エホバの証人 統治体 排斥 34

ブログを報告する, わたしが大いなるバビロンが米国であるはずだということを気づいたのが、東京で、おそらく, でも、思うに統治体の兄弟たちは、七つの星に関しては、そうかもしれないと考えた兄弟たちもいたかもしれませんが、大いなるバビロンの実体が南の王であるというわたしの見解にはついていけないと考えられたのではないかと思います。大いなるバビロンが偽りの宗教の組織であるという解釈は、, わたしは最初は聖句をノートに書いて研究していました。でも、後になって中古のパソコンを手に入れて、それを, それで、特開者の長老兄弟がわたしの聖書の解釈について尋ねた時に、自分が組織とは異なる解釈を信じていることをわたしは認めました。それで、その特開者の兄弟が中心になって、わたしはその会衆から背教という名目で排斥されました。つまり、大いなるバビロンの実体の理解が, わたしはその自分の解釈は、聖書に基づいていると考えていたので、自分で聖書に基づいていて正しいと考える解釈のために、, さらに、世界情勢を調べて、わたしの聖書の解釈は現実の世界の情勢とも合致していると考えました。, それは、わたしが人間である統治体ではなく、エホバ神に従うためにトラブルを経験することを意味しました。, それで、大いなるバビロンが偽りの宗教で、いつかはエホバから滅ぼされるという解釈で、, わたしは実家にいたおかげで、部屋代や生活費を稼ぐ必要がなかったので、少し働くだけで後の時間を聖書研究に当てられたのは良かったです。そのため、私の聖書の研究は急速に進みました。, すると、自分が聖書の教えだと信じていたことは、ある教えは、やはり正しいと分かりました。今までもお話ししたことがあるように, 真理の霊が到来するとき,あなた方を真理の全体へと案内するでしょう。」と言われています。それで、聖書の研究を続けて、聖書全体が調和していて、一貫していることをますます理解するようになりました。, わたしは証人から排斥されたおかげで、聖書の研究に打ち込むことができたので、聖書に関する新たな宝石のような洞察をさまざまに得ることができて、エホバ神に感謝しています。わたしは自分が, そして、わたしはネット上の情報を得ることができるようになりました。しかしながら、わたしが実家で、ネットを利用できたのは、しばらくでした。ここでは詳述しませんが、実家に母と住んでいた元, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(32)大いなるバビロンの教理のために証人から排斥されるがヨハネのブログを始め聖書研究を続ける, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(29)わたしヨハネは大いなるバビロンが米国であることにどの…, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(28)エホバの証人の世の終わりの預言は成就するか, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(10-2)証人はどうなるかが予想され傍観者はどうすれば賢明…, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(14-2)ゼカリヤ書によるとイエスはいつ王となるか, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(11-1)証人の教理の土台であるラッセル兄弟の1914年説, Seeking seeking Christian female roommate in Armenia. Google検索からこの事務所を見つけてくれて、そのまま勉強会に参加してくれた高校3年生のイケメンRenくん。, ご家族はみんなエホバの証人とのことですが、組織とは上手に距離を取りつつ自分の目標に向かって着々と計画を進めておられるようです。素晴らしいですね。, 幼い頃からしっかりと聖書を勉強しておられるようで、聖書と組織の矛盾や会衆内でのおかしな点などに疑問を持っているとのこと。やっぱりそうなりますよね。笑, ただ、ご家族との良い関係を壊さないようにと、高校卒業後の就職を利用してエホバの証人とは上手に距離を取ろうと計画しておられるようです。とても賢いと思います。, とても面白かった点ですが、Renくんは「エホバの証人 論破」で検索をかけてこの事務所にたどり着いたそうです笑, せっかくの良い機会ですので、エホバの証人を論破することは果たして可能かどうかについて少し考えてみようと思います。, 「論破」という言葉をもっと分かりやすい言葉に置き換えると「論理で追い詰めて黙らせる」みたいになると思います。, コニュニケーションの詰将棋みたいなイメージでしょうか。追い詰められた相手は動けなくなって、何も言えなくなってしまう感じでしょうね。, 「論破」の最終目的はつまるところ「相手を黙らせること」だと思いますので、論破には大きく分けて2つのアプローチがあると思います。, 一般的に「論破」というと1番の意味で使われることが多いと思います。とにかく、うるさい相手を論理で黙らせるのがその目的です。, 暗記しましたブログでも書きましたが、エホバの証人たちの思考回路はとても柔軟で自分たちの都合がよいようにいくらでも形を変化させることができます。, 「あー言えばこー言う」の堂々巡りになる可能性が高いでしょうね。イメージとしては、マス目がどこまでも広がっている将棋盤でしょうか。, こちらがいくら「詰めよう」と王手をかけても、彼らの将棋盤は無限に広がっていますので、いくらでも好きな方向に逃げることができてしまうのです。, 「その部分はまだ新しい光が当たっていないから・・」とか「統治体たちも完全じゃないから・・」と言った具合です。, そんな彼らを論破するためには、聖書的に決定的なコアの部分を攻める必要があると思います。中途半端に攻めるといくらでも「言い訳」が出てくるでしょうから。, そんな中でも、私が特にオススメな論破の方法があるにはあります。「1発で論破する」というよりは、聖書的に専門的な議論に引き込んで相手を(面倒臭いと思わせて)黙らせる感じになります笑, 『少なくとも6つの聖句でイエス・キリストは空から降りてきて裁判をすると書いてありますが、統治体がそれを教えていないのはなぜですか?』, 基本的に多くのエホバの証人たちはそもそも聖書のことをよく分かっていませんので、上記のように尋ねられても反論するだけの材料や知識を持っていないでしょうね。, さらに、彼らは自分の頭で考えることに慣れていません。「考えることは統治体たちの仕事。自分たちは従うだけ」これがエホバの証人の組織内に流れている暗黙のルールです。, なので、複雑な議論に引き込むような質問をあえて投げかけると彼らは基本的に大人しくなると思います。ぜひお試し下さい。, 今回の勉強会で特に印象的だったのは、排斥や断絶になったり、何らかの理由で組織から離れた元エホバの証人の方々が精神的に不調になりやすいという点でした。, やはり、エホバの証人の組織内で形成された「理想的な自己イメージ」があり、その理想的な自己イメージを満たせなくなる(あるいは傷つく)と精神的に不調になってしまうようです。, エホバの証人の組織が教える「理想的な自己イメージ」が本当に正しい聖書的なものであれば問題はないのでしょうが、基本的に彼らが成員たちに刷り込む「理想的な自己イメージ」は歪曲しています。, 例えば、組織は以下のようなことを「素晴らしい人間の条件」として成員にすり込みます。, お気付きの通り、組織は「理想的なクリスチャン像」の中に上記3つに代表される人間の教理を異物として上手に混入してきます。, このような仕組みがあるので、例えば排斥や断絶になった方々はもろに自己イメージにダメージを受ける結果になるのだと思います。, 組織によって幼い頃から形成された理想とする自己イメージがあり、その自己イメージが排斥や断絶によって満たせなくなる(傷つけられる)。, これが、多くの元エホバの証人の方々が精神的に不調になりがちな理由なのではと思います。, 様々なケースがあるでしょうから一括りにして言うことはできないと思いますが、排斥されたり断絶されたりして傷ついてしまう方はやはり、聖書そして組織に関して消化不良を起こしているのではと思います。, つまり、聖書の言っていることと組織の言っていることが頭の中で重なってしまっていて混乱しているのではないでしょうか。, 聖書的に言えば、エホバの証人の組織から適切な距離を開けることは「非常にめでたいこと」であり喜ばしいことのはずです。, なぜなら、エホバの証人の組織から抜け出した方々は自分の頭で考えることを始める(自分の足で歩き始める)からです。, 自分の頭で考えることは自立した人間として当然の資質であり、クリスチャンにも求められている基本的な資質です。キリスト教とはそもそも集団の宗教ではなく個人の宗教だからです。, この論点から言えば、排斥や断絶によって組織から離れた方々の方が聖書的に言ってよほど救いに近い人たちであり、神からもよっぽど期待されているのではないかと思います。, 自分が置かれた喜ばしい現状を正しく認識すること、そして何よりもそれが聖書的に非常に喜ばしいことであることを認識すること。, これらが排斥や断絶によって精神的に不調になった方々の傷を和らげるアプローチであり、聖書的に言っても正しい考え方になるのではと思います。. わたしは東京で、エホバの証人の会衆に交わりながら、聖書朗読を続けていました。エホバの証人の根幹になっている教えのひとつに、啓示の書に登場する大娼婦大いなるバビロンが偽りの宗教組織全体であるという教えがあります。しかし、わたしは東京でその大いなるバビロンが米国であることに気づきました。, イエスと統治体の権威に関する聖書的な考察(29)わたしヨハネは大いなるバビロンが米国であることにどのようにして気づいたか, 今回の記事では、わたしが実家に戻った後、どのようなことを行ったのかをお話しします。, わたしは実家に戻って、自分の発見した聖書の預言の解釈について考え続けました。実家ではテレビがあったので、わたしは世界情勢について情報を得ることができるようになりました。また、図書館の本を借りて読んだりして自分の解釈に関係した情報を得るようにしました。, そして、わたしは実家の会衆の長老たちに大いなるバビロンが米国であるという自分の聖書の解釈を説明した文書を作成して、提出し、何人かに読んでいただきました。何人かの地元の長老がわたしの文書を読んでくださいました。, その時は、長老たちは最初はわたしの論議に反論しませんでした。ひとりの若い長老はその文書を何度も読んだと言われました。実家の会衆のひとりの高齢の長老兄弟はひょっとして、わたしの解釈も一理あると考えてくださっていたのかもしれませんが、わたしに良くしてくださいました。それで、聖書的な根拠を示した文書を提出したことは、排斥される時期を少しだけ遅らせることになったようです。, わたしが大いなるバビロンが米国であるはずだということを気づいたのが、東京で、おそらく2003年9月頃だったと思います。それから、排斥されるまで、およそ5年くらいはエホバの証人としてとどまっていたことになります。現在、大いなるバビロンの実体に気づいてから、早くも16年も経ってしまいました。, そして、同じような文書をその当時、米国ニューヨークエホバの証人の本部に郵送しました。 そして、さらに研究を進めた文書をニューヨーク本部を訪問して、ベテル奉仕者に渡して、統治体の兄弟たちが確実にその解釈を知ることができるようにしました。, わたしはできれば、そのことについて統治体の兄弟たちと英語で論じたかったのですが、それはできませんでした。統治体の兄弟たちは普通とてもお忙しいので、わたしが本部に前もって連絡することもなく、突然行ったせいもあると思います。, でも、思うに統治体の兄弟たちは、七つの星に関しては、そうかもしれないと考えた兄弟たちもいたかもしれませんが、大いなるバビロンの実体が南の王であるというわたしの見解にはついていけないと考えられたのではないかと思います。大いなるバビロンが偽りの宗教の組織であるという解釈は、エホバの証人の教理の根幹部分にあるからです。, わたしは最初は聖句をノートに書いて研究していました。でも、後になって中古のパソコンを手に入れて、それをワープロにして自分が研究した結果を文書として作成するようになりました。さらに、ものみの塔ライブラリーのCDも利用するようになって、わたしの聖書研究は進みました。でも、最初からネットはしてはいませんでした。, ところが、ひょっとしてわたしを擁護してくださっていたのかもしれない長老兄弟は、ご高齢で亡くなってしまわれました。後になって会衆に特開者のご夫婦が派遣されましたが、その長老兄弟にわたしは文書を提出していませんでした。, それで、特開者の長老兄弟がわたしの聖書の解釈について尋ねた時に、自分が組織とは異なる解釈を信じていることをわたしは認めました。それで、その特開者の兄弟が中心になって、わたしはその会衆から背教という名目で排斥されました。つまり、大いなるバビロンの実体の理解がエホバの証人の組織と異なっているという理由で排斥されました。そして、地元の会衆の長老たちは最後には、統治体の解釈に固くついたと思います。, わたしはその自分の解釈は、聖書に基づいていると考えていたので、自分で聖書に基づいていて正しいと考える解釈のために、エホバの証人から排斥されることはちっともショックではありませんでした。それで、エホバ神はわたしと共にいてくださっていると考えていました。, なぜなら、聖書は明らかに主に世界帝国の移り変わりに注目しているからです。ですから、啓示の書に預言されている緋色の野獣と大娼婦の抗争は、やはり双方とも政治的な実体であるという理解は間違いがないと思いました。, さらに、世界情勢を調べて、わたしの聖書の解釈は現実の世界の情勢とも合致していると考えました。エホバの証人の統治体の解釈の方が、世界の現実と遊離していると考えました。, それは、わたしが人間である統治体ではなく、エホバ神に従うためにトラブルを経験することを意味しました。(使徒5:29)自分で正しいと考える聖書の理解を固守することは、エホバ神に喜ばれていたはずです。(ペテロ第一2:19,20)    もし、エホバの証人の組織からわたしが排斥されると、エホバ神の目から見て正しい立場に立つ人がわたしひとりになって、エホバの証人の組織全体がエホバから非とされる立場に立つことになると思いました。, おそらく、エホバの証人の組織にとってはわたしの排斥はマイナスになったのではないかと思います。一世紀のエルサレムの長老団は、自分たちと異なる意見を持っていたパウロを排斥しなかったからです。, その排斥処置は、統治体の意向もあったのではないかと思います。結局、おそらく、エホバの証人の統治体はその解釈をおおむね受け入れるのが難しかったんだと思います。, エホバの証人は、大いなるバビロンが偽りの宗教の世界帝国であるという教理がその根幹になっているからです。そのために、エホバの証人はキリスト教会を初め、聖書以外の宗教の習慣を禁忌します。, エホバの証人のアメリカ合衆国について特集していた日本語の1976年年鑑の記述には、協会の二代目の会長ラザフォード兄弟が、投獄された時に、大いなるバビロンとして考えたキリスト教の僧職者たちに対して、徹底的に戦おうと考えたということが書かれています。(1976年年鑑114-115ページ), エホバの証人はローマカトリック教会を初めとして偽りの宗教組織が大いなるバビロンだと解釈している, エホバの証人はラザフォード兄弟の頃から大いなるバビロンは自分たち以外の宗教組織だという解釈で自分たちの教理を作り上げている, それで、大いなるバビロンが偽りの宗教で、いつかはエホバから滅ぼされるという解釈で、エホバの証人の聖書の解釈全体が固く塗り固められています。それでちっとやそっとの聖書的な論議では、エホバの証人のその教理を論駁することはできないと考えました。, (3)エホバの証人から排斥されないようにという祈りが聞かれなかったことは霊的な祝福につながる, わたしは一応エホバの証人から排斥されないようにと祈りました。でも、その祈りは聞かれず排斥されてしまいました。2008年11月でした。今2019年8月で、排斥されてからおよそ11年ほどになります。でも、わたしは排斥されても、エホバ神に対する信仰を失わず、かえってエホバ神はわたしと共にいてくださっていると考えていました。, 証人から排斥されたので、エホバの証人として伝道したり、集会の準備をしたり、集会に出席する時間を自分の聖書研究に当てることができるようになりました。それで、排斥されたことは、わたしに聖書研究を行う時間を産み出すことになりました。そして、エホバ神に祈り続け、自分のその解釈が正しいのかどうかを聖書朗読を続けて研究して検証を続けました。, その結果、わたしの聖書に対する理解は急速に深まりました。それで、聖書からの霊的な祝福という点では、わたしにとっては証人から排斥されたことが益になりました。それで、エホバ神への祈りが聞かれない場合に、その方が益になるということがあります。, 一方、わたしはエホバの証人の間で長年培ってきた人的なネットワーク、親しい友人たちを失ってしまいました。そして、とりわけ、エホバの証人の統治体のためにわたしが払ってきた敬意や労はすべて無駄になりました。, 親しい友人たちを失ったことは、確かに大きな痛手でした。その後、自分が困難に直面した時、それまでは実際的な助けになってくれていた証人たち、とりわけ姉妹たちからの支援は得られなくなりました, でも、わたしが排斥された時にもエホバの証人たちの中には、わたしの解釈が正しいと感じている兄弟姉妹がいるように思いました。わたしが証人の中で、一番親しくしていて行き来していた同い年の姉妹は、わたしの意見と同じことを言っていました。でも、会衆が違っていて、私は排斥されたために、その姉妹と連絡できなくなりました。その姉妹は、もともと膠原病を患っていて体の弱い姉妹だったのですが、その後亡くなってしまいました。, わたしはエホバの証人から排斥されているので、基本的にエホバの証人の成員と話をすることができません。また、エホバの証人の集会では、自分の理解を話すことができません。それで、集会に行っても、面白くありませんし、エホバの証人の集会に行こうという気持ちはあまりないのですが、イエスの死の記念式だけは、エホバの証人の集会に出席しています。, なぜなら、イエスは表象物に毎週あずかるようにとは命じられませんでした。イエスは、昔の過ぎ越しの祭りの時期に年に一度だけ、祝うようにと命じられたと思います。キリスト教会で、年に一度だけ表象物にあずかるようにしている教会はありません。それで、イエスの死の記念式の時だけは、エホバの証人の集会に出席しています。, 2019年主の記念式シリーズ(1)初期クリスチャンは日ごとあるいは週ごとに表象物にあずかっていましたか【新共同訳・回復訳・Biblehub】, わたしは実家にいたおかげで、部屋代や生活費を稼ぐ必要がなかったので、少し働くだけで後の時間を聖書研究に当てられたのは良かったです。そのため、私の聖書の研究は急速に進みました。仏教徒の母には感謝をしなければなりません。, わたしは、それまで、エホバの証人の教えをそのまま聖書の教えだと信じてうのみにしていたのですが、聖書の研究を続けました。つまり、エホバの証人の教えが、聖書がほんとに聖書にのっとっているかを検証していきました。, すると、自分が聖書の教えだと信じていたことは、ある教えは、やはり正しいと分かりました。今までもお話ししたことがあるようにエホバの証人から学んできた創造者の存在、進化論の間違い、聖書が神の言葉であること、殺人や淫行や輸血や心霊術などを避けるという神の律法の重要性、霊魂不滅説や地獄の教理の間違いなどは正しかったと考えています。そうした確信は、エホバの証人と交わっていなければ得られなかったと考えるので、その点では、エホバの証人の組織に感謝しています。, また、聖書の研究を続ける点で、エホバの証人の洞察の本などの出版物や、その他の出版物や集会で学んだことは助けになりました。最初は分からなかったことも、聖書全体が一貫して調和しているはずだという考え方で、解釈していくと、次々に分かっていくように思いました。, それで、やはり、イエスが約束してくださったように、エホバ神のもとから「真理の霊」「真理を伝える聖なる力」が送られてわたしの理解を導いてくださったのではないかと感じています。イエスは、「真理を伝える聖なる力が来ると,真理を十分に理解できるように導いてくれます。」と言われたことがありました。 (ヨハネ15:26;16:13), 旧版の新世界訳では、その聖句は、「真理の霊が到来するとき,あなた方を真理の全体へと案内するでしょう。」と言われています。それで、聖書の研究を続けて、聖書全体が調和していて、一貫していることをますます理解するようになりました。, 実際、わたしが聖書を解釈する際の手法のひとつは、聖書全体がおひとりの神によって霊感が与えられているので、互いに一貫しているはずだという信念に基づいています。そのようにして、聖書を解釈することによって、聖書の理解がどんどん進んでいきました。, わたしは証人から排斥されたおかげで、聖書の研究に打ち込むことができたので、聖書に関する新たな宝石のような洞察をさまざまに得ることができて、エホバ神に感謝しています。わたしは自分がエホバの証人の統治体よりも、聖書をより理解できていると考えています。, エホバの証人の場合は、聖書の各書を、たとえば、ダニエル書や啓示の書やイザヤ書などを各々別個に解釈するように、取り組んでいると思います。そうすると、聖書の各本のつながりや調和が分かりません。, でも、現時点で、わたしもまだ聖書を完全に全部を理解できているとは考えてはいません。研究の途上にあります。, (5)エホバの証人から排斥後にヨハネのブログを作成して自分の聖書の理解を公に知らせる, わたしは排斥されてからしばらくして、2009年8月に自分のパソコンをネットにつないで、パソコンで作成した聖書研究の文書をブログの形でネット上で公表するようになりました。最初は、アメブロを利用し、さらにライブドアブログなどの他のブログで、「ヨハネのブログ」を出すようになりました。, そして、わたしはネット上の情報を得ることができるようになりました。しかしながら、わたしが実家で、ネットを利用できたのは、しばらくでした。ここでは詳述しませんが、実家に母と住んでいた元オウム真理教の弟と仲間たちは、わたしにありとあらゆるいやがらせをして、わたしの聖書研究と、世俗の仕事を妨げました。弟とその仲間たちの妨害で、わたしはネットを利用できないようにされ、また実家の固定電話も利用できないようにされました。, それで、わたしはそのようになってから実家の外のネットを利用して、ブログを出すしかありませんでした。それで、わたしは世界情勢は、ネットではなく、主にテレビに頼って情報を得るようにしました。, しかし、私は、聖書研究を続けて、他のエホバの証人の幾つかの教理の中にも、さらに聖書的に間違いがあると考えるようになりました。そのひとつはエホバの証人の1914年説です。, キリスト教会の人々は、最初から1914年説は受け入れておらず、それは正しいことでした。そのようにして、わたしは聖書について、理解を深めていきました。, さらに、エホバの証人は、社会問題についてあまり、深くタッチしない部分もあります。選挙に参加しないからです。でも、わたしは選挙について聖書に基づいて考えてみて、聖書は選挙に参加することを否定していないのではないかと思いました。今回はその点について詳述しませんが、上位の権威は、選挙に参加して、自分の意見を表明するように勧めており、聖書は上位の権威に従うように勧めています。(ローマ13:1)そして、選挙は、神の律法に違反することではありません。, 戦争や暴力によって社会問題を解決するのとは違って選挙は問題を解決する平和的な方法のひとつ, もちろん、一番大切なのは、聖書の内容そのものであり、聖書の音信を広める事です。聖書から離れて社会問題だけに、頭をつっこむのは、クリスチャンがするべきではありません。また、クリスチャンは、今の事物の体制での努力によって、今の世界の問題がすべて解決することを期待はできません。, 今の世界は、悪魔サタンの支配下にあって、問題は複雑すぎて、解決は不可能だからです。(ヨハネ第一5:19)できることは、問題を緩和することだけです。それでも、少しでも、社会問題にかかわるならば、社会問題の緩和になり、それは、親切なサマリア人のように人々に実際的な助けを差し伸べることになります。(ヨハネ第一3:18), 実家では、わたしは英語の資格試験にトライしました。そして、英語の勉強のために英検準一級と一級の試験にトライしました。英検の二次の面接試験は、時事問題について考え、英文を作り質問に答えるという形式のものでした。わたしは英検の二次試験の準備をすることは、さまざまな時事問題について調べたり、その時事問題ついて考える機会になりました。, それで、英検の資格試験にトライすることは、自分の関心をさまざまな社会問題に広げて、その対策を聖書の預言や原則を考慮しつつ考えて、自分を成長させることにつながったと感じています。英検の資格試験にトライしていなければ、さまざまな社会問題や時事問題について考えることもなかったと思います。そして、英検準一級を取得した後、私は再び英会話の講師として教え始めました。, わたしは聖書研究の努力を続けて、聖書全体をさらに一層明快に理解できるようになりたいです。それで、聖書の研究を自分が死ぬまで続けていきたいです。それが現在のわたしに残された人生の目的です。, littleyohaneさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog

タント スローパー 減税, お気に入り 英語 略, 愛の不時着 ハングル 読み方, 阪神 井上広大 成績, 野菜スープ 和風 コンソメ, 一人暮らし テレビ 50インチ, Word 上書き保存できない 名前を付けて, ココフォリア 前景 丸, エアペイ ブルートゥース 繋がらない, 17インチ ホイール バイク, そうめん つけだれ アレンジ, セレナ ドアミラー 自動格納 C27, チャーシュー 賞味期限 3か月, パワーポイント 2007 ノート表示, スピッツ 猫ちぐら 配信, ミートソース缶 グラタン なす, インデザイン フォント 埋め込み 確認, べ ちゃ べ ちゃ ご飯, イニシエーション ラブ 興行収入, 消費税 導入 理由, Access Runtime 2013 インストールできない, 3歳 誕生日 ドレス, リン 燃焼 化学反応式, ユーザー設定の ページ サイズ 変更 できない, カワサキ エンジン番号 位置, Word アプリ 文字が消える, Ideapad 320s Ssd交換, ベース プリアンプ 最新, ツナ パスタ ほうれん草, インテグラ ル ファクター 釣り場, 韓国ドラマ ヒーラー 最終回, デート お店 女が決める, 難波 女子会 個室, Chrome メニューバー 編集, ニューバランス 996 違い,