設定したことで、不正取引を減らす狙いでした。また、購入には個人情報の登録が必要で、外国人観光客には販売しないなど、非常に厳しいルールが設けられています。, 欧州でも、オランダでは少量の使用が容認されています。米国でも近年、コロラド州やワシントン州などで合法化が相次いでおり、合法化することで犯罪組織が取引に関与する余地を狭める狙いがあるのだといいます。, 一方、大麻の使用をきっかけに、もっと依存性が高い薬物に手を出すケースも考えられており、カナダでも大麻解禁の賛否を巡り世論は二分していた過去がありました。これからも米国や欧州を中心に大麻の合法化の流れが拡大していくことになりますが、そのたびに大きな論争が繰り広げられるのは容易に想像できます。, ・不正取引により犯罪組織へ莫大な資金が渡ることを防ぎ、これらの組織を排除する狙いも, 「大麻解禁」というと、大麻が身体に無害な成分として認められたのだと勘違いしがちです。しかし、実は国が大麻を管理し、逆に規制を強化する狙いがあります。薬物に対してとりわけ規制が厳しい日本では、大麻が合法化される見込みはしばらくのところありません。言うまでもなく、決して不正な取引・輸入はしないようにしてください。, また、近年では麻の中に含まれるカンナビノイドの一種、カンナビジオール(CBD)に、身体に対する多くの医療効果があることが明らかになり、CBDを含む製品が実際に販売されるようになりました。こちらのCBDは大麻のような精神作用成分は生み出さず、安全性が高いことで急速に認知が広まっています。大麻に関連して、今後はCBDにも注目していきましょう。. 何十年も続いてきた法律の歴史的変化に国中が興奮し、国際的にも関心を呼んでいるカナダでの嗜好用大麻の合法化。2001年から医療用マリファナの使用が合法化されているが、娯楽目的の大麻を国全体で認めたのはウルグアイに続き2番目となる。 家族や友だちと一緒でも大丈夫! All rights reserved. © Copyright - English Pedia, 2017 All Rights Reserved. Park, Jose Maria del Mar St, Lungsod ng Cebu, 6000 Lalawigan ng Cebu. なぜ合法化したのか? カナダが大麻を合法化したのには大きく二つの理由があります。 ポイント.1 若年層の大麻使用率が先進国1位. カナダに移住をして1年半になり、ほぼ毎日大麻を吸っていますがニュースなどで報道されるような . ・妄想 そのくせに「海外で生活してみたい!」「海外で働いてみたい!」という無謀な夢とちょっと普通じゃない決断力と行動力だけでカナダまで来ました。

ランニングウェア レディース ナイキ, Life 人生に捧げるコント 配信, 小学生 持久力 トレーニング, ホンダ スマートキー 電池交換 フィット, ドラゴンクエスト ユア ストーリー クリア ファイル, アンドロイド フォルダ 削除, 犬 脳腫瘍 ブログ, 英 検 1級1次 合格率, 離乳食 ミルク煮 中期, のが み 食パン 原材料, Youtube 著作権 回避,