ゆず いつか 歌詞 意味 14

キーワードから岩沢歌詞の意味を探る【3】〜「ユズモア」から「1〜one〜」へ(2014.08.28) 「嗚呼、青春の日々」を聴いて予想する、岩沢さんがいつまでも「ゆず」でいたがる理由。(2014.08.27) ゆずの情報と歌詞ならUtaTen。全歌詞ふりがな付き!【歌詞コラム】冬に聴きたくなる名曲『いつか』。ゆずの通算4枚目のシングルで、この楽曲が収録されたCDのカップリング曲『出口』『始発電車』と共に、冬を舞台にしたナンバーというのは有名な話。 君のあるがままに あの日の僕らが笑った そんな風吹く町で いつも心に刻もう 大切な夢の続き 明日へと繋ぐメロディー そんな風吹く町で, 他に何もいらないと 捨てたはずの過去も 忘れてた引き出しの中 しまい込んでた 遠ざかる記憶など 消えていて良かったのになぜ? | NHK「MUSIC JAPAN」 ゆずとアルフィー », 岩沢さんの歌詞には、繰り返し使われる単語というものがあります。有名なのが「風」です。風を感じることのできる場所=外です。路上で歌っていた頃、「からっぽの木」のある小高い丘(清水ヶ丘公園)で歌っていた頃、岩沢さんは常に風を感じながらギターを弾き、歌を歌っていたことでしょう。そんな岩沢さんにとって「風」というのは自身の原点なのだと思います。, さて繰り返し使われる単語は風だけじゃなありません。この複数使われる単語に注目して岩詞鑑賞を自分勝手に楽しみたいと思います。, あくまで私の妄想的持論なのですが、トビラ以降の岩曲には、「あの日」(過去)という一貫したテーマが流れていると思っています。岩沢さんはトビラからずっと、まるで数珠つなぎのように「あの日」テーマ曲を執念のように歌い続けていた、と。この数珠つなぎは「飛べない鳥」が始点で、「超特急」が一応の終点。でその後はなんとなくふと思い出したようにこのテーマを引っ張り出す、という感じではないかと私は考えています。分かりやすく年代区分します。, ◆2000-2002 (トビラ・ユズモア期)◆2003 (すみれ期) ◆2004-2006 (1・リボン期) ◆2007- (WW〜), 岩沢さんはずっと「あの日」を追いかけていた。ずっと過去を向いていた。それが数年かけて未来を向けるようになった。過去を見ていた後ろ向きで暗い時期が◆2000-2002 (トビラ・ユズモア期)で、少しづつ前を向き始めたのが◆2003 (すみれ期)で、やっと完全に吹っ切れるのが◆2004-2006 (1・リボン期)です。◆2007- (WW〜)に過去指向転じて未来志向になります。, ちなみにこの「あの日」テーマ曲には「変化」というものを憂う描写もあり、「あの日」とはようするに「変化する以前」だったのでは、という予想ができます。, この時期岩沢さんは、変わってしまったことを憂い、今がもはや「あの日」でないことを憂いています。あの日でない今は、「悲鳴」「傷」「痛み」「不自由」「怖い」といった言葉で描写されます。, ここにあるのは風 そして君と町の音 それだけで良かったのに しなやかな秋の声が悲鳴に変わる 本当はもう少し君と居たかったんだ, ※この歌には「あの日」という単語こそ出てきませんが、「風と君と町の音だけで良かったのに」「本当はもう少し君と居たかったんだ」と完全に過去指向です。, ここへ帰ってきたわけさ 風の音を聞きながら いつの間にウトウトしてた 日だまりのあの公園へ, 風に吹かれながらそっと語り合えたあの頃のように しばらく見ないうちに変わった様子などどうでもいい事さ, 君に話したらどんな顔するのかな  あの時と同じように僕の後ろついてきてくれるのかな 「不自由」なんていつからそこにあったんだろう 変わらない物と変わってゆく物の狭間に, いつからここに居たんだろう 人はそれなりに変わってくんだって 誰かが言ってた 直径5mmの傷をどっかで無くしてしまって 痛みがワカリマセン…, まだ君はそこに居るかい? rakuten_design="slide";rakuten_affiliateId="0d47360b.8da9c17f.0d47360c.0f5dd8ff";rakuten_items="ranking";rakuten_genreId=0;rakuten_size="300x160";rakuten_target="_blank";rakuten_theme="gray";rakuten_border="off";rakuten_auto_mode="off";rakuten_genre_title="off";rakuten_recommend="on"; この記事へのトラックバック一覧です: キーワードから岩沢歌詞の意味を探る【1】〜「あの日」: 風を感じることのできる場所=外です。路上で歌っていた頃、「からっぽの木」のある小高い丘(清水ヶ丘公園)で歌っていた頃、岩沢さんは常に風を感じながらギターを弾き、歌を歌っていたことでしょう。, あくまで私の妄想的持論なのですが、トビラ以降の岩曲には、「あの日」(過去)という一貫したテーマが流れていると思っています。岩沢さんはトビラからずっと、まるで数珠つなぎのように「あの日」テーマ曲を執念のように歌い続けていた、と。, この数珠つなぎは「飛べない鳥」が始点で、「超特急」が一応の終点。でその後はなんとなくふと思い出したようにこのテーマを引っ張り出す、という感じではないかと私は考えています。, 岩沢さんはずっと「あの日」を追いかけていた。ずっと過去を向いていた。それが数年かけて未来を向けるようになった。, この時期岩沢さんは、変わってしまったことを憂い、今がもはや「あの日」でないことを憂いています。, あの日でない今は、「悲鳴」「傷」「痛み」「不自由」「怖い」といった言葉で描写されます。, すみれ期になると暗黒モードから脱却し、歌詞の雰囲気も明るくなります。でもまだ、あの日への執着は捨てきれていません。あの日を「追い越せない」と歌っています。, 1・リボン期は、岩沢さんがあの日を克服するとても大事な時期です。「歩行者優先」に「素晴らしい明日」「超えてゆく」というフレーズが出てきて、「超特急」に至ってついにあの日にさよならをします。岩沢さんがやっと「あの日」を追い越したのです。, 未来へと進んで行こうという爽やか楽曲「行こっか」、人生の喜びを歌い上げ素晴らしい明日へと向かう「マイライフ」など、過去指向から転じて未来志向の歌が増えます。, たとえば「イエス」の「捨てたはずの過去」は、「超特急」でさよならした「あの日」かもしれません。, けれど今や執着の対象としての「あの日」ではなくなっています。「あの日」は今の自分を確かめ、全てをyesと肯定する優しい思い出へと、やっと昇華したのでしょう。, 最後に挙げた二曲に「丘」が出てきますが。丘といえばゆずがデビュー前に二人で練習していたという清水ヶ丘公園の, 行った事はありませんが、写真で見るとまさに町を見下ろす小高い丘ですね。風もよく吹きそうな。, ゆずとして出すためにわざとそうしてる、とかいう音楽的な統一感のみならず、もうちょっと自然な、その時その時の感情・スタンス・雰囲気の統一感があります。, 「1」→「Going Home」→「リボン」と、ゆず再出発エネルギーが北川さんの楽曲の中で次々と放出されたの覚えてますでしょうか。, そもそもリボンは「Reborn」に通じます。ゆずがやたらと再スタートを口にしていた時期です(結局本当の意味での再スタートできたのは、リボン後の十周年を経た後、sakuraスタジオ以降だったわけですが), この頃の北川さんの楽曲は、まるで過去と追いかけっこする岩沢さんの背中を力強く前へ、昨日ではなく今日と明日へと押す曲のようにも思えます。, 岩沢さんの過去の克服の過程が、その静かに溜まり続けた強烈な感情が、北川さんを触発し、大きなエネルギーとなったのかもしれませんが。, ゆずには右と左の架け橋になってほしい。〜アルバム曲「ガイコクジンノトモダチ」でネトウヨ疑惑勃発に関して, 「嗚呼、青春の日々」を聴いて予想する、岩沢さんがいつまでも「ゆず」でいたがる理由。. 三浦春馬さんが歌いたいと思った. 振り返れば 遥か遠く 素晴らしい明日の風吹く場所 探しに行こう 追いかけてた昨日の置き忘れた足跡 超えてゆく様に 一歩ずつ歩いてゆく, 超特急 駆け抜けたあの日にサラバ 光と影 包み込んで それはなんとなくね 強がって 憧れて そして忘れた 終わりかけの夜を超えて もう帰れない あの日にさよなら…, ◆◆◆◆2007- (WW〜)◆◆◆◆未来へと進んで行こうという爽やか楽曲「行こっか」、人生の喜びを歌い上げ素晴らしい明日へと向かう「マイライフ」など、過去指向から転じて未来志向の歌が増えます。, いつか教えてくれた未来への近道も とうに通り過ぎてた そんな気がした 行こう どこまでも道は続いてく ずっと探してた物 見つかるといいな 行こっか, 君が笑ったから笑顔になれたんだ 喜びの歌を響かせて 僕らはずっと同じ夢を見て笑おうよ 素晴らしい明日へと向かって, 一方で、「風吹く町」と「イエス」でまた「あの日」や過去を偲んでいます。たとえば「イエス」の「捨てたはずの過去」は、「超特急」でさよならした「あの日」かもしれません。けれど今や執着の対象としての「あの日」ではなくなっています。「あの日」は今の自分を確かめ、全てをyesと肯定する優しい思い出へと、やっと昇華したのでしょう。「風吹く町」にあるように、「あの日」はもう届かない憧れではなく、かといって捨て去った過去でもなく、今の夢へと確かに繋がり、明日へと繋がるものとなったのです。, 小高い丘の上から いつもの町を見下ろす 小さくうなずいた あの頃の僕がいて 本当の声を聞かせて? 関係するのではないかとネットで. « NHK スタジオパークからこんにちは ゆず | 歌かもしれない。 取り上げられているが・・・。 おそらく、「Night Diver」も. トップページ 今さらになって いつもその丘には 風が吹き 僕らを確かめる様に 過ぎゆく時に こう言うんだろう 僕は Yes Yes Yes, 最後に挙げた二曲に「丘」が出てきますが。丘といえばゆずがデビュー前に二人で練習していたという清水ヶ丘公園のからっぽの木を思い出してしまう私です。行った事はありませんが、写真で見るとまさに町を見下ろす小高い丘ですね。風もよく吹きそうな。, ここからやや蛇足。ところで、ゆずはそれぞれが作詞作曲を担当してます。しかし別人が曲を持ち寄ってるわりに、二人の楽曲にはある種の統一感があります。ゆずとして出すためにわざとそうしてる、とかいう音楽的な統一感のみならず、もうちょっと自然な、その時その時の感情・スタンス・雰囲気の統一感があります。やっぱシンクロしてるんだろうなーと思います。, 岩沢さんが過去とふっきれた◆2004-2006 (1・リボン期) の時期、「1」→「Going Home」→「リボン」と、ゆず再出発エネルギーが北川さんの楽曲の中で次々と放出されたの覚えてますでしょうか。そもそもリボンは「Reborn」に通じます。ゆずがやたらと再スタートを口にしていた時期です(結局本当の意味での再スタートできたのは、リボン後の十周年を経た後、sakuraスタジオ以降だったわけですが), この頃の北川さんの楽曲は、まるで過去と追いかけっこする岩沢さんの背中を力強く前へ、昨日ではなく今日と明日へと押す曲のようにも思えます。しかし逆に、岩沢さんの過去の克服の過程が、その静かに溜まり続けた強烈な感情が、北川さんを触発し、大きなエネルギーとなったのかもしれませんが。, ◆スミレ 不安や迷いはないさ 出来る事が増えただけ ささやかな光 昨日にバイバイ 僕ら行こう自由の旅路へ この手を離さないで, ◆栄光の架橋 いくつもの日々を越えて 辿りついた今がある だからもう迷わずに進めばいい, ◆陽はまた昇る 閉じかけたトビラにもう一度ノックして 無くしてしまった鍵を さぁ今 捜しに行こうよ 誰の下にも陽はまた昇る まだ見ぬ明日へ走り出そう, ◆リアル 小さな嘘 叶わぬ夢 すれ違った日々 その全てをメロディーに変えながら 情け無い僕らの歌を 強がったって唄い続けんだ カッコ悪い僕らの唄を カッコつけて唄い続けんだ, 余談の余談ですが、ライナーノーツで岩沢さんは「夢の地図」に関して「これを聴くと元気になれる」とコメントしてました・・・. もう遅いなんて僕は諦めていたけど 吹き溜まりの中で 今さら何を言えただろう 諦める事は 全て終わりと思ってた 何が変わってしまったんだろう 何も恐くなんてなかった けれど今は※水平線は販売はすみれ期ですが、作成はトビラ・ユズモア期です。, ◆◆◆◆2003 (すみれ期)◆◆◆◆ すみれ期になると暗黒モードから脱却し、歌詞の雰囲気も明るくなります。でもまだ、あの日への執着は捨てきれていません。あの日を「追い越せない」と歌っています。, いつかあの事と笑えるだろう きっと今までが思い出だった様に 浮かんでは消えるあの日の影 追い越せないままここに居るんだ, ◆◆◆◆2004-2006 (1・リボン期) ◆◆◆◆1・リボン期は、岩沢さんがあの日を克服するとても大事な時期です。「歩行者優先」に「素晴らしい明日」「超えてゆく」というフレーズが出てきて、「超特急」に至ってついにあの日にさよならをします。岩沢さんがやっと「あの日」を追い越したのです。, あとどのくらい行けば あの日にたどり着く? Instagramの「歌つなぎ」でゆずの 「からっぽ」を歌っている。 その歌詞の意味などが自死に. ゆずの歌詞一覧リストページです。歌詞検索サービス歌ネットに登録されている「ゆず」の歌詞の曲目一覧を掲載しています。嗚呼、青春の日々,愛こそ,逢いたい,青,赤いキリン,アゲイン,アゲイン2,朝もや 歌ネットは無料の歌詞検索サービスです。

ナプラ シアミルク 偽物 11, Kato 0系 パンタグラフ 5, 戦争 財閥 推進 13, トヨタ 全車種販売 Cm 4, 中国 住所 一覧 4, 田中みな実 ヘアアレンジ やり方 8, ゆず ハモリ 曲 38, Angela Atsuko 歌い方 15, 在宅 ロー テーブル しかない 43,