とんび nhk tbs 比較 58

とんびってさ、NHKで前にやったりしてなかった(・・? とんびの感想683件が公開中(評価3.89)。評価ランキングやキャスト、視聴率も。誰でもドラマの感想を書けるドラマレビューサイト。不器用ながらも男手ひとつで息子を育てる、親子の絆を描いた物語。 知りたいこと、学びたいこと、いっぱい♪読んだ本のこと、観た映画のこと、大好きなヨガのこと、大好きな浜田省吾さんのこと大好きな星野道夫さんのこと。大好きばかりを綴っていきたいけれど…ときどき、仕事や病気の愚痴なんかも^^, トラック運転手・ヤス(堤真一)は、妻・美佐子(西田尚美)との間に待望の息子が誕生し幸せの絶頂にいた。, 息子はアキラと名付けられ、ヤスの幼馴染のたえ子(小泉今日子)や照雲(古田新太)たちからもかわいがられていた。, しかし不運な事故で美佐子が急逝。ヤスは、幼いアキラを男手一つで育てていく過酷な運命を背負うことになる。, 2013年 3月 17日 (金)長男の大学卒業と就職次男の大学入学と一人暮らしそのお祝いにと、父と母と、私と長男、次男 5人で、食事に行ってきました。   長…, 次男の大学の入学式に行ってきました。今日は、長男の入社式でもあったので長男を見送ってから、京都へ 会場へ入ると、ジャズバンドが演奏中。 大学の入学式って、こん…, 息子と見ていたドラマ「とんび」原作本が読みたいと思って、購入していたのに もう何年ほったらかしてたんだ!?借りた本は、早く返さないと、という思いから 読むペー…. )このたえこさんと娘のやりとり、見た事ある〜 どいもも @momomo420. 今は録画してた最高の離婚見てる。, @hieehaa NHKのとんびを少しだけ見た時も滝のように泣きました。本は文字として頭に残るから、また違った感覚で感動しそうです。本当におそるべし…(´`), とんび、観終わったぁ。途中のCMにNHKとんびの旭くんが出てたのは、たまたまかな。細かいところですが、食卓の上にあった昭和風のお醤油刺しには、あんなのあったなぁと見覚えがありました。, つーか、去年も既にNHKでドラマ化されていたのね、よく調べたら(^_^;) >とんび, @mi_A_7 とんびはね、親子や家族について考えるよね!昨年1月にNHK でとんびをしていたんよ!旭役が池松くんだったのよ!今週末楽しみだね!, TBSのとんびとNHKのキャパのドキュメンタリーとCSでやってる素敵な金縛りが完全に時間かぶった上にHD容量がいっぱいという最悪の事態でした。しょうがないからとんび観てたんだけど、今回ついに泣いてしまったよ。ボロッボロ涙が出た。どんだけ泣かせるんだこの話は…, 内野聖陽のとんびもいいと思うけど俺には去年NHKでやった堤真一のとんびが良すぎたから見れん。あと小料理屋の小泉今日子はさいこーだった。, @mi_A_7 みあちゃん爆笑してしまいました!そんな私に主人がビックリしてましたわ!とんびはね、いい作品だよ!でもNHK の池松くんの方が私はf(^_^)いいな♪, 都合で録画していたとんび、追っかけで見終わった。たえこさんと娘さんのシーンがドラマで初めてNHK版よりうるうるしてしまった件。, NHKのとんびにえらく感動してあまり期待していなかったTBS版に、まんまとやられて涙をしているのはこの私です。子役もみんな上手だなぁ。。, 「とんび」やばい。あらすじだけで泣く。NHKより日曜劇場の方がお父さん役の人あってるなあ。. まだ観ていなかったnhkの『とんび』を楽しみにしていました。 堤真一さんだし♡ . 直木賞作家・重松清の「とんび」が日曜劇場でドラマ化。突然妻を亡くしシングルファザーとなった主人公・安男と幼くして母を失った息子・旭の物語。昭和時代から平成へ不器用ながら男手ひとつで育児をしていく姿が描かれている。, 動画共有サイトは怪しい広告の表示やウイルス感染のリスクがあります。お探しの動画が公式動画配信サービスになかったなどの理由がない限りは利用は避けた方が良いでしょう。自己責任でご視聴ください。, 内野聖陽と常盤貴子の美女と野獣みたいな夫婦がまず印象に残っている。白いワンピース姿の常盤貴子は正に世の男性たちの理想像のようだった。狭く汚いアパートで貧乏暮らしでも心が豊かな生活が心暖まり、出産するところで分娩中に分娩室の外でお経を唱えてもらうシーンが笑いを誘った。日曜劇場の枠のドラマで、家族全員でその時間にはテレビの前に座り、鑑賞するのが習慣だった。両親、取り分け父が毎週楽しみにしていたし、勤務先でもその年代の男性に人気があるドラマだったので稀なことでよく覚えている。内野聖陽をこのドラマで知ったが、それ以後チェックするようになった。, 主人公のヤスさんは流星ワゴンのチュウさんでしたね。不器用で素直になれない、息子への愛情をうまく伝えられない性格です。昭和の親父のイメージ。昭和から平成にかけて青春時代を過ごした人にとって、ヤスさんの中にどこか自分の父親に似たところを見つけるんでしょうね、すぐに怒る、話は通じない、喧嘩になると決まって「親に向かって~」と。僕も子供のときは時に理不尽で融通の聞かないおやじにウンザリしました。けど周りに素晴らしい大人たちがいて、アキラは素直で優しく思いやりのある男に成長します。母親が居なくても寂しくなかったというのは決して嘘ではなく、ヤスさんとの繋がりがしっかりとあったのですね。伝わりづらくてもそこはアキラがしっかりと受け止めていたのですね。ヤスさんの素晴らしいところはただアキラが幸せになって欲しいと言う単純な思いで、ああなって欲しいとか、こうやって欲しいといった親の気持ちを押し付けないで、作中は色々と迷いはしていましたが、ブレることなく幸福を思っていたところなど、同じ父親としてそうありたいですね。, 不器用でありながら一途に息子を育てていく、やっさんこと市川安男扮する内野聖陽さんの表情豊かな演技にとても胸打たれました。内野聖陽さんの無骨で純情、頑固一徹の役、わが子の幸せだけを願いながら、親ばか丸出しの父ヤスの役、彼にピッタリでした。悪人のいない、温かい人達に囲まれて、親子で築く絆が丁寧に描かれ、流れていくドラマに思わず見入ってしまいました。やっさんの幼なじみ照雲を演じた野村宏伸さんの温かい眼差し、若い頃より深みが出てとても良かったです。小料理屋のおかみさんなど、親子を取り巻く人々の大きな愛に、こころ温まる空間にとても癒され感動しました。, 内野聖陽主演ドラマ「とんび」を見て感じたことは、不器用な父親とそんな父親に素直に甘えられなかった主人公の物語だと思いました。男臭くて照れ屋な父親役の内野さんの演技が、役柄にピッタリで、見ていて面白かったです。「トンビがタカを生む」という言葉がドラマの元なのかなとずっと思っていましたが、出来の悪い父親と母親がいなくてもまっすぐに育った佐藤健さんが演じるアキラの姿を見て確信しました。一番好きなのが、父親役の内野聖陽さんの照れ隠しのわざとらしい演技です。本当に実世界でもあのように照れを大袈裟に隠す人も多くいるので、そういう人を参考に演技しているのかなとも思いました。脇役の柄本明さんやベンガルさんなどキャラの濃い人がいても、それに負けない内野さんのパワーが感じられるドラマでもあります。, 自身の命をかけて守ってくれた母と、不器用だけど深い愛情で育ててくれた父。誠実な人間に育つはず、絶対に。という思いで見ていました。ご近所その他諸々の方々にも見守られて、自身も親となる息子。毎回涙なしでは見られない感動の嵐のドラマです。, 福山雅治さんが歌う主題歌の『誕生日には真白な百合を』が、このドラマにとても合っていて良かったです。ドラマのラストにこの曲が流れてくると、いつも涙ぐんでしまい、家族のことを優しく思いだす時間になりました。, これまでクールな役の印象が強かった内野聖陽さんが、不器用で愛情溢れる父親役を熱演されたこの作品はとても印象に残っています。愛する奥さんが幼い息子を庇って事故死してしまい、息子のためにその事実を隠して男手一つで必死に子育てに奮闘する姿は素晴らしかったです。そして成人した息子が、誰よりも父親を尊敬している様子から親子の愛情の深さをしみじみ感じ、感動しました。, 心が温まるドラマとして、いつまでも心に残っている作品の一つです。令和を迎える今だからこそ、自分が生まれた昭和の時代の親子の絆を感じることができる「とんび」を思い出しました。豪華なキャスト陣は観ていてドキドキさせられます。毎話、一本の映画を観たような満足感が得られる素晴らしい作品でした。, 親子って良いなと思った作品でした。息子の佐藤健さんと不器用な父親役の内野聖陽さんが、男同士なのでなかなか口に出さない言葉が多いのですが、お互いのことをものすごく思っていることが伝わって来て、愛情にあふれた作品だなと思いました。, このドラマは毎回必ず、泣いてしまいます。特に、美佐子が亡くなりアキラが「お母さんは自分が何か悪いことをしたから居なくなってしまった。」と思い込んでしまいヤスに泣いて困らせる場面など、胸が締め付けられる思いがして涙が止まりませんでした。とても切ないドラマですが、毎回ヤスと周りの大人たちとのやり取りなどは面白くて笑わせて頂きました。, 幼少期から大人になるまでの父親と息子のドラマで見ていてほっこりした気分になり、感動して涙も出てきます。とにかく幼少期の頃の息子君がかわいらしいのです。かわいらしくて、涙が出てしまいます。お父さんとちゃんと言えなくて、おとしゃんになるところがたまりません。, 「とんび」で市川旭役を演じるまでの佐藤健さんは、線が細くて、軽い役を演じることが多かったように思いますが、父親と2人で暮らしていく中で、その年齢に応じた人間らしさなどの気持ちの面での演技ができるようになり、役者としての幅が広がったなと感じました。, 素敵な人に出会えて好きな人との子供ができ大きくなる度の喜びと生まれた後の3人の過ごし方など見てほっこりしました!家族の大切さや奥さんを思いやる旦那さんの気持ち子供を思う気持ちが伝わってきて凄く感動しました!私もこの素敵な家族みたいな家庭を築きたいです。凄く感動しました!良かったです!, 家族愛にあふれる作品。不遇にも父子家庭になってしまった親子を地域丸ごとで見守っている感じがとても温かく、息子を思う父の愛情の深さに何度も涙しました。近所のおじさんおばさんに可愛がられ面倒を見てもらいながら成長する子に悪い子はいませんよね。癒されました。, 根っからの江戸っ子の様な気質の父ヤスと息子アキラの親子2人で歩んで生きてきた道と共に、アキラがタエ子と連れ子と家族になるという新しい道にぶつかる日々が綴られ、ぶつかり合う中で生まれる本当の本音が垣間見れて良かったです。, 何回も泣きました。父親役の内野さんがいい!息子の佐藤健さんがいい!そんな父子家庭の2人を優しく見守る町の人たちがほんとにあったかくていいなーと思います。息子のことを相談できる昔からの仲間がいて、お父さんのことを相談できる大人がいるってほんとに恵まれてるよね。そんな風にできる時にできる人が手を差し伸べられる社会なら追い詰められて幼児虐待とか起きないのになーと考えてしまいました。, とても温かい気持ちになれました。不器用でまっすぐな父親の役が内野聖陽さんに、めちゃくちゃハマっていて泣かされました。さすが内野聖陽さんと思える演技でした。内野聖陽さんと、今どきな佐藤健さんが対照的でそれも良かったです。, 2009年に放送され、その人気ぶりから続編や劇場版も登場した「臨場」。歯に衣着せぬ言葉で自分の意見を構わず言い組織には馴染まない検死官・倉石が天才的な眼力で隠された真相に迫っていきます。, 主人公の脳外科医・南方仁が2009年から江戸時代末期にタイムスリップし、歴史上の人物や江戸の人々と関わりながら医療で人を助けていくSFドラマ。まるで実物をみているかのような内野聖陽演じる坂本龍馬は圧巻!!, 第3話 特捜9 season3(ドラマ)を見逃し動画無料フル視聴【殺しのオムライス】, 第3話 FAKE MOTION -卓球の王将-(ドラマ)を見逃し無料動画フル視聴【隠し事をする律に光太郎たちは不信感を抱く】. 絶対に名作です! ©Copyright2020 ドラマ動画の國.All Rights Reserved. 2012年1月7日(土)・1月14日(土)放送[前後編]毎週午後9時 Copyright 2020 togetter.com. とんびTBS版はNHK版に比べると見劣りするらしい。TBS版が初見の自分には十分楽しめてるけど、そういうの聞くとどんだけNHK版のクオリティが高かったのか気になる。 2013-02-04 02:06:09 . tbsの方は、2013年でした。 ちょうど我が家の転換期というか、節目に放送されたということもあって ただただ愛し、ただただ真っ直ぐに立ち進むその姿に、きっと笑い、涙することでしょう。, 2020年冬のドラマの中でも1話からどんどん視聴率を伸ばしSNSでも話題沸騰となった『恋はつづくよどこまでも』。佐藤健の”魔王”天堂にハマる女性続出!!憧れの少女漫画を世界をそのまま味わえるよな胸キュン演出に多くの女子の共感を呼びました。主演の上白石萌音の好演もあり最終回では視聴率15.4%を記録。『恋つづ』ブームに乗り遅れ注意?!. 日本放送協会(NHK)とTBSスパークル(旧:TBSコンテンツ・プロダクト)の「社員クチコミ」のスコアを比較。OpenWorkでは、就職・転職前に採用企業「日本放送協会(NHK)とTBSスパークル(旧:TBSコンテンツ・プロダクト)」をリサーチするために在籍社員による会社評価スコアを比較してい … 総合, 昭和37年。瀬戸内海に面した広島県備後市。運送会社で働くヤスは、待望の長男アキラが誕生し、人生最高の喜びに浸っていた。しかし、その幸せは、妻、美佐子の事故死という突然の悲劇によって打ち砕かれてしまう。ヤスは、残された自慢の息子アキラを、ゲンコツと涙で、不器用ながらもまっすぐに育てていく。それは、幼くして父親に捨てられた哀しみと美佐子を亡くした後悔を乗り越えていく闘いでもあった。 「親は子を育て、子は親を育てる」、お互いを思いやる確かな絆―――。2012年、新しき年の始まりに、日本人の原点をもう一度確かめる作品。直木賞作家・重松清氏の、感動のシングルファーザー物語です。, 前編昭和37年の広島。トラック運転手・ヤス(堤真一)は、妻・美佐子(西田尚美)との間に待望の息子が誕生し幸せの絶頂にいた。息子はアキラと名付けられ、ヤスの幼馴染のたえ子(小泉今日子)や照雲(古田新太)たちからもかわいがられていた。しかし不運な事故で美佐子が急逝。ヤスは、幼いアキラを男手一つで育てていく過酷な運命を背負うことになる。原作は「流星ワゴン」「ビタミンF」などの重松清。前後編各73分の2本立。後編重松清原作ドラマの後編。妻を不慮の事故で失ったトラック運転手のヤス(堤真一)は、男手一つで息子・アキラ(池松壮亮)を育ててきた。しかし高校3年生になったアキラは、広島を離れ、東京の大学に進学したいと言いだす。ずっと一緒に暮らしたかったヤスは猛反対。2人のことを案じた、たえ子(小泉今日子)たちは、アキラをいったん照雲(古田新太)の寺へ預けることにする。荒れたヤスは酒浸りになり、職場で倒れてしまう。, 市川安男(堤 真一)市川アキラ(池松壮亮・今井悠貴・田中奏生)市川美佐子(西田尚美)ヤスの父(平田 満)海雲(神山 繁)たえ子(小泉今日子)泰子(岡本あずさ)尾藤社長(及川いぞう)照雲(古田新太)幸恵(谷川清美)萩本課長(徳井 優)葛原(塚地武雅)伊達酒造社長(達川光男)山本(モロ師岡)アーティスト(日比野克彦)島野昭之(小市慢太郎)編集長(光石 研), 【脚本】羽原大介【原作】重松 清【主題歌】踊ろうマチルダ「箒川を渡って」【音楽】大友良英【演出】梶原登城, 各ドラマのスタッフが、番組の最新情報や裏話をお届けしています。(NHKサイトを離れます).

甲状腺がん ブログ 隈病院 24, 首都大学東京 非常勤講師 給与 4, 内田 真 礼 古刹 13, インター コンチネンタル 東京ベイ デイユース 15, 中学受験 併願パターン 2019 15, 死役所 いしま 15巻 58, フクロウ 鳴き声 ピー 5, ゆず からっぽ 歌詞 19, 顕在的カリキュラム 潜在的カリキュラム 違い 7, エネオス Cm女優 2018 10, 城 ドラ 攻略 6, 七日町 通り スイーツ 4, Webサイト 脆弱性診断 ツール 9, グリンフレーク リンダ クズ 6, ボルボ V60 ドライブe 燃費 4, オリンピック 外国人 交流 47, グリーン車 1階 Jk 17, Webサイト 脆弱性診断 ツール 9, Sky 星を紡ぐ子どもたち チャット 読めない 6, テレビ朝日 一次 面接 14, 履正社 野球 グランド 駐 車場 6, 江口洋介 ライブ セトリ 5, グラブル 人気投票 殿堂入り 8, リングバースデイ パチンコ 女優 11, インソール 外来 京都 4, 新幹線 5歳 膝の上 14,