オデッセイ モデルチェンジ 2021 5

オデッセイのビッグマイナーチェンジモデルは、2020年11月5日に発表、6日発売のスケジュールで決定した。, ホンダはホンダカーズ各社に通達、商品概要と今後の戦略展開を提示した。すでに2020年10月上旬には簡易パンフレットを配布、ティザーキャンペーンと先行予約の受付けをスタートさせている。, 2020年10月から2021年3月までの下期で約1万5000台規模の受注を確保すべく販売店に要請している。, 現行モデルの発売が2013年10月31日だから、実に7年ぶりのマイナーチェンジとなる。, 本来であれば全面改良のフルモデルチェンジによる世代交代の時期にあたるが、同市場はトヨタのアルファード/ヴェルファイアの一極に集中し、全体的には頭打ち傾向にあることから、ホンダとしてはとりあえずビッグマイナーチェンジで様子を見る作戦と思われる。, ただ、ホンダとしては、今回のオデッセイのビッグマイナーチェンジにはかなり力を入れているスタンスも伺える。, 今回の改良内容はフロントマスクを中心とした外観デザインの大幅変更が目玉。インテリアはメーター、インパネ、シート表皮の質感がアップしたのがポイント。, 装備面ではパワーテールゲート、シーケンシャルターンランプ、国内ホンダ車初のジェスチャー開閉コントロール式パワースライドドア、予約ドアロック機能の追加などで商品性の大幅な向上を図っている。, フロントマスクは従来のバンパーまで切れ込んだ逆台形グリルを廃止し、横長6角形グリルに、バンパーと独立させた顔立ちに改めている。ヘッドランプは横長のLEDデザインを採用している。グリルを前方に立たせた意匠にすることで、全長を15mm程度延長している。, インテリアはメーターパネル、ナビの変更に加えて、新たに収納を設定し、質感を向上させた。ナビはディーラーオプションのみで従来の7インチから見やすい10インチモニターを採用。, メーターパネルは3.5インチから7インチ液晶に拡大。快適装備としては助手席にリッド付き大型収納ボックス、運転席側に収納式カップホルダー、フロント&スライドドアガラスに遮音ガラスを採用し、静粛性を向上している。シートは撥水、撥油シートを採用。テールゲートのガラス板厚も厚くし強化した。, 搭載されている2.4LガソリンNAエンジンは従来の直噴からポートインジェクションに変更することで、静粛性と乗り心地を向上。, 2Lハイブリッドの変更は基本的にはなし。装備とグレードの関係はハンズフリーアクセスパワーテールゲートをEXに標準設定、ほかのシーケンシャルシグナルランプ、予約ロックは全グレードに標準設定。, ベーシックグレードであるG・エアロとハイブリッドグレードは売れ行き不振のため廃止し、タイプ数は従来の60から14タイプにボディカラーは6色から5色に削減。, 新型のグレードは2.4LガソリンNAと2LハイブリッドともアブソルートEXとアブソルートに絞られる。, 両タイプの主な装備差はEXだと17インチアルミホイールから18インチアルミホイールとなり、ハンズフリーパワーテールゲート、2列目LEDアンビエントランプなど。, パワーユニットと乗車定員、駆動方式の組み合わせは2LハイブリッドがFFの7人乗り、8人乗り、2.4Lガソリンは7人乗りのFF、8人乗りのFF、4WDのラインナップとなる。, 安全パッケージのホンダセンシングは後方誤発進抑制機能を追加する。ボディカラーは新色のオプシダンブルーパールはじめ、プラチナホワイトパール、スーパープラチナメタリック、プレミアム、スパークルブラックパール、プレミアムヴィーナスブラックパールの5色。, インテリアカラーはブラックのコンビシートとブラックの本革シート(メーカーオプション)。, 価格は、装備の充実、質感向上などによるコストアップで車両本体価格は2.4LガソリンNAのアブソルートEXが15万4000円、同アブソルートが19万5000円、2LハイブリッドのアブソルートEXで26万5000円、同アブソルートが27万7000円の値上げとなる。, 2020年度上半期(4~9月)におけるオデッセイの登録実績は4075台で前年同期に比べて46.4%もの大幅なマイナスとなっている。月販平均約680台である。, 2020年下期で営業マン1人1台を売るとすると、ホンダの全営業マンは約1万5000人だから、トータル目標は1万5000台で月販平均2500台となる。, 上期実績の3.7倍もの強気の計画となるが、これまでの実績を踏まえれば、実現可能性は高い。, 一方、アルファードの2020年1~8月の販売台数は月販平均6519台、ヴェルファイアは月販平均1652台。2002年8月の販売台数を両方合わせると8329台に達する。, 新車販売ランキングでは、アルファードは6月4位、7月5位、8月5位。プリウスだけでなく、セレナ、シエンタ、ノートより売れている。, マイナーチェンジ後の予想月販平均は2500台のオデッセイに対し、アルファードは月販平均6519台。アルファードはオデッセイの約2.6倍にもなる。, ホンダカーズの営業担当者に、オデッセイはアルファードを超えると思っているのか、本音を聞いてみた。, 「オデッセイのユーザーは歴代オデッセイやステップワゴンと代替えのお客様がほとんどを占めています。アルファードとはあまりバッティングしないと思います。販売台数でも追いつけないでしょう。, 現行モデルとなって、以前のように”背の低い走りのミニバン”というイメージはなくなりましたが、ミニバンとは思えない安定感と走行性能、ダイレクトなハンドリングなど、やはりドライバーズカーとして評価していただき購入されている方が多いですね。特にアブソルートがお勧めです」。, そのほかの首都圏ホンダカーズの営業担当者にも聞いたが、アルファードは優雅で快適な走りとおもてなしの居住空間が一番のウリ。それに対しオデッセイはダイレクトなハンドリングと取り回し性、ドライバーズカーとしての運転の楽しさと同乗者の快適さを両立しているなど、その違いを明確に答えている。, こうしてみると、オデッセイとアルファードは一部かぶるかもしれないが、一般ユーザーは、オデッセイのライバルをアルファードとはあまり思っていないのではないだろうか。, メーカーのホンダとしても、当面、歴代オデッセイとステップワゴンからの代替えを中心に売り込みを強化するよう要請している。, 一方、アルファードを販売する営業担当者はどうなのだろうか? (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そんなオデッセイが2回目のマイナーチェンジされて、デザインが大きく変りました。デザイン以外にも変わっている部分がいくつかあります。, 2015年に一部改良、2016年にハイブリッドの追加、2017年11月に1回目のマイナーチェンジが実施されています。, 厚みのあるフロントグリルと、細くなったヘッドライトで、力強さを感じるデザインになりました。, ウインカーは、前後ともにシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が採用されています。, 新型オデッセイのカラーラインナップは、現在の6色から、5色に減らされます。(正確には、1色追加の2色廃止), 【新型オデッセイのカラーラインナップ】 G AERO(FF 7人乗り)・・・312万3,186円 G AERO(4WD 8人乗り)・・・323万8,889円, アブソルート(FF 7人乗り)・・・338万8,000円 2020年11月7日更新 オデッセイ、ビッグマイナーチェンジの最新情報をお届けします。オデッセイのマイナーチェンジは、2020年11月5日に実施されました。デザインだけでなく、サイズやエンジン、ホンダセンシングの機能も変わっています。

ウィッチャー3 印 切り替え 36, タコ公園 恵比寿 ドラマ 6, アソーカ タノ 死亡 47, 天 赤木しげる葬式編 Amazon 5, マック 揚げたて 迷惑 4, エプソン 複合機 Fax 接続 4, エリオス ちびうさ その後 9, ポケモンクリスタル Gsボール チート 8, 第二次世界大戦 年表 中学 5, はてなブログ ランキング 年間 6, ウイイレ イングランド レジェンド 6, Tdcx Japan株式会社 求人 4, 名古屋市緑区 中学校 休校 8, ドラクエライバルズ 最強 ヒーロー 12, 大変な状況 英語 コロナ 28, 小野 花梨 Sns 30, はてなブログ ランキング 年間 6, マルコ ストッキング 口コミ 4, Sixtones 小説 激 ピンク 5, 漫画 ダウンロード違法 2020 5, せやねん アナウンサー 藤林 5, 右側 に月が つく 漢字 4, イオン ウォーターサーバー 解約 5, 御幸一也 パワプロ 顔 8, インソール 外来 京都 4, テスラ モデル3 値下げ 5,